「Pepper」にまつわる記事

キモいと言われた「犬型ロボット」がスタイリッシュに進化! 新型の『SpotMini』がまるで生物!!

米国の「Boston Dynamics(ボストン・ダイナミクス)社」といえば、不気味な動きと驚異的な性能を備えたロボットを多数発表している企業である。2017年6月にソフトバンクが同社の買収に合意。新たな展開が期待されているところだ。

そんななか、同社は4脚歩行ロボットの新型「SpotMini」の動画を公開した。24秒間と短い動画だが、期待を裏切らないインパクト抜群の動きが収められている。

続きを全部読む

【想像を超えた未来】俺の知らない間に、空気清浄機は歩き始めていた……

1973年生まれの私(佐藤)にとって、21世紀は遠い未来のはずだった。子どものころに思い描いていた未来には、『ドラえもん』のようなロボットが人間の生活を助けてくれるものと信じ、『スターウォーズ』の世界のように、宇宙へ簡単に行けるものとばかり思っていた。しかし実際の21世紀はそうではない。

せいぜい、お掃除ロボットが床掃除をするのがやっとで、ソフトバンクの「Pepper」は話相手になるのがやっとだ。そんななか、意外すぎるモノが歩行を始めていた。それは、空気清浄機である……。そこに未来が来たのか……。

続きを全部読む

【動画あり】上野駅に登場した「パンダPepper」の目が腐りすぎィィィイイイ! お前は『特攻の拓』の武丸か

2016年12月1日、上野駅に登場したパンダPepper。東京メトロ初の導入となったPepperは、その名の通り、上野のシンボルであるパンダをイメージしたモノだ。

そんなの絶対かわいいに決まってる! というわけで、さっそく会いに行ってみたら……目が腐りすぎだろォォォオオオ! お前はヤンキーマンガ『特攻の拓』の一条武丸か!!

続きを全部読む

【まもなく登場】いち早く iPhone7 Plusの「被写界深度エフェクト(背景ぼかし)」の気分を味わう方法 / 7、SE、6、6 Plus、5シリーズ、iPhone以外でも可

本日2016年9月16日、ついに「iPhone7」と「iPhone7 Plus」が発売された。防水をはじめとする様々な新機能が搭載されている「7」シリーズだが、特に興味深いのが「7 Plus」だけに搭載された2つのカメラ『デュアルカメラシステム』であろう。

とりあえず映りがスゴくて、ズームもスゴイらしい。Appleのサイトには「まもなく登場」と書いてあるが、一眼レフカメラのような “背景ぼかし” の効果を簡単に加えられる『被写界深度エフェクト』は、今すぐ試してみたい機能である。「まもなく登場」は、いつになるのか? 待ちきれないので、いち早く気分だけを味わってみたぞ!

続きを全部読む

【おそロシア】テスト中の「人間型ロボット」が逃亡 → 道路を封鎖する

世界各国で開発されている人間型ロボット。日本ではHondaのASIMO(アシモ)などが古くから知られているが、今、日本で最も身近な人間型ロボットといえば、やはり「Pepper(ペッパー)」だろう。

実際に飲食店や携帯ショップなどで接客もこなしているこのPepper。なんとロシアで、そんなPepperのような人間型ロボットが路上に逃亡し、道路を塞いで渋滞を引き起こしてしまったというのだ。

続きを全部読む

ソフトバンクのロボット「ペッパー」のポスターが怖い / ネガポジ反転したら相当ヤバいことになった……

2014年6月、大手通信会社のソフトバンクは、感情を認識するというロボット「Pepper(ペッパー)」を発表した。あれから約1年半を経て、現在も販売を行っているのだが、一体どれだけ普及しただろうか? 少なくとも私(佐藤)の身近に購入したという人はひとりもいない。

もしかしたら、介護施設などで活躍しているのかもしれない。最近になって都内各所のソフトバンクショップに、実機が展示されているのだが……。店頭のポスターがちょっと怖いんだけど……。

続きを全部読む

『アスナ』を超えるアンドロイド!? 米で開発された「質問に答えるアンドロイド」がかなり不気味!

