「メール」にまつわる記事

【注意喚起】「給水停止」を騙るメールに気を付けよう / 東京都水道局「メールで水道を止めるご連絡をすることはありません」

フィッシング詐欺やスパムメールの手口は、日々巧妙化している。人の心の隙をついて、巧みに個人情報の収集を狙っている。「まさか、騙される訳がない」、そう思っている人ほど注意が必要かもしれない。特に見慣れない内容のメールには気を付けた方が良いだろう。

最近、東京都水道局は利用者から怪しいメールの情報を得たことを伝えている。次のような内容のメールが届いたら、そのメールを削除した方が良いだろう。

続きを全部読む

【マジ気をつけて】間違えて上司に「乳首」の写真を送ってしまった! 同様の “誤爆” が世界中で起こっている模様

「死ぬかと思った」……とまではいかなくても、「このまま消えてしまいたい」「穴があったら入りたい」レベルの手痛い失敗は誰だって経験したことがあるはずだ。例えば、自分の “恥ずかし〜い写真” を仕事相手に送りつけてしまった……とかね!

もう、そんな事態考えただけでもイヤアアアアアと絶叫したくなるが、この度実際に、ある女性が「乳首」写真を間違えて上司に送ってしまったというのだ! キャーーーーー!! けれども似たような失敗が世界中で起こっているようだぞ。

続きを全部読む

元恋人とのメールのやり取りを集めた Instagram が大人気!! 返信内容が超悲しすぎて大ウケな件

元カレや元カノの存在は、ひと言で片づけられない複雑なものがある。失って初めて気付く気持ちもあれば、時として後悔の念が押し寄せることもあるからだ。

そんな、「やるせない気持ちを思い切ってメールでぶつけてみたら、こうなった!」という、元恋人とのメッセージのやり取りを投稿する Instagram のアカウントが、大人気となっているので紹介したい。その返信内容があまりにも悲しすぎて、大ウケしてしまうこと間違いナシだ!!

続きを全部読む

スマホでケーキを注文したらこうなった!! スペル自動校正機能による手違いで驚きのデザインに!

スマホの予測変換機能やスペル自動構成機能は便利なようだが、あまりに頼り過ぎてチェックを怠っていると、全然違う単語や文章なのに送信してしまうことがある。まさに、そんな失態を経験してしまった人がいるので紹介したい。

誕生日ケーキをスマホで注文したのはいいが、デザインをメールで説明する時に、スマホのスペル自動校正機能による手違いで予想外の仕上上がりになってしまったのだ! 一番大事なデコレーション部分が勘違いで違う物になってしまったが、それはそれで、なんとも素敵なデザインになっているのである。

続きを全部読む

「恋人に別れを告げる勇気がない人」のためのメールサービスが登場!! たった530円で “丁寧な別れの文章” を代筆して送ってくれるぞ!

“好きだ” という気持ちを伝えるのにも勇気がいるが、別れを告げるのも度胸がいるものだ。なにしろ、相手がどう受け取るか分からないうえ、泣き出したり怒り出したりしたら手に負えないからだ。というわけで、別れたいけどナカナカ言い出せなくて、ズルズルと愛のない関係を続けてしまっている人もいるのではないだろうか。

そんな、ちょっと肝っ玉が足りない人達に朗報だ! なんと、恋人に別れを告げる勇気がない人のためのサービスが登場し、530円で “ゴメン! もう終わり” とメールを送ってくれるというのだ!!

続きを全部読む

【実体験】「久しぶり! 妖怪ウォッチDX売ってない?」とのメールに正直に「誰?」と尋ねたら意外すぎる返答がかえってきた!

誰にだって一度は経験があるはずである。身に覚えのない内容のメールが届いたことが。ロケット編集長のGO羽鳥が繰り返し記事で注意喚起し、ついに書籍化するまでにいたっら迷惑メールの例があるように、不審なメールはあとを絶たない。

少し前の話になるのだが、2014年7月、私(佐藤)にも身に覚えのないメールが届いた。それは、大人気の「妖怪ウォッチ」を催促する内容だったのである。その内容は次の通りだ。

続きを全部読む

月額3000円で「人間のエア彼氏がゲットできるアプリ」が登場! 実際にエア彼氏とメールをやり取りした体験談がオモシロいぞ!!

