「相撲」にまつわる記事

【大炎上】日本相撲協会、去年まで「ちびっこ相撲」に参加できていた女子児童を今年から排除へ

このところ炎上に次ぐ炎上を繰り返す大相撲の世界。元横綱・日馬富士の暴行問題を皮切りに、貴公俊の暴行問題、最近では救命処置を行った女性を土俵から降ろそうとする「女人禁制問題」が取り沙汰されてきたが、またもや……またまたもや問題が発覚した。

東京新聞によれば2018年4月8日に行われた大相撲春巡業「ちびっこ相撲」に、毎年参加していた小学生の女子生徒が今年から参加できなかったという。しかもその理由が「女の子は遠慮してほしい」という日本相撲協会からの要請だというから炎上しても仕方がない……。

続きを全部読む

【相撲炎上】救命女性に向かって「土俵から降りて」問題、アナウンスについて日本相撲協会が謝罪

京都・舞鶴市内で開催された大相撲巡業での出来事が話題だ。土俵上で倒れた市長を救命していた女性に行司が「女性は土俵から降りてください」と複数回アナウンスを行ったのである

大相撲において、女性が土俵に上がることが禁じられているのは周知の事実だ。とは言え、人命がかかった一刻を争う事態では比べるべくもない判断のように思われる。ネットでは即座に炎上となった本件について、日本相撲協会が謝罪しているのでお伝えしよう。

続きを全部読む

【ポケモン】イーブイが会社見学したいんだって!「うちにおいでよ相撲でもとろうぜ!!」と本当に申し込んだ

可愛いよイーブイ、イーブイああ可愛い。みんな大好きポケモンには多くの可愛いすぎるモンスターが登場するが、群を抜いて可愛いのがイーブイであることは間違いないだろう。イーブイの可愛さは天井知らず! この際、異論は認めない。

そんなイーブイが「会社見学させてくれる企業を募集中」だという激アツ情報を入手した。しかもイーブイは会社見学だけではなく「一緒に何かやってくれる」というではないか。イーブイとやりたいこと……! 千載一遇のチャンスきたコレ!!

続きを全部読む

力士がぶつかり合ったらどれほどの衝撃が生まれるのか / 4Kスローで撮った相撲動画がスゴい

ボディーコンタクトのあるスポーツを見ていると、「ゴツン」といったような衝突音がすることは少なくない。特に相撲の迫力は凄まじく、巨漢同士が正面からぶつかり合ったらテレビを通して “生々しい音” が聞こえることもしばしばだ。

想像以上に凄まじい衝撃が生まれているのは予想できるが、何がどうなっているのかまでは分からず。あまりに一瞬すぎるため、接触を目で追うのも難しい。一体、どういう風になっているのだろう……。ということで、疑問を解決するべくご紹介したいのが、4Kスローで撮った相撲動画「Sumo Wrestling in 4K」である。

続きを全部読む

日本相撲協会理事候補選で貴乃花親方落選! 相撲ファンの不満爆発!! 公式Twitterは炎上状態に

貴ノ岩関に対する日馬富士の暴行事件以降、相撲協会に対する国民の不信は続いている。最近も大砂嵐関の無免許事故問題や、元春日野部屋力士の傷害事件問題など、後から後から問題が明るみになり、隠ぺい体質が取りざたされている。

思い切った改革を進めなければ、日本相撲協会は変わることがないと誰もが感じている最中、理事選挙が行われ、貴乃花親方が落選したことが判明した。親方が当選すれば、少しは変わるのでは? と期待していた相撲ファンはこの報道に肩を落とし、日本相撲協会公式Twitterは炎上状態となっている。

続きを全部読む

日本の「ロボット相撲」が海外から熱視線 / 特集したドキュメンタリー映像が驚きの連続で興味深い

海外で人気の日本発文化にもさまざま。漫画やアニメをはじめ、和食や武道など、伝統のものまでと幅広い。いまやインターネットの時代ということもあって、情報は恐るべきスピードで海を渡って伝わっている。

中でも「ロボット相撲」は右肩上がりで人気が上昇。聞きなれない言葉かもだが、半年ほど前にも土俵上の高速決戦が海外で話題となり、またしても海外メディアに取り上げられた。新たに公開された動画「The Freakishly Fast World of Robot Sumo」では、ドキュメンタリー形式で特集されている。

