「丸亀製麺」にまつわる記事

【初出店】丸亀の新業態、つきたて餅の「福はうち」が最高すぎた! ただし…

丸亀製麺を運営する「トリドールホールディングス」の勢いが止まらない。昼時の丸亀製麺はほぼ激混みだし、そんでもって実際に食べると超ウマい。別業態の「天ぷら定食のまきの」や、から揚げ専門店「とりサブロー」も激ウマだから、真面目な話「いま1番勢いのある外食チェーン店」と言っていいだろう。

同社は2025年までに世界6000店舗の出店を目指しているとのことだが、2019年9月に開始した新業態『福はうち』もハッキリ言って最高だ。『福はうち』はお餅の専門店。店内でついた出来立てのお餅が食べられる「つきたて餅専門店」である。ね? 最高っぽいでしょ?

続きを全部読む

提供:トリドールホールディングス

【意味不明】丸亀製麺で「釜玉うどん」を注文すると、なぜかその場で「釜玉うどん」がついてくるぞォォォオオ! 9月11日から3日間!!

丸亀製麺は、どうしても我々に うどんをもう1杯プレゼントしたいらしい。そう、もはや丸亀のお家芸となった “あの” 謎イベントが、またまたまたまた帰ってくるのだ。またかよ! たしか先月も同じようなコトやってたろ!!

2019年9月11日から9月13日の3日間、丸亀製麺で開催される『丸亀月見祭』。『釜玉』とつく商品のいずれかを買うと、その場で『釜玉うどん(並)』がもう一杯無料でもらえるという意味不明なキャンペーンである。

なるほど、『月見祭』と言うだけあって、うどんの上の玉子が月に見えなくもない。……まあ、キャンペーンの意味は分からんが。

続きを全部読む

提供:トリドールホールディングス

【マジかよ】丸亀製麺の「一つ星麺職人」に『釜玉うどん』の魅力について聞いてみたら “ヤバすぎる答え” が返ってきた

おーい、みんなーー! ついに祭りが始まったぞーーー! 祭りだ祭りだァァァァアアア!! え? いや夏祭りじゃねーよ! 丸亀製麺の「釜玉うどん祭り」に決まってんだろコラ!! 2019年8月27日より、丸亀渾身の釜玉うどんフェスが開催中なんだーーーーーッ!

ところで、釜玉うどんって何なの? ゴメン実はよく知らない。そもそも温かいの? 冷たいの? どっちなんだコラ! というわけで、丸亀製麺が誇る「一つ星麺職人」さんに、釜玉うどんの魅力について聞いてみたぞ。しかしその結果、思った以上に深刻な事態になったでござる。

続きを全部読む

【謎イベント再び】丸亀製麺で「ぶっかけうどん(冷)」を注文すると、なぜかその場でもう1杯ついてくるぞォォォオオ! 8月20日から4日間!!

連日ちょっとどうかしているくらい暑いが、丸亀製麺もこの暑さでどうかしてしまったらしい。これまで何度か行われてきた あの謎キャンペーンが、再び開催される模様である。またアイツか……!

そう、2019年8月20日から8月23日の4日間、丸亀製麺で『ぶっかけうどん(冷)』を注文すると、なぜかその場で「ぶっかけうどん(冷)」がもう1杯ついてくるのだ!! 激しくお得であると同時に、完全に意味不明なキャンペーンが今年もやってくるぞ。

続きを全部読む

丸亀製麺の “中の人” に聞いた「天丼用ごはんのアレンジ」がすごかった / たった270円の『昆布とろろ明太茶漬け わさび添え』

これから紹介する「丸亀製麺の天丼用ごはんアレンジ」にかかった費用は、270円(税込)である。ホームページには「一部店舗で価格が異なる場合がある」と記載されているので、お店によって多少前後する場合があるかもだが、大きくは変わらないはず。早い話が、安い。それも、かなり安い

参考までにお伝えすると、吉野家の牛丼並が380円。なので、吉野家の牛丼並よりも100円以上安い……ってことが、自分で書いておきながら信じられないというか、「アレは吉野家の牛丼並より100円安い値段の味ではない」って気がしてならない。

続きを全部読む

丸亀製麺の “中の人” に聞いた「うどんのおすすめアレンジ」が超シンプルで意表を突かれたが…食えば食うほど深い / 2度楽しめる『かまたまかけ』

かまたまかけ。そう聞いただけで、何となく想像がつく人は多いかと思う。漢字で書くと、「釜玉かけ」だ。……どうだろう? 「全然わからない」という人だっているかもだが、引っ張るのもアレなので手っ取り早く答えを言ってしまおう。

『かまたまかけ』とは、「釜玉うどん」と「かけ出汁」を一緒に注文し、最初は「釜玉うどん」として食べつつ、途中から出汁を投入して「かけうどん」として食べる方法である。「名前のまんま」と言われればその通りなのだが、これが何というか、実に奥深い……。 

続きを全部読む

【B級グルメ】神戸のソウルフード・ぼっかけ焼きそばを食べられる長田本庄軒に行ってきた! 丸亀製麺と同系列で安心のクオリティ

日本全国に点在するB級グルメ。飾らずもジャンキーな味わいで人々を魅了するB級グルメの世界は、奥が深い。

今回は神戸発のソウルフード・ぼっかけを使用した「ぼっかけ焼きそば」を初めて食べてきたので、その味をご紹介したい。

訪れたのは、丸亀製麺でお馴染みのトリドールホールディングスが運営する長田本庄軒。いやが上にも期待は高まるぞ!

