「映画」カテゴリーの記事

【あるある】実写映画『るろうに剣心』を見た原作ファンがつい思ってしまうこと39連発! 本日21時放送「金曜ロードショー」

本日2021年4月30日の21時より、日本テレビ系「金曜ロードショー」にて映画『るろうに剣心』が放送されるでござるよ薫殿。2012年に劇場公開された大ヒットシリーズの第1作。主演はもちろん佐藤健さんだ。

続編にあたる『京都大火編』『伝説の最期編』については、実は3年前に “あるある” 記事を書いているのだが、よく考えたら本作にはノータッチだったことに気付いたでござる。

そこで今回は、原作ファンが映画を見た時につい思ってしまうことを “あるある” 形式でお送りするでござるよ薫殿。時系列順に書いてあるので、テレビを見ながら読むでござる!

続きを全部読む

【マジか】サーティワンのアイスケーキで『アベンジャーズ』が再結集! まさかのアイツが最強にウマかった

「アベンジャーズ……アッセンブル(結集)!」

言わずと知れた『エンドゲーム(2019年4月26日公開)』におけるキャプテン・アメリカの名台詞である。しかし、その『エンドゲーム』では激しい死闘の末、何人かのアベンジャーズ・メンバーがチームを離脱することに……くっ……!(泣)

あれからちょうど2年。今もなお、心にぽっかりと穴が空いてしまっているファンも多いのではないだろうか。そんなアナタに朗報である! サーティワンのアイスクリームケーキで、アベンジャーズが再結集したのだぁ──‼︎‼︎ アベンジャーズ……アッセンブル!!!!

続きを全部読む

【ネタバレなし】映画『るろうに剣心 最終章 The Final』を25年来の原作ファンが一足早く見てみた感想 → 新田真剣佑は2次元に生きている

来たる2021年4月23日、映画『るろうに剣心 最終章 The Final』がいよいよ公開される。人気シリーズの最新作にして文字通り最終作だ。本作と、2部作の後編にあたる『The Beginning』(6月4日公開)をもって実写版『るろ剣』は完結となる。

果たしてどのような仕上がりになっているのか? 気になりすぎて夜しか眠れないでござるよ薫殿! というワケで、公開前のメディア向け試写会に行ってきたぞ。25年来の原作ファンが見た『最終章 The Final』は……こうだった!!

続きを全部読む

本日公開の実写映画『エヴァ』を見に行ったら、上映直前にトンでもない間違いをしていることに気づいた話

「エヴァ」といえば「エヴァンゲリオン」、この認識で間違いないはずだ。現在放映中のアニメ映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』は新劇場版の4作目にあたり、テレビアニメを含めたすべてのシリーズの最後の作品となっている。2021年3月8日に放映が始まり、私(佐藤)もすでに劇場へと足を運んだ。

そんななか4月16日、つまり本日放映が始まった実写映画がある。その名も『エヴァ(AVA)』だ。一体どんな内容なのか、気になったので観に行ったところ、上映直前に恥ずかしい間違いを犯していることに気づいた。なんて間違いをしたんだ……。

続きを全部読む

【本音レビュー】今さらDisney+『ワンダヴィジョン』を見てみた感想 →「いよいよ本気を出してきたな、ディズニー」

ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズなど超強力コンテンツを抱える『Disney+』。筆者が会員登録してから1年ほどが経ったが、スター・ウォーズの実写ドラマ『マンダロリアン』を見終わってからは放置気味で、最近は『ソウルフル・ワールド』を見たぐらい。

そろそろ切ろう(解約)かな……そう思っていた私がラストチャンスとして『ワンダヴィジョン』を視聴し始めたら、度肝を抜かれた。怒涛の展開が毎回のように続き、文句なしに面白い! のだが、それ以上に この作品を通してディズニーの “本気” が見えた。

続きを全部読む

モヤモヤ解消『ハウルの動く城』が “難しい” と感じるワケ / 2週連続「金曜ロードショー」でジブリ作品放送!!

「金曜ロードSHOW!」改め「金曜ロードショー」にジブリ再び! 4月2日『ハウルの動く城』放送だ。

スタジオジブリの代表作といえば『風の谷のナウシカ』や『千と千尋の神隠し』といった少年少女の痛快な冒険活劇がまず浮かぶ。

一方『ハウルの動く城』は、ストーリー展開がやや複雑だったり、声優のキャスティングがちょっとした議論の的になったりと、いわば異色の存在。そんなハウルを読み解く「制作上の裏話」をご紹介!

