「映画」カテゴリーの記事

プロ野球ロスの人にオススメ! 横浜DeNAベイスターズが制作したドキュメンタリー映画は「選手たちの素顔」を見られる貴重な一本

すっかり野球もオフシーズン。今年はプレミア12の開催で少し長く野球を楽しめたが、年末モードに入るとさすがに話題も少なくなる。今の時期に野球ファンが楽しみにしていることといえば、契約更改で年をまたぎそうな選手の話と12月30日の『プロ野球戦力外通告 クビを宣告された男達(TBS系列)』くらいだろう。

しかし、一部のファンは数年前からオフシーズンの過ごし方に変化があったのではないか。そう、2012年から横浜DeNAベイスターズが制作している「ドキュメンタリー映画」の存在である! もちろん今年も、クオリティーの高い映像『FOR REAL』が公開されるぞ〜!!

続きを全部読む

【特別企画】『スター・ウォーズ / スカイウォーカーの夜明け』5連続インタビュー / ルーカスフィルム社長は結局なにをした人なのか?

2019年12月20日、映画『スター・ウォーズ / スカイウォーカーの夜明け』が公開される。ロケットニュース24では歴史的超大作のフィナーレに花を添えるべく「スカイウォーカーの夜明け5連続インタビュー」をお届けする。

第1弾「J・J・エイブラムス」監督に続くのは、ルーカスフィルム社長「キャスリーン・ケネディ」だ。監督や演者と比べるとあまり表立った情報が出てこないが、果たして彼女はスター・ウォーズにどんな影響を与えたのだろうか?

続きを全部読む

【大スクープ】「スター・ウォーズ / スカイウォーカーの夜明け」にあのキャラが登場するかも! J・J・エイブラムス監督に特別インタビュー

2019年12月20日、映画「スター・ウォーズ / スカイウォーカーの夜明け」が公開される。本作は単なる1映画作品にとどまらず、3部作の終わりであり、9部作の集大成でもある超大作だ。ロケットニュース24では「スター・ウォーズ / スカイウォーカーの夜明け」公開記念として、5連続インタビューをお届けする。

記念すべきトップバッターは、本作で監督を務めた「J・J・エイブラムス」だ。熱狂的なファンが多いスター・ウォーズだけにかなりの苦労があったハズだが、果たしてJ・J・エイブラムスはどんな思いで最後のスター・ウォーズと向き合っていたのだろうか?

続きを全部読む

素人が毎日アフレコ練習を3週間した後、映画『ジュマンジ/ネクスト・レベル』の吹き替え声優に挑戦したら、こう言われた

実は憧れているのだ、声優に。私もプロの声優さんのように声を操り、映像の中のキャラクターに命を吹き込みたい……と本気で思い始めたのが1カ月以上も前のこと。自撮り動画に「語り」を入れるアフレコ動画を黙々と作り、毎日インスタに公開し続けた。すると、1週間後くらいに……

映画の吹き替え声優、やりませんか?

なんと、偶然にも、これ以上ないチャンスが舞い込んできたのである! 神は見ていた!! まじめに動画を作り続けて本当によかった〜〜〜!!!

続きを全部読む

映画『ゴーストバスターズ / アフターライフ』に “死角” が無さすぎて、期待度が爆上がり / 主役の兄妹は、あの人の孫?

これ、絶対に面白いヤツ……! ”正統な続編” とも言われている『ゴーストバスターズ / アフターライフ』の予告編を見て私はそう確信した。“最強” とも言える布陣で、あの伝説的映画が帰ってくるぞぅぅぅーー!!!!

アメリカでは2020年7月10日に公開予定。日本でも早ければ同日公開されることだろうが……ああ、待ちきれない! なんとかこの興奮をしずめようと予告編をしゃぶり尽くすように見ていたら、逆に期待度が爆上がりしてしまったぜ! 

続きを全部読む

【もはやテロ】絶望的にダサい「ソニック・ザ・ムービー」のトレーナーが関係者に送りつけられてしまう

いわゆる “モリカケ問題” に始まり、令和が幕を開け、そしてラグビーワールドカップに日本中が熱狂した2019年。12月も中旬に差し掛かり、そろそろ今年も終わりが見えてきた。みなさんにとって2019年はどんな1年だっただろうか?

私、P.K.サンジュンは娘の成長に……とか言ってる場合じゃない。なにせ2019年12月10日、つまり今日! 今年1番ダサいトレーナーを発見してしまったからだ。まさか今年も残り20日ほどしかないこの時期に、ここまでダサいトレーナーと出会ってしまうなんて……!

続きを全部読む

【映画】「ワンダーウーマン1984」の初予告編が公開される / マーベルにハマった人はDCも観てみよう! おもしろいから!!

