「お酒」にまつわる記事

「痩せたいならまず酒をやめろ」という調査結果 / 1回の飲み会で約1000キロカロリーのアルコールを摂取

食欲の秋ということで、つい食べ過ぎて体重増加中……という人もいるのではないだろうか? 揚げ物やスイーツのカロリーは気にする人も、意外に見落としがちなのがお酒だ。

液体なので気軽にグイグイいっていたら、ビックリするほどのカロリーオーバーに、なんてことも少なくない。ときに、ちょっと飲んだだけで1000キロカロリーものアルコールを摂取してしまうこともあるのだ。「痩せたいならまず酒をやめるべき」と、あるダイエットサプリメント会社が警鐘を鳴らしている。

続きを全部読む

世界の酔っ払い大国ベスト9が発表される / ドイツは4位でロシアが3位! 意外な国が1位だった

気がつけばもう10月。あと2カ月もすれば忘年会シーズンに突入だ。宴会で飲みまくって、日頃のストレス発散を楽しみにしている人も多いだろう。お楽しみには欠かせない “お酒” だが、世界の人々は一体どんなお酒をどれぐらい摂取しているのだろうか? 「世界の酔っ払い大国ベスト9」が発表されたので紹介したい。

9位:ウクライナ

ウクライナの人々はウォッカを好んで飲む。WHO(世界保健機関)によると、ウクライナにおける個人のウォッカ消費量は世界第3位にランクインする。

続きを全部読む

【衝撃研究結果】二日酔いで最も苦しむのは29歳だと判明 / もう若くないのに現実を認めないのが理由

夏といえば冷たいビール! ビールといえば飲み会にビアガーデン!! 次の日は最悪の二日酔い……。夏真っ盛りの今、すでにこんなパターンを経験している人がたくさんいるのではないだろうか。二日酔いは誰にとってもつらいものだが、なかでも「二日酔いで最も苦しむのは29歳」という興味深いデータが発表され、酒好きの間で話題になっている。

続きを全部読む

専門家「酔っ払うと出身地の訛りが出るのは脳に負担がかかっているから」 / 体力低下中にも同じ現象が起こる

普段の生活では出身地の方言を使わなくなったのに、なぜか酔っ払うと地元訛り(なまり)で喋っていたという経験はないだろうか。こんなとき、意識して訛りを隠そうとしてもなかなか隠しきれないものだ。

ある専門家によると、これはアルコールが脳に負担をかけることが原因なのだとか。しかも、実は同じ現象が、疲れているときや体調を崩しているときにも起こるという。

続きを全部読む

未成年飲酒がダメな理由「思春期にアルコールを飲み始めると酒におぼれやすくなる」

「お酒はハタチになってから」というが、未成年の飲酒はなぜダメなのか? 最近はスーパーやコンビニなどでも年齢確認が必須になった。それにしても20歳という基準は少し厳しすぎないか?

そんな疑問に答えてくれる研究結果が発表された。なんと、思春期にアルコールを飲み始めた人々は酒におぼれやすくなるのだという!

続きを全部読む

酔っぱらうと普段は気にもならない異性が魅力的に見えるのはなぜ? 専門家「性欲が増しているだけ」

お酒を飲んで酔っ払ったとき、普段はなんとも思っていないはずの異性を魅力的に感じた経験はないだろうか。自分でもなぜなのかわからないが、目の前の相手が妙に素敵に見えてしまうあの現象。

以前、ロケットニュース24でもこの原因について、「酔うと顔の左右対称性が見分けられなくなるから」という研究結果をお伝えした。

そして今、この現象に関して新たな主張を展開する研究者が現れた。英ダラム大学の心理学者アマンダ・エリソン博士だ。彼女は、酔ったときに誰でも魅力的に見えてしまう理由を「単純に性欲が増しているだけ」と語っている。

続きを全部読む

衝撃! ダイエット系アルコール飲料は通常のお酒よりも酔っぱらいやすいことが判明

お酒は大好きだけどカロリーが気になるという方に嬉しいのがダイエット系アルコール飲料。いまや、「カロリーオフ」や「糖類ゼロ」などと謳った商品は種類も豊富だ。少しでも太らないようにするために、日頃からダイエット系のお酒を選んでいる人もいることだろう。

