「W杯」にまつわる記事

【惨劇】W杯クロアチア戦で “痛恨ミス” アルゼンチンGKカバジェロのTwitterが大炎上「死んじまえ、くそったれ野郎!」「あなたは災害そのものだわ」

大番狂わせが続くW杯。優勝候補のアルゼンチンがまさかの予選敗退の危機である。初出場アイスランドと引き分けた第1戦に続き、現地時間2018年6月21日に行われたクロアチア戦では「3対0」の大差で敗北。一体どうしてしまったのか?

中でも、クロアチア戦で先制点を献上することになったGKカバジェロのキックミスに目を覆ったサポーターは多いと思う。そんな痛恨のミスを犯してしまったウィルフレード・カバジェロのTwitterが大炎上している。

続きを全部読む

【W杯】日本代表危うし!? セネガルの怪物「カリドゥ・クリバリ」がヤバすぎるDFだと一発で分かる動画がこちらです

勝って兜の緒を締めよ。まさに今、サッカー日本代表はそんな状況にある。初戦のコロンビアで勝ち点3を獲得してホッとしている場合ではない。なにせ続くセネガル、ポーランドともに強敵だからだ。

次に対戦するのはセネガル(6月24日)。お互い初戦を勝ったチーム同士なので、ここでの勝敗がグループステージ突破に直結する。当然、相手も死に物狂いで勝ち点を奪いに来るが、特にDFのカリドゥ・クリバリ(27歳)には注意したい。

続きを全部読む

熊本県警はんぱないって。仕事の早さはんぱないって。真面目そうなのにめっちゃ流行りに乗るもん。そんなん出来ひんやん、普通…

熊本県警はんぱないって。仕事の早さはんぱないって。真面目そうなのにめっちゃ流行りに乗るもん。そんなん出来ひんやん、普通……。現在、日本国内のいたるところで「大迫はんぱないって」フィーバーが起きている中、熊本県警のはんぱなさが話題だ。

なぜなら、仕事の早さがはんぱない。交通安全を呼びかけるための電光掲示板のコメントが、たった2日で「はんぱない仕様」になっているのである。そんなん出来ひんやん、普通……。

続きを全部読む

「日本はコロンビアに勝つと思っていた。しかしセネガルは…」とマサイ族の戦士が次戦を予想 / マサイ通信:第170回

スパ! ルカだ。まずはおめでとう、だな。ロシアで開催されているワールドカップ、日本にとって初戦のコロンビア戦のことだ。もちろんマサイ族の戦士であるオレもサッカーは好きで、当然ながらワールドカップはチェックしている。

電気がない村に住んでいるのだから、さすがに毎試合はチェックできないけど、キマナの町にはテレビがあるから、そこで情報は得ているよ。で、実はオレ、最初から日本はコロンビアに勝つと思っていた。ひそかに予想は的中した。だが……

続きを全部読む

【炎上】ある参議院議員、W杯コロンビア選手のハンドを見て「安倍政治は罪深い」→ 批判殺到「流石にネタだろお前」「覚せい剤やってませんか?」

初出場アイスランドがアルゼンチンと引き分け、メキシコがドイツから歴史的勝利をもぎ取るなど、大番狂わせが続くW杯。日本もその流れに乗ったのか昨日2018年6月19日、W杯初戦のコロンビア戦で勝利を収めた。

「マジかよ!」「大迫半端ないって」など日本中の熱狂が聞こえてきそうな本日。私(中澤)も、いまだに勝利の余韻に浸る1人だが、ある国会議員はそんな私たちとは全く違う感想を抱いたようだ。コロンビア戦についての小西ひろゆき参議院議員のツイートに批判が殺到している。

続きを全部読む

【コロンビアの反応】W杯日本戦で一発退場したカルロス・サンチェス選手のSNSはいま…

2018年6月19日、サッカー日本代表はロシアW杯初戦でコロンビア代表と対戦し、2−1で勝利した。番狂わせの原因となったのは、前半6分で一発退場したカルロス・サンチェス選手。早い時間帯で犯したハンドは、前評判を覆す結果を招いたと言っても過言ではないだろう。

さて、一夜明けてふと思い出されるのが「エスコバルの悲劇」である。時は1994年のアメリカW杯、DFアンドレス・エスコバルが痛恨のオウンゴールを献上したこともあってコロンビア代表は1次ラウンド敗退。帰国したエスコバルが暴漢に銃殺されて帰らぬ人となった事件だ。

続きを全部読む

【規格外のジャーナリズム】日テレ、W杯コロンビア戦での大迫選手の活躍を受けて『大迫はんぱないbot』にコメントを求める。そんなんできひんやん普通!

