「プロモーション」にまつわる記事

『フォートナイト』がTOKIOを起用したCMの放映を発表! 『荒野行動』に未来はあるのか!?

100人対戦バトルロイヤルゲームの業界は、ますます混沌の度合いを増している。元祖『PUBG』モバイル、スマホ版で先駆けとなった『荒野行動』。欧米で絶大な支持を誇る『フォートナイト』。3者の戦いは、新しいステージに突入したようである。

有名作品とのコラボや、人気芸能人をプロモーションに起用するなど、あの手この手でプレイヤーを囲い込む合戦が進むなかで、フォートナイトはなんとTOKIOを起用したCMを放映することを発表した。PUBGも有名芸能人を使ったCMをすでに流している。一方、荒野行動は……。

続きを全部読む

【傑作】早くも「2018年ベスト動画」の予感! グリコ『71.8秒のLIFE』がしみじみイイから絶対に見て欲しい

2018年が始まってまだ3カ月とちょっと。流行語大賞や大ブレイク芸人はまだわからないが、企業が手掛ける「2018年ベストプロモーション動画」はすでに決まったかもしれない。というのも、2018年3月7日に公開されたグリコの『71.8秒のLIFE』が素晴らしすぎるからだ。

「あなたが笑うと、世界は変わる。smile.Glico」をテーマに掲げる同社が公開した『71.8秒のLIFE』は主人公の女性が1秒ごとに1つ歳を重ねていき、合計72人の女性が登場する超力作だ。ズバリ、必見である。

続きを全部読む

人気ハリウッド女優の服装が『場違いで浮きすぎている』と批判の対象に! 本人が「性差別だ」と怒ってSNSで大きく反論

映画の都ハリウッドには美人がごまんといるが、「本物の実力を兼ね備えた若手女優」となると数が限られるのではないだろうか。

そんななかでも抜きん出た存在なのが、2013年に『世界にひとつのプレイブック』の演技が認められ、23歳の若さでアカデミー賞主演女優賞を受賞したジェニファー・ローレンスだ。ところが、類まれな演技力と人気で快進撃を続ける彼女の服装が、「あまりにも場違いで浮きすぎている」と批判の対象になっていたというのである。

続きを全部読む

【マジか】この世には「ビッグマック自販機」が存在していた! しかも無料だぞ!!

「I’m loving it!」のキャッチコピーが耳に残るマクドナルドは、世界中で店舗を展開して、人々の生活に浸透しているファストフード・チェーン店だ。

なかでも、ボリューミーで食べごたえタップリなビッグマックは大人気! そして、なんと世界には「ビッグマックの自販機」が存在していたことがあり、しかも無料だったというのである!!

続きを全部読む

『Durex』が発表した「ナス風味のコンドーム」に隠された深い意味

望まない妊娠や病気を防いでくれる「コンドーム」は、今や人類にとって欠かすことのできない存在だ。種類も豊富で、様々な好みに対応しようと日々進化を遂げている。

しかしこの度発表されたコンドームは、「どんな目的で開発されたの?」と多くの人の首を傾げさせているようだ。なぜならそれは……「ナス」風味のコンドームだから! どんなだよ!?

続きを全部読む

【体張りすぎ宣伝活動】掃除機会社の社員が地下鉄ホームに掃除機をかけたあと「地面にバラまいたパスタ」を食べて商品の性能をアピール!!

商品を売るためのマーケティングに、ブランド・マネージャーや宣伝マンがかける労力は膨大である。商品の質はもちろん大切だが、商品が売れるか売れないかは宣伝によるところが大きいからだ。

そんな宣伝マンが、体を張って商品をアピールした動画「BISSELL Symphony | Subway」が話題となっているので紹介したい。掃除機の会社 Bissell の社員が、掃除機をかけた後、床にパスタをブチまけて食べてしまうというパフォーマンスがスゴいのである!!

続きを全部読む

【動画】これは見事なプロモーション! ヨーロッパに「カナダ人しか開けられない自販機」を設置したらみんな笑顔になった

現在開催中のソチ冬季オリンピック、世界の目が各国選手の活躍に注がれているなか、カナダのビールメーカー「Molson Canadian」のプロモーションが話題を呼んでいる。

同社はソチに1台の自動販売機を送った。この自販機には仕掛けがあり、カナダ人以外は開けることができないそうだ。他国の人にとってはちっとも利用価値のないものに思えるのだが、実はコレ、素晴らしい考え方のもとに生まれたアイディアなのである。そのアイディアとは?

続きを全部読む