ストーリー上のネタバレはないが、作品の評価にも言及するので、未視聴の方はブラウザバック推奨だ。

続きを全部読む

ウンコを食べる男が帰ってきた!! Netflix『猛獣を追え You vs. Wild 映画版』をレビュー / おすすめ海外ドラマ

ウンコを食べた伝説のシーンから2年……あのクレイジーでワイルドな男、ベア・グリルスが帰ってきた!! Netflixのリアリティ番組『You vs. Wild』が映画になってカムバックし、絶賛配信中だぞぉ────!

もちろん今回も前作同様「インタラクティブ作品(=物語の展開を視聴者が選択する)」だ。さっそくアレコレ無茶ぶりしまくって遊んでみたが、やっぱり面白い! 普通のドラマ・映画に飽きたNetflixユーザーにオススメの作品なので、その見どころをお伝えしたい。

続きを全部読む

【ネタバレ注意】43年間、1度もエヴァを観たことがない男が「シン・エヴァンゲリオン劇場版」を鑑賞したら → 最終的にはシバかれた

突飛な書き出しで恐縮だが、私、P.K.サンジュンはこの43年間、1度もエヴァンゲリオンに触れたことがない。アニメも映画も1話……どころか1分もエヴァを観ずに生きてきた私は、文句なしの “エヴァ童貞” だと自負している。

別にエヴァを観なくても死ぬわけではないし、この先も我が人生にエヴァが登場することはない……と思っていたのだが『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』にてエヴァが完結したというではないか。これはエヴァ童貞を捨てるラストチャンス──。というわけで、1人劇場に足を運ぶことにした。

続きを全部読む

【衝撃】シン・エヴァンゲリオンは途中で『刃牙』みたいな雰囲気になるらしい / 見に行った結果 → マジで『刃牙』だった(※ネタバレ注意)

休み明けの月曜という超ド平日に公開が始まった『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』。当然、私(あひるねこ)は見に行くことはできなかったのだが、うらやましいことに当編集部の中澤は初日に劇場へ駆け付け、その感想を記事にしている(ネタバレなし)。

いいなぁと思いつつ、育児や仕事で見に行けない状態が続くこと数日。ある時、中澤が妙なことを言い出した。なんでもシン・エヴァは、話の途中で『刃牙(バキ)』みたいな雰囲気になるというのだ。え? 『刃牙』って……あの『刃牙』? え? この男は一体何を言っているのか。

続きを全部読む

【ネタバレなし】シン・エヴァンゲリオン劇場版 / 年齢で変わる見え方と、ぎこちない親子関係の経験者に刺さるロンギヌスの槍

終わりましたね、エヴァ。ロケットニュース内でも見に行った方がいたようで、彼らの感想が記事になっています。そちらを見て、やっぱりエヴァはスゴいなと。

なぜなら、あちらで綴られていた内容が、私(江川)の見えたものとは違ったからです。近い世代のファンが見ても、感じることも見えることもそろわないという点から滲み出る奥深さ。きっと答えは視聴者の数だけあるのでしょう。

私にとって、エヴァで最も意識をひかれていたポイントは、常にシンジくんとゲンドウを中心に描かれる親子というテーマでした。というのも、めちゃくちゃ私的な話ながら、私の父親がゲンドウみたいだったので。

続きを全部読む

【ネタバレなし】シン・エヴァンゲリオン劇場版をガチファン2人で観に行ったら「終わり方」について感想が真っ二つに! 唯一意見が一致したのは……

青春終わったわ……。『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』のスクリーンに終幕と表示された瞬間、私(中澤)はそんな虚脱感を覚えた。「もう大人になる時間だよ」と庵野監督に言われた気がしたのである。これ以上の終わり方があるだろうか?

正直、最高の終幕だったと思う。しかし、一緒に見に行った亀沢郁奈記者に話を聞いてみたところ真逆の感想を抱いていた。うそぉ~ん。そんなことあるの?

続きを全部読む

【衝撃】すき家のエヴァコラボメニュー「初号機オム牛カレー」の色がヤバすぎる件 / ここだけセカンドインパクトが起きている

本日2021年3月8日、ついに『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の公開が始まった。これでエヴァも完結か……といっても、休み明けの月曜日だ。行きたいけど仕事で無理という人が多いのではないか。かく言う私(あひるねこ)もその一人である。

だったらせめてシンエヴァ気分だけでも味わおうと、最寄りの「すき家」へとやって来たぞ。実は「すき家」では本日より期間限定で、エヴァとのコラボメニューが発売されているのだ。そこでさっそく注文してみたところ……何やらセカンドインパクトみたいなヤツが来たのでお伝えしたい。

続きを全部読む

【混乱】販売開始直後に4万人待ち!? シン・エヴァ初日チケット争奪戦が大混雑 / 余裕でGETした人にこういう時の買い方を聞いた

2021年3月5日0時から、ついに『シン・エヴァンゲリオン劇場版』のチケットが販売開始となった。映画を初日に観に行くという習慣がほぼない私(中澤)だが、シン・エヴァだけは観たい

しかし、これだけ話題の映画である。チケットは即完するかもしれない。そこで販売開始の0時にチケットを購入しようと、TOHOシネマズのサイトを開いたところ初めて見る表示となった。マ、マジかよ!?

