「就職」にまつわる記事

【保存版】現役日本人クリエイターに『ルーカスフィルムに就職する方法』を聞いた →「1番大切な能力は…」

2019年12月20日、映画「スター・ウォーズ / スカイウォーカーの夜明け」が公開される。同作の公開を多くのファンが心待ちにしていると思うが、実は数名の日本人クリエイターが同作に携わっていることをご存じだろうか?

そのうちの1人が、成田昌隆(なりた まさたか)さん──。現在、ルーカスフィルム本社に所属する5名の日本人のうちの1人で、本作ではミレニアム・ファルコン号やスター・デストロイヤーのモデリングを手掛けた超1流クリエイターである。す、すげえ……!

続きを全部読む

【現実?】社会人が「新卒なら就職したい」と思う企業ランキングが新卒生と全然違う!『UFJ』『JAL』『伊藤忠商事』は軒並み10位圏外!!

いつの時代も理想と現実の間にはギャップがあるものだ。例えば、私(中澤)は現在ライターをやっているが、ライターになる前に持っていたイメージと全然やっていることが違う。こんなつもりじゃなかったんだけどな……いくら理想の仕事につけたとしても、そう思う人も多いはず。

この度、社会人に「勤務先企業の満足度」などを聞いた調査データが興味深い。2016年から2018年入社の1148人を対象に行われたこのアンケート。新卒に戻るなら入社したい会社のランキングが2019年卒学生と全然違うのである

続きを全部読む

2020年卒の学生対象「就職人気企業ランキング」が発表される / あの企業が6年ぶり首位に返り咲き

2019年も早いもので3月を迎えた。卒業シーズン真っ只中の今、すでに始まっているのが2020年卒学生の就職活動である。そこで今回は、まさに2020年卒学生を対象にした「就職人気企業ランキング」が発表されたので、さっそくご紹介したい。

これは、総合就職情報会社「株式会社 学情」が調査したもので、学3年生と大学院1年生、のべ9482名を対象にしたランキングとなっている。果たしてどんな企業がランクインしているのか? それではTOP10位を一気にみていこう。

続きを全部読む

【コラム】新卒1年目、職場で病みかけた私が「あること」をキッカケに精神持ち直した話

学生時代までの「当たり前」が通用しないのが社会人だ。場合によっては黒も白になるし、不条理を飲みこまないといけないことも多い。学生時代を、まっすぐまっすぐきた人ほどそのギャップに戸惑うのではないだろうか? 

・新卒1年目、さっそく精神的にキタ

私(沢井メグ)は環境柄、大学生と知り合う機会が多く、毎年4月、5月頃になると「卒業生うまくやってるかなー」とふと気になったりする。というのも、自分が新卒1年目、春にさっそく病みかけたからである。しかし、あることをキッカケに持ち直すことができた。その話を紹介したい。

はじめにお断りしておくが、宗教的なアレでも自己啓発的なアレでもない。そもそも職場がマジLOVE自己啓発で、本当にあれが苦手でした……。

続きを全部読む

【考えさせられる話】日本のワーキングマザー問題を知った中国人「中国の女性は子供がいても仕事で不利にならない。就活は新卒より有利なくらい。なぜなら…」

なぜ日本の会社は、女性の妊娠出産を恐れるのか。妊娠・出産を機にキャリアが閉ざされる「マミートラック」問題。さらに最近ではある保育園での「妊娠の順番」なんてニュースも話題になった。

もちろん子供が生まれるのは喜ばしいことではあるが、「働く」という観点で見るとまるで絶望しかないみたい。新卒のときこんな話聞いてねえ! でもこれが現実。

……という話を中国人にしたところ、ちょっと驚いた様子でこう返されてしまった。中国は全然違うのだという。むしろ「若い新人よりも、子供がいる女性の方が就職に有利。職場でも不利にならない」のだとか。日本では考えられないんですけど……一体どういうことなの?

続きを全部読む

【クリエイター就活あるある】あるマンガ家がプロになる時の話にクリエイターから共感の声多数「分かります」「お母さまの愛も感じます」

子供を想う親の愛……それは偉大だが、時にこじれてしまうこともある。特に、リスキーなクリエイターを目指すとなると、1度は就職についてもめるものではないだろうか。ミュージシャンになりたかった私(中澤)も、上京する際、両親は否定しかしなかった。

まあ、今から考えると、何のツテもなかったんだから当たり前と言えば当たり前である。現在話題になっているのは、あるマンガ家がプロになる時のエピソードを描いたマンガ。このマンガにクリエイターから共感の声が寄せられている。