か、勝った……嘘だろ? 勝っちゃったよ!! こんなことあんの!? マジかよォォォオオオ! 昨日2018年6月19日のW杯コロンビア戦の直後、見ていたほとんどの人はこうなったんじゃないだろうか。まさか南米のチームに日本が勝っちゃうなんて……大迫半端ないって

一日経った本日も、勝利の余韻に酔いしれている人も多いかと思われるが、そんな中、「日本テレビ報道局取材班」が規格外のジャーナリズムを発揮しているためお伝えしたい。

続きを全部読む

【W杯2018】コロンビア戦をコロンビア料理のお店で観戦して、熱烈に日本を応援したらどうなってしまうのか?

実は私(佐藤)は、4年に1度だけ猛烈にサッカーファンになる男である。そう、今年がまさにその4年に1度の年にあたっており、偶然ロシアワールドカップと重なったのである。キセキだ。

さて、そんな私は今、コロンビア料理のお店にいて、日本対コロンビアの試合が始まるその瞬間を待ち構えている。運命のキックオフまで、あと1時間。絶対に負けられない戦いがある。

続きを全部読む

【W杯悲報】愛媛のゆるキャラ「カエルの一平くん」がロシアで完全に不審者状態

いよいよサッカー日本代表の初戦が近づいてきたが、ここにきてトンデモない悲報が飛び込んできた。なんと愛媛FCの熱烈サポーターでゆるキャラでもある「一平くん」がロシア入りしており、完全に不審者と化しているのだ。

続きを全部読む

【ガチ検証】激闘!『サッカー日本代表チームチップス』のカードで西野JAPANを作ってみた / 全員揃うまでに必要だった袋は…

連日ピッチ内外で世間を賑わしてくれるサッカー日本代表。W杯は世界的なビッグイベントなだけあって、普段サッカーファンでなくても注目しているのではないだろうか?

もちろん大会を盛り上げるべく、色んな関連商品が販売されている。カルビーの『サッカー日本代表チームチップス2018』もそのひとつで、ファンなら絶対に集めたくなる選手カード付きのポテチだ。そこで思いついた。代表メンバーのカードが揃うまで袋を開封してみよう。何袋目で到達できるのか? コンプリートまでの激闘の記録をご報告したい。

続きを全部読む

サッカーに全然興味ない人たちに「どの国がW杯優勝するのか」予想を聞いてみた

いよいよ開幕が目前に迫ったサッカーW杯ロシア大会。4年に一度だけに空前絶後の盛り上がりを見せる……と思いきや、監督解任劇があった影響なのか思いのほかそうでもない。熱心なサッカーファンは待ちきれない一方、興味ない人たちはいつもと変わらない日常を過ごしているようにも見える。

この先、約1カ月に渡って行われるW杯。サッカーに全然興味ない人たちはどのように捉えているのだろうか。そこで手っ取り早くリアルな反応を知るために、どの国が優勝するのか予想を聞いてみることにした。

続きを全部読む

【狂気】京都の焼肉屋さん、W杯を記念して「青いホルモン」を発売してしまう

みなさんは「青くて美味しいグルメ」と聞いて何を思い浮かべるだろうか? ソーダやブルーハワイなどいくつかのグルメは連想できるが、それでも他の色に比べて圧倒的に青いグルメは少ないハズだ。というか、青いグルメで食欲をそそるものは滅多にないと言っていいだろう。だがしかし……。

サッカーW杯の開幕がすぐそこまで迫った2018年6月14日、おそらく史上初の青いグルメが誕生した。それが京都の焼肉屋で提供される『青いホルモン』だ。青い……ホルモンだと? 情報によるとサムライブルーを意識しているようだが、そ、そうじゃないだろ……!

