「地震」にまつわる記事

【動画】チリでマグニチュード8.2の巨大地震発生 / 地震後の様子をとらえた衝撃的な映像

南米チリの沖合約100キロで、マグニチュード8.2の巨大地震が発生した。震源地沿岸では、発生後まもなく約2メートルの津波が到達し、他の地域への影響も懸念されている。

現在のところ、この地震による大きな被害は出ていないようだ。だが、その発生の瞬間をとらえた映像を見ると、かなり長い時間激しい横揺れが続いていたことがうかがえる。

続きを全部読む

【衝撃動画】ロサンゼルスで地震発生! その時テレビ番組のキャスターがハンパなくビビっていたと話題

言うまでもなく、日本は地震国である。小さい地震だったら頻繁に起きる。それゆえ、ちょっと揺れた程度では「ほとんどビビらない」という人も多いだろう。

しかし、日本と海外では事情が違う。場所にもよるが、日本ほど地震が頻発する地域は少ない。なので、「地震が起きた!」となれば、規模に関係なく海外の方にとっては非常にショックが大きいもよう。YouTubeで紹介されている動画を見れば、そのショックのデカさが一発で分かるぞ!

続きを全部読む

地震発生時に目撃される発光体はUFO!? 世界中で確認される「地震発光現象」とは何か?

地震発生の前後に、謎の発光体が目撃されることがある。「UFOではないか?」と指摘する人もいるようだが、その発光体の正体は不明。この現象について、最近海外の科学誌が過去の目撃例をリスト化して公開し注目を集めている。

・謎の発光体が目撃される「地震発生現象」

これは「地震発光現象」(earthquake lights)という。科学誌「地震学研究レターズ」は、1600年から現在までの報告をまとめ、65件の目撃報告を公開したのだ。それによると、世界各地で発光体が目撃されていることが判明した。

続きを全部読む

台湾気象局の地震通知音に「おどるポンポコリン」が採用 / 台湾メディア「そのうち津波警報は『スーパーマリオ』になるのでは?」

国民的アニメ『ちびまる子ちゃん』のテーマソングのなかで、一番有名なのはやはり「おどるポンポコリン」だろう。あの「ピーヒャラピーヒャラ♪」を聞くと、心が「パァァァ」と明るくなるのではないだろうか?

だが、台湾では「ピーヒャラピーヒャラ♪」を聞いたからといって全ての人が「パァァァ」となるとは限らないようだ。というのも、地震を観測している台湾気象局では、強い地震が起きたときにアラーム音として「おどるポンポコリン」が流れるというのである。

続きを全部読む

先日、地震予知の研究者が近畿圏で9月6日前後に巨大地震が起きる可能性があると話していると報じられた。マグニチュード7.9以上の地震が起きるかもしれないという前兆を観測したというのである。

だが、直前にならないと、地震が起きるのかどうか判断しづらいとのことだった。続報が待たれるなか、その研究者が観測を続けた結果、今月下旬以前の発生の可能性はないと結論づけたそうだ。

続きを全部読む

9月1日の「防災の日」は、1923年に起こった関東大震災にちなみ創設されたものだ。2013年の防災の日も各地で地震や災害を想定した訓練が行われ、災害時の行動について改めて考えた人も多いだろう。

そんななか、地震予知の研究者が近畿圏で9月6日前後に巨大地震が起きる可能性があると話しているという。マグニチュード7.9以上の地震が起きるかもしれない、その予兆を観測したというのである。

続きを全部読む

【緊急地震速報】一斉に電話が鳴り出し緊張が走る / 奈良県最大震度7と伝わるも奈良県民「揺れてませんよ」

2013年8月8日16時55分頃、一斉にスマートフォン・携帯電話の緊急地震速報が鳴り始めた。多くの人が緊張感を覚えたに違いない。スマホの画面には「【緊急速報】緊急地震速報 奈良県で地震発生。強い揺れに備えて下さい(気象庁)」との表示が。

