「映画」カテゴリーの記事

映画の「副音声上映」って、ぶっちゃけどうなの? 実際に体験して感じた “デメリットとメリット”

突然ですが。先ほど、はじめて映画館で「副音声上映」というものを体験してみた。やり方は簡単。スマホやタブレットで専用アプリをインストールし、マイイヤホンを使用して楽しむのだ。

つまりは上映中、スマホの音を聴くことになる。せっかく音響環境が最高な映画館にいるのに、なぜわざわざスマホの音を……と正直、疑問だった。しかし実際に聴いてみると、なるほどね。

続きを全部読む

【エヴァQあるある】『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』を見た人がやってしまいがちなこと30連発

本日2021年1月29日、ついに金曜ロードショーに『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』が登場だ。本来であれば、これを見て復習した後、『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』を見に行く予定を立てていた人も多いだろう。

ストーリー分岐して加速した『破』から、さらにグイグイ進んでいく『Q』。暴力的とも言える事実の奔流は、まさに「時と同じく世界に可逆性はないからな」という冬月のセリフを実感させられる。そんなエヴァQを見た人がやってしまいがちなことを「あるある」という形でお届けしたい。

続きを全部読む

【ネタバレなし】映画『えんとつ町のプペル』を見た正直な感想「スポ根アニメかと思った」

お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣さんが脚本・原作・製作総指揮を務めた映画『えんとつ町のプペル』が、最近ネット上で話題になっている。何が話題になっているのかは詳しく知らない。だが、1度は見てておこうと思っていた私(佐藤)は、2021年1月某日に鑑賞してみることにした

ということで、実際に見た率直な感想をネタバレなしでお伝えしたいと思う。

続きを全部読む

シン・エヴァンゲリオン公開延期が悲しすぎるのでペーパークラフトを作ってみた

まさかというか、やっぱりというか、シン・エヴァンゲリオン劇場版の公開延期。全国の劇場が満員になるのは必至だから、感染防止の観点では誰も責められない。

とはいえ残念だ。年末から『序』『破』『Q』を見直し、ポスターに込められたメッセージを推理し、疑問点を整理して待っていたのに……。

この悲しみ、どこにぶつけたらいいんだ……というわけで、ペーパークラフトにぶつけてみた。極小ペーパークラフト「ペーパーナノ エヴァンゲリオン / 使徒、襲来」だ。

続きを全部読む

【おうち時間】 ポップコーンメーカーを自宅に導入したら、楽しさがハジけた / 決定的瞬間の撮影にも成功

ポップコーンが好きだ。本当は映画館で食べるのがいちばん好きなのだが、このご時世 なかなか劇場へ足を運ぶことも少なくなった(新作があまり劇場公開されないから……)。なので最近はもっぱら 自宅の電子レンジやガスコンロで作るタイプのポップコーンを楽しんでいる。

──のだが! お家で悶々(もんもん)と過ごす生活にもそろそろ刺激がほしい。ということで、なにやら楽しげなポップコーンメーカーを自宅に導入してみたぞ! 結論から言うと、個人的にはイイ買い物をしたと思っている。それにまさか、アノ瞬間が撮れるとは……!

続きを全部読む

『夏目友人帳』の映画「石起こしと怪しき来訪者」公開スタート! 劇場に足を運び、気が付いた “あること” …

『夏目友人帳』の映画「石起こしと怪しき来訪者」が、2021年1月16日よりスタートしている。久しぶりの新作アニメだ。これは是が非でも観なければと、初日に映画館へと足を運んだ次第。

このようなご時世でもあるからか、館内にはおひとりさまの姿がそこそこ見受けられる。老若男女いるようなのだが、個人的に意外だったのが男性の姿も割と多かったこと。あらゆる層の人気を獲得するなんて、さすがだなあ。

続きを全部読む

【恐怖】映画『IT』から殺人ピエロ・ペニーワイズのカプセルトイ誕生…あの手足ごちゃごちゃ姿も完全再現

欧米には「ピエロ恐怖症」というのがあるらしいが、笑顔の下の無表情が怖いという本能的恐怖は、文化圏の違う日本人でも共感できる。そのイメージを作るのに一役買ったのが、スティーヴン・キングの小説『IT』であることは疑いようがない。

数年前にはリメイク版映画『IT / イット “それ” が見えたら、終わり』が公開された。絶叫系ホラーにありがちな滑稽(こっけい)さは見えるものの、「閉鎖的な田舎町の暗い歴史」「生理的嫌悪を与えるピエロの動き」「音階の狂ったサーカス音楽」などの不気味さはよく出ていると思う。

このたび同作の主人公にして、邪悪な人喰いピエロ「ペニーワイズ」のガチャガチャが登場したぞ。見ていて気持ち悪いくらいクオリティが高いので、ぜひ共有したい。

続きを全部読む

【祝・続編決定】『セックス・アンド・ザ・シティ』全94話を100回以上見た私が選ぶ「絶対見るべき回」5選

ドラマ放送終了から17年たった今、なんと『セックス・アンド・ザ・シティ』(SATC)の続編制作が発表された。ファンとして嬉しいといえば嬉しいが、同時に「見たくない」という気持ちもある。なぜなら今回の続編には主要キャラ “サマンサ” が登場しないからだ。

