「丸亀製麺」の記事まとめ

丸亀製麺が全国から職人を召集! 神田に職人しかいない「丸亀製麺所」をオープンして、全力のうどんを出してるぞ!!

ここは雨の降る神田。私は腹が減っていた。何か食うか……おや? 丸亀製麺の前でスタッフが何かやってるぞ。

いや、なんだか様子がおかしい。丸亀製麺所? よくわからないが、ちょうど期間限定での催しを行っているもよう。とりあえず入ってみるか……!

続きを全部読む

【最強】君はウーバーを超えた「アヒーバー」を知っているか? 八王子から『あさりうどん』を注文した結果…

今や我々の生活に欠かせなくなりつつある、飲食類の配達サービス。日頃からUber Eats(ウーバーイーツ)出前館などを利用している方も多いことだろう。

どちらも文句なしに便利なサービスであるが、配達エリアに制限があるのが玉に瑕。そんな人には地球最強の配達サービス『Aheeber(アヒーバー)』をオススメしたい。

続きを全部読む

【知ってた】今年も都心の丸亀で「あさりうどん」の販売無し → もはや自分で「あさりうどん」を作ってみたら奇跡が起きた

知っていました。今年も丸亀製麵の「あさりうどん」が都心の店舗では発売されないことを──。そう、今年も3月12日から発売されている「あさりうどん」ですが、都心部ではお取り扱いがありません!

ただな、丸亀製麵さんよ……本気出しちゃうぜ? そっちがその気なら考えがある。もはや自分で「あさりうどん」を作ってやろうじゃねえか! ミスター味っ子世代のバイタリティをナメんなよ!!

続きを全部読む

【嘘やろ】丸亀製麺のプロが実践している「イマジナリーあさりうどん」の食べ方が上級者すぎて泣いた

丸亀製麺が誇る究極にして至高のメニュー『山盛りあさりうどん』が2024年3月12日、待望の復活を遂げたが素直に喜ぶことはできない。

ご存じの通り『あさりうどん』はここ数年で販売店舗を大幅に減らしており、特に東京23区は壊滅的な状況にあるのだ。食べたくても食べられる店舗がほとんどないという地獄絵図。丸亀製麺は人の皮をかぶった悪魔か?

一人絶望していると、そこへ声を掛けてきたのが “丸亀製麺のプロ” を自称する当編集部のサンジュンだった。男は言う。今から『あさりうどん』を食べに行くぞと──。

続きを全部読む

【限界突破】丸亀製麺の「牡蠣ぶっかけ」があまりにも激ウマ! あさりうどんと鴨ねぎうどんが震え出すレベル

出だしから突飛なことを申し上げるが、ここが「丸亀ワールド」だとしよう。この国の住民たちはうどんで、国民的スターかつ勇者が「あさりうどん」である。

そのあさりうどんに引けを取らぬほどの実力者が「鴨ねぎうどん」で、長きにわたり丸亀ワールドには「あさりうどん」と「鴨ねぎうどん」のWエースが君臨していた。

そこに突如現れた謎の戦士、その名も『牡蠣ぶっかけ』──。牡蠣ぶっかけは いとも容易く「丸亀ワールド」のバランスを崩壊させる “伝説の勇者” だったのである。

続きを全部読む

提供:丸亀製麺

【実録】丸亀製麺の「鴨ねぎうどん」を食べに行ったらヤバい店員に絡まれた話

ちょっと前まで信じられないくらい暖かかったのに、ここへ来て急激に寒くなったのはなぜか? 答えは丸亀製麺の『鴨ねぎうどん』が発売されるからだ。寒い冬に食べる『鴨ねぎうどん』は最高&至高! きっと地球も空気を読んだのだろう。

“ひと手間かけた冬のうまい!” シリーズ第1弾として、2023年12月5日より全国の丸亀製麺にて販売開始の予定だが、今回は特別に一足早く食べさせてもらえるということで某店舗にお邪魔した。まさに鴨がねぎを背負って来たような話である。

続きを全部読む

【マジか】丸亀製麺の “麺匠” に聞いた「もっとも釜揚げうどんに合う天ぷら」がコレだ! 世界で唯一のカリスマ職人が選んだのは意外にも…

全国に1491人いるという丸亀製麺の麺職人(2023年10月時点)。その中で「二つ星」の称号を持つ職人はたった5人。「三つ星」「四つ星」に至っては、なんと0人である。非常に狭き門なのだ。

そんな麺職人たちの頂点に立つのが、「麺匠(めんしょう)」と呼ばれる世界にただ一人の存在であるということは、昨年の記事でお伝えした。あれから約1年……。久々に麺匠と対面するべく、メディア向けのイベントに参加してきたぞ。

丸亀製麺が誇るカリスマ職人が、当サイトに1年ぶりの再臨を果たす……!