続きを全部読む

【激レア】丸亀製麺の「一つ星麺職人」がいる店舗に行ってきた! 都内には4人しかいないらしいぞ!! 紺色の制服が目印!

丸亀製麺はすべての店舗で粉から うどんを作っている……って森本レオがCMで言っていた。言いまくっていた。なので知ってはいたのだが、聞くところによると、なんでも丸亀製麺には「星」が付いている麺職人さんが存在するらしいのだ。へ~、なんかカッコいいな。

そこで丸亀に問い合わせてみたところ、現在店舗で勤務しているのは「一つ星」の職人さんと「二つ星」の職人さんで、その人数は非常に限られているという。マ、マジかそれ! 超気になるんだが!! というわけで、「一つ星」職人さんがいる店舗に実際に行ってみることに!

続きを全部読む

丸亀製麺のプロは『親子丼』を「うどん」として楽しむ / 公式が絶賛した “つう好み” の変態テク

変態と聞くと、誰もが「動物が姿を変えるアレ」を頭に思い浮かべるだろう。サナギが蝶になったりする的なヤツだ。「完全変態」とか「不完全変態」といった言葉を覚えている人も、中にはいるかもしれない。

今回紹介するのは、そんな「変態」の一種。ただし、動物ではない。丸亀製麺の親子丼が「親子うどん」になるのだ。どういうことかは作り方を見てもらえれば一発で分かるが、それが何というか、実にコロンブスの卵的な発想で……。

続きを全部読む

提供:トリドールホールディングス

【意味不明】丸亀製麺の「ぶっかけうどん」が無料らしいので行ってみた結果 → どういうわけか『SNS放題』になった

みんなー! ゴールデンウィークが終わったからって悲しんでる場合じゃないぞ。金曜だって! 今月の金曜はヤバイんだって!! だたのフライデーではなく、SUPER FRIDAY(スーパーフライデー)」なんだってよ! すげェェェェェエエエ!! ……で、一体何があるんだろう?

聞くところによると、なんとあの丸亀製麺のこだわりのうどんが、ソフトバンクのスマホユーザーなら無料で食べられるらしいのだ! ぜぜぜ、0円キターーーー!! というわけで、さっそくお店に突撃をかましてみたところ……同時に何やら謎のキャンペーンも行われていたためお伝えしたい。

続きを全部読む

丸亀製麺のうどんを店舗で食うヤツは素人! プロは持ち帰って家で食う!!

うどんといえば、「丸亀製麺」である。株式会社トリドールが運営する全国チェーンで、手軽に美味しいうどんを食べられることで支持を得ている。当編集部のメンバーも最寄りのお店に足しげく通っているのだが、そば派の私(佐藤)はそれほど利用する機会が多くない。本当に稀だ。

そんな私でも知っている丸亀の常識を、丸亀マニアの編集長・GO羽鳥にぶつけたところ、なんとその事実を知らないというのだ。まさか丸亀好きな皆さんも、知らないとは言わせない。「丸亀製麺はうどんをテイクアウトできる」ということを……。

続きを全部読む

丸亀製麺で「卵かけご飯」を食べようとしたら店員さんに「これを足すともっとウマくなる」と言われて…『究極のTKG』が出来た

みんな大好き、卵かけご飯(TKG)。シンプルな料理でありながら そのアレンジは無限にあり、ちょっとした工夫で味がガラリと変わってしまうことだって珍しくない。

そんなTKGを私はこよなく愛しており、ここ最近「実はTKGの穴場じゃないの?」と感じているのが丸亀製麺。「うどん屋でしょ!」と思うかもしれないが、丸亀製麺では天丼用のご飯や生卵もあるので、TKGが可能なのだ。

さらに様々なトッピングを組み合わせれば、フラワーアレンジメントならぬTKGアレンジメントまで出来る……って知ってた?

続きを全部読む

キティさん、ついに宇宙に出てガンダム相手に一戦交えるもよう

名実共に、世界的なアイドルにしてヒーローなキティさん。仕事を選ばない……いや、ご本人の言葉を尊重するなら全部選ぶスタイルに定評がある方だが、今度はついに宇宙に出てガンダムと戦うそうだ。いくらなんでも全部選びすぎじゃ……っていうか、キティさん宇宙に出て大丈夫だったんですね。さすがです。

続きを全部読む

君は『丸亀製麺のめんたま丼』を知っているか? 公式が「かなり美味しい」という裏メニューがマジでかなり美味しい / アレンジは無限大

ご飯に明太子と生玉子とかをのせたヤツ(めんたま丼)が実にウマい。……いきなり結論を書いてしまったが、早い話がそういうことだ。めんたま丼の “めん” とは明太子のことであり、“たま” は玉子を指す。

したがって、「めんたま丼」とは一種のTKG(卵かけご飯)と言っていいだろう。しかも、かなり贅沢なTKG。それが丸亀製麺で食べられる……って知ってた? 

