自動販売機で「真珠の指輪」を買ってみた

昨年11月、東京・吉祥寺にちょっと変わったガチャが登場して話題になった。それは “真珠のガチャ” だ。1回1000円でハズレなし。愛媛県宇和海の「あこや真珠」が手に入るというものだった。

その進化系とも呼べる「真珠の自動販売機」が、渋谷のレイヤードミヤシタパークに登場した。真珠のアクセサリーを購入できるそうなので、指輪を購入してみたぞ!

続きを全部読む

【青春】全集中必至! のしかかる責任 ! 四コマサボタージュR第56回「便乗とプレッシャー」

続きを全部読む

【疑問】ミッキーの声はどうやって世界中で同じにしてるの? 教えてディズニーマニア:第2回

ディズニーを愛し、ディズニーに愛された彼のことを人は尊敬の念を込めてこう呼ぶ……『ディズニーマニア』と──。当サイトの人間と妖精のハーフ「田代大一朗」は、世界のどこに出しても恥ずかしくない超1流のディズニーマニアである。

そんな田代にディズニーにまつわる疑問をぶつけ、優しく教えてもらうのがこの企画『教えて! ディズニーマニア』のコーナーだ。今回はふとした瞬間に気になった「ミッキーマウスの声」につてディズニーマニアに聞いてみたのでご覧いただきたい。

続きを全部読む

この1年間「いつ海外へ行くべきか」だけを考え続けた私があえて今パスポートを更新した理由

思えば私はこの1年、「どのタイミングで海外へ行けばいいか」ということばかり考えていた。現在、日本からの渡航を無条件に受け入れている国はないが、「特定の条件を満たせば入国可能」という国は意外と多いのだ。

とはいえ私は海外に行けなかったからと言って、生活に困窮するほどの立場ではない。そのため結局は自粛し続けて現在に至る……つまり、「行こうと思えば今すぐ行けんこともない」と想像することで、何も楽しみがないコロナ禍を乗り切ってきたのだ。

ど〜しても我慢できなくなったら、その時は思い切って行ってしまおう。不必要な外出を避け、日本へ当分帰ってこなければ誰の迷惑にもならないはずだから……。

続きを全部読む

【主張】最新の青汁カフェがオシャレすぎる! もはや「青汁」は名前を変えるべきではないのか!

ちょっと聞いてくれ。私(佐藤)は昔から思ってるんだけど、「青汁」って名前で損してない? だって、青汁だよ? ア・オ・ジ・ル。すげえ不味そうじゃん。

その昔、俳優の八名信夫さんが「まずーい! もう1杯!!」ってキューサイ株式会社のテレビCMで言ってたけど、そのイメージそのままの言葉だと思うんだよ、青汁って。まあ、あのCMのおかげで青汁の認知は高まった訳だけど。

実は東京・六本木のミッドタウンに、青汁専門会社「アサヒ緑健」のオシャレカフェが2021年1月にオープンしたんだ。行ってみたら、これ青汁? と思うようなコジャレたメニューがそろっている。この際だから、もうそろそろ青汁って名前、やめない?

続きを全部読む

【4コマ】魔王軍はホワイト企業 128話目「緊急会議」

続きを全部読む

常温放置のまま期限を約1ヶ月すぎた、超高級マスクメロンを食べてみた結果 / 完熟と腐敗の狭間

「二度あることは三度ある」となるか、「三度目の正直」となるか……。2021年2月初頭、私(江川)はその分水嶺的な瞬間を迎えていた。千疋屋のマスクメロンの話である。

2019年から千疋屋の福袋を担当してきたが、毎年マスクメロンは福袋の目玉的な存在。私は担当した役得とばかりにメロンを持ち帰っていたのだが、以前の記事でお伝えしたように、2019年と2020年は腐らせている。1万円越えは確実と目される超高級マスクメロンを、2度にわたり腐らせ、捨てているのだ。

言い訳をすると、1月は複数の仕事が繁忙期となり、1週間以上帰宅しないこともザラ。家に冷蔵庫は無いので玄関に置くのだが、そのまま忘れ去り、次に目にした時にはカビに覆われていた……というパターンだ。

