「プレイステーション」にまつわる記事

【PS5予約開始記念】今だからこそ語りたい! 10代から40代に聞いた「プレイして良かったPS4ゲーム」

最先端の次世代ゲーム機・PS5の日本国内の発売日がついに決定した。Xデーは2020年11月12日! 希望小売価格は税抜き4万9980円で、ディスクドライブ非搭載モデルのデジタル・エディションも税抜き3万9980円で同時に販売されるという。そして、予約受付が9月18日午前10時より、全国のPlayStation取扱販売店の店舗やECサイトにて順次開始された。

一気に動いた感のあるPS5。これから、ゲームソフトにおいても次世代機への入れ替わりが加速していくだろう。そんな節目の今だからこそ語りたい! PS4の名作を!! 10代から40代にプレイして良かったゲームを聞いてみた

続きを全部読む

【秋葉原で聞いてみた】コロナ期にオススメのレトロゲーム5選はコレだ! ファミコンでできるダイエットが激アツ / そして今お宝ソフトが超 “買いどき” な理由とは…

これまでシリーズでお伝えしてきた『レトロゲーム売り上げランキング』だが、前回の “メガドライブ編” を最後に中断となっている。取材に協力してくれた秋葉原のゲームショップが新型コロナ感染拡大の影響で、休業を余儀なくされてしまったためだ。

しかし一時はシャッター街と化していた秋葉原にも、最近ようやく賑わいが戻り始めているのだとか。じゃあ、そろそろシリーズも再開していいよね? ちょっと急すぎる? 「何事もなかったように “セガサターン編” やってんじゃねぇぞ」とか言われたりして……?

続きを全部読む

本物にしか見えない! 初代プレイステーションのリアルすぎるプラモデルを作ってみた / バンダイ『BEST HIT CHRONICLE』

始まったばかりなのに、すでに激動の時代を予感させる「令和」。いつだってそうなのかもしれないが、日々の国内情勢を見ていると、まさに社会の変革期に立ち会っているような気持ちにさせられる。

もちろん過去の時代にもいくつもの歴史的瞬間、ターニングポイントが存在した。そんな歴史の一場面を切り取る、ユニークなプラモデル企画が始動。プロジェクト名は『BEST HIT CHRONICLE(ベストヒットクロニクル)』!

昭和〜平成時代のヒット商品にスポットを当て、その時代を代表するトップ企業とバンダイがコラボした。記念すべき第1弾は1994年にフォーカスした初代プレイステーションとセガサターン! ドンピシャ世代の筆者が、当時遊んでいたプレイステーションのキットを組み立ててみたい!

続きを全部読む

【秋葉原で聞いてみた】現在のプレステソフト売上ベスト5はコレだ! ホラー系強し…あのゲームあのシーンのトラウマ克服を試みた結果 → 恐怖の上塗りになってしまう

これまでシリーズでお伝えしてきた「レトロゲーム売上ランキング」。ファミコン編スーファミ編はともかくとして、『プレイステーション(通称プレステ)』を “レトロ” と呼ぶには少し早いんじゃないか……と思うのは私が現在30代半ばだからだろうか?

私がようやく自費でゲームソフトを買えるようになったのはプレステ全盛期のころ。冒険の果てにたくさんの名作ゲーム、星の数ほどの「クソゲー」にも出会った。どちらもよき思い出だ。

「現在のプレステ売上ランキング」は予想外のランクインも目立つ結果となった。全部持ってる人はけっこうスゴイ!

続きを全部読む

35.701198139.771266

本日2019年12月3日はプレイステーション発売から25年! 初代プレステ直撃世代のロケットニュース24記者がハマッた名作ゲームがこれだ!!

そうか。もうあれから25年も経つのか……。本日2019年12月3日は、なんとプレイステーションが発売して25年目である。遠い目……。

今年37歳の私(中澤)は、プレステと共に青春を過ごしたと言っても過言ではない。なんと言ってもプレステが発売したのは私が小6の時だ。始まりから終わりまでスルメくらい味わい尽くした初代PS直撃世代である

ロケットニュース24の記者たちに聞くと、やはりみんなプレステを持っていたという。そこで、1番ハマッたゲームを聞いてみた! 初代PS直撃世代が選ぶ名作がこれだ!!

続きを全部読む

【激報】『ファイナルファンタジー7』リメイク版の発売日がついに決定! 最新映像も公開キターーーーッ!!

キタキタキターーーーー! ついにキタぁぁぁぁぁあああ!! ゲーム史に残る人気作『FF7』のリメイク版『ファイナルファンタジーVII リメイク』の発売日がとうとう……とうとう発表されたのだッ! うおおおお、クラウドォォォォオオオ!!

スクウェア・エニックスは本日2019年6月10日、プレイステーション4用ソフト『ファイナルファンタジーVII リメイク』を2020年3月3日に全世界同時発売することを発表した。同時に最新映像も公開されたため、「興味ないね」とかスカしたこと言わずに今すぐチェックすべし!

