「宇宙」カテゴリーの記事

5万年ぶり&二度と見られないZTF彗星が死ぬほど簡単に見えた件 / 住宅街からでもやっすいカメラで余裕で撮れそう

なんでも今、地球にZTF彗星(C/2022 E3)が5万年ぶりに接近してきているらしい。5万年前といえば旧石器時代。日本列島にはまだホモサピエンスすらいないほど昔。

今を逃せば、次に見られるのは5万年後……と思いきや、今後は2度と帰ってこないと考えられているもよう。一期一会が極まっている。これは是非とも1枚くらい記念撮影しておきたい。

でもなぁ。この手のって、世のメディアどもは見える見えると騒ぐけれど、実際にはクソほども見えないのがザラじゃないっすか? 私は今回もそのパターンだと思っていました。今朝、近所のショッピングモールの駐輪場で見るまでは

続きを全部読む

7日は1月の満月「ウルフムーン」 6日深夜と7日の夜に見ごろ / 2023年最初の満月を見逃すな!

気付いたら始まっていた2023年。そしてやってくるのが毎月恒例の満月の日。ネイティブアメリカンによる1月の満月の呼称は「ウルフムーン」だ。

国立天文台によると、満月になるのは7日の午前8時ごろとのこと。すっかり日が昇っている時間帯なので、観測に適しているのは満ちる前の6日の深夜から未明にかけてと、満ちた後の7日の夜あたりとなる。

続きを全部読む

【憤怒】ヴィレヴァンアウトレットで売ってた「佐藤さん専用」福袋があまりにも舐めてて、企業姿勢を疑うレベル / 福袋2023

佐藤だ。年始早々、ワシャ怒っとる。というのは、編集部のP.K.サンジュンが購入してきた福袋があまりにも人を舐めた代物だったからだ。

福袋特集が始まって以降、サンジュンとあひるねこはヴィレッジヴァンガードの福袋について再三「ゴミ」と称しているのだが、それらのモノでさえも生ぬるいほどの福袋が存在した。

それは同じくヴィレヴァンの「佐藤さん専用」という福袋(税込3000円)だ。中身を見てワシャ愕然とした。ひどすぎて、企業姿勢を疑いたくなるレベルじゃ、コラーーーッ!!!!

続きを全部読む

今夜は ふたご座流星群! 月の出前の比較的早い時間が観測に適しているかも

2022年12月14日の22時ごろに、ふたご座流星群の活動がピークを迎える。今年の流星群は、まだ22日深夜の こぐま座流星群 が残っているが、そちらは活動があまり活発ではない。

観測の難易度的に、ふたご座流星群が今年最後の流れ星の観測チャンスと言ってもいいかもしれない。観測に適した時間帯など、詳しくお伝えするぞ!

続きを全部読む

【満月】12月8日はコールドムーン! 満月のそばで眩しく輝く火星も見ごろ

8日の13時過ぎに、12月の満月の瞬間がやってくる。ということで、前日の7日の深夜~未明と8日の深夜の両方で、ほぼ満月の状態である月を観測することができるだろう。

また、8日は火星が “衝” と呼ばれる状態になり、満月のそばで輝く予定。満月と火星の両方を観測する絶好のチャンスだ!

続きを全部読む

11月8日は皆既月食と天王星食! 昼間のうちに近所の観測スポットを見つけるためのパーフェクトガイド

11月8日は11月の満月の夜。ネイティブアメリカンによる呼称はビーバームーン。由来は、ビーバーたちが越冬の準備を完了し、巣に引きこもりはじめるシーズンだから。

彼らの巣は非常に優れた造りをしている。全ての入口を水面下に設けてセキュリティを確保し、表面を泥などで固めることで冷気を遮断。さらに……いや、ビーバーの話は来年のビーバームーンまで取っておこう。

今夜のメインは皆既月食だ! 同時に進行する天王星食も見逃せない。ということで今回は月食関連の詳細と、あなたの家の近所で月食を見るためのベストプレイスを見つける方法をお伝えするぞ!!

