「コスメ」にまつわる記事

900円の「整形テープ」のリフトアップ効果がスゴすぎて依存症になりそう! 白雪姫の魔女が買い占めるレベル

ここ数年、鏡に知らないおばさんが写っている……と思ったら自分だった、なんてことが増えた。「年齢なんて関係ない!」とポジティブに言いきりたいところだが、私もすっかりいい年である。

願わくばYUKIやCHARAのように年を取りたかったが、少女趣味もあいまって自分の場合は「不思議おばさん」になりつつあるような気がする……。もはや熟女になる方法も、若返り方も分からない。私は加齢の国に迷い込んだアリス……。

そんなある日、ロフトのコスメコーナーをうろうろしていたら、「フェイスライン整形テープ」なるものを発見した。価格はたったの900円。冗談半分、本気半分で買ってみたのだが……!

続きを全部読む

【2022年福袋】韓国コスメ エチュードハウス福袋でメイクしたら別人になった!?  買い逃した方も慌てなくてOK!! なぜなら……

若い世代を中心に、韓国コスメが大流行しているらしい。

今や様々なブランドが輸入されているが、日本国内で親しまれているブランドといえば『エチュードハウス』というイメージがある。直営店が多数あり、さらに全国のロフトでも取り扱われているため、見たことがある方も多いのではないだろうか。

そんなエチュードハウスにも福袋が存在するらしい。しかも税込3300円とかなりお手軽価格。そんなの購入して試してみるしかないだろっ!!

続きを全部読む

【100均検証】プロのメイクさんに「ダイソーのコスメだけで女装メイクして!」とお願いしたらこうなった! (メイクの解説付き動画あり)

種類豊富なメイク道具がダイソーに売られているのは知っている。そこそこ評判が良いのも知っているが、いかんせん自分でメイクをすることがない41歳のオッサンが故(ゆえ)、いまいちそれらの実力がわからない。

ということで今回は……!!

ふだん私が女装する時にお世話になっている女装メイクサロンRAAR(ラール)さんに、「ダイソーのコスメだけで女装メイクして!」とお願いすると共に、ダイソーコスメの印象なども聞いてみた。はたして結果は……!?

続きを全部読む

【2021年福袋特集】コスメキッチンのラッキーバッグで、ひととおりのスキンケアはOK!

コスメキッチンは世界中のオーガニックコスメを中心にナチュラルアイテムを取り揃えているコスメショップで、東京だけで16店舗あり、女性の支持を集めている。

昨年の12月上旬、代官山駅改札前のコスメキッチンを通りがかると、「2021 コスメキッチン  ラッキーバッグ 2021 整理券配布中」の張り紙が! これは買うしかないと整理券をゲットし、12月中旬に受け取り、新年をまたいだ今、いざ中身を公開!

続きを全部読む

【検証】KATEの『小顔シルエットマスク』は誰でも小顔に見えるのか?

中島美嘉や黒木メイサが歴代CMモデルを務めた『KATE(ケイト)』は、ほとんどのアイテムが1000円ちょっとで買えるプチプラコスメブランドである。30歳を過ぎて「KATE使ってます!」と大声では言いづらいものの、正直なところヘタなデパコスよりよっぽど優秀だと思う。

そんなKATEから『小顔シルエットマスク』なるものが発売されたと聞けば、買ってみる以外に選択肢はない。数量限定販売のため、都内のドラッグストアではすでに完売している店舗もあるようだ。急げ急げぇ〜!

続きを全部読む

【コスメ検証】羽ばたける濃密まつ毛!? マスカラ『天まで届け!』はオッサンでも少女マンガ化してくれるのか? ヒロインメイク

1度で良いからマンガのキャラみたいな顔になってみたい! そんな想いから、私(中澤)が「KATE(ケイト)」のアイライナー『マンガジェニックライナー』に手を出したのは以前の記事でお伝えした通り。

実は、あれから化粧品が気になっている。そこで検索していたところ、羽ばたけるほど まつ毛を濃密ボリュームアップするというマスカラを見つけた。マジかよ……37歳のオッサンだけど羽ばたけるかな?

続きを全部読む

有名コスメの広告が “リストカット” のようだと物議 / ネットの声「趣味が悪い」「自傷はトレンドでもクールな行為でもない」

手首の内側を斬りつける行為をリストカットという。自らの命を絶つためではなく、気持ちを落ち着かせるため、自己の存在を確認するために、リストカットをする人も多いと言われている。

今回、ある有名コスメの広告が「リストカット」のようだと物議をかもしているそうだ。どのような広告内容なのだろうか?

続きを全部読む

【工場見学】自然派コスメLUSHの人気イベント「ラッシュキッチンツアー」でバスボム作りと特別な原材料ランチを堪能してきた!

UK発の自然派コスメブランドとして、日本にも数多くの店舗を構えるLUSH(ラッシュ)。中でも特にこだわりの商品を作る場所『ラッシュキッチン』では、シェフと呼ばれる人が毎日新鮮な野菜や果物を使って商品を手作りするそうだ。キッチンで作るコスメだなんて素敵。一体どんな風に作っているのか、のぞいてみたい……!

というわけで今回、私(DEBUNEKO)は娘と一緒にラッシュキッチンでの “調理風景” を見学、さらに特別な “原材料で作ったランチ” も堪能してきたので、大量の画像と共に徹底的にレポートするぞ! それはそれは夢のような空間であったことを先に述べておく。是非アナタも覗いてみて!

続きを全部読む

【ショック!】知ってたけど……マジで “メイク” ってスゲエ!! 資生堂の動画に「やっぱり女子は怖い」などの声

2015年に話題となった、“資生堂ショック” 。この言葉を聞いた多くの人が、「資生堂のメイク方法が、ショックなのかしらん」と思ったかもしれない。でも実際は、従業員の働き方改革に対する “ショック” だったようだ。

しかし今回の動画こそ「資生堂ショック」と言ってもイイかもしれない。それは、メ・イ・ク。化粧品会社の資生堂が、本領のメイクで多くの人を驚かせているのだとか! その様子は、動画でとくとご覧アレ!!

続きを全部読む

「娘の “美” を守りたい!」 父親が書いた一通の手紙が多くの人の心を揺さぶる

テレビや雑誌で見る芸能人は華やかなイメージで人々に憧れを抱かせる。しかしその反面、彼らの隙のない “美” は、人々に「キレイでないと価値がない」というプレッシャーを与えていることもあるのだ。

・“美” の押しつけが氾濫するコスメ売場

4歳の娘の父であるケリー・フラナガンさんは、パパ友に「コスメ売場はとても悲惨な場所だ」と言われたそう。実際に足を運んでみたところ、その意味がとてもよく分かったという。そこにあったのは “美” の押し付けだったのだ。

続きを全部読む

高校生が企画・開発したコスメが福岡で大人気

高校生が経営の取組みを学習するために3年前にスタートした「からつ学美舎」は、唐津商業高校の生徒たちが経営する高校主催のバーチャル会社。バーチャル会社と侮るなかれ、実際に商品を開発し一般に販売しているのだ。

続きを全部読む