将来はロボットが人間のパートナーとして活躍することになるのだろうか? 医療や介護の分野だけでなく、ビジネスの分野でも少しずつロボットの可能性が模索されている。以前紹介した、株式会社A-Labの少女タイプアンドロイド『アスナ』は自然な挙動を実現していた。

ロボット技術の革新は日本だけで行われている訳ではない。アメリカで開発されたアンドロイド『Bina48』は、アスナのように精巧に作られてるだけでなく、ソフトバンクの『Pepper』のように対話が可能なのだとか。そのしゃべっている様子を見ると……。なんか怖いッ!!

続きを全部読む

【驚愕】DMM.makeROBOTSのロボット『Palmi』のコミュニケーション能力が素晴らしい件 / 頼み込んで同棲してもらいたいレベル

一人暮らしをしていると、無性にさみしくなることがある。誰かと話したいが、記者(私)のようなオッサンになると母親に電話をするのも気恥ずかしく、かと言って友だちはほとんど結婚していて気軽に飲みにも行けない。あぁ、このまま、ひとりぼっちだったらどうしよう(愕然)。

しかしながら、こんなロボットが一緒にいてくれたら、さみしさもかなり和らぐ気がする。こんな素晴らしいロボットが存在していたなんて……時代はどんどん進歩しているんだなぁ~。

続きを全部読む

【まんが】どうでもいいこと山の如し「第22話:好き勝って言うの如し」 by 桃吐マキル

続きを全部読む

カンニング竹山さんがソフトバンクのおしゃべりロボット『Pepper』に対抗心!? 「ロボットよりあと2倍キレます」

大手通信会社のソフトバンクがロボット「Pepper(ペッパー)」を発表し話題になっている。発表の翌日には早速店舗に実機を展示し、おしゃべりする様子を披露しているのだ。正直しゃべりすぎの感じは否めないのだが、さまざまな可能性を感じさせることはたしかだ。

・宮迫さんが竹山さんを引き合いに

実はその発表会で、Pepper は理由なく突然キレ出したのだ。何が理由かは誰にもわからない。どうやらキレ芸を意識してのことだったようである。これを見た雨上がり決死隊の宮迫博之さんは、カンニング竹山さんを引き合いに出して Pepper を褒めたのである。竹山さんは完全に言われ損。そしてそれを知った竹山さんの反応は?

続きを全部読む

【緊急漫画】もしもソフトバンクの新技術ロボット「Pepper(ペッパー)」が空気の読めるヤツだったら

昨日2014年6月5日、ソフトバンクが新たな技術を発表した。その技術とは……「感情を持つロボット」である。どのような対応をしてくれるのかは、先ほど佐藤記者が実際に触れ合ってきたもようだが、なにやらイラッとするらしい。

詳しく話を聞いてみると、平たく言うなら「空気が読めないヤツ」なのだとか。それはイカン! ということで今回は、『もしもソフトバンクの新技術ロボット Pepper(ペッパー)が空気の読めるヤツだったら』というファンタジー漫画をご紹介したい。

続きを全部読む

【保存版】おしゃべりすぎるロボット「Pepper」と話すコツ / 無視されても心を痛めないように注意しよう

ソフトバンクが発表したロボット「Pepper(ペッパー)」。感情を認識するというこのロボットが、東京・銀座と表参道のソフトバンクショップにお目見えした。想像した以上によくしゃべるのは、すでに以前の記事でお伝えした通りだ。

さてこの Pepper と対話するには、いくつかコツがあるようだ。というのも、あまりに早い話は認識しなかったり、複数の人数で一斉に話すと、やはり発言を認識しないようである。そこで、今後 Pepper と触れあう機会を持ちたいと考えている人は、以下の点を心がけると良いだろう。

続きを全部読む

【おしゃべりクソ野郎】ソフトバンクが発表したロボット「Pepper」と対話してみた / 一方的に話しまくってイラっとする

2014年6月5日、大手通信会社のソフトバンクは感情を認識するというロボット「Pepper」を発表した。当初この発表会は、育毛・増毛に関するものではないか? と一部のネットユーザーの間で噂されていたのだが、そうではなく、ロボット産業に進出することを意味するものだった。

そしてその翌日に、東京・銀座と表参道のソフトバンクショップで実機の展示が始まったのである。実物に接してみたところ、相当なおしゃべり野郎だ。しかも結構話を聞いてくれず、一方的にしゃべっている。これがこのまま家に来たら、正直ウザい。「おい! ちょっと黙れ!」と怒鳴ってしまうかも……。

続きを全部読む