「テント」にまつわる記事

キャンプしてみないか? オレらの村で。ただし…… / マサイ通信:第288回

スパ! 日本のゴー(羽鳥)に聞いたんだが、日本には「キャンプ」を好む人たちが大勢いるらしいな。キャンプ体験をするために、室内でキャンプを張る人たちもいるのだとか。ハッハァ〜〜〜(Hahaaaaaaa)!!

オレんとこ、こないか?

ケニアはアンボセリにあるワイルドな大自然の大空の下でキャンプ張ってさ。それも、オレらの村の中に張っていいから。安全だから。実際にキャンプしてる観光客もいるから安心してくれ。ただし……

続きを全部読む

ED治療薬依存症の ‟有名男優” が12時間もテントを張り続けるトラブルが発生! 副作用で引退に追い込まれる事態に!!

最近は、元気に ‟テント” を張れない男性のために、バイアグラなどのED治療薬を服用出来るようになったため、夜の営みの回数が増えたという人もいるだろう。

そんななか、ある ‟有名男優” が仕事のためにED治療薬を飲み続けたところ、12時間もテントを張ったままに! その結果、副作用で引退に追い込まれる事態になったというのである!!

続きを全部読む

難民用に開発された「テントに変形するジャケット」が驚きの完成度

未だに絶えない、政治や宗教への思想の違いによって起こる紛争……。そして、その紛争によって他国に逃れる “難民” の数は、ここ数年増加傾向にあるという。

アメリカ在住の女性が、「テントに変形するジャケット」などの難民に役立つ超高機能ジャケットを続々と開発・発表して話題となっている。今回はそのジャケットの詳細を動画と共にお伝えしたい。

続きを全部読む

テントから登場! 人間椅子のニコ生番組がゆるすぎて2万人の視聴者困惑 / トークと演奏のギャップが凄まじい

これまでニコニコ生放送で、過去4回にわたって放送してきた「帰ってきた人間椅子倶楽部」。この番組は、ロックバンド人間椅子のメンバーが、アルバム制作やツアーなどについて語るトーク番組である。後半にはレアな演奏パートを設けており、前回初の公式放送では累計視聴者数3万5000人を超えた。

それから半年以上を経て、2016年10月5日に第5回の放送を実施。今回は今までにも増して斬新なアイディアが盛り込まれており、冒頭はなんとテントから登場! そしてそのテントをすぐに畳むという、何だかよくわからない内容だった。

続きを全部読む

学生考案の「寝袋やテントにもなるコート」がスゴイ! 物資不足が深刻化するシリア難民のために制作

2011年にシリア紛争が勃発して以来、シリア難民の数は増え続けている。ヨーロッパ諸国が難民を受け入れているが、難民受け入れの資金と物資不足は深刻化するばかりのようだ。

そんななか、ある学生がシリア難民のために、「寝袋やテントにもなるコート」を考案し話題となっている。1人でも多くの難民にコートが行き渡るよう、大量生産のためにネットで寄付金を募集している ‟1つで3役をこなすコート” について紹介したい。

続きを全部読む

【動画】わはは! テントから出てくる子供たちが……みんな同じ場所で転ぶ!!

子供と動物には勝てない……これは演劇の世界でよく聞く言葉。どんな名優の素晴らしい演技も、子供と動物の登場によって霞んで(かすんで)しまうことを指すのだとか。

それは動画界でも同じだろう。面白くて、可愛くて、涙が出ちゃう人気動画は、やはり動物や子供が主役のものが多いように感じられる。今回ご紹介するのも、子供が主役の動画だ。テントから何人もの子供たちが飛び出てくるのだが、みんな同じ場所で転んでしまうのだ!

続きを全部読む

【まんが】どうでもいいこと山の如し「第117話:漢字の勉強の如し」 by 桃吐マキル

続きを全部読む

【衝撃事実】寝ながらおしっこをすると超気持ちいい!

就寝中に不意に尿意をもよおした場合、皆さんはどうやって対処するだろうか? 我慢できる範囲なら、そのままやり過ごして起きたときにトイレに行くだろう。耐え切れないようなら、床から抜け出してトイレに駆け込むかもしれない。

・寝たままおしっこは気持ちいい?

だが、もしマイナス50度の極寒の地だった場合、どうするだろうか? 極地冒険家の荻田泰永氏の場合はこうだ。寝袋から抜け出すと凍えるような寒さにさらされるので、フタつきのプラスチックボトルに寝たまま用を足すそうである。彼は「寝た状態のままおしっこするの超気持ちいいですよ」と語っている。

続きを全部読む

水上スキーで曲がり損ねたーーー!! と思ったら、テントにドーーーーーン!

湖でボートに引っ張られて水上スキーの要領で、ウェイクボードを楽しむ男。突然ボートが急カーブ、男はそれについて行けずにカメラの方に向かって、ワー!! 危ないーーーー! と思ったら、意外な結末が待っていた。

続きを全部読む