「寿司」にまつわる記事

絶対にレンジで解凍しなければいけない「冷凍寿司」を食べてみた

いまや冷凍食品はウマいと言われる時代になった。ただ、全部が全部ウマいかと言われたらそうじゃなく、解凍という手順がマイナスに働くものだってある。つまりは冷凍との相性。代表的なものが寿司で、おそらくその味を信頼していない人はいることだろう。

しかも回転寿司がこれだけ広がっているのだ。何も冷凍食品で食べなくても……と思ってしまうのも自然な流れだが、どうしても見過ごせない冷凍寿司があったので食べてみた。なんとコレ、絶対にレンジで解凍しなければいけないらしい。

続きを全部読む

東京駅の穴場! 食事に困ったら「立喰い寿司 ひなと丸」に行くといい / 魚河岸直営で味は間違いない

行動制限のない年末年始の東京駅は、観光客で激混みだった。とくに地下1階の東京駅一番街の飲食店はとても混み合っていて、人気店には入店待ちの行列。ただでさえ人気ラーメン店が集結した「ラーメンストリート」は普段から行列が当たり前だというのに……。

そんな状況でもスムーズに食事できそうなお店を発見した。今後のために紹介しておこう。「立喰い寿司 ひなと丸」は2022年末にオープンした、穴場的な美味しいお寿司屋さんである。ここならいつでも安心して食事できそうだぞ。

続きを全部読む

人生で初めて「金沢まいもん寿司」に行ったら、『人生』について深く考えさせられてしまった……

人生とは何か? 誰でも1度は考える究極の問いである。おそらく正しい答えはなく、人は自らの生き方を通してしかその答えにたどり着くことはできないはず。

いきなり難しい話から始まってしまったのだが、本稿を最後まで読めばその理由がわかる。人生、人生、ああ人生!

人生で初めて「金沢まいもん寿司」に行った私(佐藤)は、食事を終えた後に、その言葉について考える羽目になった……。

続きを全部読む

実は福岡って回転寿司激戦区なのか!? 県内にチェーン展開する「玄海丸」が気になり続けていたので食べてみた

福岡県は寿司激戦区なのかもしれない。こう思ったのはスシロー・はま寿司・くら寿司・かっぱ寿司の4大があるのは当然として、福岡発のチェーン、さらには佐賀発や長崎発のお店もちょいちょい見かけるからだ。もしかしたら福岡県民はラーメンよりも回転寿司が好きなのか!?

そう思うなか私が気になり続けているのが福岡・博多の本格回転寿司「博多 玄海丸」。2022年12月現在、県内に6店舗を展開していながら一度も行ったことがない。一体どんな感じなのだろう。

続きを全部読む

【注意喚起】スシローのレシートを捨てたら損をする? 捨てる前によく読んでみた結果 → マジだった

私(あひるねこ)は基本的に “レシートもらったら即捨てる派” である。レジ横にレシート用のゴミ箱があったらすぐさまダンクするし、何なら会計後は「レシート結構です」と言ってその場から立ち去る。こういう人はそれなりに多いんじゃなかろうか。

しかしだ。最近こんな話を小耳にはさんだ。スシローのレシートに限っては、捨てずに取っておいた方がいいと──。いやいや、スシローのレシートこそいらないでしょ! 無駄に長いし!! こんなの持ってたところで何の意味もな……ホンマや。

続きを全部読む

【衝撃】「誕生日に何食べたい?」と聞かれたので「寿司!」と答えたらヤバすぎるケーキが出てきた

私事で恐縮ですが、先週37歳の誕生日を迎えました。あひるねこです。ロケットニュースで記事を書き出した時、私はまだ29歳だったワケで、そう考えるとすいぶん遠くまで来たものですね。ただあの時とは違い、今は隣に妻と娘がおります。

さて、誕生日を迎えるにあたり妻から「何が食べたい?」という質問を受けましたので、私は無難ではありますが「寿司」と答えました。「ケーキ? 別にあってもなくてもいいかな」とも。ところがその結果……まったく予想外のハンパねぇケーキが出てきてしまったのであります。