続きを全部読む

【店舗限定】丸亀製麺「てりやきタル鶏ぶっかけ」の最適解、見つかってしまう……

丸亀製麺の夏の定番と化しつつあるタル鶏天ぶっかけ。ガッツリしているけど、ぶっかけうどんゆえにスッキリ食べられるところは夏にピッタリである。

だが、お前は別だ「てりやきタル鶏ぶっかけ」よ。「新作! 濃厚てりやき味」じゃねえんだわ。てりやき唐揚げにタルタルは、うどんの一線越えちゃってるんだわ

続きを全部読む

海外ネットで「ラーメンを超えた麺類」と戦争を巻き起こしつつあるチェーン店に行ってみた

世界にはばたく日本のラーメン。ガチでラーメンを食べるために訪日する人もいるというから凄い。日本人である私(中澤)より、日本のラーメンを愛しているようにすら思える外国人ニキたち。日本の麺と言えばラーメンであり、日本ではとりあえずラーメンを食べとけ……

そんな風潮に一石を投じているのが、日本食情報を英語圏向けに発信しているチャンネル『Japan Eat』の動画「日本を離れる前にこれは食べろ!!」だ。推されているのは日本人にはお馴染みのあの麺類。さらに、登場するのは近所にもある店だったため行ってみた

続きを全部読む

【ブチギレ】丸亀製麺の人気No.1『タル鶏天ぶっかけうどん』を「Mr.あさりうどん」が改めて食べてみた結果…

どうもみなさん、こんにちは。“Mr.あさりうどん” ことロケットニュース24のP.K.サンジュンです。あさりうどんを愛し、あさりうどんに愛された男──。私が死んだら棺桶には「牡蠣とレバ刺しとあさりうどん」を敷き詰めてください。

それはさておき、かねてから私にはどうにもこうにも解せないことがあった。それは丸亀製麺の人気No.1うどんが『タル鶏天ぶっかけうどん』だということ。おいおいおい、ちょっと待ったらんかい! 世界が認めてもワシは絶対に認めんゾォォォオオオオ!!

続きを全部読む

【詐欺師のグルメ】日本語の危うい迷惑LINEに「オススメの昼ごはん」を聞いた結果 → なんと丸亀製麺、2種類の限定「○○うどん」を激推し!!

まさかこんな展開になるなんて……!

まず昨日、私のインスタに「ふ」と名乗る謎の女性からDMが届く。いわく「1000万円現金配布キャンペーン開催中」であり、「抽選で100万円の現金をゲット」できるとも書いてあり、「詳しくはLINEで」と。

そんなの100万円欲しいに決まっているので、迷うことなくリンクをガスッっと踏み抜くと……

続きを全部読む

【全国初】丸亀製麺のドライブスルー店舗がスゲエエエ! 大迫力の看板と限定メニューで一気に人気が出そう! 群馬県渋川市

2023年6月22日、全国初となる “丸亀製麺のドライブスルー店舗” が群馬県渋川市にオープンした。群馬といえば「ドライブスルー王国」として有名。というのも、県民の免許所持率と自家用車の保有台数が全国トップクラスなのだ。って、そんなことよりついに……

車に乗ったまま、うどんを買える日が来たぞォォオオオ! というわけで、さっそく群馬県の渋川市へ。ナビの案内に従って交通量の多い国道17号を走っていると「丸亀うどん弁当を乗せた赤い車」が見えてきた……ドライブスルー店舗らしい大看板のお出迎えであるっ!

続きを全部読む

提供:丸亀製麺

【意味不明】丸亀製麺の新商品「丸亀シェイクうどん」が最高なので職場に配ってみた結果 → シェイクするうどんが楽しすぎて臨時休業になったでござる

2021年に彗星の如く登場した丸亀製麺のお持ち帰り専用『丸亀うどん弁当』は、打ち立てのうどんと天ぷら、おかずが一つの容器にぎゅっと詰まった革命的な商品だった。あれに比肩しうる持ち帰り用のうどんは、おそらくもう出てこないと思っていたのだが……。

2023年5月16日(火)より販売開始となる「丸亀シェイクうどん」は、まったく新しいスタイルのお持ち帰り専用商品として歴史にその名を刻むことになるだろう。丸亀製麺曰く「どこでも」「手軽に」「楽しく」食べられるとのこと。これは編集部総出でシェイクしまくるしかない!