続きを全部読む

丸亀製麺のカレー専門店「On The Curry!」が都内初進出!! ココイチとの仁義なきカレー戦争勃発か?

チェーン店の料理はイマイチ。そんな考え方はもう古い……というか誤りである。ファミレスも牛丼も回転ずしも、チェーン店うんぬんは関係なくウマいものはウマい。きっと丸亀製麺のうどんを食べて「おいしくない」と思う人はそう多くないハズだ。

その丸亀製麺を運営するトリドールホールディングスが2019年3月、新たな刺客として都内にカレー店をオープンさせた。それが『On The Curry!』である。全国にまだ2店舗しかないこちらのお店、もしかしたらココイチと仁義なきカレー戦争を繰り広げる……かもしれない。

続きを全部読む

【激ギレ】丸亀製麺の「あさりうどん」が復活したのに「あさりバターうどん」が無くなったのはなぜなのか? 問い合わせた結果…

キレるキレるといいながらも、人間はそう簡単にはキレない。「キレた」と言ってもイラっとした程度……実際のところはそんなものではなかろうか? だがしかし、この件に関して私、P.K.サンジュンは盛大にブチギレている──。

何のことかというと、最近復活した丸亀製麺の「あさりうどん」についてだ。個人的に丸亀史上最高傑作と確信しているあさりうどんの復活は嬉しいのだが、なぜか『あさりバターうどん』が姿を消してしまったのである。……なんでやぁぁぁあああ! どういうことなんじゃぁぁああああ!!

続きを全部読む

【朗報】丸亀製麺の天ぷら専門店「まきの」が都心に初進出! 揚げたて天ぷら定食まきの池袋サンシャインシティ店

日本最大のビッグシティー “TOKYO” で働くビジネスマンの諸君! ……待たせたな? 諸君が大好きな丸亀製麺の天ぷら専門店「まきの」がついに都心にオープンしたゾォォォオオオオ! 最初に言っちゃうけど超いい店だゾォォォオオオオオオ!!

関西を中心に約10店舗を展開し、東京には武蔵小山店があるものの、ぶっちゃけ武蔵小山だと恩恵を受けられる人は限られてくる。だがしかし、今回「まきの」がオープンしたのは3大副都心に数えられる池袋……! ハッキリ言って、大繁盛の予感しかしない。

続きを全部読む

【丸亀製麺】鮭明太茶漬けが「抜群においしい」らしいので食べに行ったら…店員さんに「コレ入れたらもっとウマくなる」と言われて最高傑作が誕生した

「これをやるなら、わさびよ、わさび。わさび入れたらもっとウマくなるから。あと好みによるけど、ネギと天かすもレジの前にあるから、それを入れてもいいかも。わさびもネギも天かすも無料だからね」

──いきなり結論を書いてしまったが、そういうことらしい。私が『鮭明太茶漬け』を試すべく丸亀製麺の店舗に向かったところ、親切なスタッフが上のように教えてくれたのである。

続きを全部読む

提供:トリドールホールディングス

何度も言うけど丸亀製麺で最強なのは「鴨ねぎうどん」だから! 新入りの「鴨すきうどん」に「鴨つけうどん」も全部ウマいからッ!!

まさかとは思うけど、丸亀製麺で鴨ねぎうどんを食べたことがない人はいないよな? え、ないの!? マジかよ……。それ、あなたが思っている以上に損をしているぞ。なぜなら「鴨ねぎうどん」は、丸亀製麺において最強だからだ! 最・強だからだッ!!

すでにお伝えした通り、「鴨ねぎうどん」のウマさときたら完全無欠。すべての鴨に生まれてきてくれたことを感謝したくなるレベルと言っても過言ではない。さらに今年は「鴨すきうどん」「鴨つけうどん」の二つが仲間に加わっており、もはや歓喜以外の言葉が浮かばない状態なのだ!

続きを全部読む

君は「丸亀製麺のデラックス天丼」を知っているか? 豪華な天丼をだし茶漬けで2度楽しむ / 公式Twitter アカウントが発表

「今回は超豪華 #デラックス天丼 をやってみました!天丼用ごはんにかしわ天、磯辺ちくわ天、いか天、えび天、かぼちゃ天をのせて、はじめは天だれで残り半分からはかけだしを入れて #天だし茶漬け にして堪能しました! #新発見 #やってみた #丸亀製麺」

──これは、丸亀製麺の公式Twitter アカウントによるツイート。繰り返す、丸亀製麺『公式』のツイートだ。

「え? 何故うどんチェーンの丸亀製麺が天丼のことを?」と思う人もいるだろうが、思い出して欲しい。丸亀製麺には天ぷらも用意されているということを。

ってことは……その天ぷらを使えば、天丼だって作れるということ。さらに天ぷらを盛りまくれば、デラックスな天丼にもなるってこと。しかも、天だし茶漬けで二度楽しめるって……何そのテク? すごい気になる……! というわけで、実際にやってみたぞ。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4