続きを全部読む

【正直レビュー】Amazonで高評価のレトルトカレー『北国の丸ごとチキンレッグスープカレー』にモヤモヤした

突然だが、あなたはAmazonで商品を買う時レビューをどれくらい気にするだろうか? 評価が低すぎると怖いという人は多いだろうが、私(中澤)は、あまりに褒められすぎていてもなんか信じられない。そもそもAmazonレビューってそんなに書くだろうか? 少なくとも私は書きたいと思ったことがない。

にもかかわらず、2021年2月18日現在、493件もの評価を集め星4つをキープしているのが『北国の丸ごとチキンレッグスープカレー』だ。レトルトカレーでこれほどの人数がオススメしているのシンプルに凄ない? そこで実際に買ってみて内容を確認してみよう。

続きを全部読む

【ポケモンGO】激アツ「カントーセレブレーション」開始! ミュウツー!! ミュウツー!!! ミュウツー―ー!!!!

やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! カントーツアーはどうだったかな? ぶっちゃけ、お兄さんはこの記事をカントーツアー前に書いているんだけど、きっと充実してるに決まってる! ウハウハ言いながら眠りについていることでしょう!!

それはさておき、2021年2月21日(日曜日)から一連のイベントのラストを飾る『カントーセレブレーション』が開始となった。本イベントもかなりアツい! ……のだが、その中心におわすのが、我らがミュウツー様である!! ミュウツー様ァァァアアア! おかえりなさいませェェェエエエ!!

続きを全部読む

【家族】果たせ、飼い主の責任! 気を配れ、ペットの住みよい環境! 四コマサボタージュR第55回「キチンと世話してるライバルキャラ」

続きを全部読む

映画の「副音声上映」って、ぶっちゃけどうなの? 実際に体験して感じた “デメリットとメリット”

突然ですが。先ほど、はじめて映画館で「副音声上映」というものを体験してみた。やり方は簡単。スマホやタブレットで専用アプリをインストールし、マイイヤホンを使用して楽しむのだ。

つまりは上映中、スマホの音を聴くことになる。せっかく音響環境が最高な映画館にいるのに、なぜわざわざスマホの音を……と正直、疑問だった。しかし実際に聴いてみると、なるほどね。

続きを全部読む

おっさんが、生まれて初めての香水デビュー / 選んだのは「宇宙の香り」 → 感想を聞いてみたら、圧倒的多数で〇〇のにおい

そういえば、この世には香水というものがあったな……。そろそろアラフォーという年齢になって、ようやくそのことに気づいた筆者。身だしなみの一環として、たしなんでおくべきかもしれない。まあ、20年ほど遅かったかもしれないが。

気付いたは良いものの、これまでの人生で纏(まと)ったことのある香りと言えば、せいぜい飲みすぎた酒由来のアルコール臭や、特定の植物の葉を燃やした時に漂いがちな甘ったるい臭いが関の山。香水のような品のある香りについては、とんとわからぬ。

しかし、わからぬものをわからぬままでいるのは、あまりに進歩がない。遅くとも、わかるようになれば今より1ランク上の高みに至れる気がする。では、どんな香りならデビューに相応しいのだろうか? 高み、高み……やはり、重視すべきは高度か……

続きを全部読む

【局地的グルメ】北海道・旭川市の和製ジャンクフード『ジュンドッグ』はなぜかクセになる! お取り寄せでも完全に同じ味だから超安心!

涼を求めて夏はよく北海道へ出かけている。中でも私は旭川周辺エリアが好きだ。札幌から近いことに加えて、シロクマがいるのがイイ。そんな旭川へ行くたびに、毎日必ず食べるのが『ジュンドッグ』なるご当地グルメである。

ジュンドッグは空港や駅の売店など、旭川市内を歩けば「どこでも売っている」という印象。しかし同じ北海道でも、旭川を出ると全くお目にかかれなくなってしまうのだ。どうやら完全に旭川周辺のみで展開するグルメのようで、北海道民でも知らない人は多いらしい。

なかなか北海道へ行けない日々が続いている中、ど〜してもジュンドッグが食べたくなった私は初の “お取り寄せ” を敢行してみたぞ!

