「映画」カテゴリーの記事

【スター・ウォーズ】英語で会話する “R2-D2” が青年みたいな声で気持ち悪い動画

やあ、スター・ウォーズファンのみんな! 今日もフォースに守られているかな? ダークサイドに堕ちてないかな? イライラしても深呼吸して心を落ちつけよう。マスター・ヨーダは「恐怖は怒りへと導き、怒りは憎しみへと導く、そして憎しみは苦しみへと導くのだ」と仰ってたぜ?

それはさておき、みんなはスター・ウォーズのキャラで誰が好きかな? オイラはオビワンもアナキンも好きだけど、やっぱりR2-D2が大好きさ! あんなにキュートで、あんなに頼り甲斐のあるキャラって……いる? R2が嫌いな人なんて会ったことないよ!

続きを全部読む

【映画ジョジョ】山田孝之演じる「アンジェロ」のビジュアル解禁! これまで発表された全6キャラクターまとめ

2017年に公開予定の映画作品の中で、良くも悪くも注目を集めているのが実写版ジョジョ『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』だろう。熱狂的な原作ファンが多いうえに、漫画の実写化そのものに対するアレルギー反応は強く、ネガティブな意見が多いようだ。

これまでに主要5キャラクターのビジュアルが解禁されてきたが、2017年2月23日に解禁となったのが、山田孝之さん演じる “アンジェロ” こと「片桐安十郎」である。その仕上がりは、や……山田孝之さんそのものではないか……!

続きを全部読む

【予想通り】『ウォーキング・デッド』のゾンビオーディションが超カオス

2010年から放送されており、世界で社会現象にもなっているドラマ『ウォーキング・デッド』。ウォーカーと呼ばれるゾンビがはびこるアメリカを舞台に、元保安官リックが生存者たちと生き抜いていくストーリー……というのは、ご存知の人も多いことだろう。

現在、シーズン7が放送中。映画化も近いと噂されている上、ユニバーサルスタジオのアトラクションも大好評とまだまだ勢いは止まりそうにないが、そんな『ウォーキング・デッド』の興味深い映像が YouTube に投稿されていたのでご報告したい。内容はズバリ……ゾンビのオーディションである。

続きを全部読む

【君の名は。】RADWIMPSの英語版主題歌がカッコよすぎると話題

2016年8月26日に公開され、社会現象にまでなった映画『君の名は。』。今では国内だけにとどまらず、世界中で上映され、2017年4月7日からは全米、カナダの劇場でも公開予定とまだまだその快進撃は止まらない。

英語圏でも受け入れられるのか気になるところだが、どうやら心配はなさそうだ。というのも、なんと北米公開ではRADWIMPSの主題歌が英語に! しかも、めちゃくちゃカッコイイことになっているのだ!

続きを全部読む

ホラーの巨匠スティーヴン・キングが「トランプ大統領の出現」を40年前近くに予言!? 代表作にソックリなキャラクターが登場していた!

以前、「16年前に人気アニメ『シンプソンズ』でトランプ氏の大統領就任が描かれていた!」とのニュースをお伝えしていたことがあった。

そして、あのホラーの巨匠スティーヴン・キングも、40年前近くに「トランプ大統領の出現」を予言していたとネットで話題を呼んでいる。なんでも彼の代表作に、新大統領にソックリなキャラクターが登場していたというのだ!

続きを全部読む

「人気映画のワンシーンをモチーフにした切手」が超イイ感じ! 思わず切手収集を始めたくなるレベル!!

歴史に残る名画や人気映画はグッズなどのデザインにされることが多く、以前に「映画作品をモチーフにしたビール用コースター」「有名アルバムジャケットと映画の登場人物を一体化させたインスタ」を紹介したことがある。

そして、今度は「人気映画のワンシーンをモチーフにした切手」が誕生し、こちらも最高にイイ感じなので紹介したい。あんまりにもカッコ良すぎて、思わず切手収集を始めたくなるレベルなのである!

