「ミニチュア」にまつわる記事

【ガチ連載】初心者が作る「週刊デアゴスヌーピー」第52号:異変発生! デアゴスティーニの作画が明らかに変わった編

ピーナッツ! 新年2回目となる「週刊デアゴスヌーピー」、今週も張り切って作っていこう!! ということでさっそく第52号を開封したところ、どうも様子がおかしい。52号目にして初めて味わう感覚である。もしかしてデアゴスティーニさん……作画変わった?

そう、前回の作業の続きのはずなのに、明らかに雰囲気の異なるパーツが紛れ込んでいるのだ。キッズアニメかと思ったら大友克洋だったくらい世界観が違うぞ。一体どうしたというのか?

続きを全部読む

【ガチ連載】初心者が作る「週刊デアゴスヌーピー」第51号:冬に作るデアゴスティーニが最高すぎた! そのたった一つの理由編

ピーナッツ! 皆さま、明けましておめでとうございます。前回の総集編でもお伝えした通り(あけおめ言い忘れてた)、この魂のガチ連載「週刊デアゴスヌーピー」はついに折り返し地点となる第50号を突破いたしました。スタートから約1年かけての到達であります。

完成まで残り50冊、残り約1年。まだそんなにあんのかよ! という気もしなくはないですが、新年を迎え、気持ちも新たに突き進んでいく所存です。引き続き応援をよろしくお願いいたします。それでは「週刊デアゴスヌーピー」シーズン2、スタート!

続きを全部読む

【あと半分】デアゴスティーニ「スヌーピー&フレンズ」50号到達記念! 現在完成している全パーツがこちらです / 週刊デアゴスヌーピー総集編

ピーナッツ! 昨年1月に創刊されたデアゴスティーニ『つくってあつめるスヌーピー&フレンズ』を、ずぶの初心者が約2年間かけて完成させるという魂の企画「週刊デアゴスヌーピー」がこの度、ついに第50号に到達した。そう、完成まであと半分である。ここまで来たか……!

今回は50号達成を記念して、現在完成しているすべてのパーツをドドンとまとめてみようと思うぞ。どうか第100号までの途中経過としてご覧いただきたい。約1年に渡る私(あひるねこ)の苦労の結晶が……これだァァァァアアア!!!

続きを全部読む

【ガチ連載】初心者が作る「週刊デアゴスヌーピー」第49号:緊急事態発生により2日連続で公開します / その理由に納得しかない編

ピーナッツ! タイトルを見て驚かれた方もいるかもしれませんが、マジの緊急事態が発生してしまいました。いつもは週に一度公開している本連載「週刊デアゴスヌーピー」ですが、おそらく明日も公開しないと大変なことになりそうです、

いやね、ここ数号のデアゴスティーニはなんか変だなとは思ってたんですよ。以前と比べ、やけに作業量が少ないと。進行がゆっくりしすぎていると。その意味が今回、ようやく分かりました。とにかくまずは第49号を組み立てていきましょう。

続きを全部読む

【まとめ】2021年の個人的ヒットカプセルトイ5選! リアルなだけでは生き残れないガチャガチャの世界

全国各地で大型専門店のオープンが続くなど、空前のカプセルトイブーム。筆者も仕事1割、個人的趣向9割でいろいろな商品を買った。

ただ「精巧なだけ」「リアルなだけ」では心ひかれない。もはやそれは当たり前の基本性能のようなもので、見た人をアッといわせる驚きや、「よくぞこれを」とうならせるアイディア、思わず笑ってしまうユーモアなど、プラスアルファが求められていると思う。ここで紹介するのは、そんな商品だ。

続きを全部読む

【ガチ連載】初心者が作る「週刊デアゴスヌーピー」第48号:歴代最強クラスの激ヤバ号あらわる! 作業時間はまさかの…編

ピーナッツ! 週に一度のお楽しみ連載「週刊デアゴスヌーピー」のお時間である!! さて、いきなりだがヤバイことになった。もしかしたら歴代最強にバリヤバイかもしれない。一体どうしたらいいんだ……。

とりあえず組み立てていくので、どうか驚かずにご覧いただきたい。

続きを全部読む

隠すべきか見せるべきか…キッチンに馴染みまくる「アイラップ専用ケース」が生み出す苦悩

時短調理から防災まで、過去記事でも何度か報じている岩谷マテリアルの「アイラップ」。

昭和のホームドラマに出てきそうなレトロパッケージや、かつては売上の75%が新潟、山形、富山、石川、福井に集中というローカル色など、なにかとキャラの濃い商品だ。そんなアイラップに公式「専用ケース」が誕生した。

アイラップの外箱は、独特の三角形の形。市販の収納グッズはなかなかフィットしないが、「キッチンで目立たせたくない」という愛用者の声に対応したのだという。

続きを全部読む

【ガチ連載】初心者が作る「週刊デアゴスヌーピー」第47号:細かすぎて伝わらないデアゴスティーニ選手権、第1位編

ピーナッツ! 年末に向け慌ただしさが加速する毎日だが、この連載だけは通常営業でお送りするぞ。週に一度のお楽しみ「週刊デアゴスヌーピー」のお時間である。さあ! 今日も心を燃やして組み立てるぜェェェェエエエ!!

