「W杯」にまつわる記事

【W杯】アルゼンチン対フランス決勝戦を私はこう見た(アフリカ・ケニアのサッカー好きなタクシー運転手編)カンバ通信:第233回

ジャンボ。オレの名前はチャオス。仕事はタクシー運転手。この日もアフリカ・ケニアの首都ナイロビでお客を拾い、『シャンバ ガーデンセンター(Shamba Garden Center & Farmer’s Market)』で降ろした。

ここはおしゃれな園芸屋さん。それと同時に、オシャレなカフェやレストランも併設されている、いわゆるひとつの「セレブな場所」だ。

オレは迷った。家に帰るべきか、それとも……。というのも、この日はFIFAワールドカップの決勝戦(アルゼンチン対フランス)が行われるから。

さんざん迷った挙句、家に帰っては試合開始まで間に合わないと判断。サッカーが映っているテレビもあるし、このオシャレなカフェで試合観戦しよう……と考えた。

続きを全部読む

【赤い旋風】W杯で盛り上がるモロッコ国内の写真集 / 3位決定戦でクロアチアと再戦!

ワールドカップでアフリカ勢初のベスト4進出を果たしたモロッコ。もともとサッカーが盛んな国ではあるが、世界ランキング2位のベルギー、前大会準優勝のクロアチアと同組のグループFを首位通過した勢いで、スペイン、ポルトガルも撃破したため……

現地はお祭り騒ぎの毎日だったという。準決勝で惜しくも前回王者フランスに敗れたものの、パブリックビューイングが行われた「ジャマ・エル・フナ広場」は決着後も拍手や歓声が鳴り止まなかったそうだ。そこで今回は、モロッコ国内の様子を写真とともにお伝えしたい!

続きを全部読む

【独占インタビュー】W杯で快進撃を続ける「モロッコ」について、モロッコのラクダ使いに聞いてみた!

現在開催中のFIFAワールドカップカタール2022。日本代表は善戦したものの、残念ながら決勝トーナメント1回戦でクロアチアに敗れ、ベスト8に進出できなかった。

その一方で、北アフリカのモロッコは目覚ましい活躍を見せている。グループFを1位で突破した後、決勝初戦でスペインをPK(3-0)で下し、ベスト8に進んだ。

快進撃を続けるモロッコを、ラクダ使いはどう見ているのか? 緊急独占インタビューを敢行し、その思いを尋ねた。

続きを全部読む

【W杯】クロアチア戦「鍵を握るのは三笘!」サッカーファンとプロレスマニアの意見が完全に一致した

日本時間2022年12月6日(火)の0時、ワールドカップ決勝トーナメント「日本 vs クロアチア」のホイッスルが鳴る。2大会連続のベスト16入りを果たした日本の前に立ちふさがるのは、前回大会2位の「クロアチア」だ。

ドイツとスペインを下したとはいえ、FIFAランキング的にはクロアチアの方が上。だがしかし、日本にも十分に勝機はあるハズ。サッカーファンとプロレスマニアが揃って「クロアチア戦の鍵を握る」と名指ししたのは「三笘 薫(みとま かおる)」選手である──。

続きを全部読む

【カタールW杯】グループステージで生まれたスーパーゴールの動画5選

2022年11月20日に開幕したサッカーのカタールW杯。ABEMAで全試合視聴可能なこと、そして連日のように激闘に次ぐ激闘が繰り広げられているため、眠い目をこすりながら過ごしている人も多いのではないだろうか。

さて、カタールW杯は12月2日でグループステージの全試合が終了する。いよいよ一発勝負の決勝トーナメントが始まるワケだが、ここいらでちょっと一息。グループステージで生まれたスーパーゴールを振り返ってみよう。

今回お伝えするスーパーゴールは全部で5つ。あくまでも個人的なチョイスなので異論があったとしても温かい目で見ていただけると幸いだ。ってことで、さっそくどうぞ!

続きを全部読む

【ブチギレ】森保ジャパンがW杯決勝トーナメントに進む鍵は何か? PKの達人にスペイン戦の見どころを聞いてみたらヤバイことになった

はたして日本は決勝トーナメントに進むことができるのか? 今夜のW杯スペイン戦はサッカーファン注目の大一番と言えるだろう。なんなら、普段サッカーを見ない私(中澤)も注目しているくらいだ。

しかしながら、私はサッカーがよく分からない。スペインが優勝候補の一角ということは知っているが、具体的な注目ポイントとか知っていた方が面白い気がする。そこで、スペイン戦の見どころを自称「PKの達人」に聞いてみたところヤバイことになった。

続きを全部読む

ケニア人タクシー運転手に「人気の職業」を聞いた結果、“現役日本人サッカー選手3人” の名前があがる! スペイン戦の勝敗予想も!!  カンバ通信:第228回

ジャンボ! 今回も、毎度おなじみリクエストボックスに届いた質問に答えていこうかな。えっとね、「ケニアで人気の職業は何ですか?」……よし、これに答えるね。ケニアで人気の職業は2つある。