続きを全部読む

ディズニー最新作「ラーヤと龍の王国」はアナ雪を超えるのか? ディズニーマニアの見解は…

2021年3月5日(金曜日)、劇場版ディズニー最新作『ラーヤと龍の王国』が公開となった。冒頭から申し上げてしまうが、個人的に「ラーヤはアナ雪よりも俄然おもしろかった」というのが、試写会で同作を鑑賞した直後の率直な感想だ。

とはいえ、映画にはどうしたって個人の趣味嗜好が大きく影響するもの。そこでディズニーを愛し、ディズニーに愛された男、当サイトの “ディズニーマニア” こと田代大一朗に『ラーヤと龍の王国』をどう思ったのか聞いてみることにした。

続きを全部読む

映画の「副音声上映」って、ぶっちゃけどうなの? 実際に体験して感じた “デメリットとメリット”

突然ですが。先ほど、はじめて映画館で「副音声上映」というものを体験してみた。やり方は簡単。スマホやタブレットで専用アプリをインストールし、マイイヤホンを使用して楽しむのだ。

つまりは上映中、スマホの音を聴くことになる。せっかく音響環境が最高な映画館にいるのに、なぜわざわざスマホの音を……と正直、疑問だった。しかし実際に聴いてみると、なるほどね。

続きを全部読む

【エヴァQあるある】『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』を見た人がやってしまいがちなこと30連発

本日2021年1月29日、ついに金曜ロードショーに『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』が登場だ。本来であれば、これを見て復習した後、『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』を見に行く予定を立てていた人も多いだろう。

ストーリー分岐して加速した『破』から、さらにグイグイ進んでいく『Q』。暴力的とも言える事実の奔流は、まさに「時と同じく世界に可逆性はないからな」という冬月のセリフを実感させられる。そんなエヴァQを見た人がやってしまいがちなことを「あるある」という形でお届けしたい。

続きを全部読む

【ネタバレなし】映画『えんとつ町のプペル』を見た正直な感想「スポ根アニメかと思った」

お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣さんが脚本・原作・製作総指揮を務めた映画『えんとつ町のプペル』が、最近ネット上で話題になっている。何が話題になっているのかは詳しく知らない。だが、1度は見てておこうと思っていた私(佐藤)は、2021年1月某日に鑑賞してみることにした

ということで、実際に見た率直な感想をネタバレなしでお伝えしたいと思う。

続きを全部読む

シン・エヴァンゲリオン公開延期が悲しすぎるのでペーパークラフトを作ってみた

まさかというか、やっぱりというか、シン・エヴァンゲリオン劇場版の公開延期。全国の劇場が満員になるのは必至だから、感染防止の観点では誰も責められない。

とはいえ残念だ。年末から『序』『破』『Q』を見直し、ポスターに込められたメッセージを推理し、疑問点を整理して待っていたのに……。

この悲しみ、どこにぶつけたらいいんだ……というわけで、ペーパークラフトにぶつけてみた。極小ペーパークラフト「ペーパーナノ エヴァンゲリオン / 使徒、襲来」だ。

続きを全部読む

【おうち時間】 ポップコーンメーカーを自宅に導入したら、楽しさがハジけた / 決定的瞬間の撮影にも成功

ポップコーンが好きだ。本当は映画館で食べるのがいちばん好きなのだが、このご時世 なかなか劇場へ足を運ぶことも少なくなった(新作があまり劇場公開されないから……)。なので最近はもっぱら 自宅の電子レンジやガスコンロで作るタイプのポップコーンを楽しんでいる。

──のだが! お家で悶々(もんもん)と過ごす生活にもそろそろ刺激がほしい。ということで、なにやら楽しげなポップコーンメーカーを自宅に導入してみたぞ! 結論から言うと、個人的にはイイ買い物をしたと思っている。それにまさか、アノ瞬間が撮れるとは……!

続きを全部読む

『夏目友人帳』の映画「石起こしと怪しき来訪者」公開スタート! 劇場に足を運び、気が付いた “あること” …

『夏目友人帳』の映画「石起こしと怪しき来訪者」が、2021年1月16日よりスタートしている。久しぶりの新作アニメだ。これは是が非でも観なければと、初日に映画館へと足を運んだ次第。

このようなご時世でもあるからか、館内にはおひとりさまの姿がそこそこ見受けられる。老若男女いるようなのだが、個人的に意外だったのが男性の姿も割と多かったこと。あらゆる層の人気を獲得するなんて、さすがだなあ。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 71