続きを全部読む

【4コマ】魔王軍はホワイト企業 127話目「焦り」

続きを全部読む

【狂気】これが…ケーキだと? 擬態スイーツ「スイパラおにぎり」がジワジワくる気色悪さ

コラボスイーツやスイーツ食べ放題、はたまたそっくりケーキで知られるスイーツパラダイス。中でも「そっくりケーキ」は本物と見紛うクオリティの高さで、これまで当サイトでは「寿司ケーキ」や「緑のたぬきケーキ」などをご紹介してきた。

そんな中、過去最大級にそれっぽい……と同時に気色悪いそっくりケーキを発見! それが『スイパラおにぎり』である。結論から申し上げよう、スイパラおにぎりは普通にウマい……のだが、脳が勝手にバグを起こす得体の知れない気色悪さにあふれていた。

続きを全部読む

『タイカレー』をイチから作ってみた!

想像力がモノをいう時代であるような気がしている。正直なところ、やりたいこともやれないこんな世の中じゃポイズンな状況ではある。がしかし、自分次第でその状況をいかようにも楽しめたりもするのだ。

記者はここ最近、試したことがない料理にふんわりチャレンジしている。下手の横好きではあるが、それでも楽しい。先日はタイカレーをペーストから作ってみたので、この場を借りて報告したい。材料さえそろえば、割とサクッと作ることができるぞ。

続きを全部読む

餃子が口の中を爆走して胃に落ちる! 京都の「ミスター・ギョーザ」は一瞬で畳みかけてくる韋駄天食感

これまで私の中でミスターといったら長嶋茂雄、KARA、さらにはミスドにミスチル、あとはMr.オクレなどがそうだった。しかし今日からもう1つミスター枠を増やさねばなるまい。新たなミスター、それは……餃子だ。

というのも、ミスター・ギョーザという餃子を食べたらこれまでに味わったことないような感じでインパクト抜群。ミスターを名乗るにふさわしい味だったからである!

続きを全部読む

【チェケ】あれ? なんか趣味変わった!?  祖母の身に起きたささいな変化! 四コマサボタージュR第54回「久しぶりにおばあちゃん家を訪れた時に起こったこと」

続きを全部読む

完売続出の「いちごミルクの素」をついに買えたのでいろいろ試してみた / サンクゼール・久世福商店

突然だが「びっくりドンキー」のいちごミルクが大好きだ。底にたまった果肉を食べたくて、氷を別のグラスに移し替えて掘り進むほどである。

家で再現しようと牛乳にいちごジャムを入れたりもしてみたが、市販のジャムは溶けるというよりも分離する状態になり上手くいかない。店舗ではいちごミルク用に、生クリームを加えた牛乳まで用意しているというから敵わないのだ。

ところで、少し前から「サンクゼール・久世福商店」で大ヒットしている商品がある。「牛乳と混ぜる いちごミルクの素」である。「お1人様○個まで」の個数制限をしてもオンラインストアではたびたび欠品、実店舗では棚に並んだそばから売れていく。これはもしかして、期待できるのでは……?

続きを全部読む

くら寿司の新スイーツ「びっくらチョコドーム」がスゴイ! 完全に寿司屋の発想を逸脱している……

くら寿司のスイーツブランド『KURA ROYAL』の進化が止まらない! これまでも「抹茶とホワイトチョコパフェ」「いちごのシュークリーム」(いずれも税別480円)を紹介してきたのだが、2021年2月19日に発売開始になった新商品は、それらにも増してワクワクするスイーツだった!

その商品「びっくらチョコドーム」(税別580円)は、ここが寿司屋であることを完全に忘れさせる驚きの仕掛けが用意されていた。この発想、完全に寿司屋のものではない!! どこまで進化していくつもりなんだ、KURA ROYALよ……。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. ...
  12. 2213