さらに、「奈良県で地震 最大震度 7(推定) [詳細] 2013/08/08 16:55:59発生 M7.8 深さ60km」との情報も。しかし17時00分の段階で、気象庁は次のように発表している。

続きを全部読む

2013年8月5日現在、ツイッター上で不気味な情報が拡散している。話題となっているのはワイドショー番組で放送された画面のキャプチャー画像なのだが、そこには以下のようなことが書いてあるのだ。

続きを全部読む

【四川大地震】中国紙が「日本の耐震技術を学ぶべき」「中国は日本ほど真剣に取り組んでこなかったことを認めざるをえない」と嘆く

中国の四川省で2013年4月20日に発生した地震で、22日現在、死者と行方不明者あわせて200名を超えたと伝えられている。その被害のほとんどが建物の倒壊によるものだそうだ。

2008年の大地震でも大きな被害を出した四川省。その後、耐震基準が見直されたはずだったのに、その教訓が生かされなかったと批判の声が上がっている。中国共産主義青年団系の新聞さえも「日本の耐震技術を見習うべきだ」「中国はこの問題に日本ほど真剣に取り組んでこなかった」と強い口調で論じているのだ。

続きを全部読む

【地震】兵庫県淡路島付近でマグニチュード6.0の地震発生 / 余震に警戒呼びかけ

2013年4月13日午前5時33分頃、兵庫県淡路島付近を震源とするマグニチュード6.0の地震が発生しました。この影響で関西を中心とする広い範囲で、大きな揺れを観測。気象庁は家屋の倒壊や土砂災害の危険性が高まっており、余震活動に十分注意が必要と呼びかけています。

続きを全部読む

ロシア科学者が一年半以内に日本で巨大地震が起こる可能性を指摘「地殻構造上のストレスはまだ残っている」

ロシアの科学者が、ウィーンで行われた会合で衝撃的な発表を行いました。科学者によると今後一年半以内に、日本で大きな地震が起こる可能性があると指摘しています。しかもマグニチュード9.0の巨大地震が発生すると、予測しているのです。

続きを全部読む

【謝罪】地震でデマツイートをした生徒の学校が謝罪「厳正に対処してまいります。誠に申し訳ございませんでした」

2012年12月7日、東北地方でM7.3、震度5弱の強い地震がありました。その際に、とあるTwitterユーザーが「がれきのなかに閉じ込められている」と投稿。この内容がネット上で拡散したのですが、結局これはデマであることが判明しました。

悪ふざけの投稿にネットユーザーは大激怒し、投稿した人物を特定。関西の学校に通う高校生であることが明らかになり、12月11日にその高校から公式な謝罪が行われました。その内容は以下の通りです。

続きを全部読む

【炎上状態】ヤマダ電機公式Twitterの地震発言にネットユーザー不快感「凄いなこのタイミングで宣伝」

2012年12月7日17時18分ごろ、三陸沖を震源とするマグニチュード7.3の地震が発生しました。この地震で、宮城県を中心に沿岸部で津波に注意を呼び掛けています(18時45分現在)。

そんななか、大手家電販売店の「ヤマダ電機」公式Twitterの発言が物議をかもし、炎上状態になっています。以下はヤマダ電機の発言と、それについてのインターネットユーザーの反応です。

続きを全部読む

あなたの地域は大丈夫? 国土交通省が「地震時に著しく危険な密集市街地」を発表 / 東京・神奈川を中心に197地区

国土交通省はこのほど、2011年3月に閣議決定をした住生活基本計画(全国計画)をもとづき、全国の市区町村を対象に調査した「地震時等に著しく危険な密集市街地」を発表した。それによると、東京は全国的にみてもっとも危険が潜んでおり、神奈川・大阪がこれに続く。あなたのお住まいの地域は大丈夫だろうか?