続きを全部読む

インフルエンサー「トラックめいめいちゃん」ご用達の立ち食い寿司『アメ横二郎』は安くて美味い! 東京・上野

この2年、日本中の繁華街や観光スポットから客足が遠のいた。東京・上野アメ横も例外ではなく、休業や閉店を余儀なくされたお店も少なくない。そのコロナ禍に開業した飲食店がある。

2022年2月22日、第6波の最中に立ち食い寿司「アメ横二郎」はオープンしていた。厳しい経営状況が続いていた中で、ある人物が脚光を浴びたことをきっかけに、お店の認知がグッと高まった。その人物とは、Twitterで人気に火がついた「トラックめいめい」さんである。

続きを全部読む

ファミマの攻めた商品「チーズハンバーグ寿司」を買いに行ったら、その隣に並んだ商品にビックリしてしまった!

近頃、セブンイレブンのおにぎりが攻めている。2022年6月に登場した、おにぎりに直接明太子を貼り付けた「明太子おむすび」を皮切りに、ご飯に具材をドン! と乗っけるスタイルの商品を次々と販売している。

実はその影でファミリーマートもひそかに攻めていた。11月8日からおにぎりの形状をした「チーズハンバーグ寿司」(税込198円)の販売を開始していたのだ。ハンバーグの寿司だと!? 味が気になるので買いに行ったら、その隣に並んでいた商品にビックリ! ファミマも攻めてるな……。

続きを全部読む

千葉を中心に店舗を展開する鮮魚卸の回転寿司屋「やまと」に行ってみた! 寿司もイイけどプリンもイイぞ!!

回転寿司業界はナニかと騒々しい。スシローは2022年7月8月にキャンペーン内容に関して炎上騒動があり、かっぱ寿司は他社のデータを不正に入手して社長が逮捕される事態となった。

私(佐藤)は回転寿司との付き合い方を見直したいと思う、うん。

そこで! 大手4社ほど有名ではないけど、がんばっている回転寿司屋を訪ねて行きたいと思う、うん! その手始めに千葉県に本社を置く「南房総 やまと寿司」に行ってみたぞ、う~ん!!

続きを全部読む

息の合った連携技! 兄弟が作り出す絶品のお寿司! 四コマサボタージュDE第128回「兄弟寿司」

続きを全部読む

和風のイリュージョン! このトリックを見破れるか!? 四コマサボタージュDE第123回「マジック寿司」

続きを全部読む

「シンクロ(塩クロ)率400%寿司」を食べてみた! 渋谷ヒカリエ『まぐろ問屋 三浦三崎港』

東京・渋谷ヒカリエでは2022年7月25日から8月26日までの会期で、人気アニメ『エヴァンゲリオン』のエヴァ大博覧会を開催している。

それに関連して、ヒカリエの飲食店ではコラボメニューを提供する『暑さを乗り切る!夏のパワーチャージ作戦』を実施しており、キャラや作品をイメージした料理を提供している。

そのうちの1つ「塩クロ(シンクロ)率400%寿司」を食べてみた! 本当にシンクロするのか!?

続きを全部読む

【検証】炎上したスシローの「100円大トロ」は本当にヤバイのか? 複数の店舗を回って確認してみた結果…

スシローが2022年8月10日より期間限定で『大とろ一貫』を税込110円で販売中だ(一部店舗では税込121円、税込132円で提供)。合計で420万食分を販売するとのこと。なんとも太っ腹な企画である。

ところがこのキャンペーンに対して、「写真と違う」という旨の批判が飛び出しSNS上では大きな話題に。最近こういうのばっかだなスシローは。とはいえ、真偽の程は相変わらず不明であるため、本当に詐欺レベルでひどいのか検証してみることにした。

続きを全部読む

【コスパ最高】那覇のタクシー運転手さんに教えてもらった「すし食堂 魚まる」のランチが激安すぎた / 本格握りが20貫で1298円!

那覇中学校出身のタクシー運転手さんに教えてもらった「24時間営業の沖縄料理店」がメチャメチャ最高だったので、ついでに教えてもらった魚屋直営の “すし食堂” も気になっていた。おっちゃん曰く、ランチメニューの「メガにぎり20貫(1298円)」が人気らしい。

魚屋直営の握りが20貫で1298円……いや絶対に行くしかねえだろ。ってことで、ランチタイムを確認したところ「11時〜16時」とかなり長い時間ランチをやっているようだった。これもある種の “ウチナータイム(沖縄時間)” なのだろうか。ま、とにかく行ってきたぞ!

