「無印」にまつわる記事

【ガチ】無印良品の「レトルトカレー」全53種類をすべて混ぜたらこうなった

豊富なバリエーションと確かな味で人気を博す「無印良品」のレトルトカレーが、全部で何種類あるかご存じだろうか? 答えは53種類である。繰り返す、53種類である。それはもうほぼカレー屋だろう。そう、無印良品とはカレー屋だったのである。

で、ふと思った。無印のレトルトカレーをすべて混ぜたら、無印カレー王が誕生するのではないかと。そこで今回、無印のカレー全53種類をネットで購入し、それらを一つの鍋にブチ込んでみることに。王が生まれる瞬間を、どうか見逃さないでほしい。

続きを全部読む

【春】無印の「季節のお菓子」シリーズ新作を、全部食べてみた / 桜のお菓子

なんだか花粉が舞いつつあるなと思っていたら、北陸では春一番が吹いたそう。都内では雪の予報が出たばかりで、まだ冬は続くものだと思っていたが、急速に春がやってきていたようだ。

ということは、春関連の新商品が色々なところから出てくるのでは……とチェックしてみると、無印がとっくに春なムーヴを開始していた。各季節ごとに販売される「季節のお菓子」シリーズに、桜がモチーフの新作が登場しまくっていたのだ。どれも気になるので、全部買ってみることに(2022年2月15日時点)。

続きを全部読む

【気をつけよう】総菜量り売りやレトルトカレーを温めて販売する無印良品の「MUJI Kitchen」は罠だった!

生活雑貨や衣料品を扱う無印良品が、このところ飲食に力を入れている。東京・大阪を中心にカフェを展開し、日替わり弁当の販売も行っているのだ。

そしてさらに2022年1月、出来立て総菜の量り売りや定番のレトルトカレーなどを温めて販売する「MUJI Kitchen」をオープンした。実際に利用してみると……これは罠だ! 無印の罠だ!!

続きを全部読む

無印の新しい昆虫食『コオロギチョコ』を食べてみた / 予想を裏切る驚きのフレーバー

無印良品から、コオロギを使用した新しい食べ物が登場した。2021年12月15日から販売が始まった、『コオロギチョコ』だ。お値段は1本で税込み190円。

昨年登場して思いのほか好評だった『コオロギせんべい』は全く虫っぽいスメルが無かったようだが、今回はチョコバーである。一体どんな仕上がりなのかさっそく食べてみた結果……

続きを全部読む

無印の「シュトーレン」が税込み990円でドンク製! → ドンクの1836円のシュトーレンとガチ比較した結果…

無印良品で売られている「シュトーレン」がスゴいらしい。日本でも有数の、歴史あるパンの老舗「ドンク」が作っているというのだ。それでいて、お値段は1本税込み990円。

ちなみにドンクのシュトーレンは1本で税込み1836円。これはつまり、無印ならドンクのシュトーレンを本家の半額近くで食べられるということなのだろうか? いや、もしかしたら無印版はグレードダウンしている可能性もゼロではない。これは比べてみるしかねぇ……!

続きを全部読む

無印良品の防災グッズ「いつものもしも持ち出しセット(3990円)」の中身と使い方を紹介する! プラスアルファで必要なアイテムは…

無印良品では「いつものもしも」なる防災セットを3種類販売している。常にカバンに入れておける「携帯セット(990円)」、自宅からの避難時に役立つ「持ち出しセット(3990円)」、災害時に自宅で過ごす場合に役立つ「備えるセット(5490円)」の3種類だ。

いざという時のために何を準備したらいいか分からない方は、とりあえず簡単なセットを購入しておくと良いかも。さらに必要なものを追加して自分仕様にしてみてはいかがだろうか。そこで今回は「持ち出しセット」を買ってみたので、中身と使い方を紹介したい!

続きを全部読む

無印良品の「冷や汁」を九州出身が食べてみたところ… → えらく高級な味でびっくらこいた!

