「プロ」にまつわる記事

【衝撃】プロのリコーダー奏者がガチで “速吹き” した動画がまるで別の楽器みたい

我々にとって最も身近な楽器の1つであるリコーダー。日本の学校教材に選ばれているので、小中学校の音楽の授業で慣れ親しんでいる人も多いはずだ。もちろん、私(中澤)もその1人。休み時間とかに、適当に指をバタつかせて「速吹きー!」とか言ってるヤツいたなあ。

そんな小中学生のおふざけと思っていた「速吹き」をプロのリコーダー奏者がやると凄かった。もはや別の楽器みたいになっている。

続きを全部読む

【裏ワザ】不動産のプロが教える「家賃・敷金・礼金・保証料金」を安くする方法 → 9月23日は「不動産の日」

本日9月23日は「不動産の日」である。これは1984年に「全国宅地建物取引業協会連合会」が制定したもので、秋は不動産取引きが活発になること、そして「ふどうさん(2・10・ 3)」の語呂合せから来ているという。

そこで今回は「不動産の日」を記念し、不動産のプロに「賃貸物件にまつわる疑問」をぶつけてみることにした。敷金や礼金など、我々一般人には理解しがたいことも多い不動産業界だが、知っておくと得をする “裏ワザ” も判明したので、ぜひ最後までご一読いただきたい。

続きを全部読む

映画『パシフィック・リム:アップライジング』公開記念!「ジョン・ボイエガ」&「スティーヴン・S・デナイト監督」特別インタビュー!!

2018年4月13日、シリーズ第2弾となる『パシフィック・リム:アップライジング』がいよいよ公開される。前作に引き続き敵が「KAIJU(カイジュー)」であることからもわかるように、日本への深いリスペクトが随所に散りばめられた話題作だ。

今回はそんな日本愛あふれる『パシフィック・リム:アップライジング』で主演を務めた「ジョン・ボイエガ」と監督の「スティーヴン・S・デナイト」に単独インタビューを敢行! 果たして2人が語ってくれた “プロの条件” とは? 詳細は以下でご覧いただきたい。

続きを全部読む

自称プロの写真家に撮影を依頼したらヤバいホラー写真が届いた! っていう出来事が海外で話題

コンピューターが進化し、高精度な画像加工が可能になった昨今。明るさや色の補正はもちろん、体型、顔立ち、背景などを調整して写真を全くの別物に作り変えてしまうことも珍しいことではない。

そんななかご紹介するのは、なんとも予想外の変身を遂げた家族写真だ。あるFacebookユーザーが写真家に撮影を依頼したところ、ヤバいホラー写真が届いたというから見逃せない。

続きを全部読む

【漫画】『今どきの若いモンは』にイイ意味で裏切られる人が続出中! 素敵すぎる「今どきの若いモンは」の使い方がコレだ!!

自分が若い頃は言われてイヤだったのに、それ相応の年齢になるとついつい口に出そうになる「今どきの若いモンは」という言葉。基本的にはネガティブな意味で使用され、言われた方は「ハァ……」としか返せない、極めて生産性の薄い決めゼリフである。

そんな「今どきの若いモンは」を題材にした漫画が、いまTwitterで大きな話題を集めていることをご存じだろうか? 言葉のイメージから暗い作品かと思いきや、イイ意味で裏切られる人が続出中! 最高に素敵な「今どきの若いモンは」なのだ。

続きを全部読む

完成度高すぎ! 映像のプロが「5万円の中古車」の広告動画を作るとこうなる

世界トップの自動車大国として知られるアメリカ。土地が広大であるのに加え、交通機関が隅々まで発達していないため、一部地域を除いていまだ自動車は必需品だ。

そんなアメリカで、プロの映像作家が制作した広告動画が話題になっている。取り上げているのは、普通の中古車「1996年式 ホンダ アコード」。ただ、完成度が高すぎて YouTube で驚異的な再生回数を記録しているのだ。

続きを全部読む

トレースやコピペばかりしてるマンガ家に「なぜ絵を描かないのか」聞いてみた

絵に描いたような夢があふれる小学校の卒業文集。ある日、私(中澤)の卒業文集を開いてみると、将来の夢のところに「マンガ家」と書いてあった。そう言えばあの頃マンガ家になりたかったなぁ。絵が好きな人にとってマンガ家は一度は憧れる職業だろう

