「映画」カテゴリーの記事

【正直レビュー】3DCGのドラえもん気持ち悪い派の私が初めて『STAND BY ME ドラえもん 2』を見たら衝撃の連続だった

フル3DCGアニメにはどうにも慣れられない。『トイ・ストーリー』より前からアニメが好きだった私(中澤)にとって、やっぱりキャラは2D作画であって欲しいところ。そのため、3DCGになったドラえもんを広告かなんかで見た時は衝撃だった。「俺たちのドラえもんを壊さないでくれ」とさえ思ったものである。

劇場版「鬼滅の刃」の2周目を見に行ったら、そんなフル3DCGのドラえもん2作目が上映開始されているではないか。その名も『STAND BY ME ドラえもん 2』。前作は大ヒットになったそうで、本作も「ドラ泣き」とキャッチフレーズがついているが、そんなに良いのだろうか? 気になったので見てみることにした。以下ネタバレ注意

続きを全部読む

『ルパン三世カリオストロの城』の裏設定11選! 絵コンテに書かれた秘密「隠れ五ェ門」「不二子とクラリス」「宮崎駿のバランス感覚」など

あなたの心です。本日11月20日の金曜ロードショーは『ルパン三世カリオストロの城』である。いっけねェ! とっつぁんだ!! もうセリフ全部覚えるくらい見てるけどやっぱり名作。なんと気持ちのいい連中だろう。園丁のじいちゃんの世界名作劇場感が異常

そんな本作の絵コンテ『スタジオジブリ絵コンテ全集第Ⅱ期ルパン三世カリオストロの城』には、作中で語られていない内容が書かれていることをご存知だろうか? 宮崎駿監督が内容の項目に注釈的なコメントを書き込んでいるのだ

言わば、監督の裏設定とも言えるそれらのコメント。知るだけで『カリオストロの城』の見方が変わるものもあるため、11個厳選してご紹介しよう!

続きを全部読む

『鬼滅の刃』にも出てきた伝統工芸品「秘密箱」を作ってみたら…修行のごとく忍耐力を試された

とどまるところを知らない『鬼滅の刃』人気。大正時代の日本が舞台ということで、和楽器、伝統文様、日本刀など和のモチーフがたくさん出てくるが、劇場版の少し先のエピソードに「秘密箱」というアイテムが登場したのをご記憶だろうか。

つい先日まで「鬼滅見てない」などとうそぶいていた筆者が、なぜそんなことを知っているのかというと、試しにTV版を見たらドハマりして原作を全巻買ったうえに劇場版もすでに2回見たからだ。

この秘密箱、実際の伝統工芸品として現代でも手に入る。しかも自宅で手作りできるキットがあったので作ってみたぞ。

続きを全部読む

【異変】映画ドラえもん『のび太の宇宙小戦争』のリメイクが公開決定するも、なぜかおっさんブチギレ! その理由は…〇〇がいない

ドラえもんの映画最新作『のび太の宇宙小戦争(リトルスターウォーズ)2021』が、2021年3月5日に公開されることが決定した。『2021』というタイトルからも分かるように、本作は1985年に公開された同名映画のリメイクである。超名作キタァァァァァアアア!

手のひらサイズの宇宙人・パピと共にピリカ星で繰り広げる のび太たちの大冒険は、幼い頃から私(あひるねこ)も何度繰り返し観てきたか分からない。あれから約35年。果たしてどんな進化を遂げて帰って来るのか今から楽しみでならないが……どうやら中には、今回の発表にブチギレているおっさんもいるらしいのだ。一体何があったというのか?

続きを全部読む

提供:Santen

【マジかよ】『TSUTAYA10年間見放題』が当たるだと!? 実際どれくらい価値があるか計算した結果 …

効き目重視型目薬といえばSantenのサンテメディカルシリーズ。赤の『サンテメディカル12』は目の疲れや充血に、黄色の『サンテメディカルガードEX』は炎症や眼病予防に、青の『サンテメディカルアクティブ』はかすみ・疲れ……

……といった具合に、目の症状に応じて3種類がラインナップされているのである。20代のころ、目のトラブルは気のせいだと思っていたが、30代になってようやく “疲れ・かすみ” の意味が理解できるようになった。「自分は大丈夫」と思っている若い人……いつか来るかんね!

ところでそんな『サンテメディカル』が、ある “とんでもないキャンペーン” を実施しているとの情報をキャッチした。目薬をドーンと100本くらいプレゼントしてくれるのか?

続きを全部読む

【全曲集中】『鬼滅の刃』主題歌で消費カロリーを競う全国ランキングが開催中! 効果的な歌い方をDAMの人に聞いてみた結果…

通信カラオケ『DAM』で現在、『カラオケカロリーバトル』なるイベントが開催中である。これは歌唱による “消費カロリー” の合計で全国ランキングを競おうというもの。アニメ『鬼滅の刃』の主題歌でおなじみ、歌手『LiSA』さんとDAMのコラボ企画だ。

『歌唱力』ってヤツは努力や訓練である程度強化できるとはいえ、やはり “持って生まれた能力” によるところが大きいのだと思う。それを得点化するカラオケの採点機能は歌の得意でない私にとって、あまり面白くないシロモノである。

が、しかし…… “消費カロリー” でなら勝算があるかもしれない!?

