「自殺」にまつわる記事

やっぱりネコはスゴい! 自殺しようとした男性が “飼いネコの説得” で思いとどまる

自殺を考える人は、何を見たって死を連想してしまうと聞いたことがある。「高い建物 → 飛び降り」、「木 → 首つり」といった具合に、視界に入ってくるもの全てが “死の色” に染まるというのだ。けれども、そんな風に自殺を思っていても、気持ちを落ち着かせてくれる存在が人それぞれにあるはずだ。

今回ご紹介する男性も、ここまで絶望的ではないけれど、警察に追われて「飛び降り自殺する!」と主張した。そんな彼を落ち着かせたのが、彼の “飼いネコ” だった。自殺を図ろうとした彼を、飼いネコが説得したのである!

続きを全部読む

【本人降臨】海外『自殺防止ホットライン』の相談員が「仕事内容についてお答えします」と質問受け付け / その質疑応答39選がコチラだ!

強い孤独や不安を抱えた人が、電話で悩みを打ち明けることができる場所と言えば……そう「いのちの電話」などの自殺防止ホットラインだ。でも一体どんな人々が、電話の向こうで話を聞いてくれるのだろう?

その答えが今回、海外サイト Reddit にて見つかった。なんと海外の「自殺防止ホットライン」非営利団体にて相談員ボランティアとして働く女性が「なんでも聞いてね!」と質問を募集したのだ。ということで厳選した39の質疑応答の模様をお届けしたい。

続きを全部読む

【中国】男性が川に飛び込み自殺 → 川の水が死ぬほど臭くて吐きそうになる → 自殺断念 → 救助され命の尊さを知る

経済的に大きな発展を遂げ、国際的にもブイブイ言わせているように見える中国。その一方で、多くの社会問題を抱えており、実は、“隠れ自殺大国” だとも言われている。先日も、出稼ぎの親と離れて暮らす児童4人が貧困を苦に集団自殺をはかるというニュースが流れたばかりだ。

さる2015年6月10日、またしても一人の市民が自殺をはかった。彼は川に飛び込んで死のうとしたのだ。……が! 川の水が臭すぎてやっぱ無理!! 自殺を断念し、一命を取りとめる事件が起きていたそうだ。

続きを全部読む

離陸直前に夫から「自殺する」とメールが!!  緊急電話をかけようとした妻を客室乗務員が止めて最悪の事態に……

安全に目的地に辿り着けるよう、飛行機の搭乗中は様々な規定に従う必要がある。離陸中に電子機器の電源を切ることもその1つだが、緊急電話をかけられなかったばかりに悲劇に見舞われてしまった女性がいる。

離陸直前に夫から “自殺する” とのメールを受け取った妻が、「緊急電話をかけたい」と客室乗務員に懇願したところ却下! そして飛行機の着陸後、妻は最悪のニュースを耳にすることになってしまったのだ……。

続きを全部読む

【決死の救出劇】自殺志願の女性を救うために消防士がとったまさかの方法

悲しいことにこの世には、自ら命を絶ってしまう人がいる。「自殺」は日本でも社会問題となっているが、世界各国でも深刻な問題。つい先日、ブラジルでも自殺志願の女性がおり、消防士が見せた決死の救出劇が話題になっている。

今回はその様子をお伝えしたいのだが、動画「Well Damn: Brazilian Firefighter Saves Suicidal Woman With A Swift Kick!」では、驚くべき救出方法が収録されている。一体、どんな方法だったのかというと……。

続きを全部読む

「理研副センター長笹井芳樹氏が自殺」と報じられる / ネット上では戸惑いの声相次ぐ

STAP細胞に関する一連の報道で注目を集めた、理化学研究所。小保方晴子研究ユニットリーダーを筆頭著者とするSTAP 細胞の論文を巡って、大きな騒動に発展したことは、まだ記憶に新しい。

その小保方氏の上司であり、理化学研究所発生・再生科学総合研究センター施設内の副センターを務める笹井芳樹氏が、自殺したとの報道があり、日本中に衝撃が走っている。NHKは次のように報じている。

続きを全部読む

1日数杯のコーヒーを飲んでいる人は、自殺率がおよそ半分に減るらしい

コーヒー、そのほろ苦さは人生の味……。カフェ・ブームも手伝って、最近ではコンビニでもドリップ・コーヒーが買えるほど浸透している一大嗜好品。皆さんは1日どれくらい飲むでしょうか。