絵が描きたいからマンガ家になる。それは当時、当然の帰結のように思えた。だがしかし、私の知り合いのプロマンガ家はトレースやコピペばかりしている。一体なぜ? そこで本人に聞いてみることにした。

続きを全部読む

【どう思う?】「ノーギャラでお願いします」とオファーが来たプロ司会者が依頼を断った話が話題

社会人のみなさん、今日もお仕事ご苦労さまです! 突然ですがみなさんは、何のために働いていますか? やりがいや達成感を得られることはもちろんですが、“お金のため”ってのは正直ありますよね? 無いなら無いでどうにかなるけどあっても困らないもの、それがお金です。

ところで、もしみなさんに「タダ働きしてくれ」と依頼が来たらどうしますか? 普通に考えて「え?」ってなりませんか? もっと言えば「非常識だな」と思いませんか? ところが業種によっては「ちょっとタダでやってよ~」という依頼がチラホラあるようです。

続きを全部読む

プロすげぇ! 本気で『進撃の巨人』のメイクをしたボディペインターの金髪美女

現在、テレビアニメ2期が放送されており、何かと話題になることも多い『進撃の巨人』。2017年7月には舞台化も控えており、まだまだその “快進撃” は止まりそうにない。

同作は海外でも大人気で、これまでに数多くの巨人関連動画がネットを騒がせてきたが、またしてもスンゴイ動画が投下されていた。なんと、金髪美女が本気で『進撃の巨人』のメイクをしたという。

続きを全部読む

【お見事】アナグマが自分の倍以上デカい牛を地面に埋める貴重映像が撮影される

こいつはプロの犯行だな。もし刑事が調査したならば、そんな声が聞こえてきそうな動画が話題になっている。犯行内容を聞いて驚くなかれ。なんとアナグマが自分の倍以上デカい牛を神隠しのごとく連れ去ってしまったのだ。

動画に収めることに成功したのは、アメリカ・ユタ大学。生態調査のために仔牛の死骸をグレートベースン砂漠に放置していたところ、数日間で完全消失。調べてみると、犯人はまさかのアナグマで、しかもプロフェッショナルとも言える仕事ぶりが映っていたという。

続きを全部読む

【コラム】電車で見かけるプロ意識の高い9条さん

少し前から気になっている人がいる。気になるといっても女性ではなく男性、それも若いメンズではなく、どちらかといえばオジサンだ。これまで目撃できたのはたったの2回、どちらも電車の中だった。それも時間は数十秒。なので顔は覚えていない。

しかし彼には、一度でも見たら絶対に忘れられないであろうインパクトある芸風と、真の目的がイマイチよくわからないミステリアスさを兼ね備えていた。そんな彼のことを、私(羽鳥)は心の中で勝手に「9条さん」と呼んでいる。

続きを全部読む

【動画あり】プロ直伝! スーツやシャツを美しくコンパクトに畳む方法がこれだ!!

人が社会で生きていくために、身だしなみは大変重要な要素のひとつである。冠婚葬祭の際はもちろろん、取引先などでお客さんと接する機会の多いビジネスマンとなればなおさらだ。

そこで今回はスーツやシャツになるべくシワを付けずに美しく畳む方法を収めた動画を紹介したい。出張などでスーツを持ち運ばなければならないときなどに、きっと役立つハズだ。

続きを全部読む

【神業動画】仕事の極意を身につけた職人たちが繰り出す「プロの美技」7連発

その道を極め、熟練の技を持つ人は「プロ」と呼ばれる。他の人に真似できないような “技” を持つ彼ら。雲の上のような存在と思いきや、意外と身近なところにいたりするものだ。

ということでご覧いただきたいのが、動画「Amazing Skilled Workers」に登場する7人の神様。近いところで極意を身につけたプロたちは、どんな仕事ぶりを見せているのか。その職人技は瞬き禁止だ!