いまから20年前、ここまでアメコミのスーパーヒーローたちが日本で人気を博すと予想した人がどれだけいるだろう? アイアンマン、ハルク、キャプテン・アメリカ……。今では誰もがあたり前のように知っているが、当時はせいぜいバットマン、スーパーマン、スパイダーマンくらいしか知られていなかった。

それを思うと高校生の頃、渋谷の「まんがの森」で輸入コミックをコツコツ買い集めていた(英語読めないのに!)記者としては胸が熱くなるものがあるが、せっかくならばDC作品もみなさんにご覧になっていただきたい。特に2017年公開の「ワンダーウーマン」は、DCユニバースの入り口としては最高だ。

続きを全部読む

【動画あり】『スター・ウォーズ / スカイウォーカーの夜明け』の手描き看板が出来るまでが職人すぎる → 絵師「北原邦明」さんに話を聞いた

2019年12月20日、映画『スター・ウォーズ / スカイウォーカーの夜明け』が公開される。映画史を代表する超大作「スター・ウォーズ」の完結編だけあって、一般的な映画では無い様々なプロモーション活動が行われているが、その1つが「手描き看板」だ。

看板を手掛けた北原邦明(きたはら くにあき)さんは、1978年にも「スター・ウォーズ エピソード4 / 新たなる希望」の手描き看板の制作に携わったという絵師である。今回は、約40年の時を経て再びスター・ウォーズに導かれた北原さんの職人芸とインタビューをお届けしよう。

続きを全部読む

『ルパン三世 THE FIRST』のルパンは史上最高にイケてた! これが3DCGの力か…!! カリオストロのルパンを彷彿とさせる仕上がり

生まれてはじめて映画館で見た作品は『ルパン三世 DEAD OR ALIVE』。峰不二子のような女になりたくて、香水はシャネルの5番を愛用する日々。もちろん初恋の相手はルパン三世だ。そんな記者が、どれだけこの日を待ちわびていたか……。

ルパンシリーズ初となる、フル3DCG長編アニメ『ルパン三世 THE FIRST』が2019年12月6日より公開されたのだ。はやる気持ちを抑えながら見たところ、史上最高にイケてるルパンを拝むことができた。コレはヤバい。隠れていたルパンの魅力に、みんなが気付いちゃう!! 

続きを全部読む

世界一のオリーブオイルを食べてみた! → これが油!? フレッシュジュースのような味わいに1瓶飲み干しそうになった / 史上最高点を獲得したピクアル種のオイル

オリーブオイルはひと昔前は「ちょっと珍しい調味料」というイメージだったが、2019年のいま日本ではすっかり定番化したように感じる。ありがとう、速水もこみち。

さて日本では珍しさもなくなったオリーブオイルだが、本当に私たちはオリーブオイルのことを知っているのだろうか。先日、あるドキュメンタリー映画を試写して、私は初めて「世界一のオリーブオイル」の存在を知った。さっそくサンプルを取り寄せて食べてみたところ衝撃どころの話ではなかった!

一口食べた瞬間、「今までの食べていたオリーブオイルは何だったのか!? 別の液体か!?」と思うほど全くの別物。美味しすぎてグビグビと飲めるレベルだったのだ。

続きを全部読む

【もっこり健在】実写映画『シティーハンター』を見に行ってきた! いや…原作以上にふざけ過ぎだろぉぉぉぉぉぉ!! / ネタバレなし

2019年は “シティーハンターイヤー” だったと言っても、過言ではないだろう。2月に公開された『劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>』は記憶に新しい。その興奮冷めやらぬ中、実写映画化した『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』が11月29日より公開されている。

記者もさっそく見て来たが、違和感なさすぎとの前評判通り、ビジュアルには一切の文句なし。中身を見ると、こちらにも一切の文句なし。つーか、原作以上にふざけ過ぎだろ! 監督(兼主演)、シティーハンター大好きかよ!! 

続きを全部読む

【超速報】映画『ブラック・ウィドウ』の予告編が初解禁! スカーレット・ヨハンソン「この作品が終わりをもたらすために必要」

2019年6月に映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」が公開されてから約5カ月。今や世界最強の爆売れコンテンツとなったマーベル映画だが、次回作までにこれほど間が空いたことは初期を除き記憶にない。きっとファンのみなさんは “マーベルロス” に陥っていることだろう。

そんな方はぜひ、2019年12月3日に公開された映画『ブラック・ウィドウ』の予告編動画を見てマーベル欲を満たして欲しい。本作でいよいよフェイズ4が幕を開ける──。

続きを全部読む

【保存版】現役日本人クリエイターに『ルーカスフィルムに就職する方法』を聞いた →「1番大切な能力は…」

2019年12月20日、映画「スター・ウォーズ / スカイウォーカーの夜明け」が公開される。同作の公開を多くのファンが心待ちにしていると思うが、実は数名の日本人クリエイターが同作に携わっていることをご存じだろうか?

そのうちの1人が、成田昌隆(なりた まさたか)さん──。現在、ルーカスフィルム本社に所属する5名の日本人のうちの1人で、本作ではミレニアム・ファルコン号やスター・デストロイヤーのモデリングを手掛けた超1流クリエイターである。す、すげえ……!

