「ライター」にまつわる記事

ジミー大西さん、ネットニュースの翻訳ライターになる / 英語の朗読動画あり

規格外。その言葉が最も似合う日本のお笑いタレントと言えば、ジミー大西さんではないだろうか。どのへんが規格外なのかを説明するのは難しいのだが、強いて言うならば「存在そのものが規格外」ということになるかと思う。

そんなジミー大西さんが、あろうことかネットニュースのライター……というか、ロケットニュース24で英語の翻訳記事を書いてくれることになったので報告したい。翻訳記事ということはもちろん、英語を使うということである!

続きを全部読む

【おそロシア動画】男が給油口付近でライターに火を付ける → 車が炎上して大慌て

車体価格が安く燃費性能も改善されていることから、いまだ多くシェアを占めているのがガソリン車だ。そんな給油頻度の多いガソリン車で特に気をつけたいのが、衣類の静電気などでも起こり得る給油中の引火である。

今回は「給油時に引火するとどれほど大惨事になるか?」がわかる、ロシアのガソリンスタンドで発生した事故映像をお届けしたい。火気厳禁であるその理由が、きっとおわかりいただけるハズだ。

続きを全部読む

「缶ジュースの日」特別企画! ロケットニュース24の記者たちがオススメする『マジでウマい清涼飲料水』9連発!!

本日4月28日は『缶ジュース発売記念日』である! これは明治製菓が日本初の缶ジュース「明治オレンジジュース」を、1954年4月28日に発売したことが由来であるという。最近ではペットボトルが主流であるが、我々の生活に缶ジュースは無くてはならない存在だ。

そこで今回は「缶ジュースの日」特別企画として、「ロケットニュース24の記者たちがオススメする清涼飲料水9連発」をお届けしたい。すぐに買えるものからレアなものまで、幅広いラインナップとなっているぞ!

続きを全部読む

喫煙者が喫煙者に対してもっとも許せない1つのこと / あるいは無限ループを脱する手立て

喫煙者はすっかり肩身が狭くなった。まあ時代の流れ、世界的な動きなので仕方のないことだと思う。都内では随分喫煙場所が限られるようになったとは言え、その喫煙所もキレイに使えないのだから、撤去されることがあってもこれまた仕方がない。正直喫煙者の私(佐藤)でも、喫煙者のマナーが良いとは言い切れないのである。

マナーの悪さと並んで、私が喫煙者に対して許せないことがある。吸わない人にはわからないかもしれないのだが、喫煙者が喫煙者に対してもっとも許せないことをお伝えしよう。

続きを全部読む

電気とガスが止まった際に生じる意外な感情 / あるいは現代人が抱える問題

ロケットニュース24で働き始めて1カ月が経過した。先輩達は優しい人ばかりだし、同期は人間的にできた人ばかりで、おかげさまでなんとか仕事を続けられている。この仕事を始める前、私(中澤)は無職だった。巷(ちまた)で話題のニートである。

去年2014年の12月に職を失ったのだが、そこからロケットニュース24に採用されるまでのニート期間、普通に暮らせていたのは失業保険のおかげだ。ハローワークには足を向けて寝られない。しかし、つい最近、電気とガスが止まった……。

続きを全部読む

【おっさん感激】「キン肉マンZIPPO式ライター」が激シブ! タバコを吸わなくても意味なく持ち歩きたいレベル!!

1980年代の少年たちが、夢中になった漫画の一つが『キン肉マン』である。以前の記事で「キン肉マンのビーチサンダルが超オシャレ!」 とご紹介したが、今回は大人になった今だからこそ欲しくなるアイテムをご紹介したい。

それはライター! いわゆるZIPPO式ライターである!! これがハンパないクオリティで、喫煙者じゃなくても意味なく持ち歩きたくなる程、激シブなのだ!

続きを全部読む

【ライター講座】うまく文章が書けなくなった時は「酒を飲むとイイ」

プロの世界で文章を書くようになってから、もう15年も経ってしまった。様々な雑誌でコラム連載してきたし、文章だけの本も何冊か出した。そして今こうして、ネットメディアに記事を書いている。そろそろ皆に文章を教えても良い頃だろう。本当は漫画家なのだが。

ということで今回から始まった『GO羽鳥のライター講座』、記念すべき第1回は、“どうしても上手く文章が書けない時は何をすべきか” 、要するに「煮詰まっちゃったときの打開策」だ。プロのライターを目指す人は、ぜひとも目を通していただきたい。

続きを全部読む

未来のライター「Jii」のテーマソングが海外で話題に/海外ネットユーザー「笑いが止まらないんだ! 誰か助けて!」

日本メーカーが製造販売しているライターのテーマソングが、海外のインターネット上で話題になっています。「笑いが止まらない!」「日本のコマーシャルって最高だね」など、大ウケしているもよう。

続きを全部読む

【急募】ロケットニュース24英語版ライター募集

日本、アジアのオモシロ情報を発信する「ロケットニュース24の英語版」では現在、ライターを若干名募集しております。詳しくは、『英訳ライター募集 / 日本語→英語へ』のページをご覧ください。

続きを全部読む

【衝撃動画】中国でライターが爆発

「爆発しないものはない」とまで一部からは言われている爆発大国・中国。携帯電話はもちろんのこと、時計にポットにゆたんぽに、銀行にマンホールに風邪薬、バキュームカーから肥溜めまで、そのレパートリーは無限大だ。

そんななか、爆発物としてはわりと普通かもしれないが、ライターが爆発した瞬間をとらえた映像アップされ、ひそかな話題になってる。問題の動画「Lighter Explodes in Guy’s Face」を確認すると……

続きを全部読む

子供が簡単に使えない 『ライター』 が大人でも使えない!

喫煙者は必ずと言っていいほど、携帯する「ライター」。しかし今月27日から子供でも簡単に操作できるライターは販売できなくなる。つまりは、点火ボタンが重くなったものや、2か所を同時に押さないと火が出ないものが市場に出回るわけだ。

続きを全部読む

「ホワイト・ティース」、「直筆商の哀しみ」などの作品で知られる英国作家のゼイディー・スミスさんが、昨年英ニュースサイト「guardian」に、自らの作家としてのルールを掲載した。その内容は大変機敏に富んだものであり、作家・ライターだけでなく、すべての職業に当てはまる素晴らしいものだ。

続きを全部読む