陸上選手か、サッカー選手だ。

陸上選手はマラソンとか。わかるだろ。ケニア強いだろ。世界一になったら、そりゃもう安泰だ。それはさておき、サッカー選手の方を今回はリキ入れて語ってみたいと思う。なぜならオレはサッカーが大好きだからだ。

続きを全部読む

メッシが自ら開発した「メッシバーガー」を食べに行ったら、それより人気のメニューは意外なものだった…… / ハードロックカフェ上野東京

現在開催中の「FIFAワールドカップカタール2022」。連日各国の熱戦が繰り広げられており、日本の活躍も期待されている。深夜に眠い目をこすりながら試合を観戦している熱心なサッカーファンに、ぜひとも食べて頂きたいメニューを紹介しておこう。

ハードロックカフェで期間限定販売されている「メッシバーガー チャンピオンズエディション」(税込2800円+サービス料10%)である。メッシが自ら開発した商品なのだとか。

W杯期間中だからきっと人気商品なんだろうなあ~……と、思いながら食べに行ってみたら、コレがお店の1番人気ではなかった……

続きを全部読む

【W杯で大金星】モロッコの理髪店で「最も流行っている髪型」をオーダーしたらこうなった

番狂わせが続くカタールW杯。サウジアラビアがアルゼンチンを破り、日本がドイツに逆転勝利……さらにモロッコは優勝候補のベルギーを撃破した。ちなみにモロッコは1998年のフランス大会以来、24年ぶりのW杯勝利だという。おかげで街はお祭り騒ぎなのだとか。

そんなモロッコで「今、1番流行っている髪型」をオーダーしたらどうなるのだろうか。ってことで今回は、モロッコ最大の都市・カサブランカで見つけたローカルな床屋に突撃。最もイケてるモロッカンヘアスタイルにしてもらいましたァァアアアア!

続きを全部読む

【W杯初戦】ネット詐欺師や迷惑DMを送ってくる人に昨日のサッカー日本vsドイツ戦について感想を聞いた結果 / MVPやコスタリカ戦の勝敗予想も

ドーハの悲劇がドーハの歓喜に変わった昨晩のFIFAワールドカップ・日本vsドイツ戦。おそらくきっと多くの人が、知人や同僚に「昨日の試合、観た?」と問いかけて、あのときの興奮や感動を分かち合ったことだろう。

ところで。主戦場をSNSに移した「迷惑メール評論家」の私の潜入用アカウントには、今日も数々のDMが送られてくる。それら全てが迷惑メールのような迷惑DMなのだが、送信主の彼らは昨日の試合を観たのだろうか?

いまだに興奮が冷めないので、今日届いたDMに対し、片っ端から昨日のサッカー日本vsドイツ戦について感想を聞いてみた。その結果……!!

続きを全部読む

【W杯初戦】日本がドイツに勝利したことが「どれほどの快挙」なのか? ピンと来ないからプロレスや野球、ドラゴンボールで例えてもらった

世紀の大番狂わせ──。サッカーW杯日本代表が初戦でドイツに2-1で勝利し、日本中が沸きに沸いている。すごいぞ、日本! とんでもないぞ、日本代表!! こいつは面白くなってきたぜェェェエエ! ……と言いたいところだが。

小学生の頃、サッカー部に所属していたにもかかわらず、全くサッカーに興味が無い私、P.K.サンジュンはそのスゴさがいまいちピンと来ない。そこで当サイトのメンバーたちに「W杯初戦で日本がドイツに勝利したことがどれほどの快挙なのか?」を様々なジャンルで例えてもらうことにした。

続きを全部読む

【カタールW杯】お祭り男に日本代表で注目する選手を聞いたら修羅場になった

ついに……ついについに……! ついにカタールW杯が開幕した! これから約1ヶ月、世界中が熱狂する4年に一度の祭典が始まったワケだが、やはり注目すべきは日本の試合。我らがニッポンだ!!

大事なのはグループリーグの初戦である11月23日のドイツ戦、そして27日のコスタリカ戦。結果次第でグループ突破の運命が決まると言っても過言じゃないこの2試合だが、キーマンはやはり三笘薫(みとま かおる)選手であろう!!

続きを全部読む

ラグビー日本代表・田中史朗選手から聞いた「チームが結束した理由」に感動 → 気がついたら同僚を抱きしめていた

One for All、All for One。これはラグビーを表す表現として、しばしば使用される言葉である。1人はみんなのために、みんなは1つの目的のために──いよいよフィナーレを迎えようとしているW杯でも、気持ちの入った選手たちのプレーに涙した人は多いのではないだろうか。

特に史上初のベスト8に進んだ日本代表の結束力はスゴかった。前大会に続いて今大会も1つの目的のために一丸となり、世界をアッと言わせた活躍は記憶に新しい。今でも思い出すだけで泣けるが、なんとこの度フミさんこと田中史朗選手から話を聞ける機会に恵まれた。その結果、感動した記者(私)は同僚を抱きしめたのだった。

続きを全部読む

【ラグビーW杯】もし決勝トーナメントで同点のまま前後半を終えたらどうなるの?