脳内彼氏やエア彼氏とは、恋人が欲しいけどできない人や、なかなか理想の男性と出会えない女性が、自分で2次元の彼氏をクリエイトして恋愛を楽しむことだ。

すでに日本では、エア恋愛できるゲームやアプリが多数存在するが、ついに海外でも同類のサービスが登場して話題を呼んでいる。しかも、メールのやり取りや留守電はボット(人間に代わり自動的にタスクを実行するプログラム)ではなく人間相手なので、リアルさは倍以上かもしれない。

そんなエア彼氏と、実際にメールをやり取りした女性の体験談がオモシロいので紹介したい。

続きを全部読む

今どきの学生は「教室でも携帯端末で会話をする」ことが判明! メール短縮語を会話で使用して “大人と子供の会話が成り立たない” 状態に

最近はレストランや電車の中、歩きながらでも、多くの人が携帯電話やスマホでメールを打ったりしている。電話で声を聞きながら会話をするよりも、すっかりメールでやり取りすることの方が増えてしまった。

それは大人の世界だけでなく、学校でも同じ状況のようである。というのも今どきの学生は、「教室でも実際に会話をするよりも、携帯端末でメッセージのやり取りをする」傾向にあることが判明したのだ。

続きを全部読む

【iPhoneユーザーに注意喚起】LINEトーク履歴を誤って緑のメッセージアプリ(MMS)に送ったら起動できなくなった / 意外で簡単な解決法を発見!

これは今年の8月、au の iPhoneユーザーである私(筆者)に突然降りかかった事態の話である。 簡潔にいうと、LINEトーク履歴を誤って緑のメッセージアプリ(MMS)に送信したら、膨大なデータを受信したことで緑アイコンが処理能力を失い、完全に沈黙したのだ。

このトラブル、実は意外と多いようで、ネット上には解決策を問う質問が多々みられる。 しかし、コレ!という解決策には出会えなかった。今回は、ネットには載っていない、私が偶然気づいた意外でもっともカンタンな解決法をご紹介したい。

続きを全部読む

17歳の青年が「メール速打ちのギネス世界記録」を更新! 神技のようなタイピングの早さにド肝を抜かれるぞ!!

今の時代、電話で喋るよりもメールで会話する方が普通になってしまった感がある。好きな時に送れて時間がある時に読めるメールの利点は、それほど相手の都合を考えずにやり取りできる点だろう。

そんな、今となっては欠かせない存在となったメールだが、先日なんと、メール速打ちのギネス世界記録が更新されたというのだ。なんでも、前回の記録保持者が、新たな新記録を樹立してしまったという……! ということで、神技のようなメール速打ちを見せる17歳の青年について紹介したい。

彼のタイピング技は動画「Fleksy Keyboard Breaks the Guinness World Record for Fastest Texting」で確認できるぞ!

続きを全部読む

レビューサイトで1つ星評価をつけられたレストランオーナーがブチギレ!! 悪評を残した客に暴言炸裂メールを送って泥試合に!

商売をしている限り、お客様の声というのは好評にしろ不評にしろ大切である。特に悪評からは改善点を学べることもあり、批判でも受け入れる大きな器を持ちたいものである。

しかし、これができなかったレストランオーナーが、悪評レビューを残した客をFacebookで見つけ出し、暴言炸裂メールを次々に送りつけて泥試合になってしまったというのだ。二人のやり取りが、か~なりオトナ気なさすぎて思わず笑ってしまうので紹介したい。

続きを全部読む

【うらやましい】ドイツで18時以降の「業務メール」を禁止する法案検討! 早ければ2016年に施行か!?

業務時間外に上司からメールが来ていたら、あなたはどう思うのだろうか? ウゼェエエエエ! マジでウゼェエエッ!! 「件名:ちょっと聞きたいことがあるんだけど」、明日にしろやコラッ! とブチ切れるという人もいるかもしれない。最近はLINEでメッセージを寄越す上司もいるだろう。部下の立場からすれば、急ぎであることはわかるのだが、明日にして欲しいというのが本音である。

ドイツは最近になって、18時以降の業務メールを禁止する法案を検討しているというのだ。早ければ2016年に施行されるかもしれない。うらやましいッ!! めちゃくちゃうらやましいッ! 日本もこれに習って、速やかに検討して頂きたいものであるッ!

