「ジュース」にまつわる記事

喫茶店のメニューにある「200%ジュース」を飲んでみた! ネーミングの理由を尋ねたら意外な事実判明!!

オジサンにとって、喫茶店は憩いの場である。シャレたカフェはどうも居心地が悪く、安心してくつろぐことができない。スターバックスなんて もってのほかである! Macを開いてドヤっている人たちのように堂々とすることができない。その点、昔馴染みの喫茶店は最高! BGMが懐メロなら完ぺきである。

そんな喫茶店を愛する私(佐藤)が、最近訪ねた店で一瞬目を疑うメニューを発見した! ドリンクメニューを見てみると、「200%ジュース」があるじゃないか。え!? 100%が限界じゃないの? 濃縮還元なら可能なのか? とりあえず飲んでみた。

続きを全部読む

ローソンのチルド飲料「フルーツサーバー」が万能すぎる! 容器が機能的で炭酸・酒を入れれば即席カクテルに

チルド飲料もここまで来たか、そう思わざるを得ない商品がローソンから発売されている。その商品「フルーツサーバー(FRUIT SERVER)」は、1本298円(税込み)と、従来の商品に比べて割高だ。

「ジュースに300円も出せるかよ!」と思う人もいるだろう。だが、味も見た目も優れていて、なおかつ味のアレンジができる。これは爆発的にヒットする予感……。

続きを全部読む

【第28回】グルメライター格付けチェック『ぶどうジュース』編 !「長野県産超高級ぶどうジュース」vs「紙パックのぶどうジュース」

コンビニの加工食品にマズいものは存在しない。そう断言していいほど、最近のコンビニ食品のクオリティはどれも秀逸だ。だがしかし、──リアル。つまり本物と比べたらどれほどの差があるのだろうか? コンビニ漬けの生活を送る我々ロケットニュース24編集部には想像もつかない。

そこで今回の『グルメライター格付けチェック』は、どのコンビニで購入しても確実に美味しい「ぶどうジュース」でライター達の味覚をテストすることにした。果たして、どのライターが本物の味を見極めたのだろうか? 以下でご覧いただきたい。

続きを全部読む

【第12回】グルメライター格付けチェック『りんごジュース』編 !「青森産セレブりんごジュース」vs「紙パックのりんごジュース」

誰に何を言われようと、自分の気持ちは誤魔化せない。それは味覚も同じである。人にどれだけ「ウマいだろ!」と勧められても、マズいものはマズイ。味覚差は言わば “個性” だが、世の中にはその個性が強すぎると困る職業も存在する……その一つが「グルメライター」だ。

グルメライターがあまりにも個性的な味覚の持ち主だった場合、読者のみなさんに誤った情報をお届けしてしまう可能性がある……それはいかん。というわけで、グルメライターの味覚は本当に正しいのか、今回は「りんごジュース」で味覚テストを実施してみたぞ。

続きを全部読む

【開催中】年に約5回の「無印良品週間」がマジ最強! アプリを入れればほぼ全品10%オフとかお得すぎィィイイイ!!

パッとしない日常にちょっとした幸福感をくれる割引き。クーポンやポイントカードは当たり前、少しでも「お得」になって嫌な気持ちになる人などいないだろう。みんな大好き、それが「割引き」である。

そこで、お知らせしたいのが無印良品が年に約5回開催する『無印良品週間』というセールで、店内にある商品のほとんどが10%オフで購入出来るという……なに~ッ! ということは1個100円の商品が100個で1000円、1万個買えば10万円分もお得じゃん!! ラッキーなことに、今はその期間中。急いで行くしかねぇ~~ッ!!

続きを全部読む

【検証】21年前に賞味期限切れした「ネクター」を飲んでみた

例えば、お酒。ワインやウィスキーは時が経つほど、熟成すればするほど旨味が増すという。出来たてのワインは比較的安いのに、“○○年もの” のワインには驚くほどの高値が付いていることもしばしばだ。だとするならば……。

ワインと同じ “果物” を原料としたジュースならばどうなのだろう? ウマいのかマズいのか? 安いのか高いのか? ……というか、そもそも飲めるのか? 今回は「21年前に賞味期限切れしたネクター」を使った検証をお届けしたい。

続きを全部読む

【動画】神ワザかよ! コップのジュースをこぼさず「宙返りするドローン」現る!!