続きを全部読む

【4コマ】第56回「あのお店に行けない理由」ロッテンマイヤーのちょこっと楽しい生活

続きを全部読む

【衝撃】「初代プレステの起動音」を音楽認識アプリで検索してみた結果 → “そのまんま” な曲が発見される / Shazam検証:第4回

1994年に発売された初代プレステこと「プレイステーション」。もしかすると若い子は見たことがないかもしれないな。当時は「セガサターン」と共に世間に衝撃を与えたゲームだったんだ。小学生だった私(あひるねこ)も、そりゃあ憧れたもんさ。

さて、初代プレステというと、あのどこか不穏な起動音が印象的である。これは先日、私が何気なく音楽認識アプリ『Shazam(シャザム)』であの音を検索してみた時の話なのだが、かなり予想外な結果となったため ぜひお伝えしたい。いやアンタそれ、そのまんまやないかい。

続きを全部読む

【コラム】私が『バイオハザード2』をたった10分でやめた理由

本日2018年6月12日、ゲームファンの間に衝撃が走った。世界最大級のゲームイベントで、あの『バイオハザード2』のリメイク版が発売されることが発表されたのである。タイトルは『バイオハザード RE:2』。2019年1月25日に発売予定とのことだ。

1998年にカプコンから発売されたプレイステーション用ソフトであり、歴史的名作としても名高い『バイオハザード2』。発売当時、私(あひるねこ)は小学生だったが、それはそれは話題になった。しかし、実は私はこの『バイオ2』を、たった10分でやめてしまったのだ。その理由は……。

続きを全部読む

【悲劇】昨年夏にPSVRを手に入れた男、爆死する

うおおおお、PSVR楽しィィィイイイ! 吐息まで感じるようなリアルなバーチャル世界、現実では不可能なアングル……これがVR……!

昨年2017年の夏、5万円でめくるめくVRの世界の扉を開いた男がいる。来る日も来る日も、幸せそうにVRの話をするようになった男。今日も新作や新情報のチェックに余念がない。だが、男は知る由もなかった。あんな悲劇が待っているなんて。

続きを全部読む

【話題】人気ゲーム『ワンダと巨像』PS4用リメイク版の日本発売が決定&新規動画が公開! ネットの声「予想以上に凄い」「最高過ぎ」など

ソニー・インタラクティブエンタテインメントの情報によると、2018年2月8日に人気ゲーム『ワンダと巨像』PS4用リメイク版の国内発売が決定した。

YouTube「プレイステーション公式チャンネル」上には、さっそく同タイトルのオープニングムービーなどが公開され、大きな注目を浴びている。

続きを全部読む

【悲劇】念願のPSVRを手に入れた男、爆死する

うおおおお、PSVRやっと買えたぞォォォオオオ! 店頭ではずっと売り切れ状態、ネットでは価格が釣り上げられてたけど、昨日、新宿のビックロに入荷を確認、速攻で買いに行ったらあった! あったよーーーーー!!

これで、めくるめくVRの世界の扉を開くことができる! そのためなら5万円なんて安い安い!! ああ、楽しみだなあ。早く休み来ないかな! ──この時、男は知る由もなかった。あんな悲劇が待っているなんて

続きを全部読む

大人気ゲーム「グランツーリスモ」が20年間でどれだけ進化したのか一発でわかる動画がこちらです

アクションならスーパーマリオ、格闘ならストリートファイターと、ゲームの各ジャンルには定番タイトルが存在するが、中でもレーシングゲームとして圧倒的な人気を誇るのが『グランツーリスモ』シリーズだ。

そこで今回ご紹介したいのは、これまでリリースされた同シリーズの主なタイトル12本分の走行シーンを数分間にまとめた動画だ。さて、どのように進化を遂げてきたのか? その過程をご確認いただきたい。

続きを全部読む

【PS4専用ゲーム】『No Man’s Sky』が8月25日に発売決定!「約1800京個」の惑星を旅する超大スケールSFアドベンチャーはトレーラー動画もヤバい!!

果てしなく広がる宇宙……どうやって出来たのか、そして、始まりはいつなのか、世界中で様々な理論が展開されているが、一向に不明な点が多いのはご存知のとおりだ。

来る2016年8月25日、空想の宇宙を探索する驚異のSFアドベンチャーゲームが発売される。その宇宙内に存在する惑星の数は、なんと18446744073709551616個……つまり約1800京個。想像を絶するほど壮大なスケールで繰り広げられるゲームなのだ。

続きを全部読む

【テクノ好き必聴】レースゲーム 初代『ワイプアウト』の名曲は作曲者CoLD SToRAGEの公式サイトから無料でダウンロードできるぞ!

音楽ジャンルならテクノが好きという人が、テクノに出会ったきっかけは何だろうか? YMOという人もいるだろうし、クラフトワークという人もいるだろう。だが、少なからず存在するのがゲームミュージックからの移行組である。

特に衝撃的なタイトルだったのが、日本では1996年に発売されたレースゲームシリーズ『ワイプアウト(Wipeout)』のBGMだ。テクノ界の大御所であるケミカル・ブラザーズ、レフトフィールド、オービタルなどが楽曲提供に名を連ね、大きな話題になった。

続きを全部読む