続きを全部読む

【賛否両論】日馬富士の引退会見に対するネットの反応「自爆会見」「被害者ヅラ」「親方の愛を感じる」など

本日2017年11月29日、現役を引退した横綱・日馬富士。大相撲の巡業中に幕内・貴ノ岩に暴行して負傷させたことについて責任を取ったかたちだ。

同日14時頃、九州場所の宿舎がある福岡県太宰府市で記者会見が行なわれ、各メディアが一部始終を中継。日馬富士の言葉に注目が集まった。ネットでは、会見の内容に対して賛否両論の声があふれている。

続きを全部読む

【陰謀論】北朝鮮のミサイル発射は「相撲協会が仕組んだ説」が浮上 / その他「安倍政権による陰謀論説」「ベジタリアンによる陰謀論説」も

2017年11月29日未明、北朝鮮が約2カ月ぶりに長距離型弾道ミサイルを発射した。国際社会からの非難は免れないが、なぜか一部ネット上では「今回のミサイル発射は相撲協会が仕組んだ説」が浮上している。

どうやら世間を賑わせている横綱「日馬富士」の暴行事件が関与しているらしいのだが、なぜそんな奇抜な説が浮上しているのだろうか? そこには多くの人が抱えると推測される “相撲協会不信” が関係しているようだ。

続きを全部読む

【困惑】日馬富士の一件で「元横綱朝青龍」がブチギレツイート12連発 → ただし何を言ってるのかイマイチわからない

大相撲の横綱・日馬富士が、幕内の貴ノ岩に暴行を働いた一件に日本中の注目が集まっている。過去には「かわいがり」と称したイジメが社会問題になるなど若干ダーティーなイメージもある相撲界だが、果たして国民の信頼を取り戻すことは出来るのだろうか?

それはさておき、一連の報道に対し激怒……いや、怒り狂っている人物がいる。第68代横綱の朝青龍である。2017年11月16日、自身のTwitterに投稿したブチギレツイート12連発が話題を呼んでいるのだが……何を言ってるのかはイマイチよくわからない……。

続きを全部読む

日本の『ロボット相撲』が見せる高速の戦いに世界驚愕!ネットの声「このスピード馬鹿げてやがる!」

みなさんは「ロボット相撲」をご存知だろうか? その名の通り、ロボットが相撲をする競技で、ルールはいたってシンプル。相手のロボットを土俵外に押し出せば、勝ちである。

最先端の技術を駆使して行われるロボット相撲、実は海外のネットユーザーに大ウケしているのである。ロボット相撲の様子を収めた動画には、世界のネットユーザーたちから驚きと感動の声が上がっており、大きな注目を集めている。

続きを全部読む

【完全決着】週刊文春 vs 週刊新潮の抗争が勃発! そこで両者に直接白黒つけてもらった / 勝つのはどっちだ!?

本日2017年5月18日に発売された、週刊文春に対する週刊新潮の告発記事。これまでの記事でもお伝えしてきた通り、新潮のスクープを文春が盗用していたという、あまりにも衝撃的な内容で、業界を超えた一大騒動へと発展しているのだ。

この新潮の告発を、文春はホームページ上で完全否定。両者の主張は現在も平行線を辿っている。このままでは、週刊誌同士の仁義なき抗争へと発展することは必至。そこで事態を収拾すべく、中立な第三者として、我々ロケットニュース24が間に入ることにした。おまえら、こうなったら直接白黒つけろや!

続きを全部読む

プロレスラーの曙さんがかかった「蜂窩織炎(ほうかしきえん)」とは? 実はコスプレイヤー・女装家も要注意の危険な病気

元横綱の曙太郎さんが所属するプロレス団体「王道」は、2017年4月17日、曙さんが右脚の蜂窩織炎(ほうかしきえん)と感染症にかかり、療養していることを明かした。

おそらく多くの人がこの蜂窩織炎について知らないと思う。実は私(佐藤)も2012年にこの病気にかかったことがある。一体どんな病気だったのか、自らの経験をもとに、お伝えしたいと思う。

続きを全部読む

【究極いやし画像】力士7人揃ってジャンプ、みんなニッコリ日本がホッコリ

目にした瞬間、一発で人の心をホッコリとさせてしまう癒し画像。いわゆる “王道” は「動物系」や「赤ちゃん系」などが挙げられるが、2016年12月……ついに癒し画像の決定版とも言うべき、究極の癒し画像が誕生したのかもしれない。

──それは力士。そう、お相撲さんともスモウレスラーとも言われる「力士」である。確かにビジュアル的には癒しの要素を備えている力士だが、一方で厳しい稽古に耐え抜いたアスリートであり、戦士たちである。『力士版・究極の癒し画像』とはどんなものなのだろうか……?