飛行機やヘリコプターなどの実機に代わって、空撮に利用されるのが当たり前となったドローン。最近では、安価なものでもカメラが搭載されるようになり、興味を持ち始めている方も多いのではないだろうか。

そこで気になるのが、飛行中の安定性である。もし機体が突然バランスを失って墜落しようものなら大事故にもなりかねない。しかし今、そんな不安を覆すほど安定した飛行を披露するドローンが話題になっているという。

続きを全部読む

「缶ジュースの日」特別企画! ロケットニュース24の記者たちがオススメする『マジでウマい清涼飲料水』9連発!!

本日4月28日は『缶ジュース発売記念日』である! これは明治製菓が日本初の缶ジュース「明治オレンジジュース」を、1954年4月28日に発売したことが由来であるという。最近ではペットボトルが主流であるが、我々の生活に缶ジュースは無くてはならない存在だ。

そこで今回は「缶ジュースの日」特別企画として、「ロケットニュース24の記者たちがオススメする清涼飲料水9連発」をお届けしたい。すぐに買えるものからレアなものまで、幅広いラインナップとなっているぞ!

続きを全部読む

体を張った実験! 男が「コーラ1日10缶生活」を30日間続けた結果こうなった

皆さんは、炭酸飲料や清涼飲料水などのジュース類をどれくらいの頻度で飲んでいるだろう? ほとんど飲まない? 1カ月に一度飲むか飲まないくらい? それとも1週間に1本?

もし、あなたが毎日のように飲んでいるのなら、その生活を改めた方がいいかもしれない。なぜなら、ある男性がコーラを1日あたり10缶飲む生活を30日間続けたところ、彼の体にとんでもない変化が訪れたのだ。 

続きを全部読む

【アキバ名物巡礼】何かに怒っている怪奇な自販機コーナーに行ってみた  Byクーロン黒沢

東京・神田須田町。JRガードを越えればそこは秋葉原。肉の万世ビルのたもとに、工事用バラックみたいな面持ちの古びた建物が建っている。ここが通称「怪奇自販機の館」

アキバ通いの間では古くから有名な場所で、今や東京を代表する珍スポのひとつ。さらに噂じゃ外国人観光客の巡礼ポイントにもなっているらしく、おさらいの意味で再訪してみた。

続きを全部読む

これはナイスアイデア! 手を汚さずにたった2分でできる斬新なスイカジュースの作り方

夏を代表する果物と言えばスイカ。暑かった今年の夏は、毎日のように食べたという人もいるかもしれないが、そのまま食べるだけの繰り返しだと徐々に飽きてしまうなんてこともある。

そこで今回は、ただ切って食べるだけのスイカに飽きてしまった方へ、斬新なスイカジュースの作り方をご紹介したい。動画「Watermelon smoothie hack in 2 minutes- No mess」にある方法ならば、わずか2分たらずで手を汚すことなくスイカジュースが作れてしまうのだ。しかも、ジューサーやミキサーなんて必要ないぞ!

続きを全部読む

マジで!? カナダのコンビニで “ピザ+スパゲッティ” フレーバーのジュース「ピザゲッティ」が発売中らしい

海外サイト『Incredible Things』によると、カナダ・ケベック州のコンビニで実際に発売されているドリンクが、実に衝撃的なのだそう。それはなんと、「ピザ」と「スパゲッティ」フレーバーのフローズンドリンク、その名も『ピザゲッティ』!

ドリンクブランド『Sloche』が製作したという、こちらのドリンク。というか、なんでまたこんなの作ろうと思ったのよ……しかも「フローズン」て。普通にスパゲッティとピザを食べればいい話なんじゃないの……?