クオリティはどうあれ、彼女のいないSATCは  “続編” ではなく ”別モノ” ……そう断言できるほどサマンサの存在はデカい。よって私がSATC初心者に伝えたいのは「続編で初めてSATCを見るのは絶対にやめるべき」ということ。頼むからまずドラマを見てくれ。

とはいえドラマシリーズは全94話もあるので、イチから見るのはシンドイと感じる方もいるだろう。そこで今回は、全94話を100往復以上見てきた私の独断による、特にオススメの回をご紹介させていただきたい。あっ、あと「初めて見るのが劇場版」もダメだぞ〜!

続きを全部読む

【ネタバレなし】ピクサー最新作『ソウルフル・ワールド』を見たら、生きることへの悩みが吹っ飛んだ / 無料で視聴可能だから全ての大人は必見!

ピクサーの最新作『ソウルフル・ワールド』がDisney+(ディズニープラス)で絶賛配信中だ。この作品、結論から言うと大・傑・作です! しかも、過去のピクサー作品とは一線を画す稀有(けう)な映画でもある──にも関わらず、世間ではいまいち話題になっていない。

その理由は恐らく劇場公開されていないから(※2021年1月12日現在)──しかも、Disney+会員でないと視聴できないからだろう。だがしかし! 会員でない人であれば本作を無料で視聴できることをご存じだろうか!? まずは本作の魅力をネタバレなしでご紹介しよう。

続きを全部読む

【銀魂 THE FINAL】今度こそ、今度こそ本当に “終わる終わる詐欺” に終止符!? 全集中して見に行ってきたぞ!! / ネタバレなし

度重なる終わる終わる詐欺により、こちらの心も随分と強くなった。2019年6月をもって完結した『銀魂』が、まさか映画化されようとは。

もう、なにをされても驚かない。いちファンとしては、どこまでも付いて行くだけだ。そんなことを考えながら、2021年1月8日公開の映画『銀魂 THE FINAL』に全集中で挑んできた。

続きを全部読む

【2021福袋】駿河屋の『ガンダムグッズ福袋』がなかなかの難易度だった

当サイト内で最もアニメに詳しくない人物として知られる私にも、かつて鬼ほどハマったアニメがある。そう……『ガンダムW(ウイング)』だ。20年以上前も昔のことだが、あの時たしかに私は24時間ガンダムウイングのことしか考えていなかった。

ウイングの終了後スタートした『ガンダムX』や『SEED』にはさほどハマれず、よって私にとってのガンダムとはウイングなのである。駿河屋で買った『ガンダム福袋』(税込2000円)にはウインズグッズがいくつ入ってるかな〜? ワクワク〜!

続きを全部読む

【2021福袋】MARVEL(マーベル)ショップの『レディース福袋』はかなり難易度高めだった …

『MARVEL(マーベル)』といえば世界的に有名なアメコミ出版社。オリジナル作品は数えきれないほどであり、一般の日本人が知らない人気タイトルも多数存在している。そんなマーベルの公式ショップで見つけたのはレディース福袋(ハッピーバッグ)だ。税込5500円

少年向けの印象が強いマーベルだけど、最近は “マーベル女子” とかいう熱狂的な女子ファンも多いらしい。私もマーベル、けっこう好きヨ! 例えばバットマンとかスーパーマンとか……えっ? それはマーベルじゃないって? ……複雑だぜアメコミの世界!

続きを全部読む

【衝撃】2021年ディズニーストアの福袋(3000円)に夢はあるのか? ディズニーマニア「ダンボール受け取った時がピーク」

近年盛り上がりを見せている福袋。ディズニーブランド商品を販売する公式グッズストア「ディズニーストア」でも福袋が展開されている。毎年オンラインの予約販売で1万円と3000円の2種類が展開されるこの福袋。1万円はあっという間に売り切れてしまうのだが、結構残っているのが3000円だ

そこで3000円を購入し、内容についてディズニーマニアに意見を求めたところ、衝撃の回答が返ってきたためお伝えしたい。

続きを全部読む

劇場版「ポケットモンスター ココ」を観た結果 → 4歳の娘が引くほど泣いた

4年前に第一子となる娘が生まれて以来、私、P.K.サンジュンの価値観や性格は結構変わった……と思う。幼い子供が犠牲になるようなニュースには深く心をえぐられるし、逆に子供全般に寛容になれた気がする。そして涙腺は確実に弱くなった

そういう意味で2020年12月25日に公開された劇場版『ポケットモンスター ココ』は「確実に泣くだろうな」と思っていたのだが、この段階で結論を申し上げてしまおう。上映中、私は何度も泣いた。静かに静かに泣いた。4歳の娘が引くほどに──。