続きを全部読む

【悲報】ジョジョ実写版映画『広瀬康一』のビジュアル公開 →「コレジャナイ感」がエゲツないと話題

製作が発表されて以来、実写映画版『ジョジョの奇妙な冒険』に批判的な声が多い。一部では「楽しみ」という声もあるものの、大多数は「やめておいた方がいい」「なぜわざわざコケに行くのかわからない」……などと、ネガティブな反応が多いようだ。

そんな中、神木隆之介さん演じる「広瀬康一」と、小松菜奈さん演じる「山岸由花子」のビジュアルが公開された。ある意味で最も再現が難しい康一くんのビジュアルは、やはりというべきか、「コレジャナイ」という声が相次いでいるのでお知らせしたい。

続きを全部読む

【衝撃格闘動画】ハイキックを「マトリックス避け」でかわした選手が話題

1999年に公開され、映像界に衝撃をもたらした映画『マトリックス』。ロビーの銃撃戦をはじめ、ネオ(キアヌ・リーブス)のカッコいいアクションは、今でもさまざまな作品に影響を与えていることで有名だ。

中でも体を思い切り反らせて銃弾を避けるシーンはインパクト大。通称「マトリックス避け」なんて呼ばれているが、まさかの映像に世界が仰天する事態となっている。なんでも、タイで行われた格闘技の試合で似たような動きを繰り出した選手がいたというのだ!

続きを全部読む

【動画あり】中国で「ハリー・ポッター」の戦闘シーンみたいなロケット花火の撃ち合いが激撮される

世の中には理解に苦しむ行為を楽しむ人がいる。例えば、今回ご紹介する中国の男性2人もその部類と言えよう。なんと彼らはお互いに目がけて、ロケット花火を撃ちまくるのだ。

もちろん、そんなことをすれば大ケガになりかねない。絶対マネしてはいけない行為だが、その様子を収めた動画を見ると……迫力半端ねェェェエエエ! 映画「ハリー・ポッター」の戦闘シーンみたいだ!!

続きを全部読む

『タイタニック』の監督が「ジャックが海に沈むシーン」を検証した実験動画に反論!!「その結果はあり得ない」と異を唱える

1997年に公開された大ヒット映画『タイタニック』は、今年で公開20周年を迎える。タイタニック号で出会ったジャックとローズの切ない恋に涙した人は大勢いると思うが、本作を手掛けたジェームズ・キャメロン監督が、「ジャックが海に沈むシーン」を検証した実験動画に反論! 「その結果はあり得ない」と異を唱え、自論を展開しているのである!!

続きを全部読む

【スター・ウォーズ】『THE LAST JEDI』の邦題が『最後のジェダイ』に決定 → 冷静なツッコミが相次ぐ「知ってた」「それ以外ないだろ」

2017年12月15日に世界同時公開される映画スター・ウォーズの最新作『STAR WARS / THE LAST JEDI』の日本語版タイトルが、『スター・ウォーズ / 最後のジェダイ』となることが発表された。

おそらく、世界中を巻き込んだスター・ウォーズブーム旋風が巻き起こることは間違いないが、あたり前といえばあたり前すぎる発表に、ネット上では冷静なツッコミが相次いでいる。

続きを全部読む

2017年アカデミー賞ノミネート作品をつなげたトリビュート動画にジ~ンと来る! 作品についての紹介もあるぞ!!

2017年2月26日に開催される第89回アカデミー賞のノミネートが発表されたが、その9作品を絶妙につなげたトリビュート動画が、極上の仕上がりとなっているので御覧頂きたいと思う。

そして、それぞれの作品についても簡単に紹介するので、‟今年見るべき映画” として参考にしてみてはいかがだろうか。

続きを全部読む

実写版『美女と野獣』の ‟動くポスター” がイイ感じ! 黄色いドレスのエマ・ワトソンが素敵すぎる~!!

いよいよ日本公開が迫って来た実写版『美女と野獣』は、「24時間で最も再生された予告編」の記録を更新してしまうほど話題となっている作品だ。

そんな、公開が待ち遠しい本作の ‟動くポスター”が公開され、なかなか好評を博しているというので紹介したい。とにかく、あの黄色いドレスを着たエマ・ワトソンが素敵すぎるのである!!

続きを全部読む

アニメ映画『シュレック』は名作映画へのオマージュがテンコ盛りだったっていう動画がスゴい! 『インディ・ジョーンズ』など

2001年に公開されたファンタジー・アドベンチャー映画『シュレック』は、本国アメリカのみならず日本でも大ヒット! 家族ぐるみで楽しめる本作は第4弾まで製作されるシリーズとなったが、実は名作映画へのオマージュがテンコ盛りなのである!