続きを全部読む

カプセルトイ「欧米人が考えた寿司」の作り込みが無駄に細かくてビビった!

カプセルトイの世界は新しい時代に突入した。「お母さんの秘伝カレーレシピ」や「赤の他人の証明写真」などはそれを象徴する商品ではないだろうか。キャラやフィギュアなどの玩具ではなく、一見無価値に思えるものをカプセルに詰め込んでいる。すごい時代になったもんだ……。

さて、今回紹介する「欧米人が考えた寿司BC(ボールチェーン)」もそんな商品のひとつだ。海外で提供されているであろう寿司をチェーン付きマスコットにして販売している。

商品を購入してみたところ、作り込みが細かすぎてビビった! ここまで作り込む必要があったのか!?

続きを全部読む

【突撃】炎上中のスシロー「生ビールジョッキ半額セール」は本当にヤバイのか? 計量カップを持って行ってみた結果…

スシローが2022年7月13日から期間限定で実施している「何杯飲んでも『生ビール ジョッキ』半額」キャンペーンが現在、SNS等にて大炎上している。

最初は一部店舗でキャンペーンの開始日が明記されておらず炎上。続いて一部店舗で開店と同時にビールが完売し炎上。そして直近では一部店舗でジョッキが広告より小さくて炎上、という具合だ。お前ら庭でホルモンでも焼いてんのか?

スシローを愛してやまない当サイトだが、今回の件は一人の酒好きとして見過ごすことはできない。そこで実際のところどうなのか、計量カップを持ってスシローに突撃することにした!

続きを全部読む

ボイルえびしか頼まない【海老寿司日記】第8回:リニューアルした『回転寿司みさき』、予想以上に大満足!

リニューアル前の『海鮮三崎港』には一度行ったことがある。特にこれといって印象には残らない、いたって普通の回転寿司だったと思う。

月日が経ち、その店は『回転寿司みさき』になっていた。変わったのは名前だけだろうか。気になったので行ってみることにした。もちろん注文するのは……

続きを全部読む

魚べい・元気寿司が「斬新すぎる寿司」を開発してしまう! 食ったら見た目と味の違いに脳がバグりそう!!

魚べいや元気寿司を運営する「元気寿司株式会社」は、2022年6月14日より「あなたは分かる? 本物!? まるで!? フェア」をスタートした。ちょっと変わった商品の販売を開始したとのことなので、お店に行ってみると……。

通常の魚の寿司とともに代替食材を使った寿司を提供していたのだ。実際に食べてみたところ、見た目と味の違いがスゴくて脳がバグる! 何を食ってるかよくわかんねえ~!!

続きを全部読む

岩手発祥の回転寿司チェーン『すノ家』に行ったら “アレ” がなくてビックリ → 最終的に大満足の結果に

2022年現在、回転寿司と言えばタッチパネルでの注文がもはや当たり前。注文した商品は人間ではなく、専用のレーンが高速で席まで届けてくれるというハイテク飲食店の代表格だ。

しかし思い出してほしい、世の中に回転寿司が出始めたばかりの頃を。あの頃は店員に直接声をかけて注文していなかったっけ……?

今や懐かしい思い出である創成期の回転寿司。2022年現在も現役で体験できるご当地チェーン店を発見したのでご紹介させてほしい!

続きを全部読む

石川県発祥の「もりもり寿司」に行ったら本当に “もりもり” だった! 神奈川・たまプラーザ店

回転寿司にやたらうるさい男、中澤星児は以前、石川県の「もりもり寿司」をべた褒めしていたことがある。編集部内でも1、2を争うほど、回転寿司にうるさいアノ男がだ! そんなにもりもり寿司はウマいのら、1度味わってみたい……。

彼はその当時知らなかった、関東にももりもり寿司があることを。つまり石川県に行かずとも、その味を知ることができる。ってことで実際にお店に行ったら、マジでもりもりだった!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 13