「高層ビル」にまつわる記事

【マジかこれ】池袋「サンシャイン60ビル」屋上にオープンするアトラクションが高所恐怖症を殺しにきている件 / 地上231メートルを滑走…だと?

水族館や展望台など、様々なレジャー施設が集結する東京・池袋の「サンシャインシティ」。その中核を担うのが「サンシャイン60」だ。都内でも屈指の高さを誇る超高層ビルとして有名だが、その屋上にオープンするという新アトラクションが、高所恐怖症を殺しにきているためお伝えしたい。

7月24日から9月23日までの期間限定で登場する、その名も『天空のジップライン~大都会を疾走しよう! ~』。聞くところによるとコレは、地上231メートルの高さから約18メートルの距離を滑車で滑り降りるというものらしい。……あえて言おう、正気か?

続きを全部読む

23階建ての高層ビルを登るアライグマが激写される → ネット民が見守るなか無事に登頂!

海外で害獣扱いされることもあるアライグマは、日本ではアニメ『あらいぐまラスカル』の影響もあるからか、“可愛い動物” として親しまれている印象がある。

さて、そんな普段は自然の中で生活しているアライグマが、どういう訳か突如としてコンクリートジャングルに出現。しかも、23階建ての高層ビルを登り始める無謀な行為に出て、ネット民たちが心配する展開になっていた。

続きを全部読む

【閲覧注意】これが三途の川か…超高層ビルの屋上をパルクールで疾走する動画が恐ろしすぎて失神しそう

この世とあの世の境界に存在すると言われている三途(さんず)の川。死に直面した時に見えると伝えられているが、どうやらインターネットの発達した今の時代だと、動画からも「死」を感じることができるようだ。

というのも、先日YouTubeに公開された動画「Rooftop POV Escape from Hong Kong security! 」が恐ろしすぎて失神しそう。自分は見ているだけにもかかわらず、震えが止まらないほどの恐怖が押し寄せてくるのである。

続きを全部読む

動画なのに足がすくむ! 地上約400メートルのタワーに命綱なしで登頂する「世にも恐ろしい動画」がこちらです

人は極度の恐怖や緊張を覚えると、体の自由が効かなくなる。俗に言う「足がすくむ」というやつだが、日常生活を送る上で経験することはあまりないだろう。なにせ、足がすくむのはよっぽどヤバい時。死と隣り合わせになる機会は、そうないからだ。

ただ、今はインターネットの時代なので何でもできる。自分で体験しなくても、恐怖を見て感じる……動画なのに足がすくむことだってある。例えば今回ご紹介する動画「China Resources Tower」もまさにそのひとつだ。

続きを全部読む

【み、見え……】ロシア人の超絶美女のスタント動画が “別の意味” で目が離せない

世界には、思わずタメ息が出るほどの美女がたくさんいる。とりわけ、美女大国として有名なのがロシアだ。ああ、1度でいいからスタイル抜群のロシア美女とお近づきになりたい……私(りょう)を含め、そう思う男性は多いはず。

そんな男性諸氏が絶対に目が離せなくなる動画があるのでご紹介しよう。超絶美女ロシア人のスタントから「別の意味」で目が離せない

続きを全部読む

高所恐怖症の人は絶対見ちゃダメ! 危険すぎる「片手一本ぶら下がり青年」のインスタが超ガクブル

世の中には「なぜそんな危険なことをするの?」と思う人がいる。一歩間違えれば命を落とす行為も何のその、自らを危険な状況に追い込む姿勢は、一言でいうなら「クレイジー」だ。

そして、今回ご紹介するアメリカのJustin Casquejoさん(18歳)もその一人だろう。なぜなら彼は高層ビルに登り、とんでもない姿勢で自撮りした画像をInstagram(インスタグラム)に投稿しているのだ。見るだけで寿命が縮むような写真のため、高所恐怖症の人は閲覧に注意してもらいたい……。

続きを全部読む

【衝撃動画】世界一高いビルのライト交換方法が命がけすぎる

2016年現在、皆さんは世界一高いビルの名称をご存知だろうか。ヒントはアラブ首長国連邦のドバイにあること。そして高さは828メートル。そう、その答えは「ブルジュ・ハリファ」だ。

現在、その高さを超えるビルも建設中だが、長らく世界一を死守してきた存在は世界中で知られている。しかし、同ビルの美しさを彩るライトはどのようにして交換されているかまで知っている人はいないだろう。ということでご紹介したいのが、その様子を収録した動画「The LED Exterior Facade of Burj Khalifa Uncovered」である。

続きを全部読む

【動画あり】一歩間違えば真っ逆さま! 超高層ビルの間を飛び越えるパルクールに冷や汗かきまくりな件

ひと昔前、フジテレビで放送されていた『オレたちひょうきん族』のなかで、「あ、鳥だ! 飛行機だ! いや、タケちゃんマンだ!」というオープニングで始まる、コーナードラマ『タケちゃんマン』があった。

まさに、そのオープニングのように、「あ、鳥だ! 忍者だ! いや、パルクールだ!」と言いたくなりそうなほど、人間離れした技で、大都会を駆け抜けて行くスポーツがパルクールだ。時には、危険極まりない場所で超絶スタントをこなす彼らだが、かなり離れた高層ビルの間を飛び越えるパルクールの動画が、一歩間違えば真っ逆さまで超冷や汗かきまくりなのだ!!

