「宇宙」カテゴリーの記事

【謎の新味】コカ・コーラが牛乳入りの「宇宙味」を発売したので飲んでみた / 韓国とアメリカで期間限定販売

みんな元気セヨ! コカ・コーラから期間限定で新しい味が発売された。今まではオレンジ味やライム、桃など言ってしまえば想像範囲内の味だったが、今回はひと味違う。まさかの「宇宙味」なのだ!

続きを全部読む

5月の満月「フラワームーン」が15日から16日にかけて見ごろ / 欧米では皆既月食のライブ中継も

今月も満月の夜がやってきた。ネイティブアメリカンによる5月の満月の呼称は「フラワームーン」。国立天文台によると、詳細な日時は16日の13時14分だそう。

もちろんその時間に月は見えないので、日本で見ごろとなるのは前後の15日と16日の夜。パーフェクトな満月とはいかないが、両日ともほぼ満月な状態の月を見ることができるだろう。

続きを全部読む

ゴールデンウィークのラストは「みずがめ座η流星群」がピーク! 絶好の観測チャンスを逃すな!

楽しかったゴールデンウィークもいよいよ最終日。事前の天気予報では圧倒的に雨だったが、蓋を開けてみれば、そこそこ天気にも恵まれた方だと思う。

SNSでは「人多すぎ」なんて言葉も連日トレンド入りしていた。きっと多くの方が、久しぶりの制約控えめなお出かけをエンジョイできたのだろう。

あとは休んで仕事・学業に戻るだけ……と思っているかもしれないが、まだだ! 毎年この時期恒例の「みずがめ座η(エータ)流星群」が残っている! 今年はかなりの好条件。観測のコツなど、詳しくお伝えするぞ!

続きを全部読む

【野口宇宙飛行士が絶賛】高校生が開発した宇宙食『若狭宇宙鯖缶』が市販化! ISSで食べられた味が地球でも楽しめる

宇宙食といえば、宇宙飛行士の活動を支える機能食。失礼ながら、あまり美味しくないイメージを持っていた。

しかし2020年、ISS(国際宇宙ステーション)に滞在した野口聡一宇宙飛行士が「大変美味しい」と絶賛した宇宙食がある。それが福井県にある、若狭高等学校の生徒たちが開発・製造した“鯖缶”だ。

『若狭宇宙鯖缶』は、ISSに飛んだ鯖缶のレシピを再現して市販化した商品。どんな味がするのか? なにが宇宙っぽいのか?? 秘密を探ってみたぞ。

続きを全部読む

16日深夜から17日未明は4月の満月「ピンクムーン」/ 今年は一部の層にとって超特別な満月である理由

2022年4月17日は4月の満月の日。国立天文台によると、午前3時55分に満月になるもよう。ということで、見ごろとしては16日の深夜から17日の未明にかけて。

ネイティブアメリカンによる呼称は「ピンクムーン」。いかにも映えそうな名前だ。数ある満月シリーズの中でも、安定して上位の人気を獲得している。名前の由来や観測のポイントなどを各地の天気と合わせてお伝えするぞ!

続きを全部読む

【ポテ通】スラムのポテト女将が教えてくれた「激安の時短ポテト(30円)」に思う宇宙のバランス / カンバ通信:第153回

ジャンボ〜♪ みんな、ポテってる? ポテリストのチャオスだよ。今回オレがポテロールしたのは、アフリカ最大のスラム街こと「キベラスラム」ほど大きくはない「マザレスラム(Mathare Slum)」だ。

マザレスラムがどんな場所なのかは「Mathare」で画像検索してみると良いだろう。ある意味、キベラスラムよりもキョーレツかも。ちなみにマザレを歌った動画もあるし、そんなマザレにもポテト屋はある。