続きを全部読む

ロック好き必見! キアヌ・リーブス主演のコメディ映画『ビルとテッドの時空旅行』 ゆるい笑いが欲しい人にオススメ!

2020年は新型コロナウイルスの世界的な流行で、とても暗い1年になってしまった。当初開催予定だった東京オリンピックは2021年に延期となり、人々の生活様式はすっかり変わってしまった。こんなときこそ、笑いが必要なんじゃないのか?

今まさに必要とされるゆるい笑いを届けてくれる映画が12月18日から公開される。世界的俳優キアヌ・リーブスが若き日に出演していた映画『ビルとテッド』シリーズの最新作が日本でも公開されるぞ! ロック好きな人はぜひとも見て欲しい、素敵なコメディ作品だ。

続きを全部読む

【レビュー】本日公開の映画『とんかつDJアゲ太郎』を見てきた正直な感想

2020年10月30日、『とんかつDJアゲ太郎』が劇場公開となった。公開前日に、出演者の1人が道路交通法違反の疑いで逮捕され、その影響で公開が延期になるのでは? との見方があったものの、無事に公開初日を迎えることができた。

一体どんな作品なのか? 早速初日に劇場に足を運んで作品を鑑賞してきたので、その正直な感想をネタバレなしでお伝えしたいと思う。

続きを全部読む

鬼滅の映画に感動しすぎてラーメン屋で「煉獄さん」を注文したらヤバイことになった

よもやよもやだ。こんなラーメンがあろうとは。劇場版『鬼滅の刃』 無限列車編を見た私(中澤)が感動しすぎて美容室で煉獄杏寿郎にしてもらったことは以前の記事でお伝えした通り。あの映画を見たら誰でもそうしたくなると思うが、そんな煉獄杏寿郎ファンが注文せずにはいられないラーメンを発見した。

券売機のボタンにはこう書かれている。「煉獄さん(税込980円)」と。こんなの即押しだろ。ダッシュで即押しだろ。壱ノ型不知火!

続きを全部読む

【検証】劇場版『鬼滅の刃』は主人公の名前すら知らない素人でも楽しめるのか?

映画『劇場版 鬼滅の刃』が “ちょっと尋常じゃないくらいヒットしている” ようだ。かねてより続く『鬼滅』ブーム、そろそろ乗っとかないとヤバイのかもしれない。でもイチから原作やテレビアニメをチェックする気力はない。

「絶対に面白いから」という意見はもっともだが、私のようにアニメを見る習慣がない者にとって  “1つの作品を全編見る” という行為は相当しんどいもの。『ジブリ』や『エヴァ』クラスの信頼感があるならともかく、滅多なことでは覚悟が決まらないのだ。

しかし2時間程度の映画1本であれば、最悪つまらなくても諦めがつくだろう。果たして『劇場版 鬼滅の刃』は、主人公の名前すら知らない私でも楽しめるのだろうか?

続きを全部読む

鬼滅の映画に感動しすぎて美容室で「煉獄杏寿郎にしてください」と言ったらヤバイことになった

みんなはもう見に行ったかな? 劇場版『鬼滅の刃』 無限列車編を。連日大入りがニュースになっているこの映画。私(中澤)は公開2日目に見に行ったが、上映回数の多さゆえか当日予約でも席があったので、気になっている人は諦めずに予約を見てみると良いかも。

内容はどうだったかって? 最高だったさ。あんたが知ってる通りな。煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)みたいな男になりたい。そこで美容室で「煉獄杏寿郎にしてください」と言ってみた。

続きを全部読む

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編を見て感じた “鬼滅が女性に流行った理由”

泣いた。周りからもすすり泣く声が聞こえた。劇場版「鬼滅の刃」無限列車編の映画館でのことである。私(中澤)がこれを見た感想をひと言で言うなら「とても良かった」。もちろん、ひと言で語れない感情が渦巻くんだけど、ネタバレになるためそこは伏せたい。

しかし、私にこれほどの感動を与えてくれる『鬼滅の刃』は、実のところ賛否両論だ。特に、アニメ好きの男性から「面白さが分からない」という声をよく聞く。映画館の客層からも女性人気の高さがうかがえた。なぜこうも分かれるのか? 映画を見て個人的に思い当たる節があったため記したい。

続きを全部読む

【ネタバレなし】「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」を映画館で見るべき最大の理由 → ラストに登場する鬼に全集中せよ

見てきました。「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」を。 SNSでは1日中 “煉獄さん” “無限列車” など、鬼滅ワードがトレンド入り。お祭り騒ぎである。もう見たよという方も、たーくさんいらっしゃることだろう。