宮崎の郷土料理のひとつに “冷や汁” がある。記者は福岡出身であるが、福岡でも冷や汁をよく食べる。なんなら宮崎の郷土料理と知らずに、九州全域で食べるものと思っていたくらいだ。

そのくらい馴染み深いものでありながら、実はあまり好きではなかった。しかしながら、つい先日「冷や汁ってめっちゃ美味しいやん」と気付いてしまった。それもこれも、無印良品の『ごはんにかける 宮崎風 冷や汁』を食べたからである。

続きを全部読む

無印の特大バウム、ひと袋「3251kcal」もあるんですってよ!! 直径14×高さ13㎝でトイレットペーパーよりデカい!

てぇへんだ! てぇへんだぁ!! 無印良品でアホみたいにデカくてカロリーが高い、特大バウムクーヘンが売ってるってよ! こりゃあ、てぇへんだ!! 

なんでも、ひと袋『3251kcal』もあるというではないか。……ヤバくない? 丸っと食べちゃったらヤバくない?? でも気になるから、買ってみちゃいましたYO! 

続きを全部読む

【話題】無印良品の「店内BGM」がサブスク解禁されるも、実際に部屋で流してみて感じた “圧倒的に足りないもの”

無印良品で流れている店内BGMの配信が2021年5月19日より、各種音楽サブスクリプションサービスにて始まり話題になっている。CDにして24枚分、計327曲の超特大ボリュームだ。

さっそくSNSには「自宅が無印になった」などの感想が溢れているが、実際に私(あひるねこ)も部屋で再生してみたところ、たしかに無印らしさは感じられるものの、同時に何とも言えない物足りなさを覚えてしまった。

そう、無印の気分を味わうには、“アレ” が圧倒的に不足しているのだ。

続きを全部読む

無印良品のバウムクーヘン、全部食べる → 22種類のうちベスト5はこれだ!

みんな大好き無印良品。雑貨・家電・アパレル……などなど、シンプルかつ高品質な商品がズラリと並ぶ中、やはり手が伸びやすいのは「食料品」ではないだろうか? レジの真横にあるナッツとか、ついつい買っちゃうもんね!

そんな無印良品の食料品のエース的存在が「バウムクーヘン」である。バナナバウムを筆頭にメチャメチャ多くの種類が取り扱われているが、果たして本当の “買い” はどれなのだろうか? お店にあった22種類を全て食べてみたのでご報告しよう。

続きを全部読む

【人気すぎて品切れ続出】無印良品の「ウェットティッシュケース」をやっと買えた! マスクとの相性がスゴすぎて…今さらだけど誰かに言いたい

無印良品のウェットティッシュケース(ポリプロピレンウェットシートケース)はマスク入れとしても使える。——このライフハック的活用法、今や結構有名なのでご存知の方は多いだろう。

しかし、当然ながら知らなかった人だっているはずだ。というか、こんな記事を書いている私自身、知ったのはつい2週間ほど前である。妻からの「無印で1番欲しかったヤツが見つからなかった」的なLINEがきっかけで、その存在を知った次第。何それ?

続きを全部読む

「無印良品」のホットサンドが冷凍食品とは思えないウマさ! 某コーヒーショップのパンとも比べてみた

無印良品のパンが美味しいことは、今さら言うまでもないだろう。というか、無印良品の食品はなんでも美味しいよなぁ。

先日記者はオンラインショップで、無印良品のホットサンドを購入。食べてみたところ、冷凍の状態で届けられたとは思えないほどの仕上がり。生地のフワパリ具合がバリうまだ。いやはやしかし、これはどこかで食べたことがあるような……? 

続きを全部読む

無印良品『素材を生かしたカレー グリーン』が強気すぎる辛さ! なぜそこまで辛くしたのか問い合わせてみた!!

みなさんは無印良品の『素材を生かしたカレー グリーン』を食べたことがあるだろうか。あれ、めちゃめちゃ美味しいよね。辛いモノが苦手な人は食べられないんじゃ……と心配になるほどにはホットだけど! 

あそこまで強気な辛さのカレーをよく売ろうと思ったなと感動さえ覚える。それくらい、なかなかに尖がった思い切りのある商品なのだ。一体全体どういうつもりで販売に至ったのか。不思議でたまらないので、問い合わせてみた。

続きを全部読む

【無印良品】ニンニク臭がエゲツないと話題の「ポテトチップス ガーリック」がマジでエゲつない! 空気清浄機の前に置いてみたが…臭さが1/3も伝わらない

一瞬、ニンニクのチューブでも開けたのかと思った。それほどにニンニク。とてもじゃないが、ポテトチップスのレベルじゃない。すりおろしたニンニクと同等か それ以上のニンニク感と言って差し支えないだろう。

何の話かというと、無印良品が発売している『ポテトチップス ガーリック(税込390円)』。このニンニク感がエゲツないとSNSで話題になっているので購入したところ……評判どおり。いや、評判以上のニンニクであった。素晴らしい!