続きを全部読む

【隔離生活】エルデンリングの序盤最強ボス「星砕きのラダーン」を1週間かけてじっくり倒そうとした結果……

現在、絶賛コロナ隔離生活中の佐藤です。3月15日から1週間、東京・有楽町の療養施設を1歩も出ることができない。

入所前から「ゲームを楽しむ時間にするしかない!」と確信していた私は、話題のゲーム『エルデンリング』をやる気満々で入所した。

ちょうど序盤の強ボス「星砕きのラダーン」も猛烈に苦戦していたので、滞在中にじっくり撃破しようと企(くわだ)てていたのである。だが、その計画はもろくも崩れ去った……

続きを全部読む

【見え…】今夜は3月の満月「ワームムーン」! 花粉と満月のコラボは見られるか / あるいはミミズのうんこ

今月もやってまいりました。18日は3月の満月の夜。ネイティブアメリカンによる呼称は「ワームムーン」です。ワームとはもちろん芋虫たちのこと。

すでに花粉が舞い始めており、空気中の花粉によって太陽や月の光にハロが発生する花粉光環も、もしかしたら期待できるかもしれません。ワームムーンの詳しい由来や、各地の天気などと共に見ていきましょう。

続きを全部読む

【見えるかな】今夜は2月の満月「スノームーン」 / 水星も見ごろ

今月もやってまいりました。毎月恒例の、満月の夜です。日本ではネイティブアメリカンによる満月の呼称が注目されがちですが、2月の満月は「スノームーン」。

名前的に、今夜こそ雪が降って欲しい(程よく満月が見栄えする程度に)ところ。ということでいつも通り名前の由来や、他の呼び名、そして全国の天気などを見ていきましょう。

続きを全部読む

【絶望】天下一品が1日5食限定で『超こってり』を発売! 東京・中野店で先行販売中と聞いて行ってみた結果 → すべてを諦めた

先週、全国のラーメンファンに衝撃が走った。なんと「天下一品」が2022年2月1日、あの “こってり” を超えた “こってり”『超こってり』を限定発売すると発表したのだ。ちょ、超こってりだと……? 響きだけですでにエグヤバではないか。

1日限定先着5名のみ(予約不可)という非常にレアな一杯であるが、聞くところによると東京・中野店では1月22日から先行販売を実施しているという。これは一足早く体験するっきゃない! というワケで、開店前の天一中野店に駆け付けた。

続きを全部読む

【超最高の条件】今夜は三大流星群の1つ「しぶんぎ座流星群」がピーク! 寒くても絶対に見るべき理由

2022年最初の流星群がやってきた! 今夜は三大流星群の1つに数えられる「しぶんぎ座流星群」がピークとなる。しかも今夜は滅多にないほどいい条件が揃っている!

これを逃すなんてとんでもない。新年早々、流れ星に願いをぶちまけ放題なビッグチャンスが到来だ! というわけで、観測のコツなどをまとめてお伝えするぞ!!

続きを全部読む

提供:日本コカ・コーラ

【衝撃スクープ】宇宙からのカウントダウンに参加する方法を大公開

いくつになっても “年越しの瞬間” は特別である。年越しそばを食べたり、除夜の鐘を聞いたり、だいぶ意味不明だが、ジャンプをして「年明けの瞬間は地球にいなかった」と自慢したり……とにかく、おめでたい正月を気持ちよく迎えて「良い1年に」と願いたくなるもの。

そんな特別な瞬間を宇宙で(さっきのジャンプではなく)美しい地球を見ながら迎える方法があるのはご存知だろうか? 宇宙からのカウントダウンに参加して、希望に満ちた新年を迎えたい方は必見である。もしかしたら史上最高にロマンチックな年越しになるかも……!

続きを全部読む

ただいま「こぐま座流星群」が絶賛活動中! 2021年最後の流星群を見逃すな!!

いよいよ2021年最後の流星群がピークを迎える。「こぐま座流星群」だ! 極大となるのは午前0時ごろ! 厳密には23日なので明日ではあるが、まあ今夜だ。

この記事を執筆しているのは22日の20時ごろなのだが、ぶっちゃけすでに数時間後のピークに向けて活動中である。年末には宝くじや有馬記念も控えている。流れ星が見えたらいい事あるかもしれないぞ!