すでに原作で描かれている「無限列車編」。記者も原作を読破しているため、自ずと内容を知っていることになる。そんなこんなで、ぶっちゃけ記事にする気はなく、朝イチに見に行くことはしなかった。

しかし鑑賞後、どうしても記事にしなければならない理由ができてしまったのだ。それは、思わず映画館で「えっ……???(割と大音量)」と声を出してしまうほどの衝撃。理由は、物語のラストに登場する鬼である。

続きを全部読む

ありすぎ! 店で見かけた『鬼滅の刃』コラボ商品を片っ端から買っていったら何社くらいになるのか!? → ローソンにとどめを刺された

連載終了からおよそ半年、劇場版公開も控えて『鬼滅の刃』の勢いが止まらない。職業柄、新商品のチェックは欠かさないのだが、毎週のように「〇〇社とコラボ」のニュースが出てくる出てくる。

これだけ各社とコラボしまくっていると、PR効果があるのかないのかわからなくなってくるが、店で目についた商品を片っ端から買っていったら何社くらいになるのだろう? よし、数えてみよう。

続きを全部読む

ロケットニュース24記者が「元気を出したいときに見る・聴く作品」9選

誰だって落ち込むときがある。そしてその落ち込んだときに活力を与えてくれる作品というのも、きっと誰にだってあるだろう。

今回は心が疲れて元気を出したいときに触れたい作品を、ロケットニュース記者9人が選んでみた。心が塞ぎ込んだりして沈んだとき、浮上するきっかけになってくれればこれ以上うれしいことはない。

続きを全部読む

ロケットニュース24記者の「泣きたいときに見る・聴く作品」5選

たまに「泣きたいなあ」と無性に思うことはないだろうか。涙を流したときのスッキリ効果を求めてか、泣きたくなる衝動に駆られることは珍しいことではない。

あなたの泣きたいときのために、おすすめしたい泣ける作品を記者5人が選んでみた。これをチェックすれば、涙腺をゆるませてくれる新たな作品と出会えるかも!?

続きを全部読む

TSUTAYA SHIBUYAがビデオテープのレンタル開始! その数なんと約6000本!! デッキもレンタルしているぞ~!

自宅で映画を観るなら、配信サービスかDVD・ブルーレイなどのソフトか。ほとんどの人がそのどちらかを選んでいるはず。近頃は配信サービスがかなり充実しているので、レンタルすらしないという人も増えているだろう。

そんななか、東京・渋谷の「TSUTAYA SHIBUYA」が懐かしのサービスを開始した。VHSのビデオ作品のレンタルサービスだ。しかもビデオデッキも貸し出している! ためしにデッキとテープを一緒に借りてみた!

続きを全部読む

【バットマンデー】アメコミ嫌いが『ダークナイト トリロジー』を初めて見て思ったこと

DCコミックスのプロモーション企画「バットマンデー」が本国アメリカを中心に9月19日に開催される。例年9月に世界中の企業や書店とコラボし、ファンとともにバットマンの活躍を祝う祭典だそう。

「だそう」というのは、実は筆者はいわゆる「アメコミ」映画が苦手で、これまであまり縁がなかったからだ。しかし最近、衝撃を受けた作品があった。ご存じ大ヒット映画『ジョーカー』だ。

さらに続けざまに『バットマン ビギンズ』『ダークナイト』『ダークナイト ライジング』を見て、がらりと認識が変わった。感じたことをまとめてみたいが、なにぶん初心者なので的外れなことを書いていたら心の中で「バカめ」と笑って欲しい。

続きを全部読む

【AIすごい】モノクロ映画『ローマの休日』がフルカラーでよみがえる! クラウドファウンディングが反響!!

1つに絞り込むのは難しいが、オードリー・ヘプバーンの代表作といえば、やはり『ローマの休日』は外せないだろう。実在の名所が次々と登場し、もしローマを訪ねたことがあるなら、映画そのままに広がる風景に感動するはず。

イタリアの明るい陽光や、茶色い街並みが思い出されるような気がするが、実際にはスペイン広場で彼女が食べたジェラートが何色だったかはわからない。モノクロ映画だからだ。

この往年の名作を、AIの技術でカラー化する夢のようなプロジェクトが進行中。開始1日にして目標金額の80%を達成してしまうという注目度だ。

続きを全部読む

【検証】不気味な「声」が入っているとウワサの映画『事故物件 恐い間取り』を鑑賞してきた

全国の劇場で、ホラー映画『事故物件 恐い間取り』が上映されている。“事故物件住みます芸人” として一躍有名になった松原タニシ氏の実体験を映画化した作品だ。主演はKAT-TUNの亀梨和也氏、監督が『リング』『仄暗い水の底から』の中田秀夫氏とあって、上映前から話題をさらっていた。

この映画に、制作陣の意図していない「声」が収録されているというウワサをご存じだろうか。筆者も実際に鑑賞してきたのでご報告したい。

ストーリーの核心に触れるネタバレはないが、該当のシーンについては詳しく記述するので、まっさらな状態で鑑賞したい方はそっとブラウザを閉じて欲しい。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 69