続きを全部読む

オリオン座流星群がピーク! より確実に見るために重要なポイントは

2022年10月22日の午前3時ごろに、オリオン座流星群の活動がピークを迎える。ということで、見ごろとなるのは21日の深夜から、22日の未明にかけて。

流星の輝きを妨げがちな月も、今回は下弦の月を18日に経てさらに細くなっている。午前2時過ぎが月の出(東京)だが、ほとんど影響は無いと言っていいだろう。

しかも今日は金曜日。夜更かししても問題なし! 流星群の観測にとって、かなりの好条件だ!

続きを全部読む

9日から10日にかけて10月の満月「ハンターズムーン」が見ごろ! 月のそばで輝く木星も

2022年10月10日の午前6時ごろに、今月の満月の時がやってくる。ということで、9日の深夜から10日未明にかけてが観測のタイミングだ。

ちなみに月と木星が接近しているので、満月と共に、そばで明るく輝く木星も観測することができるだろう。

続きを全部読む

【宇宙開発記念日】おかずからデザートまで宇宙食体験! 過酷な条件のはずが思わず筆者の口をついた感想は…

10月4日は人類初の人工衛星「スプートニク1号」が打ち上げられた「宇宙開発記念日」

あれから65年、民間人が宇宙旅行できる時代が目前に迫っている。旅の楽しみといえばグルメだ。そろそろ当サイトも太陽系全体のグルメ情報を掲載していく時期かもしれない。

2022年現在、宇宙食開発には多くの食品メーカーが参画し、50品目が「宇宙日本食」として認証されている。一般向けに市販されているものも多くあり、砂子間記者がレポートした「宇宙おにぎり」や、高木記者の「若狭宇宙鯖缶」もその一部だ。

今回は主食からおかずまで、いろいろなものを入手したので宇宙食体験をしてみたい!

続きを全部読む

【すげぇ!】Googleで「NASA DART」「探査機 DART」等と検索! → 探査機が飛んできて爆散するぞ!!

NASAが日本時間の2022年9月27日に実施した Double Asteroid Redirection Test 通称DART。NASAによると、これは人類史上初の惑星を防衛するための技術の実証試験

要は小惑星に探査機をブチあてて、軌道をズラせるか試してみようというもの。将来的に小惑星や彗星が地球に衝突コースでヤバそうな事態が発生した時を想定してのものだ。

実験は成功。探査機はターゲットの小惑星に衝突し、それなりに影響を与えたそうなのだが、これを記念してGoogleがGoogle検索に面白い仕込みを実施中なのだ! とりあえず一回やってみると……すげぇ! 探査機が爆散して検索結果が曲がったぞ!!

続きを全部読む

【検証】宇宙で1番ウマいお菓子! 六花亭の「マルセイバターサンド」を抜き打ちで食べたら9人中何人が当てられるのか?

日本全国津々浦々、世の中には様々な「名菓」が存在するが、純粋に味だけで考えた場合、日本で1番……いや、宇宙一ウマいのは六花亭(ろっかてい)の『マルセイバターサンド』であろう。絶対に絶対に絶対に! 異論は認めない。

その『マルセイバターサンド』ならば、どれだけ無知な我々ロケットニュース24メンバーも知っているハズ。というわけで、不定期企画「常識おみやげ検証」の第6回は、六花亭の『マルセイバターサンド』で検証をしてみたゾ。

続きを全部読む

【実録】屋久島の山中に「謎の呪文だらけの東屋」が → そこに書かれた番号に電話したらおじいちゃんが出る → 会ってみた結果

ネットと街中では目につく情報が違う。同じように、車と徒歩でも目に見えるものは違うと思う。こんなところにこんなものがあったのか!? 歩いていてふと発見できたことは1つや2つではない。

というわけで、誰も歩いていない屋久島の辺境を歩いていたところ、謎の呪文だらけの東屋を発見した。これは一体何なのか。

続きを全部読む

10日の夜は中秋の名月! 9月の満月「ハーベストムーン」とぴったり重なるぞ! ほぼ日本全土でお月見チャンスか?

2022年9月10日は、中秋の名月(十五夜)! 太陰太陽暦(明治時代初期まで使われていた、月の満ち欠けを基準にした暦。単に旧暦とも)の8月15日に該当する。

そして2022年の中秋の名月は、パーフェクトに9月の満月の夜でもあるのだ! これはお月見待ったなしだろう。

続きを全部読む

夏休み恒例「ペルセウス座流星群」がピーク! 年間最強クラスの流星ラッシュを見逃すな!!