続きを全部読む

【悲報?】丸亀製麺、最強メニュー『トマたまカレーうどん』の新作を発売するも “コレジャナイ感” が尋常ではない → 期待ゼロで食べてみた結果…

過去に何度も書いていることだが、私(あひるねこ)の中での丸亀製麺ツートップは断固として『あさりうどん』『鴨ねぎうどん』である。これは今後も揺らぐことはないだろう。しかし、そこに本気で食い込んできたのが、2021年に初登場した『トマたまカレーうどん』だった。

一度食べたら抜け出せない異常な中毒性によって、多くの丸亀製麺ファンを虜(とりこ)にしてきた『トマたまカレーうどん』。その待望の新作が発売されると聞いた私は、メディア向けに開かれた先行試食会に足を運んだのだが……。

続きを全部読む

【投票してね】丸亀製麺で最高な1000円の使い方! 全11種類のオーダーで1位を決めるのはあなただ!!

元気ですかーーー! 元気があれば何でもできる。元気があれば丸亀製麺にも行ける。そして1000円あれば丸亀製麵で大満足できる! 早くも第3回を迎えたシリーズ『最高な1000円の使い方』は、みんな大好き丸亀製麵が登場だ。

予算的には1000円あれば十分に満足できる丸亀製麺だが、果たして11通りものオーダーが組み立てられるのか? 各ライターがプライドを賭けて挑んだ、打ち合わせ無しのガチ企画! 以下で『最高な1000円の使い方』の丸亀製麺編をご覧いただきたい。

続きを全部読む

提供:丸亀製麺

【嘘やろ】私の下についた新人ライターを「丸亀製麺」の取材に連れて行ったらヤバイことになった

春、それは出会いの季節──。今年は我がロケットニュース24編集部にも新たな出会いがあるといいなぁ。でも、無理だろうなぁ。大体いつも同じおっさんズだしなぁ……と軽く絶望していたら、なんと新しいライターが入ってくるというじゃないか! マ、マジでーーー!?

しかもだ。私(あひるねこ)の下につくというのだから一大事である。これは責任を持ってしっかり面倒を見なければなるまい! よーし、ちょうど丸亀製麺の取材に行くところだったので、その新人ライターも一緒に連れていくことにしよう!!

続きを全部読む

インドネシアの「丸亀製麺」メニューのラインアップがちょい奇抜すぎるが、本物のうどんがここに!

うどんって美味いんだよね〜、あの優しい味のスープにこれでもかってくらいの太い麺。そこに油揚げが乗っかったらもう……インドネシアでは味わえない幸せがそこにある。

……が、実は僕が住んでいる街には本場のうどんが楽しめる場所がある。日本でも有名な「丸亀製麺」だ。あの丸亀製麺が、インドネシアでも味わえるんだぞ?

そういうわけで、今回も紹介していくよ〜

続きを全部読む

【悲報】あさりうどん難民がリンガーハットの「あさりとアスパラの鶏白湯ちゃんぽん」を食べたら残酷な現実を突きつけられてしまう

また虚しい春がやって来てしまった──。桜のつぼみも膨らみ、木々たちが冬の眠りから寝覚める美しき季節。心なしか小鳥たちがいつもより愉快にさえずっているというのに、私(サンジュン)の心はダークネス。なぜなら今年も「あさりうどん」が東京23区からほぼ消滅しているからだ。

貴様ッ、丸亀製麵め……! ここまで来ると前世で私が丸亀に放火でもしたとしか思えないが、それはまあいい。なぜなら私にはこの渇きを癒してくれるリンガーハットの『あさりとアスパラの鶏白湯ちゃんぽん』があるからだ。

続きを全部読む

【それはない】丸亀製麺の冷酷非道なやり方にファンブチギレ!『あさりうどん』のみならず『鴨ねぎうどん』まで奪うのか、お前たちは…!!

毎度毎度、丸亀製麺の至高のメニュー『あさりうどん』を激推しする当サイト……というか私(あひるねこ)と先輩記者のサンジュンであるが、実は冬の定番『鴨ねぎうどん』のことも同じくらい愛しまくっている。実際、この両者が丸亀製麺のツートップではないか。

そんな『鴨ねぎうどん』が2023年1月24日、待望の復活を果たしたというのだから落ち着いてなどいられないだろう。全国の丸亀製麺にて期間限定で販売中と聞き、私とサンジュンは急いで編集部最寄りの店舗へと駆けつけたのだが……。

続きを全部読む

提供:丸亀製麺

【実録】埼玉の山奥に住む「豚汁王」に丸亀製麺『俺たちの豚汁うどん』を食べさせたらヤバイことになった

丸亀製麺が2022年11月29日より期間限定で販売開始する俺たちの豚汁うどん』。株式会社TOKIOの松岡昌宏さんと共同開発したという新商品だ。丸亀製麺によると「豚汁だけど、豚汁じゃない」唯一無二の味わいだそうで、これはいやが上にも期待が高まる……と思っていたら!

なんと今回、発売前の商品を特別に食べさせてもらえることになったぞ。マジかよ、行く行く~! さっそく身支度をする私(あひるねこ)。ところがこの後、事態は理解不能なトンデモ展開を見せることになる。

先にお願いしておこう。しっかりついてきてくれ。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8