続きを全部読む

【超豪華】W杯に向けて制作された「adidasのCM」がカッコよすぎると話題

ロシアW杯の開幕まであとわずか。6月14日のロシア vs サウジアラビア戦まで片手で数えるほどになり、いよいよサッカーの祭典が始まろうとしている。

4年に一度だけにスポーツメーカーもあの手この手で盛り上げようとしているところだが、adidas(アディダス)の公開したCMが超豪華でカッコよすぎると話題になっている。結論から言うとマジでヤバい。たった30秒しかないのに、これでもかとスターが出てくるぞ。

続きを全部読む

【炎上から一転】金髪にした長友佑都選手のSNSに応援する声が殺到「決意が凄く伝わって来ます」

西野監督が就任してからというもの、勝ちがなければいまだに無得点が続いているサッカー日本代表。W杯本大会まで残すは2018年6月12日に行われるパラグアイとの親善試合のみと、明るい兆しは見えていない。

そんななか、結果が出ていないことでチームの雰囲気は重苦しいのだろうか。中心選手の1人である長友佑都選手が突如として頭髪を金色に染めて話題になっている。

続きを全部読む

サッカー日本代表に追い風!? W杯にまつわる「ジンクス」が導き出す優勝国

開幕まで残すところあとわずかとなったロシアW杯。日本代表の戦いはもちろん、強豪国同士の直接対決もあるので、時間がいくらあっても足りない1カ月が始まろうとしている。

さて、W杯本番を迎えるにあたり知っておきたいのが「ジンクス」だ。1930年から今大会まで約90年の歴史で破られていない “意外なもの” まで存在するが、もしジンクス通りになれば、あの強豪国は優勝できない……!?

続きを全部読む

【ロシアW杯】日本代表のユニフォームが「格付けチェック」で高評価! 英国メディアが「イケてる」と太鼓判

いよいよ開幕が迫ってきたロシアW杯。4年に一度の祭典だけに、今から寝不足を覚悟している人も多いのでないだろうか。さて、開幕前の恒例行事といえば「ユニフォーム格付けチェック」だ。

出場32カ国、ホーム&アウェーの計64着があるが、英国メディア『Mirror』がズバッと評価を下している。はたして日本は何位に入っているのか。下位から上位へ、一気に紹介していこう。

続きを全部読む

【速報】ロシアW杯に臨む日本代表23人が発表 / 西野監督の選考にネットの反応は!?

0−2と完敗したガーナ戦から一夜明けた。監督交代から時間がなかったこと、新戦術&フォーメーションだったことを差し引いても希望があまりにない内容だった。本当にハリルホジッチ前監督を解任する必要はあったのか……。

ネットでは不満が噴出し続けているが、もう時計の針は戻らない。そして迎えた2018年5月31日の今日、4年に一度の祭典「W杯」に臨む日本代表メンバーが発表された。ロシア行きを決めた23人は以下の通りである。

続きを全部読む

自国のW杯初出場のために「控え選手」が決死の時間稼ぎ! 思わぬハッスルプレーにネット騒然!!

ロシアW杯の予選もいよいよ終盤。先日、世界中で行われた試合で、32カ国中23カ国の出場国が決定した。オランダやアメリカといった常連国が本大会出場を逃す結果になったが、一方で初めて夢の舞台に立つことになった国もある。

10月10日のコスタリカ戦に勝利し、北中米カリブ海予選を3位で通過したパナマがそうだが、現在W杯への執念とも言えるワンシーンがネットを騒がせている。海外サイト『Mirror』によると、激闘の裏側で控えの選手が決死の時間稼ぎをしていたというのである。

続きを全部読む

【安定】サッカー日本代表W杯出場決定! だがしかし、デイリースポーツだけは絶対にブレない

2017年8月31日、サッカー日本代表が6大会連続となるワールドカップ出場を決めた。一時は予選突破も危ぶまれていた中での勝利だけに、喜びは格別。サッカーファンはもちろんのこと、日本中が祝福ムードに包まれている。

当然、スポーツ新聞各紙も大々的にハリルJAPANの快挙を一面で報じているが、やはり “あのスポーツ新聞” だけは今回も1ミリたりともブレることはなかった。そう、純度120%の猛虎魂が炸裂する『デイリースポーツ』である。

続きを全部読む

【イライラする動画】ロボットのサッカーW杯「ロボカップ 2016」の試合風景がとてもじゃないが見ていられない件

本物の人間と間違えるほどリアルな表情を見せるヒューマノイドロボットや、生き物のように動く4足歩行ロボットなど、世界各地で高性能なロボットの開発が進められている今、ロボットの2016年サッカーワールドカップ「ロボカップ 2016」が開催されたという。

ロボットの性能が急成長中のワールドカップとなれば、さぞレベルの高い試合になるハズ……と期待しながら試合の様子を見てみたところ、これがちょっと拍子抜けする試合内容だったのでその様子をご覧いただきたい。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6