続きを全部読む

「清涼飲料水はうつ病になるリスクを上げる可能性がある」との研究結果 / 特にダイエット系飲料は危険性高し

もしも気分が沈んでネガティブな状態が続いてしまったら、ジュースを飲むのは控えたほうが良いかもしれない。最新の研究によると、清涼飲料水はうつ病になるリスクを上げる可能性があるという。なかでもダイエット系飲料はその危険性が高いそうだ。

続きを全部読む

1本で2本分の味を楽しめるペットボトルが大人気

1本で2本分の味を楽しむことができるペットボトルのドリンクが人気だ。ペットボトルは中央部分に仕切りがあり、片方には果汁100%のオレンジジュース、もう片方にはグレープジュースが入っている。けっこうおもしろい構造である。

続きを全部読む

【まるでラムちゃん】仙台弁をしゃべるジュースの自動販売機が出現! 自販機「うめぇ~よソレ♪ 応援してるっちゃ☆」

宮城県仙台市に、仙台弁をしゃべるジュースの自動販売機が出現しているという。最初は少なかったがどんどん増加しているようで、ジュースを買うたびに仙台弁で話しかけられるという。しかも女性の声でしゃべるため、ジュースを買った人が癒やされているらしい。

続きを全部読む

ストローの挿しどころには気をつけたほうが良いというピカチュウのジュース写真が激写される

プラスチック容器に紙やビニールのフタが付いている飲料は、付属のストローをブスリと挿して飲むことが多い。コンビニでよく見かけるコーヒー系の飲料などがそれにあたる。

上記コーヒー系飲料には、フタの上に、さらにプラスチックのフタが付いている場合がほとんどで、ストローを挿す位置もある程度は指定されている。だが、そのプラ製フタが付いていない場合は自由である。

どこに挿してもかまわない。しかしながら、フタに描かれている絵柄によっては気を使ったほうがよさそうだ。

続きを全部読む

めちゃ憧れて「超飲みてぇーッ!」って思ってたのに実際に飲んでみたらガッカリしたもの1位 ココナッツジュース

ナチュラルピュアテイスト100%なのよン☆ キレイな果汁がタップンタップンなんだよぉ~ん♪ トロピカルゥ! とっても甘むぁ~くてしかもさわやかァ~~~~! 果肉もおいしいよ☆ スプーンでどうぞ♪

……なんて表現されたら、絶対に飲みたくなるココナッツジュース。単なるジュースではなく、木の実の中に入っている100%自然が作りあげたジュース。ただそれだけで「ズビズバーッ!」とヨダレがでてきてしまうッ! しかし実際に飲んでみると……。

続きを全部読む

なつかしい「水に入れてジュースを作る粉末」を飲んでみた

駄菓子屋で売られている定番商品といえば、「水に入れてジュースを作る粉末」である。10~20代の人たちはあまり知らないかもしれないが、30~50代の人たちならば、その存在を知っている人が多いはずだ。

いまから20~30年前、その粉末は10円で販売されていた。今は20円とのこと。食品のジャンルは「粉末清涼飲料」というらしい。現在も生産されているので、駄菓子屋や一部の商店では手に入る。今回は、実際にイチゴ味の粉末でジュースを作ってみたゾ♪

続きを全部読む

山形の企業が製造している果汁ストレートドリンク『山形代表』をご存じだろうか? このドリンクはナチュラルローソンや一部の販売店でのみ販売されており、グルメな人たちに非常に好評を得ているのである。

続きを全部読む

カゴメが発売したトマトの炭酸飲料「トマッシュ」が予想よりもずっとうまかった

トマトケチャップ、トマトジュースでお馴染みのカゴメ株式会社が、11月1日より期間限定でトマトを使った新しい飲料の販売を開始した。その飲み物とは、スパークリングトマト「トマッシュ」である。発売前の段階では「これってどうなの?」と、あまり思わしくないイメージを持つ人もいたようだ。ところが実際に飲んでみたところ、これが思った以上にウマイ! はっきり言ってクセになりそうなレベルなのである。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2