続きを全部読む

【不安すぎ】歌舞伎見たことないけど「スター・ウォーズ歌舞伎」に行ってみた

どうか自分の気持ちを偽ることなく教えて欲しい。あなたは『スター・ウォーズ歌舞伎』と聞いてどんな印象を受けるだろうか? 「スター・ウォーズ」でも「歌舞伎」でもなく『スター・ウォーズ歌舞伎』である。正直、クスっと来てしまう人が多いのではないだろうか?

2019年11月28日、世界初となる『スター・ウォーズ歌舞伎』が都内某所で開催された。主演はなんと市川海老蔵──。果たして未知すぎるスター・ウォーズ歌舞伎とはどんなものだったのか? 大のスター・ウォーズファンである私、P.K.サンジュンがお伝えしよう。歌舞伎見たことないけど。

続きを全部読む

【コラム】中学の時、ガチで校舎の窓ガラス壊してまわってる人がいた話 / 本日11月29日は尾崎豊の誕生日

本日11月29日は尾崎豊の誕生日だ。反骨精神あふれる歌詞で「10代の代弁者」と言われた尾崎。そんな尾崎のイメージを決定づけたのが『卒業』という曲だが、この曲には次のような一節が登場する。──夜の校舎窓ガラス壊してまわった──。

現代では、窓ガラスを割ってしまうことはあっても、壊してまわる人はなかなかいないのではないだろうか。だが、37歳の私(中澤)が中学生だった24年前は、まだ普通に窓ガラス壊してる人がいた。そんな先輩の話をしたい。

続きを全部読む

【衝撃】ディズニーデラックスで「マンダロリアン」の配信決定! 悩むSWファンが判断すべき3つのポイント

スター・ウォーズファンならば、かなり衝撃を受けたのではなかろうか? なんとディズニープラス限定配信とされていたスター・ウォーズのオリジナルドラマ『マンダロリアン』が、ディズニーデラックスで配信されるというのだ。

「プラス」と「デラックス」──。ややこしいので説明は後回しにするが、正直これまでは「加入する必要ある?」と思っていたディズニーデラックスが一気に「加入してもいいんじゃないか案件」となってきた。これは非常に……悩ましい。

続きを全部読む

【予告編で泣いた】奇跡のアニメ映画『幸福路のチー』はなぜこうも大人の胸を打つのか / ついに日本でも公開

「幸せってなぁに?」簡単なようで、これほど難しい問いもないだろう。アニメ映画『幸福路(こうふくろ)のチー』は、その問いに正面から取り組んだ映画であり、鑑賞後、私たちに何かを残してくれる作品だ。

同作は、2018年、東京アニメアワード(TAAF)に彗星のごとく現れた台湾のアニメ。TAAFでは長編コンペティション部門でグランプリを受賞した。その後も各国の映画祭で賞を獲っている。

全台湾が泣いた、いや、文化背景関係なく、世界中で涙を誘っている。なぜそんなに人々の胸を打つのか。まずは、ストーリーを見てみよう。

続きを全部読む

【ネタバレなし】話題すぎる映画『すみっコぐらし』を観に行った正直な感想 → できれば二度と観たくない

先日、日本のあるアニメ映画がネットで大きな話題になった。『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』だ。その人気はとどまることを知らず、興行通信社による2019年11月16、17日の映画観客動員ランキングでは『ターミネーター』の新作に次いで、なんと2位を記録している。

ヴィジュアルからも分かる通り、基本的には子供向けの内容となっている本作。しかしネットでは、大人たちからの大袈裟とも思える絶賛が相次いでいるのだ。個人的に『すみっコぐらし』のキャラクターはカワイイから好きだけど……そこまでか? ってくらいの熱狂ぶりである。

一体、この映画の何が彼らに刺さったのか? 気になったので、実際に観に行ってみることにした。

続きを全部読む

東京コミコンにジュード・ロウなどの映画スターと、宇垣アナが来るので行ってきた → 時の流れの厳しさと向き合うことに

先日の池袋ハロウィンで見た宇垣アナは最高だった。あまりの強さに一瞬でファンになった筆者。もう一回見てみたいと思っていたら、2019年11月22日から24日まで幕張メッセで開催される東京コミコンに出るという。

しかも、映画『ガタカ』を見て以来ひそかにファンだったジュード・ロウ氏が。そして、アベンジャーズの中で個人的に推している、ソー役のクリス・ヘムズワース氏も来るという。好きな有名人が3人も揃うとは……こいつは行くしかねぇ!

続きを全部読む

【ガチ実話】「ディズニーマニア」と「アナと雪の女王2の監督」が出会ったら奇跡が起きた話

冒頭からブチかますが、この記事の終盤にはガチ奇跡が記されている。ちょっと普通では考えられないことが起きてしまったので、ありのままを隠さずにお伝えしたい。

今回 “ディズニーマニア” こと田代大一朗がインタビューしたのは、2019年11月22日に公開される映画『アナと雪の女王2』で監督を務めた「クリス・バック」と「ジェニファー・リー」の両名である。会場へ向かう途中、ディズニーマニアも気づいていなかったハズだ。ほんの少し未来に起きる奇跡のことを──。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 69