続きを全部読む

もしかしたら無印のカレーはコスパも凄いのかもしれない / 松屋のカレーと比べた結果…

無印良品のレトルトカレー。種類は多く、値段もまちまち。公式HPの一覧によると、160グラムや200グラムで490円だったり、180グラムで290円だったり、少なめな90グラムで190円だったり。値段だけなら350円が一番厚い層だろうか? 何にせよ、レトルトにしては値が張るというイメージがあった。

人気だからウマい(食べたことはない)んだろうけど高いよなぁ。それなら松屋のカレー食うよなぁ。松屋のカレーこそが最強にウマくて安い……そう信じて生きてきたある日、私(江川)はこの世界の真実に気づいてしまった。おい、無印のカレーってコスパ高いんじゃないか?

続きを全部読む

【規格外】無印良品で取り扱いが始まったバッグ(150円)がデカすぎる! メタボ男性が中に入ったら…風呂みたいになった

デケえええええええええ! 何だこのサイズ感は。もはやちょっとした風呂である。実際に持ってみたら、大きすぎて袋を持っている気がしない。代わりに、浴槽でも担いでいるかのよう……って、なんちゅうバッグだ。

こんなデカブツをシレっと販売していたなんて、無印良品は一体何を考えているのか? 持ち歩いていたら、めっちゃ金欠のヤツが引っ越しするみたいになってるじゃないか。「業者に頼めって! せめて車使って荷物運べよ」という周りの声が聞こえてくるようだぞ。

なぜだ無印! なぜこんなデカすぎるバッグを発売したんだ!? そう思って、無印良品のホームページを見ると……

続きを全部読む

無印良品でオリジナル靴下を作ってみたら絵心なさ過ぎて泣いた → 店員になぐさめられて2度泣いた

世界に1つだけのオリジナル靴下を作れる……だと? しかも、あの「無印良品」で……?

そんなもんやるっきゃないだろう! と喜び勇んで実際に作ってみたのだが、結論から言うと 思てたんと違うのが爆誕してしまった。全ては私に責任があるのだが、どうか読者のみなさんは私の二の舞にならないでいただきたい。俺の屍(しかばね)を超えて行け!

続きを全部読む

無印良品が『コオロギせんべい』を発表!「コオロギってどんな味?」食べたことがある人に聞いてみた

服からレトルトカレーまで生活雑貨をそろえる『無印良品』。デザインはサッパリしてるし、なんか北欧っぽいBGMかかってるし、行くだけで暮らしへの意識の高さをビンビン感じる

そんな無印が『コオロギせんべい』の開発を発表した。人口増加による食糧難が危惧される現代において、「未来食」という説もある昆虫食。目のつけ所がさすが無印だ! そこで、コオロギを食べたことがある人に味を聞いてみたぞ!!

続きを全部読む

【無印良品】ベーカリーのパンを “大人買い” して気付いた「ダントツで美味いヤツ」

ロールパンだ、ロールパン。一見どこにでもありそうなロールパンが、めちゃくちゃ美味かったのだ。少なくとも、私が無印良品で買ったパンの中ではダントツの1位。100円払ってお釣りが来る価格であるにもかかわらず、もっともインパクトがあったのは間違いなくロールパンであった。

──もはや言いたいことは大体言ってしまった感があるのだが、「無印でパン?」と思っている人もいるだろうから、以下で補足的に説明しよう。

続きを全部読む

【追記あり】実は「無印良品」の福袋が抽選申し込みが5月15日から始まる / 締切は5月29日午前10時

福袋は正月の風物詩……という考えは時代遅れなのかもしれない。最近は夏でも福袋を販売する企業も増えており、その中の1つがみんな大好き「無印良品」。こちら、もうすぐ抽選申し込みを受け付けが始まる。で、どんな福袋なのかというと……

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2