「ロケットマン」にまつわる記事

【ロックの日】ウェブメディア「ロケットニュース24」がアルバムをリリース! 2017年7月1日にiTunesにて先行配信開始!!

6月9日はロックの日! ジョン・レノンは言った。「概念的に言って、ロックンロールより優れたものはない」と。ジミー・ペイジは言った。「音楽はいつだって世界中の人々の心に訴える、最も強力な言語の1つだ」と。

そんなロックの記念日である本日、その名に「Rock」を戴く我々ロケットニュース24から大事なお知らせがあるためお伝えしたい!

続きを全部読む

自分で作った曲をアイドルに歌わせてみた

アイドルアニメの隆盛、地下アイドルの勃興……世はアイドル戦国時代だ。そんなアイドルたちをウォッチする者なら、1度は憧れるだろう職業がある。そう、プロデューサーだ

アイドルたちが成長していく姿をすぐ近くで見守り、肌で感じることができるプロデューサー・is・至高! マジでプロデューサーになりてェェェエエエ!! というわけで、自分で作った曲をアイドルに歌ってもらってみた! これぞ、リアルアイドルマスターや!!!

続きを全部読む

【マジかよ】ロケットニュース24の「テーマ曲CD化クラウドファンディング」目標額達成!

夢をかなえるためにインターネットで資金を募るクラウドファンディング。我々ロケットニュース24も昨年2016年、これまでの歩みを記念する品の発売を目指してクラウドファンディングサイト「ミュエボ」で協力を募った。

その品とは、ロケットニュース24の編集部メンバーが歌うCDである。そう、オッサン達の歌声をCD化してお届けしようというのがこのプロジェクトだ。当初、無謀と思われたそんなプロジェクトが目標金額を達成したことをここにご報告したい。マジかよ!!

続きを全部読む

【独占スクープ】あのIT企業が身売り!? 運営のトップに「経営が厳しいのか」聞いてみた!

Twitterやプロレスリング・ノアなど、「まさかそこが!?」という会社の身売りが相次いでいるが、ついにあのIT企業にもその足音が近づいてきたようだ。本サイトを見ている方なら、まずご存じに違いないあの企業。経済関係に疎い私(中澤)も驚かずにはいられなかった。そこで、運営のトップに「経営が厳しいのか」聞いてみたぞ!

続きを全部読む

【知らなかった速報】誰でも無料でカラオケ配信できるサービスがあるって知ってた? JOYSOUNDで『RocketMan』を配信して歌ってみた!

CDデビューに関して、ハードルの下がった感のある今日この頃。90年代はCDをリリースするというだけで「スゲー!」と思ったもんだったが、最近では流通会社の敷居も低くなり、CDが店に売っているというのはわりかし普通である。それが現代を生きるミュージシャンにとって良いことなのかどうかは分からないが

しかし、カラオケ配信は選ばれた一部の特権。ある程度売れないとカラオケには入らない……そんな風に考えてた時代が俺にもありました。実はカラオケって誰でも無料で配信できちゃうって知ってた? しかもネット登録のみでできるという。そんなアフォな。疑いつつも登録をしてみたら、うおおお、マジでカラオケ配信されとるやないかッ!!

続きを全部読む

【TUNECORE】ガチのオッサンたちが音楽で全世界デビューしてみた

本日3月19日はミュージックの日。日本の音楽文化と音楽家の現状について広く知ってもらうための日である。この日のために、ガチでロケットニュース24の曲『RocketMan』を作ったのは以前の記事でお伝えした通り。

だがしかし! 曲を作っただけで音楽家の現状を伝えたと言えるだろうか? いいや言えない。なぜならば、現在の音楽業界では音楽が売れないことが問題となっているからだ。そこを伝えるためにはデビューするしかない。というわけで、全世界デビューしてみたぞ!!

続きを全部読む

【ミュージックの日】ガチでロケットニュース24の曲を作ってみた結果 → 銀河のヒーロー『ロケットマン』が爆誕!!

本日3月19日はミュージックの日。ここ10数年の音楽業界を象徴するものと言えば、DTM(PCの録音ソフト)の一般への普及だろう。日本では初音ミク、世界ではEDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)が流行している。今や音楽は、バンドでスタジオに入って作らなくても、もっと言えば1人で家にいても作れるのだ。

そこで、ロケットニュース24のテーマソングをDTMで作成してみた。作詞、作曲、プログラミング、演奏、エンジニアは私(中澤)。歌は編集部メンバー、ミックスはK.ナガハシ記者。現代の音楽事情がここにある!!

続きを全部読む