続きを全部読む

【直撃】ルーカスフィルム社長 “キャスリーン・ケネディ” に「どうすれば入社できるか?」とガチで聞いた『スター・ウォーズ / 最後のジェダイ』

2017年12月15日、世界中が待ちわびた映画「スター・ウォーズ / 最後のジェダイ」が公開される。もう間もなく、世界中にスター・ウォーズ旋風が巻き起こることになるだろう。

公開に先立ち主要キャストは世界各地でプロモーション活動の真っ最中だが、今回はルーク・スカイウォーカー役の「マーク・ハミル」に続き、ルーカスフィルムの現社長『キャスリーン・ケネディ』のインタビューをお届けしたい。

続きを全部読む

海外に思いを馳せるほどヒマな日は、海外在住の日本人ワーキングプアに迫る実録映像『現地採用残酷物語』を見ると元気が出るぞ(選者:GO羽鳥)

世間はお盆休みで連休で、長い人だと6連休らしいが、自分はヒマで家にいる。もしくは普段通りに仕事している。一方のみんなは帰郷したり、国内旅行を楽しんだり、ここぞとばかりに海外旅行に行ったりもしているのに、なんで自分は……チクショウめ!!

そんな嫉妬を抱いたとき。もしくは、どこでも良いから海外に行きたくなったとき。はたまた仕事の場を海外に移そうと思っている人がいたら、ぜひとも今回紹介する実録映画『現地採用残酷物語』を見て欲しい。きっと心に変化が訪れるはずだから。

続きを全部読む

【筋肉速報】学歴不問! 建築会社が「メロン肩」のマッチョマンを募集中!!

時として男にとって知性や学歴よりも大切なもの、それが筋肉だ。計算し尽くされた理論武装も圧倒的な筋肉の前では意味ナッシング……そんなシーンが男の人生には1度や2度訪れる。無くても困らないがあったら誇らしいもの、それが筋肉だ。

ところがどっこい筋肉も、アスリートやプロスポーツ選手でない限り就職には役立たない。簡単に言えばどんなにムッキムキの筋肉も、そう簡単に金にはならないのだ。筋肉だけで就職できる企業なんて……あった。しかも学歴不問だった。こ、これは……?

続きを全部読む

【鉄腕マサイ】マサイ族の戦士、ユンボ操縦をおぼえる / マサイ通信:第73回

スパ! ユンボ! ユンボ!! おっと、「ユンボ」ってのはマー語(マサイ語)でなければ、スワヒリ語でもないぞ。パワーショベル、通称「ユンボ」のことでさぁ〜。そう、実はオレ、最近ユンボにハマってて。操縦を教えてもらう機会があってな。

これが本当にオモロイのよ。もちろん難しい。でも……オモロイんだよなぁ〜! 重機って良いなぁ〜って思ったのよ。重機といえば、女子プロレスラーのダンプ松本はダンプカーで、ブル中野がブルドーザーなら、さしずめオレは「ユンボのルカ」だ。

続きを全部読む

【使える豆知識】東急ハンズで「ハンズロゴ」風の名入れが『無料』で出来るぞ~! 進学就職祝いに困ったらコレだ

もうすぐは~るですね~♪ なかなか暖かくならないけど、確実に春はもうそこまで来ている! 新生活を前に期待と不安で胸を膨らませている人も多いと思う。進学・就職・転職・失職するみんな~! がんばれ~ッ!!

という訳で新生活に贈りたいものが文具だ。それが名前入りだったら、ますます喜ばれると思う。実はその名前入りのプレゼントに関して、東急ハンズが面白いサービスを行っているぞ。あのハンズのロゴ風で、名前を入れてくれるのだ。しかも無料ッ!!

続きを全部読む

大御所CG漫画家のアシスタント応募のために描いたデッサンが下手すぎたのでフォトショ修正してから応募したらこうなった

たとえデッサンが狂っていても、なんとかなるのがマンガである。むしろデッサンが狂っている絵のほうが、迫力が出る場合だってある。そもそもヘタウマなマンガだったら、ほとんどデッサン力(りょく)なんて必要ない。だがしかし……!

絵を描く仕事な以上、きちんとデッサンは学んでおいたほうが良い。たとえ絵を描く仕事でなくても、何かを造る仕事だったら、絶対にデッサンは学んでおいたほうが良い。“形や空間を把握すること” ができるようになるからだ。デッサン力(りょく)が乏しいままプロになると、いつかきっと悔しい思いをする。そう、私のように。

続きを全部読む

人事部長があげた「面接でNGな態度トップ10」&「起こりがちな失敗トップ5」がこれだ!

生きていれば、緊張する場面は色々とある。初デート、大勢の前でのスピーチ、発表会、面接……。緊張すれば、失敗だってしがちだ。

ということで今回お伝えしたいのは、人事部長2605名があげた「面接でNGな態度」&「起こりがちな失敗」のランキング。面接官らは、細かーいところまで鷹の目で見つめているようだぞ……!