「前立腺癌のリスクを低下させる」など、近年コーヒー=カフェインの医学的研究が盛んです。本日のお届けするのもそのひとつ。「1日数杯のコーヒーを飲んでいる人は、自殺率がおよそ半分に減る」という医学報告の話題です。

続きを全部読む

トルコで軍関係者4人が不可解な自殺 → 調査委員会「テレパシーで自殺に追い込まれた可能性がある」

夏真っ盛りのこの時期、風物詩的に放送されるものといえば、怪談や霊能力、超能力といった超常現象ものだ。科学では説明できないそれらの現象を怖がる人は多いが、中には「インチキにしか思えないから怖くもなんともない」という人もいる。

しかし、神秘の国とも呼ばれるトルコで起きたあるケースを知れば、超常現象を全く信じていないという人でも、いやそういう人ほど、背筋が寒くなってしまうに違いない。

続きを全部読む

【トリビア】アマゾンで『ロープ』を検索すると「よく一緒に購入されている商品」に背筋がヒヤリとする

何でも気軽に購入できるインターネット通販サイト「アマゾン」。よく利用するという方も多いはず。サイトを利用するうえで、便利なのが「よく一緒に購入されている商品」というサジェスト機能だ。

・よく一緒に購入されている商品
ユーザーの購入傾向から、一緒に買うと便利なものを提案してくれるというもの。しかしアマゾンで「ロープ」を検索すると、驚くべきものが一緒に購入されていることがわかる。それを見ると、背筋がヒヤリとするのは気のせいではない。ロープと一緒に、よく購入されているものとは……。

続きを全部読む

飛び降り自殺を撮影していたメディアに批判殺到! 止めようとしなかったとして自殺ほう助の疑い

インターネット上で自殺予告をした男性が、本当に飛び降りを決行した。現地メディアはその場にいながら、男性を止めようとせず、物議をかもしている。

・飛び降りを止めなかった
事件があったのは、韓国・ソウル。2013年7月25日、男性人権保護団体「男性連帯」の代表ソン・ジェギ氏は、自殺をほのめかす内容を Twitter に投稿。その翌日に麻浦(マポ)大橋から漢江(ハンガン)への飛び降りを図った。現場に居合わせた関係者とメディアは、自殺ほう助の疑いで捜査を受けている。

続きを全部読む

京王線で人身事故が多発中 / ネットの声「最近の事故率は異常」「中央線を襲名したら?」

首都圏で鉄道事故が多い路線といえば、JR中央線を思い浮かべる人が多いのではないだろうか。しかし最近、立て続けに人身事故が起こっている路線がありネットユーザーの注目を浴びている。

その路線とは、京王電鉄が運行する「京王線」だ。京王線は、新宿から八王子や高尾山口、橋本間を結ぶ路線で、1日にのべ250万人以上(井の頭線はのぞく)が利用する。首都圏の住民の生活を支えている重要な交通機関のひとつである。

続きを全部読む

【緊急特別連載】現役プロ漫画家が高校時代に描いたカルト教団ボーイズラブ漫画『ある男のブルース』第9話:死

時は1995年。日本で起きた未曾有の事件に、ひとりの “漫画家の卵” が心動かされていた。この漫画『ある男のブルース』は、現在ではプロの漫画家として活動する男が高校時代、誰に見せるわけでもなくノート用紙にボールペンで描いていた恋愛漫画である。

続きを全部読む

【衝撃動画】毛虫が自殺したと話題に

自殺をする動物のなかでも、もっとも有名なのが人間である。人はなぜ自ら死を選んでしまうのだろうか。様々な状況により、自殺する以外に考えられなくなった末の死であるが、自殺する理由は本人にしか分からない。

その一方で、自殺行為というものがある。たとえば映画のワンシーン。どうあがいても勝てない強敵をナメにナメ、挑発しまくって「お前、死にたいのか?」、「それ、自殺行為だぞ!」と言われるようなシーンである。

そんな自殺行為を毛虫が行い、結果として死んでしまったとして世界中で話題になっている。

続きを全部読む

【大津中学生自殺問題】デヴィ夫人がブログ運営に大激怒! 読者の貴重な意見は削除するのに「朝青竜さん強すぎ」等のふざけたコメントは消さない

滋賀県大津市で発生した、中学2年の男子生徒がいじめを苦にして自殺した問題で、デヴィ夫人(デヴィ・スカルノさん)は自身のブログに、いじめていたとされる男子生徒の本名・写真を掲載していた。