続きを全部読む

【画像あり】テイラー・スウィフトのボディーガードは絶対に動じない

クライアントの身を守るため、時に命がけで職務を全うするボディーガード。彼らに求められるのは「絶対の忠誠心」と「タフな肉体」、そしてどんな場面にも動じない「冷静沈着な心」だろう。

そんなボディーガードの条件を完璧に満たしているプロ中のプロ、すなわち “キング・オブ・ボディーガード” が話題になっているのでご紹介したい。彼は世界的歌姫、テイラー・スウィフトさんのボディーガードである

続きを全部読む

粉状にしたフリスクの “正しいキメ方” をその道のプロに聞いてみた / プロ「鼻から吸ってるようじゃ素人」

センター試験は終わったが、大学入試はむしろこれからが本番。受験生諸君も最後の追い込みをかけている時期だと思う。勉強の最大の敵、睡魔克服の術を探るべく、粉状にしたフリスクを鼻から吸うという方法を試した私(あひるねこ)。見事ブッ飛んだのは記憶に新しい。

しかし、その一部始終を見ていたある人物から「鼻から吸ってるようじゃ、まだまだ素人だな」という言葉を浴びせられたのだ。これは一体どういう意味なのか。以下は、自他ともに認める “その道のプロ” が教える、粉状フリスクの正しいキメ方の全容である。

続きを全部読む

クリぼっちのプロに聞いたリア充を悔しがらせる方法 / プロ「クリスマスはぼっちが主役」

メリークリスマ~ス! 12月24・25日はリア充な皆さんにとって特別な日。クリスマスをひとりで過ごす、いわゆる「クリぼっち」にとっては寂しくわびしい2日間のはずである。

ところが、自称「クリぼっちのプロ」に言わせると、「クリスマスはぼっちが主役」というのだ。これは一体どういうことなのか? クリぼっちのプロを自負する、中澤せいじ氏に話を聞いた。

続きを全部読む

マジかよ! マリファナの栽培から売りさばき方まで教えてくれる大学講座が開講するってよ!!

賛成派・反対派、色々あるマリファナ。医療用として徐々に解禁されつつある昨今。なんとこの度、カナダにマリファナの栽培から販売方法まで教えてくれる大学講座が開講されるというではないか!

ついに時代はここまで来たか……ということで、どんな講座かちょっくら見てみよう!!

続きを全部読む

【仰天動画】ドボン寸前! 海外で撮影された「車を船に乗せる方法」がまるでサーカス!!

この世の中では、さまざまな分野で「プロフェッショナル」と呼ばれる人が存在する。その道をトコトン突き詰めた達人たちは、他の人に絶対真似できない技を持っているものだ。

そして今回ご紹介する動画「LiveLeak – Warning: Don’t Try This at Home!」に登場するドライバーもそんな一人。車を船に乗せるプロ……それだけ聞くと誰にでもできそうだが、そのドライバーの技術が別格すぎるのである。

続きを全部読む

【衝撃】中国の「プロの物乞い」は1カ月で18万円以上儲けるらしい / 繁忙期は50万円以上稼ぐことも!

「初めて中国に行ったとき何にビックリした?」と聞くと、「道が汚い」「美女も道路に痰を吐いてた」に並んでよく聞くのが「物乞いが多い」だ。

これが中国の格差……と思いきや! 中国には人にお金を請うことで生計を立てる「プロの物乞い」が存在するという。しかも、結構稼いでいるらしいという噂だ。真相は闇に包まれていたが、ネットで公開されたある画像によると、稼ぎのいいプロの物乞いは1カ月に18万円以上稼ぐらしい! マジかよ!?

続きを全部読む

【安くて美味しいウニを求めて】900円から6500円のウニ4種類をプロが目利き! どんなウニが一番美味しくてコスパが良いか調べてみた

フォアグラやキャビア、トリュフなど、世界には美食家たちを唸らせる高級食材が山ほどある。日本でそれに肩を並べる食材といえば、北海道を代表する海産物の『ウニ』を思い浮かべる人が多いのではないだろうか?

だが、高級食材のはずであるウニはなぜか100円の回転寿司や大衆居酒屋でも食べることができる。しかし安いウニを食べてみると、苦かったりして美味しいと思えないことがほとんどだ。高級なウニはとろけるほど美味しいのに……。

高くて美味しいウニは当たり前。でも “安くて美味しいウニ” はないのだろうか? そんな幻の安ウマウニを探すため、千葉県の市場へ行ってみた!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2