そんなみなさんに衝撃の研究結果が報告された。ダイエット系アルコール飲料は通常のお酒よりも酔っぱらいやすいことが判明したという。しかも、飲んでいる本人は酔いが早く回っていることに気付きにくいというのだ。

続きを全部読む

「飲み屋の近くに住むとヘビードリンカーになりやすい」との研究結果

自宅近くにバーや居酒屋がある方は要注意だ。家の立地環境があなたの飲酒量を知らず知らずのうちに増加させているかもしれない。フィンランドで行われたある調査結果によると、飲み屋の近くに住んでいる人ほど飲酒量が多いいわゆる “ヘビードリンカー” になりやすいことが判明したそうだ。

続きを全部読む

酒好き必見! 「どんな形のグラスで飲むかによって飲酒ペースが変わる」実験により明らかに

お酒を飲んでいるとき、「なんだか今日は普段よりも酔いやすいな……」と感じることが誰しもあるだろう。体調や疲労などが原因であることが多いが、もしもすこぶる元気なときにそう感じたらそれは飲んでいるグラスのせいなのかもしれない。

最新の研究によると、「どんな形のグラスで飲むかによって飲酒のペースが変わってくる」ということがわかったそうだ。にわかには信じ難い話だが、これは一体どういうことなのか。

続きを全部読む

1日の飲酒量をワイングラス半分以下に抑えれば年間に4500名もの命を救えるという研究結果

飲み過ぎは身体に悪いと言われる一方で、少しのお酒は身体にいいと言われることもあるが、一体どれくらいの量が「適量」かご存知だろうか。

オックスフォード大学の研究チームは、飲酒習慣のある人全員がお酒の量を一日にワイングラス半分以下に抑えれば、年間に4500名以上もの命を救えるだろうという研究結果を発表し、話題を呼んでいる。

続きを全部読む

お酒好きにはたまらない研究結果! 人はお酒を飲んでいる時の方が頭が切れるらしいぞー!

お酒好きの方、大朗報である! なんとお酒を飲んでいる時の方が、人は頭が切れるらしいのだ。これはキターー!

これを発見したのはイリノイ大学の心理学者たちだ。彼らによると2英パイント(約1136ミリリットル)のビール、もしくはミディアムサイズのグラス2杯分のワインが、クリエイティブな頭を作り出すのに適したアルコール量だという。

続きを全部読む

「人は酔ったときのほうがよりクリエイティブになれる」という研究結果 / ただし飲み過ぎは禁物

考えても考えても、良いアイデアが思いつかない時や、頭が凝り固まってしまい、もっと柔軟に問題を解決したいと思った時、あなたはどうするだろうか。紙に書き出したり、誰かに相談したり、とりあえず寝てみたり……。人それぞれに、考えが行き詰まった時の対処方法があるだろうが、最新の研究によると、お酒を飲むことも効果的だという。

続きを全部読む

旅先で買った「コンビニの酒」を美味しくする方法!ポイントはジップロック

今日はみんなに知ってるとちょっと役立つ小ネタをお教えしよう。

みなさんは、旅先でお酒を飲むことはあるだろうか。多くの人は、コンビニなどで酒を買って客室で普通に飲むと思われる。だが、ここで待ってほしい。できれば、酒(サワー)と一緒に「ジップロック」とグレープフルーツを買ってほしいのだ。

続きを全部読む

さわやかでコクがある、カルピスと梅酒が夢の出会い

7月7日は七夕。そして、もうひとつ、日本人にとって大切な記念日でもある。それは、「カルピスの日」だ。1919年、ラクトー(現在のカルピス株式会社)が乳酸菌飲料のカルピスを発売した日だ。

実は、カルピスからお酒が発売しているのをご存知だろうか。それが「カルピスと梅酒のソーダ割り」である。果たして、どんなお酒なのだろうか? 実際に飲んでみたぞ。

続きを全部読む

アルコールはヘロインやコカインや大麻やタバコよりも有害であるという研究結果が、海外医学誌「Lancet」で発表された。

David Nutt教授をはじめとする研究チームは、数十種類の薬物を、死亡率、依存度、精神への影響、社会的影響、家庭的影響、経済的コスト、国際的存在……などのカテゴリに分けて、それぞれ数値化。さらに個人的に害のある薬物、社会的に害のある薬物としてまとめ、総合的にアルコールが最も有害であると結論づけた。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2