このブログ記事に関して、デヴィ夫人とブログ運営会社で意見が大きく食い違い、対立状態になっているようだ。

続きを全部読む

松井大阪知事の「死にたいなら自分で死ね」に賛否両論 / ネットの声「正論」、「公人が言うべき発言ではない」

大阪・ミナミの繁華街で6月10日に発生した許されざる通り魔事件。何の罪もない男女2人が包丁で刺されて死亡した。現行犯逮捕された礒飛京三容疑者(36)は、自殺を思い立ったが死に切れず、誰かを殺せば死刑になると考え、犯行に及んだと供述している。

この容疑者に対し、大阪府の松井一郎知事は「死にたい言うんやったら自分で死ね。自分で人を巻き込まずに自己完結してほしいですね。」引用)と語ったと時事通信社など大手メディア数社が報じているが、この発言に対し賛否両論の声があがっている。

続きを全部読む

クルマに飛び込み自殺しようとするも失敗した男が運転手に「てめえこのやろう!」と助走付きでブン殴られる動画が話題に

悲しくも人間は自殺してしまう生き物である。日本や韓国も自殺者が多い国だが、ロシアならびにその周辺国もまた多い。そんな悲しきロシアにて、一人の男が車道を走るクルマに飛び出して自殺をしようとするも失敗。ブチギレた運転手にブン殴られるという動画が話題になっている。

YouTubeにアップされた動画のタイトルは「Attempted Suicide By Car」など。撮影日は2012年5月1日であり、車載カメラによってその瞬間はとらえられた。

続きを全部読む

彼氏に誕生日をスルーされFacebookで「自殺実況」した女性 / 翌日遺体で発見

2012年8月に、ユーザー数が全世界で10億人に達すると見込まれている、ソーシャルネットワーキングサービスの『Facebook』。ユーザー数が急速に増え続けていることに伴い、海外では「いじめ」や「犯罪情報の交換」に利用されていることが問題となっている。最近新たに、台湾の女性ユーザーが「自殺実況」を行い、警察が出動する事態となった。

続きを全部読む

【必見動画】海外メディアが制作した「自殺の名所:青木ケ原樹海」のドキュメント番組がスゴい

俗に言う「富士の樹海」といえば、青木ヶ原(あおきがはら)である。一度でも入ってしまうと、たどってきた道が分からなくなり抜け出せなくなるという説もある。また、「自殺の名所」としても有名であり、事実、この樹海で自殺する人は後を絶たないのだという。

そんな自殺の名所としての青木ヶ原樹海をテーマとした、海外メディア制作のドキュメント番組が非常に秀逸なのでご紹介したい。作品名は『AOKIGAHARA SUICIDE FOREST』。直訳すれば、「青木ヶ原 自殺の森」である。

続きを全部読む

ワタミ渡邉会長が10日ぶりに「今日からカンボジアに行ってきます」とTwitter発言 / ネットの声「カンボジアより先に社員救え」

ワタミの元女性社員が自殺し、労災認定された問題。この事実は広く報道されているので、ご存じの方も多いかと思います。2012年2月24日、この問題に対してワタミ会長・渡邉美樹氏はTwitterで「命懸けの反省をしなければならない」と発言しました。

渡邉会長はTwitterに「今 シンガポールです」と近況を書き込みしたのを最後に10日間沈黙を続けていたのですが、3月5日にようやく新たな書き込みをしました。その内容は「今日からカンボジアです」というもので、国外の支援活動に関するものでした。

続きを全部読む

早まる前に絶対相談しろ!! うつ病の記者が初めて自殺防止窓口に電話相談して感じたこと

自殺者が増えているそうだ。警視庁の調べによると5月の自殺者数は、昨年に比べて19.7%増加。また、4月5月の数字はその前の月よりも増加しており、近年の3月と9月10月に最多だった傾向と異なるという。これに対し、内閣府は「大震災による生活環境や経済状況の変化」が影響している可能性があると示唆している。

私事を持ち出して申し訳ないのだが、元々記者はうつ持ちだ。さらに出身は福島県。もちろん震災がすべての元凶だとは言い難いが、虚無感に襲われる度合いや頻度が、以前よりも強くなったような気がする。同じように感じている人は多いのではないだろうか。 続きを全部読む

  1. 1
  2. 2