と思いきや……実を言うと今回、ちょっと大変なことになってしまいました。いや、別に失敗したり壊れてしまったワケではない。無事に完成したんだけども……おそらく読者の皆さんは完成形を見て「え?」と思うはず。「え、ホントに作った?」と。詳細は以下でお伝えしよう。

続きを全部読む

【大阪】ホビーの聖地「海洋堂ホビーランド」に行ってきた! “これぞオタク道” の奇想天外なフィギュアのテーマパーク

「海洋堂」といえば、いわずと知れたフィギュア界のパイオニア。

「秘境」といってもよさそうな高知県の四万十や、琵琶湖沿いの滋賀県長浜市にミュージアムがあるが、大都市圏からは少々遠い。ところが2021年6月、海洋堂ゆかりの地・大阪府門真市に「海洋堂ホビーランド」がオープン。

これまでの社史や商品を紹介する資料館……かと思いきや、「中の人」の趣味趣向が爆発する奇妙奇天烈なフィギュアのテーマパークだったのでご紹介したい。ちなみに一般の来館者でも全館写真撮影OKだ。

続きを全部読む

【カプセルトイ】日本人はどこまで謝り続けるのか! いろんな謝罪を再現した「お辞儀猫」がシュール

謝罪大国にっぽん。「謝罪は非を認めたことと同義(=不用意に謝るな)」という文化もある中で、相手を立てる、礼を伝える、手間をかけさせたことをわびる、といった多様な謝罪のバリエーションがあるのも日本くらいではないだろうか。

そんな我が国の精神性を象徴するカプセルトイを発見。どうにも心をざわつかせるニャンコたちをご紹介したい。

続きを全部読む

【ガチ連載】初心者が作る「週刊デアゴスヌーピー」第46号:パーツがしょぼすぎてブチギレかけるも、最終的にワクワクが止まらない編

ピーナッツ! 今年も残すところあと1カ月。早いよなぁと毎年のように思うが、デアゴスティーニが家に届くペースもマジで早い! というワケで、さっそく始めていきましょう。「週刊デアゴスヌーピー」のお時間である。

それにしても前号は分厚かった。過去最大級の厚さだったと言っても過言ではないだろう。まさかアレが2号連続で続くことはないと思うが、でもデアゴスティーニだしなぁ……と軽く怯える私(あひるねこ)。しかしこの後、届いた冊子を見て度肝を抜かれてしまった。

続きを全部読む

【ガチ連載】初心者が作る「週刊デアゴスヌーピー」第45号:過去最大級にブ厚い冊子が届く → 開けたら心臓が止まりかけた編

ピーナッツ! 早いものでこれが11月最後の更新になりそうだ。毎度おなじみ「週刊デアゴスヌーピー」のお時間である。日に日に寒くなりますが、皆さん風邪を引かないように気を付けましょうね! それではさっそくデアゴスティーニ軍曹にボコられていこうと思います。

ここ数号はひたすら簡単な作業が続いたので、そろそろ軍曹も過激な鬼ブッ込みを仕掛けてくるに違いない。これは一瞬たりとも油断できないぞ……と身構えていたら、明らかにいつもより分厚い冊子が届いて震えが止まらないでござる。誰か代わりに開けてくれー。

続きを全部読む

【ガチ連載】初心者が作る「週刊デアゴスヌーピー」第44号:デアゴスティーニから誕生日プレゼントが届くも、逆にキツイ編

ピーナッツ! お待ちどおさまでした。週に一度のお楽しみ、「週刊デアゴスヌーピー」のお時間です。さて、結論から言うとこの第44号は、デアゴスティーニから私(あひるねこ)への誕生日プレゼントのような内容となっている。誕プレならぬ、誕デアである。

実は今週15日に36回目の誕生日を迎えたのだが、あのデアゴスティーニ軍曹から贈り物をたまわるとは光栄だ。うっす! 今号はいつも以上に心を込めて作らせていただきまっす!! ただ軍曹、この誕デア……何というか逆にキチイっす。

続きを全部読む

【ガチ連載】初心者が作る「週刊デアゴスヌーピー」第43号:デアゴスティーニからの事実上の謝罪編

ピーナッツ! 週に一度のお楽しみ連載「週刊デアゴスヌーピー」のお時間である。さあ、今日も張り切って作るぞ! と言いたいところなのだが、皆さんにはちょっと今からここ数号の記事タイトルをご覧いただきたい。ではどうぞ。

第39号:あまりにも唐突な “みんなのトラウマ” 復活に大草原不可避編
第40号:まさかの2号連続ラスボス登場に心からブチギレ編
第41号:今世紀最大の絶望、そしてチャーリー・ブラウンという変態について
第42号:悪夢の葉シート6枚組と終わりのない内職編

冷静に振り返ってみると、いくらなんでも苦行の連続すぎるだろ。字面だけ見たらただの地獄やないか。このままだと第100号の完成を前に命を落としかねない。頼む……! 誰か助けてくれェェェェエエエ!!