続きを全部読む

【閲覧注意】世界一の超高層マンションに素手で登った男の視点映像が完全に生き地獄

もしもあなたが高所恐怖症であれば、これからご紹介する動画は閲覧しない方がいいかもしれない。なぜならそこに映っているのは、世界一高いビルに素手で登る男……の視点映像だからである。

見ているだけでゾクゾクするような生き地獄の映像を全世界に発信したのは、イギリスのジェームス・キングストンさん。三度の飯より高所が好きで、これまでにも数々の高所で命を危険にさらして挑んでいるクレイジーさんだ。

続きを全部読む

【閲覧注意】見ているだけで背中がゾクッ! 地上384メートルに素手で登頂する視点映像が最後まで再生できないレベルの恐怖感!!

人はなかなか欲求に逆らえない生き物である。一度快感を得てしまうと、法律で禁止されている薬物だって手を出し、中毒になってしまう。誰もが認めるスーパースターが、一瞬にして転落。そんな信じたくないことだって起きるものだ。

それほど中毒とは恐ろしいものだが、薬物をはじめ、タバコ、お酒など、その種類はさまざま。中には高所に登ることを快感とする人だっている。そして動画「Shun Hing Tower in Shenzhen」に登場する3人の男性は、法律を犯してでも高所に登る……まさに高所中毒者である。

続きを全部読む

【閲覧注意動画】超高層ビルの上で遊ぶロシアの若者たちが命知らずすぎてヤバい

まず初めに言っておこう。引き返すなら今のうちだ。なぜならこれからご紹介する動画には、高所で遊ぶロシアの若者たち……すなわち映像だけで手に汗握る光景が広がっている。

YouTubeにアップされたタイトルは「New Russian daredevil’s death defying stunt Aug 2015 [HD]」。見ているこちら側が恐怖を覚える内容となっているので、閲覧する際は十分注意して欲しい。

続きを全部読む

【実録】スマホの携帯メール宛(MMS)に届いた迷惑メールへの芸術的な必殺技2つを紹介「はらぺこあおむし」&「六本木ヒルズ森タワー」

美しく勝つ。それが私(筆者)のモットーだ。相手の攻撃はすべて受け止め、考えに考えた美しき必殺技で華麗に反撃! 9まで受け止め10で勝つ! 常に意表をついたパンチやキックを対戦相手には放っていきたいのだ。

ということで今回ご紹介したいのは、スマホの携帯メール宛(MMS)に届いた迷惑メールに美しく反撃するための、私の考えた2つの芸術的な必殺技である。使用するスマホは iPhoneシリーズが望ましい。

続きを全部読む

【無謀な挑戦】男性が足場の悪い地上150メートルのビルの上で後方宙返り → まさかの失敗!

世の中には “高いところが全くもって怖くない” という人たちがいる。彼らの中には、「上海の高層ビルに素手で上る人」もいれば、「鉄塔や高層ビルの上で写真を撮るカメラマン」もいて、世界中の人々の心臓を縮み上がらせている。

今回紹介する男性も、恐らくそんな1人なのだろう。彼は高層ビルの40階、地上150メートルの場所で、後方宙返りをするのだ。まさにクレイジー。そして……まさかの失敗をしてしまうのだ! YouTube にアップされた動画ではその一部始終を確認できる。

続きを全部読む

大雪のなか地上202メートルからは何が見える? 東京都庁の展望台に行って確かめてきた!

想像以上の大雪に見舞われた2月29日の東京。朝、目が覚めて窓を開けたら一面の銀世界! ウワー雪だ! ウワーッ! と心躍らせた人も多いのではないだろうか。あるいは「出社すんのが面倒くさい」だろうか。いずれにしても、東京で降る雪は年に数回。大変貴重な自然現象である。

それはさておき、雪の日に高層ビルから何が見えるのか疑問に思ったことはないだろうか? 私(記者)はある。一体何が見えるのか。空から雪が一粒一粒降ってきて、まるで雪のシャワーのように、地上に落ちていったりするのかな……なんて思っていた。その実態を確かめるべく、東京都庁の展望台にのぼり、しかとこの目で確かめてきた!
 
続きを全部読む