いよいよラグビーW杯の決勝トーナメントが始まる。2019年10月19日には「イングランド vs オーストラリア」「ニュージーランド vs アイルランド」、20日には「ウェールズ vs フランス」「日本 vs 南アフリカ」といずれも好カードが開催予定だ。

負けたら終わり。そんなことは今さら言うまでもないが、押さえておきたいのが「万が一」の展開……仮に同点で前後半を終えた場合である。プール戦では両者に勝ち点2が与えられたが、一発勝負の決勝トーナメントだとそうはいかない。一体、どうなるのかというと……

続きを全部読む

【ラグビーW杯】小さな爆速男は日本の脅威! 南アフリカ戦は170センチのトライゲッター「チェスリン・コルビ」を警戒せよ

ラグビーW杯が2019年9月20日に開幕してから、気がつけば1カ月が過ぎようとしている。多くのドラマを生んだプール戦が終了し、10月19日からはいよいよ “負けたら終わり” の決勝トーナメントが始まる。

史上初のベスト8に進んだ日本の次なる相手は、スプリングボクスこと南アフリカ。2015年のW杯で大金星を挙げたイメージが強いが、言うまでもなく優勝候補の一角。プール初戦こそニュージーランド(オールブラックス)に13−23で敗れたものの、そこから3戦3勝で2位通過してきた強敵だ。

続きを全部読む

【ラグビーW杯】これは泣ける…動画「日本代表が8強へ…みんなが待っていた舞台」

2019年10月19日から始まるラグビーW杯の決勝トーナメント。プールAの最終戦、宿敵のスコットランドを下して史上初のベスト8に進出した日本代表は、4強をかけてスプリングボクスこと南アフリカと激突する。果たして新しい歴史の扉をさらにこじ開けることはできるのか。

今から試合開始が待ちきれないが、ここで「ラグビーワールドカップ公式チャンネル Rugby World Cup Official」が泣ける動画を公開していたのでお伝えしておきたい。タイトルは「日本代表が8強へ…みんなが待っていた舞台」である。

続きを全部読む

【ラグビーW杯】日本代表が決勝トーナメントに進むことができる条件まとめ / スコットランドに負けても可能性あり

自国開催のラグビーW杯は、いよいよ決勝トーナメントの椅子が決まる佳境を迎えている。ここまで日本代表は勝ち点14でプールAの首位。先日のサモア戦では勝利した上に4トライ以上のボーナスポイントを獲得し、初のベスト8へ向けて視界良好だ。

あとはスコットランドとの試合を残すのみ。しかし、ラグビーW杯の特殊な勝ち点方式もあって進出できるかは最終戦までもつれ込んでいる。先ほどスコットランドがロシアに61−0で完勝(ボーナスポイント1)したことで日本、アイルランド、スコットランドの三つ巴の争いへ。果たして大混戦から抜け出す2カ国はどこなのだろう。

続きを全部読む

ラグビーあるある70連発

4年に一度でしかも自国開催のW杯、これで盛り上がらなかったらどうしよう……と不安が募っていたラグビー人はさぞホッとしていることだろう。いざ開幕すると日本代表は3戦3勝。プールAの首位に立っており、初の決勝トーナメント進出へ向けて爆進中とあって盛り上がりを見せている。

これを機にラグビー熱が高まることを願うばかり。どうにかしてラグビーのことをもっと知ってもらいたい……ということで “あるある” を70個厳選してみた。中にはラガーマンの “あるある” も存在するので「こういう心境でプレーしているのか」と楽しんでいただけたら幸いだ。それでは一気にいってみよう!

続きを全部読む

【ラグビーW杯】伝統の儀式は「ハカ」だけじゃない! サモア戦はキックオフ前の「シバタウ」に注目すべし!!

ラグビーの試合では、キックオフ前に伝統の儀式で自らを鼓舞するシーンをしばしば目にする。これはウォークライと呼ばれるもので、中でもニュージーランド代表(オールブラックス)のハカが有名だ。

その姿はまさに「男の中の男」。相手を飲み込んでしまうような迫力が特徴だが、実は日本代表の次戦(10月5日19:30〜)の相手・サモア代表もウォークライを行うことで知られている。そう、彼らは「シバタウ」という儀式で自らを鼓舞し、対戦相手を威嚇(いかく)するのだ。

続きを全部読む

【ラグビーW杯】大混戦! 日本代表が決勝トーナメントへ進むには

2019年9月20日から11月2日にかけて開催中のラグビーW杯。ここまで日本代表は開幕2連勝を飾り、勝ち点9でプールAの首位に立っている。強豪のアイルランドに勝利したことでイケるんじゃないか──そんな雰囲気が漂っているが、安心するにはまだ早い。

なにせ、決勝トーナメントに進めるのは5カ国のうち上位の2カ国のみ。プールAは大混戦の様相を呈しているからだ。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9