続きを全部読む

19日は今年最後の満月「コールドムーン」 / 2021年で最も小さい満月

何だかんだで2021年も終わりが見えてきた。年内の天体イベントも、残すところあとわずか。当サイトでも扱う可能性のあるものとしては、あと2つといったところか。

そのうちの一つが、毎月恒例の満月だ! 2021年12月19日は、満月の夜。ネイティブアメリカンによる呼称は「コールドムーン」。そして、今年最小の満月でもあることから「マイクロムーン」でもあるぞ! 

続きを全部読む

【1時間に最大50個も】今夜は「ふたご座流星群」がピーク! 13日深夜から15日未明までの2夜

2021年12月14日の16時ごろに、ふたご座流星群がピークを迎えるぞ! 見ごろとなるのは、前日の13日の深夜から14日の未明までと、14日の深夜から15日の未明まで。

三大流星群の一つに数えられる、非常にビッグな流星群だ。国立天文台によると、13日の深夜には1時間あたり40から50個! 14日の深夜にも1時間あたり30から40個もの流星が予想されるとのこと。観測に向けて重要なポイントをまとめてお伝えするぞ!

続きを全部読む

【ガチ】今夜は部分月食! 観測に向けてやっておくべき、超重要なこと / 昼間のうちにやっておこう

2021年11月19日は、11月の満月の日! ネイティブアメリカンによる呼称はビーバームーン……なのだが、今夜のメインは満月そのものではなさそう。

すでに報じられまくっている通り、今夜は部分月食だ! それも、限りなく皆既月食に近い部分月食というのだから見逃せない。今回は観測に向けて、ガチに昼間のうちにやっておくべきことをお伝えするぞ!

続きを全部読む

今夜はしし座流星群がピーク! 流星群観測のコツと各地の天気をチェック!

11月の天体イベントラッシュが止まらない! 先日の「おうし座北流星群」に続き、今度は「しし座流星群」がピークだ!! その名の通り、しし座の首のあたりに放射点がある流星群。

見ごろとなるのは17日の深夜から18日の未明にかけて。はたして今夜、流星は見られるのか!? しし座についてや観測に際してのコツなどを、各地の天気と合わせてお伝えするぞ!!!

続きを全部読む

今夜は「おうし座北流星群」がピーク! 火球の出現や「おうし座南流星群」、「しし座流星群」とのコラボにも期待!!

2021年11月12日の夜に、10月半ばから活動中だった「おうし座北流星群」がピークを迎える。そこまで沢山の流れ星を見せてくれるタイプの流星群ではないが、まれに大きな火球が出現して話題になることもある。

しかも、今の時期は10月中にピークを迎えた「おうし座南流星群」の活動がまだ続いており、また、17日から18日にかけてピークを迎える「しし座流星群」もすでに活動中。今夜はほかにも良い条件があるようだ。詳しくお伝えするぞ!!

続きを全部読む

今夜はオリオン座流星群がピーク! 観測前に把握しておくべき最も重要なことはこれだ!!

2021年10月21日の夜に、オリオン座流星群がピークを迎えるぞ! 毎年10月から11月にかけてみることができるお馴染みの流星群で、母天体はハレー彗星だ。

2006年から2009年にかけては1時間に50個以上の流星が観測され、大いに世界中で話題となったことも! はたして今夜はどうなのか? 流星群を楽しみにしているあなたにとって、最も重要なことをお伝えするぞ! 

続きを全部読む

【満月】今夜は10月の満月 ハンターズムーン! 全国的に見えそうな地域多めか / ハンターズムーンの知られざる特殊性

2021年10月20日は、10月の満月の日。国立天文台によると、23時57分に満ちるそうだ。ちなみにネイティブアメリカンによる呼称はハンターズムーン

「狩人の月」とは、なかなかに格好いい響きだが、実はこの名称は他より少しだけスペシャルだったりする。今回はハンターズムーンの知られざる特殊性を、名前の由来や各地の天気などと合わせてお伝えしよう!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 23