続きを全部読む

【マサイ通信】第54回:マサイ最強のイケメン戦士サイトゥートゥさん里帰り記念スペシャル写真集

スパ! ルカだ。ライオンに1勝したことのあるマサイ族の戦士・ルカだ。おっと、「対ライオン1勝」って聞いても笑うなよ? あいつは最強。1勝するだけでも大変なんだぜ? まさに生きるか死ぬか戦士の世界、すなわち「Not easy.Very hard」なんだ。

そんな最強の動物ライオンに3勝もした、ウチらの村でいっちゃんつええ男(一番強い男)といえば、かの有名なサイトゥートゥさんだ。彼は昨年2016年の9月、就職に成功し、「モンバサ」っていうリゾート地で住み込みの勤務をしていたんだけども……なんと正月休みに帰ってきたんだ!! サイトゥートゥカムバックトゥーアンボセリ!!

続きを全部読む

【マサイ通信】第35回:マサイ族の就職事情 / マサイ最強の戦士サイトゥートゥさん(vsライオン3勝)リゾート地ホテルへの就職に成功! 月収も大公開!!

スパ(Supa)! マサイの言葉で「こんにちは」の意味な。スパっつっても扶桑社の雑誌『週刊SPA!』じゃないぞ。でもよ、ゴー(羽鳥)から聞いたんだけど、電車で『SPA!』の中吊りを見てると、「ブラック化する[非正規公務員]」とか「[低所得 40代で年収300万円台時代]の実態」とか、仕事に関するネタが多いらしいんだ。

で、今回のマサイ通信は、『SPA!』ではなく『SUPA!』てな感じで、マサイ族の仕事事情……つってもオレたちの本業は戦士なので、転職&就職事情についてお伝えしたい。

続きを全部読む

【社会人必見】俺が会社を辞めた理由 / いつ辞める? 液晶大手の元社員が退職を決断した方法にハッとさせられる

……会社辞めたい。社会人の皆さんならそう思ったことが一度や二度、いや100回とか1000回くらいはあるだろう。「3年はいた方がいいっていうし」「次の仕事が見つかるかわからない」などなど、退職を思いとどまる理由はいくらでもある。そして、気がつけば何年も働いている。

「やだなぁ」と思っても続けることが幸せかもしれないし、もしかしたら辞めることが “正しい選択” になるかもしれない。先が見えないから転職は怖いものだが、ある人物から聞いた、退職のタイミングを見極めた方法が、心にグサっと刺さる内容だったので紹介したい。

続きを全部読む

【あるある】ブラック企業にありがちなこと40連発

突然だが、あなたは今、楽しく働けていますか。お財布の中身と心は満たされていますか。両方でなくとも、どちらかが充実していますか。万が一、どちらも満たされていないあなたは立ち止まって考えてみてほしい。あなたの勤め先はブラック企業ではないかと。

記者は何故かブラック企業を引き当てる体質だ。いやむしろ、わかっていて飛び込むと言ってもいいかもしれない。もちろん今は楽しく働いているのだが、これまでの経験を振り返り、これから “就職” について考えるソコのアナタに向けてブラック企業あるあるをお届けしたい。ぜひ就職先選びの参考にしてくれよな!

続きを全部読む

とある企業の新卒採用サイトが強烈 「学生お断り」「明日にも倒産します」など過激な文言連発

学生の皆さんは、これからの進路を決めるに当たって、いろいろな情報を集めている時期だと思います。そんななか、強烈な新卒採用サイトが登場し話題を呼んでいます。

その企業は学生を対象にページを公開しているはずなのに、なぜか「学生お断り」と掲載しています。さらに「明日にも倒産します」「努力は一切評価しない」など過激な文言が連発。これは一体どういうことなのでしょうか?

続きを全部読む

ドン・キホーテがレジスタッフ不採用の理由を紹介「写真がプリクラ」「志望動機がひまつぶし」など

ユニークな商品や便利雑貨・電化製品など、豊富な品揃えで人気のドン・キホーテが求人で苦戦しているようだ。就職情報サイトに掲載した内容によると、ごく普通の人材を求めているようなのだが、なかなか思うような人材に恵まれていないようである。

続きを全部読む

求人サイトに堂々と愛人募集広告が掲載される 「月収100万円! 容姿が基準以上であれば即日採用」

ひとくちに「就職活動」と言っても方法は様々だ。ハローワークを利用する人もいれば、希望の企業のサイトをチェックする人もいるだろう。短時間で多くの求人情報を見たい場合、求人サイトは便利である。

とある求人サイトに掲載された驚くべき求人広告が話題となっている。募集していたのは「愛人」。ジョークでも何でもなく本物の有効な求人であったという。

続きを全部読む