続きを全部読む

動画シリーズ「2分でわかる世界各国」が勝手なイメージすぎてていてヤバイ

どこの国にも勝手なイメージというものはある。たとえばタイならば、みんな微笑んでいて象がいてムエタイやってて食べ物は辛くて気温は暑い……といった具合。だが、実際にその地に足を運んでみると、「それだけではなかった」と思い知らされるのだ。

今回ご紹介したいのは、そんな勝手なイメージをそのままミックスさせた動画お国紹介シリーズ「The World in 2 Minutes」である。あえて意訳をするならば、「2分でわかる世界各国」といったところか。もちろん日本版もアップされており、動画のタイトルは「The World in 2 Minutes: Japan」だ。

続きを全部読む

なんだか最近、地震が多い? 「日本で起きた地震がリアルタイムで表示される地図」で調べてみると……

本日3月1日の午前7時半過ぎ、茨城県沖を震源地とする大きな地震にビックリした人も多いのではないだろうか? 気象庁発表によると、マグニチュードは5.4。昨日2月29日の深夜23時半ごろに起きた地震も大きかった。震源地は千葉県東方沖で、マグニチュードは5.8。

なんだか最近、大きな地震が多い気がするのだが……これって気のせいなのかしら? ということで、本誌でも以前ご紹介した「日本で起きた地震がリアルタイムで表示される地図」を使って調べてみた。

続きを全部読む

これはぜひ見ておくべき! 2011年の1年間に発生した地震の凄まじさを視覚的に訴える動画

3月11日に未曾有の大地震・東北地方太平洋沖地震が起き、日本にとって波乱の年となった2011年。地震を通して見た時、その2011年がいかに凄まじいものだったかを物語る動画がここにある。

「2011年の日本の地震 分布図 Japan earthquakes 2011 Visualization map (2012-01-01)」というタイトルのこの動画では、2011年に日本で発生した地震の情報が、円やグラフを使って非常に分かりやすく表示されており、視覚を通して日本が経験した苦難の大きさを知ることができる。

続きを全部読む

ここ数日、ネットで飛び交っているウワサがある。それは本日1月25日~26日あたりに大地震が起きるというウワサである。現在、Twitterでは数秒おきに地震に関してのコメントが書き込まれており、各者それぞれの感情がつぶやかれている。

また、本日午前8時過ぎから発生した、NTTドコモ携帯電話の通信障害を「地震の前触れでは……」とコメントするユーザーも多く見受けられた。しかしながら、「どうせデマ」と静観する人も数多い。

続きを全部読む

久々に出た「緊急地震速報」に緊張走る / ケータイやスマホも一斉に鳴る

1月12日12時20分ごろ、地震が発生した。気象庁の発表によると、震源地は福島県沖で、震源の深さは約20km、地震の規模(マグニチュード)は5.8とのことである。震度4は震源地に近い福島県いわき市などであるが、久々に気象庁からの「緊急地震速報」が出て、携帯電話やスマホでも警報音が鳴り、その各ユーザーに一報を伝えていた。

記者はソフトバンクのiPhone4Sと、ドコモの携帯電話を使っているが、その両方で、同タイミングで「緊急地震速報」は表示された。また、その時の情報では「茨城沖で地震発生。強い揺れに備えて下さい(気象庁)」と書かれていた。

この久々の緊急地震速報に対し、Twitterでもすぐさま様々なコメントがつぶやかれており、一部を抜粋すると……
 
続きを全部読む

リュウグウノツカイと地震との関連性はあるの? 地震前兆学の先生にお話を伺ってみたぞ

先月、静岡で打ち上げられた深海魚リュウグウノツカイ。当サイトでもご紹介しましたが、今回はこの件をさらに深く掘り下げてみようと思います。はたして、リュウグウノツカイが陸に打ち上げられた事件は、地震と関連性があるのでしょうか。

今回は、東京女子大学で名誉教授を務められている生体電位と地震前兆学の国際権威学者である鳥山英雄先生に、詳しくお話を伺いました。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6