何気なく見ていたら気づかないが、そのトリビュートっぷりを紹介した動画がスゴいので紹介したいと思う。「このシーンは、この名作へのオマージュだったんだ~」と驚くこと請け合いである!

続きを全部読む

トム・クルーズも信仰する新興宗教『サイエントロジー』が「ジョン・トラヴォルタのキャリア」をダメにするところだったらしい!

宗教は、人々の心の救いとなり平穏をもたらすと同時に、争いの原因になることもある。そして、近年では新興宗教が次々に誕生しているが、そんな一つがハリウッドセレブに信仰者が多いサイエントロジーだ。

あのトム・クルーズも熱心に信仰していることで有名な宗教だが、そんなサイエントロジーが、映画『グリース』で大ブレイクしたジョン・トラヴォルタのキャリアをダメにするところだったらしいのだ!

続きを全部読む

最後のジェダイって誰!? 年末公開『スター・ウォーズ エピソード8』 を予測してみたって動画

2015年12月に公開されて、世界中で大大大ヒットを記録した『スター・ウォーズ / フォースの覚醒』。2017年12月に続編となるエピソード8が公開されるが、タイトルが『Star Wars: Episode VIII – The Last Jedi』に決定!

そこで、「‟The Last Jedi:最後のジェダイ” とは一体誰ぞや?」と予測した動画が、ネットで話題となっているので紹介したいと思う。もしかしたら、最後のジェダイは一人ではなく複数かもしれないぞ!

続きを全部読む

タバコをこめかみにジュゥウウッ! 韓国映画『アシュラ』が「アウトレイジ」級にバイオレンスな予感

『HANA-BI』『ソナチネ』『キッズ・リターン』など、北野武監督が手掛けた映画作品は多いが、中でも絶大な人気を誇るのがこれまで2作品が公開された『アウトレイジ』である。圧倒的な暴力描写は “ヤバイ” の一言で、まさにバイオレンス映画の最高傑作と言っても過言ではないだろう。だがしかし……。

そのアウトレイジを凌ぎそうな勢いでバイオレンスなのが、韓国映画『アシュラ』である。日本語字幕付きの予告編動画を見てみると、ヤバい……これはヤバい。暴力に次ぐ暴力は圧巻の一言。“そっち系” が好きな人にはたまらない作品に違いない。

続きを全部読む

『耳をすませば』のエンディングに隠された秘密! あの通学路風景は実は「○○」を描いてた

2017年1月27日、金曜ロードSHOWで放送された『耳をすませば』。日本全国が青春の切なさに悶えたことは、Twitterトレンドに『耳をすませば』関連のワードがランクインしまくったことでも明らかだ。朝焼けの街を2人で見ながら「雫、大好きだ!」と告白する天沢聖司くんは全中学生の憧れと言えるだろう。

そんな青春ストーリーの締めくくりに爽やかな後味を残すエンディング。名曲『カントリーロード』をバックに通学路が映されているのだが、このエンディングに秘密が隠されていることを皆さんはご存じだろうか? 「金曜ロードSHOW!」の公式ツイッターアカウント・スタンリーいわく、このエンディングは「○○」を描いているのだという。

続きを全部読む

『スター・ウォーズ エピソード8』の監督がオープニングをチラ見せ! 亡きレイア姫のシーンがデジタル加工される予定はナシ

2015年12月に公開されて、大ヒットとなった『スター・ウォーズ / フォースの覚醒』の続編のタイトルが、『Star Wars: Episode VIII – The Last Jedi』に決定!

それに伴い、最新作でメガホンを取るライアン・ジョンソン監督が、インスタでオープニングシーンをチラ見せしているのだ! そして、レイア姫役を演じた故キャリー・フィッシャーの登場シーンが、今後どうなるかもお伝えしたいと思う。

続きを全部読む

『ターミネーター6』が製作される!? しかもジェームズ・キャメロン監督がカムバックする可能性が!!

1984年に公開された『ターミネーター』は、ターミネーター役のアーノルド・シュワルツェネッガーを一躍スターダムに押し上げ、世界中で大ヒットを記録。続けて第5弾まで製作されている本シリーズで、ジェームズ・キャメロン監督は、第1作と『ターミネーター2』で脚本&監督を務めたが、それ以降はキャラクター創造のみに関わり製作には携わっていなかった。

だが、『ターミネーター6』の製作が噂され、キャメロン監督がカムバックする可能性があるというのだ!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 61