続きを全部読む

【衝撃】Amazonプライムで実写版『魔女の宅急便』が配信開始したので見てみたら「マジかよ!」の連続だった

スタジオジブリに名作数あれど、フェイバリットに『魔女の宅急便』を推す人は少なくないだろう。舞台である美しい海辺の町に吹く風のように、魔女見習いキキの物語は爽やかだ。さらに、荒井由実の「やさしさに包まれたなら」や、久石譲の「海の見える街」など彩る音楽も珠玉。間違いなく宮崎駿黄金期の名作である。

そんな『魔女の宅急便』に実写版があることはご存知だろうか。私(中澤)は、先日Amazonプライムで配信されているのを発見して初めて知った。どうやら2014年の邦画作品で、原作である角野栄子さんの児童書を基にしたもう1個の魔女宅な様子。気になったため見てみることにした。

続きを全部読む

【DC最新作】「ワンダーウーマン 1984」がやっぱり凄かった / ダイアナがいる限りDC映画は不滅です

世界中に蔓延する新型コロナウイルスは各方面に甚大なダメージを与え続けているが、「映画業界」もその煽りを盛大に喰らったジャンルの1つだろう。数名の関係者に話を聞いてみたところ、誰もが「マジでヤバいです」「鬼滅だけです」と口を揃えていた。

そんな状況下で公開されるDC作品最新作が『ワンダーウーマン 1984』である。2020年12月18日の映画公開に先駆けて同作を鑑賞してきたのだが、ここで結論を申し上げてしまおう。「ガル・ガドット演じるダイアナがいる限り、DC作品は不滅」だと──。

続きを全部読む

【ネタバレあり】祝300億円突破、劇場版『鬼滅の刃』名セリフ5選!! 劇場に通っていると気づく観客の変化…

まさか自分がこんなにハマるとは思わなかった。興行収入300億円突破『鬼滅の刃』である。少年漫画は好きだが、年を重ねると夢中になるのが難しくなる。リアルな人生の苦楽を知ってしまうと、ちょっとやそっとのことじゃ感動しなくなってしまうのだ。

ところが『鬼滅の刃』は違う。本物だ。いま筆者は隔週で映画館に通っている。目的の半分は2週ごとに発表される入場者特典のためだが、通っているうちに気づいたことがある。それは観客の「涙の変化」についてだ。

続きを全部読む

映画『銀魂 THE FINAL』に向けて予習しようぜ! YouTube『銀魂チャンネル』を今すぐチェックしろよなぁぁぁぁー!! 

今度こそ、今度こそ本当の終わりか……。幾度となく、いやマジで幾度となく作品の終わりを宣言してきた『銀魂』──。2021年1月8日公開の新作映画『銀魂 THE FINAL』をもって、今度こそ本当の本当に最後にするという。

ちなみに、これまで『銀魂』に触れてこなかった人でも映画は楽しめるとのこと。とは言え予備知識もほしいなあという人には、公式YouTubeチャンネルの登録がオススメだ。同チャンネルでは、ほぼ毎日過去のアニメ作品が配信されているぞ! 

続きを全部読む

【正直レビュー】3DCGのドラえもん気持ち悪い派の私が初めて『STAND BY ME ドラえもん 2』を見たら衝撃の連続だった

フル3DCGアニメにはどうにも慣れられない。『トイ・ストーリー』より前からアニメが好きだった私(中澤)にとって、やっぱりキャラは2D作画であって欲しいところ。そのため、3DCGになったドラえもんを広告かなんかで見た時は衝撃だった。「俺たちのドラえもんを壊さないでくれ」とさえ思ったものである。

劇場版「鬼滅の刃」の2周目を見に行ったら、そんなフル3DCGのドラえもん2作目が上映開始されているではないか。その名も『STAND BY ME ドラえもん 2』。前作は大ヒットになったそうで、本作も「ドラ泣き」とキャッチフレーズがついているが、そんなに良いのだろうか? 気になったので見てみることにした。以下ネタバレ注意

続きを全部読む

『ルパン三世カリオストロの城』の裏設定11選! 絵コンテに書かれた秘密「隠れ五ェ門」「不二子とクラリス」「宮崎駿のバランス感覚」など

あなたの心です。本日11月20日の金曜ロードショーは『ルパン三世カリオストロの城』である。いっけねェ! とっつぁんだ!! もうセリフ全部覚えるくらい見てるけどやっぱり名作。なんと気持ちのいい連中だろう。園丁のじいちゃんの世界名作劇場感が異常

そんな本作の絵コンテ『スタジオジブリ絵コンテ全集第Ⅱ期ルパン三世カリオストロの城』には、作中で語られていない内容が書かれていることをご存知だろうか? 宮崎駿監督が内容の項目に注釈的なコメントを書き込んでいるのだ

言わば、監督の裏設定とも言えるそれらのコメント。知るだけで『カリオストロの城』の見方が変わるものもあるため、11個厳選してご紹介しよう!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 70