「貼り紙」にまつわる記事

ある海外男性が作る『昔ながらの貼り紙広告』がジワジワ来る~とSNSで人気に! 「このハトを見つけました。あなたのペットですか?」など

ひと昔前、中古品売買やメンバー募集などは町の掲示板に広告を貼って呼びかけていたものだが、現代では全てネットで事が済むようになってしまった。

そんな今の時代、ある海外男性が「昔ながらの貼り紙広告」を制作し、その内容がシュールで笑えるとSNSでジワジワと人気を集めているというので紹介したい。

続きを全部読む

東京・赤羽の日高屋の注意書きが衝撃的過ぎる! 「○○○○禁止」って貼り出さないとアノ行為を繰り返すヤツがいるのか!?

公共の場では、当然ながらルールとマナーを守る必要がある。公園や運動施設など無料で立ち入ることができる場所だけでなく、飲食店でも周りの人に対して配慮をすべきだろう。中にはお店のルールとして、電話を禁止していたり喫煙を禁じている店舗もあるが、東京・赤羽の日高屋は一味違う……

ここのお店では、○○○○を禁止しているのである! 禁止するまでもなく、しないのが普通だろッ!! と思うところなのだが、私が確認しただけで、お店には7枚も注意書きを掲げられている。そんなにアノ行為が繰り返されているのか!?

続きを全部読む

【あるある】小さな飲食店が「急にお店を休みたくなった時」に使う言い訳3選

楽しみにしていたお店に出かけてみたのに、予想外の休みに出くわすことがある。遠方から訪れた場合は、本当にガッカリだ。事前に知らせてくれれば。せめて、TwitterとかFacebookで告知してくれればいいけど、そのどちらもやっていないお店も少なくない。

店の入り口に貼り紙があり、何か事情があることを察することはできる。しかし、飲食店に勤めた経験のある私(佐藤)は、きっと別の理由があったに違いないと考えてしまうのだ。急な休みには、実は客が知らない秘密が隠されていることがある……。

続きを全部読む

【ニセ僧侶】東京・原宿駅周辺に貼られていた “外国人観光客向け注意喚起” が残念すぎる……

2020年の東京五輪に向けて、外国人観光客の受け入れ態勢が着々と整いつつある。案内板の他国語表記だけでなく、電車の車内案内にも、さまざまな工夫が施され、観光客の利便性向上が図られているのだが、そんななかでちょっと残念な貼り紙を見つけてしまった。

東京・原宿のJR原宿駅近辺に、手書きの貼り紙が施されているのである。それを見ると、外国人観光客に向けた注意喚起が行われているのだ。

続きを全部読む

東京・野方の商店街の貼り紙企画がやたらじわじわ来る / 惣菜屋「STAP細胞入さつまあげつくりました」 時計店「ハラ時計も修理します」

以前の記事で、大阪・阿倍野区の「文の里商店街」についてお伝えした。ここはかなりエッジの利いたキャッチコピーのポスターを貼り出して、全国的に脚光を浴びたのである。

実は4月1日のエイプリルフールから期間限定で、これと同じような奇抜な貼り紙を店舗に掲載している商店街がある。西武新宿線・野方駅周辺の商店街では、「エイプリルフール de 街おこし」が行われており、参加店舗にはちょっとドキ! とするような内容が貼り出されているのだ。

続きを全部読む

熱中症で47年の歴史を閉じた中華料理店『来々軒』に貼り紙再び 「貧乏少年は片道切符を握りしめ……」

以前の記事で、熱中症を患い閉店を余儀なくされた中華料理店の貼り紙についてお伝えした。そのお店、東京・新宿御苑の「来々軒」は苦渋の選択を迫られ暑さの盛りを迎える前に、47年の歴史に幕を閉じたのである。

あれからお店はどうなってしまったのか。1カ月ぶりにお店の前に行ってみると、驚いたことに新しい貼り紙が貼りだされていたのである。そこには店主の半生を振り返る内容がつづられていた。私(佐藤)はその当時のことを思うと、泣きたい気持ちになったのである。本当にお疲れ様でした、そう言いたい。

続きを全部読む

ユニクロが上海店舗の「尖閣諸島は中国固有の領土」と貼り紙について釈明 「大変遺憾であると考えております」

連日、反日デモが続く中国で、2012年9月15日に驚くべき貼り紙が発見され、ネット上で話題になった。その貼り紙とは、日本でもお馴染みのアパレルメーカーユニクロの上海店に貼り出されたものだ。そこには、「支持釣魚島是中国固有領土」(尖閣諸島は中国固有の領土であることを支持する)とつづられていたのだ。

このことについて、運営元の株式会社ファーストリテイリングならびに、株式会社ユニクロは次のように状況を報告し、釈明しているのである。

続きを全部読む

何があったのかとても気になるお店の貼り紙

いつものように、昼食時にオフィスの界隈を歩いていると非常に気になる貼り紙を発見した。とある飲食店の入り口に次のように書かれている。「しばらく旅に出ます(二、三週)」、え? いったい何があったのッ!? 利用したことのないお店だけど、ちょっと気になるぞッ!

続きを全部読む