続きを全部読む

【ガチ連載】初心者が作る「週刊デアゴスヌーピー」第42号:悪夢の葉シート6枚組と終わりのない内職編

ピーナッツ! ハロウィンが終わり、世間も徐々にクリスマスモードへとシフトしつつある今日この頃。でもそんなの関係ねぇ! とばかりに発売されるのがデアゴスティーニだ。さあ、今日も元気に「週刊デアゴスヌーピー」をお届けするぞ!

史上最強レベルの難易度だった第41号との死闘を終え、文字通り灰のように燃え尽きていた私(あひるねこ)。次に来る号も同じくらいエグかったらもはや打つ手なしだが、果たして第42号はどんな無理ゲーを我々に強(し)いてくるのか? 緊迫の一部始終は以下をチェック。

続きを全部読む

【ガチ連載】初心者が作る「週刊デアゴスヌーピー」まとめパート6:第31号~40号編 / 完成まで残り60冊!

ピーナッツ! デアゴスティーニ『週刊つくってあつめるスヌーピー&フレンズ』全100号を、約2年掛かりで完成させようというガチ連載「週刊デアゴスヌーピー」ですが、ついに全体の40%というところまでやって来ました! 残るはあと60冊!! いやけっこうあるなッ!

今回は今年8月に公開された第31号から、先週公開されたばかりの第40号までの途中経過をサクッとまとめてみたぞ。全部チェックするのはダルいという人、とにかく最新号に追いつきたいという人はぜひ活用していただきたい! 私(あひるねこ)の血と汗と涙の結晶を見よ……!!

続きを全部読む

【ガチ連載】初心者が作る「週刊デアゴスヌーピー」第41号:今世紀最大の絶望、そしてチャーリー・ブラウンという変態について

ピーナッツ! 早いものでもうすぐ10月も終わり。だけどこちらはまったく終わる気配がありません!! でおなじみ、「週刊デアゴスヌーピー」のお時間である。さあ、今日も元気にデアゴスティーニ軍曹の奴隷になるぞ~~~!

ここのところ厄介なパーツが立て続けに登場したせいで、すでに私(あひるねこ)のライフはゼロに等しい。そろそろ簡単な作業回になってくれるとありがたいんだけど……という淡い期待はこの後、粉々に打ち砕かれることになる。ハッキリ言おう。この第41号は、デアゴスヌーピー史上最恐の悪魔である。

続きを全部読む

【カプセルトイ】おぬしも悪よのぅ…悪代官になって薄ら笑いできる「山吹色のお菓子」!  贈収賄は犯罪です

「越後屋、おぬしも悪よのぅ」「いえいえ、お代官様ほどでは…」「いーっひっひっひ」

最近ではめっきり聞かなくなった……いや実際には一度も聞いたことがないが、強烈に「知っている」感がある悪代官と悪徳商人の悪だくみシーン。欠かせない小道具といえば「山吹色のお菓子」こと賄賂(わいろ)である。

そんな犯罪アイテムをカプセルトイ化した「山吹色のお菓子マスコット」に、なんと第4弾が登場! どれだけ人気なんだ。

続きを全部読む

【ガチ連載】初心者が作る「週刊デアゴスヌーピー」第40号:まさかの2号連続ラスボス登場に心からブチギレ編

ピーナッツ! 全100号中、ついに40号までやって来ました!! 週に一度のお楽しみ「週刊デアゴスヌーピー」のお時間である! いやぁ、ここまで長かったな。第40号ってことは全体の……え? 5分の2? あと5分の3も残ってんの!? 嘘だろ果てしねェェェェェェエエエエ! 

全然アニバーサリーじゃないことが発覚してしまったので、何もかも忘れてさっそく作っていきたい。さて、前号はあまりにも唐突な “緑の悪魔” の復活に意表を突かれまくった私(あひるねこ)であったが、結論から言うと今号もヤバイことになった。

続きを全部読む

【ガチ連載】初心者が作る「週刊デアゴスヌーピー」第39号:あまりにも唐突な “みんなのトラウマ” 復活に大草原不可避編

ピーナッツ! 先日の地震で危なくすべてが終わりかけた本連載「週刊デアゴスヌーピー」であるが、幸いチャーリー・ブラウンが失神しただけで事なきを得た(詳しくは記事で)。地震には気を付けないと……。

さてさて、それでは無事39号のスタートだ。前号では「リラックスタイム -みんなでお食事」ボックスの作業がいよいよ終盤に差し掛かり、そろそろ完成というところまでやって来た。おそらく今回もその続きだと思われるが、果たして……。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5