続きを全部読む

【大相撲】両国国技館の地下は「日本最大級の焼き鳥工場」である / 嘘だろ? マジかよ!? マジだった! とにかくウマイ『国技館やきとり』

知らなくても生きてはいけるけど、知っていると「すご~い! 博識ィ~!!」と感心されること間違いなし! 話題の引き出しを増やしてくれる「今すぐドヤれる豆知識」。

今回ご紹介する豆知識はこれ。「相撲の聖地・両国国技館の地下は焼き鳥工場である」という知識。それも日本最大級の工場だというのである。神聖な土俵と焼き鳥工場? マジかよ!?

続きを全部読む

【ややこしい】相模原市が「相撲」と読み間違えられることを逆手にとって「相模相撲相模場所」の開催を発表!

島根県出身の私(佐藤)は子ども頃に、ある車のナンバーを妙な読み方をしていた。そして父親にこう聞いたものだ。「相撲ナンバーの車があるよ」と。そうだ、相撲(すもう)ではなく、相模(さがみ)だ。しかし相模に縁のない私が、読み解けるはずもなく、相撲と信じたのはムリもない話。

・相模? 相撲?

その相模原市が、相撲と読み間違えることを逆手にとった、変なイベントを開催するぞ~! その名も「相模相撲相模場所」! 相撲なの? 相模なの? 相撲で相模、いや相模で相撲のイベントを行うようだ。ややこしい~ッ!!

続きを全部読む

【衝撃動画】サイン色紙に手形をつける白鵬がスゴすぎると話題

2016年3月13日より始まる大相撲・三月場所。大関・琴奨菊の綱取り挑戦が注目されているが、今ネット上では横綱・白鵬のツイートが話題になっている。何か発言したのかと思いきや、そうではない。

公開したのは、サイン色紙に手形をつける動画でこれがスゴすぎるのだ。横綱の大事な仕事の裏側は、普段見ることができない光景のため必見! 詳細は次の通りとなっているぞ!

続きを全部読む

【衝撃格闘動画】トカゲ同士のケンカがどう見ても大相撲

2016年1月24日、大相撲初場所で大関・琴奨菊が優勝した。日本人力士の優勝は、栃東関以来の10年ぶり。角界を席巻するモンゴル勢に一矢報いた姿が、大きな希望となったのは記憶に新しい。

その活躍から次の春場所での綱取りが大いに期待されるところだが、なんと海外でもド迫力の取り組みが行われていたので報告しておこう。トカゲ同士のケンカとはいえ、その様子がどう見ても大相撲だったのだから驚きである。

続きを全部読む

【動画あり】大相撲初場所で優勝した琴奨菊のトレーニングがスゴすぎる

2016年1月24日、大相撲初場所で大関・琴奨菊が優勝を果たした。白鵬・日馬富士・鶴竜の横綱3人を次々と破る快進撃で14勝1敗。栃東以来10年ぶりとなる日本人力士の優勝だった。

ケガに苦しみ続けているイメージがある彼が優勝できたのはなぜか。一番近いところで支え続けた妻、家族、そして同期・豊ノ島の存在が注目を集めているが、肉体的な改善はやはりトレーニングにあったようだ。というのも、その様子を撮影した動画が、尋常ではないくらいスゴいのである。

続きを全部読む

カオス再び! JRAと日本相撲協会のコラボにカプコンが参戦した「ジャパンスモウカップ」がかなりスゴそう!!

2015年5月、日本中央競馬会(JRA)と日本相撲協会がなぜかコラボして、ウェブゲームを公開したことについてお伝えした。それから半年を経て、再びこの2つの組織がコラボをすることを発表!

またすごいカオスなゲームになるんじゃないの? と思ったら、今回は第3の刺客(?)がジョインするらしい! この奇妙なコラボに乗っかってきたのは、なんとゲームメーカーの「カプコン」だ。しかもストリートファイターで参戦するというから、もうムチャクチャですやん!!

続きを全部読む

【動画あり】お相撲さんが短距離レース!? 魁鵬・天風・貴天秀の3力士が競走したらこうなった

「土俵の外で力士同士の戦いが勃発」——そう聞くと、トラブルの匂いを感じ取ってしまう人もいるだろう。だが、安心してくれ。今回紹介する土俵外での戦いは、緊張感に満ちたヤバいものではない。また、朝青龍の話でもない。

むしろ、見るとほのぼのとする戦いだ。それはなんと、魁鵬・天風・貴天秀の3力士による短距離レース! つまり、「3人で誰が一番、足速いのか?」を決めたのだ。結果は……!? ゴチャゴチャ言わんと、Twitter に投稿された動画見たらええんや!!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2