続きを全部読む

オカンのメールが奇跡を起こした! 車を盗まれたシングルマザーの女性が犯人に約3時間メールを送り続けたらこうなった

オカンからのメール……それは色々な意味で唯一無二のものだ。そのイメージは人それぞれだろうが、記者(私)が個人的な体験を通して感じている特徴としては、 “無駄に高いテンション” “意味不明な報告” “桁違いの天然っぷり” などなど。恐らく、「似たような印象を持っている」という人は少なくないだろう。

そんなオカンのメールにまつわる事件が、今海外で話題になっているので紹介したい。内容を簡単に言うと、車(バン)を盗まれたシングルマザーの女性が車泥棒にメールを送ったところ……なんと車が返ってきたのである! 奇跡的な展開は以下の通りだ。

続きを全部読む

【三十代女子の恋愛奮闘記】LINE・メールの冒頭は「こんにちは」ではなく「押忍!」で

男性が女性に対して、「短いほうが好ましい」と思っている事柄が3つあります。まずはスカートの長さ(大根足女性は除く)。次に爪、ネイルに情熱を傾ける女性は多いですが、男性陣からは「短い爪のほうが、清潔感がある」、「短い爪のほうが、料理慣れしているっぽい」など、短い爪をリスペクトする声が多数挙がっています。そして最後にLINE・メールの文面。ここでは3つ目の、「LINE・メールの文面」に的を絞って考えたいと思います。

続きを全部読む

【検証動画】送信ボタンを押してから受信されるまでのEメールが辿ったルートを追跡したらこうだった

今や、私たちの生活に欠かせないEメール。海外の相手とも簡単にコミュニケーションが取れるEメールは、便利この上ないものだ。

しかし、簡単に届くように思えるEメールだが、実は送信ボタンを押されてから受信されるまでに、壮大な旅をしているのである。その足跡をたどった動画も公開されたぞー。

続きを全部読む

交際中のメールに関する興味深い男女差が明らかに 「女性は男性のセクシー写メが嫌い」など

好きな時に送れて、都合の良い時に読めるメールは何かと便利である。近頃は実際に電話で会話をするよりも、メールでのやり取りが主流になってきている。そんなメールに関するアンケート調査で、交際中の男女における興味深い違いが明らかになったので紹介したい。交際相手との恋愛をうまく進めるためにも、ぜひ参考にしてみてはいかがだろうか。

続きを全部読む

【社会人あるある】 92%の人が職場でのメールのやり取りにストレスを感じていることが判明

職場でEメール(以下メール)を使用している人は多いだろう。電話と違って席をはずしていても受信できるし、口頭でのやり取りではないから、勢いでうっかり失言してしまうことも少ない。

仕事をするうえでとても便利なメールだが、実はデメリットもあることが判明した。新しい研究によると、なんと92%もの人が職場でのメールの使用にストレスを感じているというのだ。ラフバラ大学のトム・ジャクソン教授が英政府機関で行った調査で明らかになった。

続きを全部読む

豪州で新手の振り込め詐欺「殺人詐欺」が発生! 警察が注意を呼びかけ

いまだに根絶することがない振り込め詐欺。息子を装って、疎遠になった親族に電話をする「オレオレ詐欺」の被害は、2011年6月以来、月平均100件を上回っている。そんななか、オーストラリアで新たな振り込め詐欺が話題になっているので、ご紹介したい。これは「殺人詐欺」と呼ばれるもので、不特定多数(推定で100人にひとりの割合)に殺人をほのめかすメールが送られたというのだ。現地警察はメール本文を公開し、注意を呼びかけている。

続きを全部読む

【注意喚起】佐川急便をかたる迷惑メールに気をつけよう

京都に本社を置く運送業者大手の「佐川急便」は、公式ページで迷惑メールへの注意を呼びかけている。最近のおしらせによると、同社を騙った迷惑メールを受け取る人が増えており、記載されているURLをクリックして意図しないサイトにアクセスしてしまうようである。同社が紹介している事例を参考にして頂きたい。

続きを全部読む

新入社員の皆さんは、入社早々「文章の書き方」で上司に注意を受けたりしていないだろうか。またそうでない方でも、日々メールやTwitter、Facebookなどで文章を書く機会が多いはず。そこで、いま一度確認しておきたい「文章を書くときの心がけ」をお伝えしよう。これらを意識するだけで、今までよりも読みやすい文章を書くことができるのではないだろうか。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3