「日本語」にまつわる記事

中国オタク用の日本語教材『萌日語』を買ってみた! いい教材だが何かおかしい / 例文「私の嫉妬は閾値を越え」「にゃんぱすー」

みなさんは、こんな経験はないだろうか? 外国人と日本語で会話をしたとき、生活用語はおぼつかないのに、やたら難しい単語を知っている。しかもなんだかマニアック! 聞いてみると「日本語をアニメやドラマで覚えた」という人がとても多い。

中国で、そんなサブカル大好きな日本語学習者にダイレクトに語りかける教材を発見してしまった! その名も萌日語。非常に丁寧な解説でわかりやすい教材なのだが、そこはかとなく何かがおかしいのだ!!

続きを全部読む

これってネイティブに通じないの!? 和製英語を外国人が聞いたらこうなるという動画

多くの英語がカタカナに直されて、日本語の中で使われている。英語が話せなくても知っているカタカナ英語で何とか通じたという経験を持つ人もいるだろう。しかし、ここには大きな落とし穴がある。「和製英語」だ。英単語が日本独自の解釈で発展! もとの意味からかけ離れたものになってしまっているのだ。

そんな和製英語16個を日本語がわからないネイティブにぶつけた動画が話題になっている。ネイティブの反応を見られるとともに、「これって和製英語だったの!?」と、逆にビックリ! さっそく、動画「Japanese English 【和製英語】」で確認だ!

続きを全部読む

【リアルほんやくコンニャク】バンコクでタイ人ゲーマーと相互翻訳スマホサービス「はなして翻訳」で会話してみた!

漫画『ドラえもん』の道具に「ほんやくコンニャク」という食べ物がある。それを食べると、他国の言語が聞き取れるようになるうえ、自分が話す言葉も自動的に翻訳されるというものだ。「言葉の壁」をブチ壊す、まさに夢の道具である。

一方、漫画の世界でなく現実の世界でも「ほんやくコンニャク」のようなモノが存在する。こちらが話した言葉を世界10カ国の言語に自動翻訳してくれるスマホ用無料サービス、それがドコモの『はなして翻訳』だ!

コレは世界最大級の携帯通信関連のカンファレンスであるMobile World Congress 2013で「2013年グローバルモバイル賞」の「消費者向けベストネットワーク商品・ソリューション部門賞」を受賞した、世界で認められた技術が使用されているらしい。コレは試さなければなるまい! ということで、タイのバンコクで実際に試してみたぞ!!

続きを全部読む

【伝説名作動画】何度見てもおもしろい「バーレーンの実況が日本語にしか聞こえない件」

名作といわれる動画の魅力は、月日がたっても色褪せない。たとえ数年前に見たことがあっても、数年前に100回以上再生していても、長きブランクを経てもう一度見ると……やっぱりおもしろいのである。

ということで今回ご紹介したい伝説の名作動画は「バーレーンの実況が日本語にしか聞こえない件」である。発祥はニコニコ動画だが、あまりにも傑作なために転載多数、微妙に日本語字幕が違うYouTubeバージョンも存在する伝説動画だ。その内容はというと……

続きを全部読む

中国の腐女子専用の日本語教材『腐女子的日語』がヤバすぎる / マジでガチな教科書だった

現在、世界中120カ国以上の国の人たちが日本語を勉強している。やはり彼らが求めるのは教科書のようなカタイ日本語ではない。我々日本人が日常で使うような「生きた日本語」だ。

そんなニーズに応えるべく、さまざまなシチュエーションの日本語教科書が出版されているが、海外でなんと腐女子専用の日本語教科書を発見。説明によると「わかりやすいイラストとあなたがよく知っているセリフで学ぼう」とある。一見ネタ本か同人誌にも見えるが、香港の出版社が出版したれっきとした本らしい。むむむッ、これは一体!?

続きを全部読む

Lenovo IdeaPadのマニュアルの日本語が悲惨すぎる 「快速起動技術があなた方の今ぴゅーがの起動時間を短くにする」

海外旅行のひとつの楽しみが「珍妙な日本語」探しである。チンプンカンプンな日本語が書かれたお土産は笑いも取れて、ネタとしても最高だ。

だが、ちょっと笑えないケースも出ているよう。何と大手パソコンメーカーLenovo(レノボ)の製品のマニュアルの日本語が解読不能なほどヒドイと話題になっている。

続きを全部読む

iPhone4Sの Siri日本語版ついにキター! 本日「iOS5.1」がリリースされるぞ

アップル社の基調講演の冒頭で、同社CEOのティム・クック氏は iOS のバージョンアップの発表を行いました。それによると、音声アシスタント「Siri」の日本語版を他国に先駆けて公開するというのです。

きましたよッ! 日本語でもSiri使えるようになりますよッ!! 下手な英語で苦しむ必要はなくなるのです~ッ!

続きを全部読む

中国で変な日本語のお菓子を発見! 「間違ってますよ」って伝えるためにプロデュース元に電話をしてみた 

海外に行くと謎の日本語の食品に出会ったことはないだろうか。日本のものは売れる。売るために一生懸命日本風味を出そうとしている努力はカワイイものである。

そしてまた日本語が間違っているお菓子に出会ってしまった。

製造者の欄には「プロデュース事業:ウマイコーポレーション、住所:東京都新宿区新大久保……電話:03-……」と書いているのだ。え? 日本の会社が絡んでいるの? なんかすげー違和感のある名前だけど、間違ってるよって教えてあげなくっちゃ! 早速問い合わせてみた。

続きを全部読む

近年ロシアでは、日本文化への関心が高いようだ。先ごろ、子どもたちが参加する日本語のイベントが開催されたそうなのだが、そのなかで学生たちは日本語スピーチを披露。日本の国技「柔道」や、古代日本の官職「陰陽師(おんようじ)」について流暢な日本語で説明している。日本人でも説明の難しい題材であるにも関わらず、ロシア学生たちは熱心に勉強したと見え、その内容に驚かされるのである。

続きを全部読む

韓国・ソウル地域の高校の90 %が日本語を第2外国語として教えることが現地メディアの報道でわかった。ソウル市の教育庁の発表によればソウル市内の高校の308社のうち90 %にあたる278校が、日本語を第2外国語の選択科目として開設した。 続きを全部読む

  1. 1
  2. 2