2022年8月12日の深夜から13日未明にかけて、ペルセウス座流星群がピークを迎えるぞ! 三大流星群が1つに数えられる流星群界のビッグネーム!

その圧倒的な流星の数や火球の多さから、他をぶっちぎる観測のしやすさ! 何なら多少曇っていてもイケたりするレベル。観測のポイントをサクッとお伝えするぞ!

続きを全部読む

今夜は「みずがめ座δ南流星群」がピーク! 新月直後の超好条件! 天気もいい感じの地域が多めだぞ!!

気付いたら7月ももう終わり! 夏の天体イベントといえば、ぶっちぎりの知名度と見応えを誇る「ペルセウス座流星群」が真っ先にあがると思うが……

実は他にも大小様々な流星群が活動し、毎晩それなりに流星を期待できるシーズンなのだ! 例えば今夜、7月30日の夜は「みずがめ座δ南流星群」が見ごろだったりするぞ! しかも超好条件だ!

続きを全部読む

宇宙飛行士にはなりたくないが選抜試験で行われたという「白無地パズル」で人間力を測ってみた

昭和の時代から「ミルクパズル」「牛乳パズル」などと呼ばれ、鬼畜的な難しさで知られる “無地のジグソーパズル”。絵柄が完成していく喜びはなく、ひたすらストイックにピースと向き合う作業は精神修行のよう。宇宙飛行士の選抜試験でも出題されたことがあるという。

集団生活への耐性ゼロで、かつ閉鎖空間に恐怖を感じる筆者は宇宙飛行士には心ひかれないが、漫画『宇宙兄弟』は夢中で読んだ。

宇宙飛行士や南極観測隊など極限状態に置かれるミッションでは、どんな能力のある人が「適性がある」と判断されるのか。っていうか、ジグソーパズルでなにがわかるのか。

完全なる野次馬で、株式会社ビバリーから発売された「宇宙飛行士 選抜試験 白無地ジグソーパズル」をやってみた。

続きを全部読む

13日の夜から14日未明は、2022年で最も大きい満月「スーパームーン」 / 実はめっちゃ短い「スーパームーン」の歴史

2022年7月13日の夜から14日の未明にかけて、満月が見ごろとなる。正確な満月の日時は14日の午前3時38分だ。ネイティブアメリカンによる、7月の満月の呼称は「バックムーン」。

バックとは、英語で牡鹿を意味する Buck のこと。だが、今回は「スーパームーン」としての注目度の方が高そう。しかし気になるのは天気!

全国的に梅雨に戻ったかのような感じだしな。ということで、「スーパームーン」という名称についてや各地の天気など、丸ごと詳しく見ていくぜ!

続きを全部読む

6月の満月はストロベリームーン! / 忘れ去られつつあるイチゴ本来の収穫期

今月も満月の夜がやってきたぞ! 国立天文台の暦象年表によれば、2022年6月の月が満ちるのは、14日の20時52分。ネイティブアメリカンによる呼称は「ストロベリームーン」。

名前のキャッチーな雰囲気からか、ピンクムーンやフラワームーンと並び、人気の高い満月の一つだ。しかし日本列島は絶賛梅雨真っ只中。見ることのできるエリアはあるのだろうか? 各種関連情報をまるっとお届けするぞ!

続きを全部読む

【謎の新味】コカ・コーラが牛乳入りの「宇宙味」を発売したので飲んでみた / 韓国とアメリカで期間限定販売

みんな元気セヨ! コカ・コーラから期間限定で新しい味が発売された。今まではオレンジ味やライム、桃など言ってしまえば想像範囲内の味だったが、今回はひと味違う。まさかの「宇宙味」なのだ!

続きを全部読む

5月の満月「フラワームーン」が15日から16日にかけて見ごろ / 欧米では皆既月食のライブ中継も

今月も満月の夜がやってきた。ネイティブアメリカンによる5月の満月の呼称は「フラワームーン」。国立天文台によると、詳細な日時は16日の13時14分だそう。

もちろんその時間に月は見えないので、日本で見ごろとなるのは前後の15日と16日の夜。パーフェクトな満月とはいかないが、両日ともほぼ満月な状態の月を見ることができるだろう。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 24