「プロ野球」にまつわる記事

W杯のコロンビア戦で一発退場した選手がヤクルト・山田哲人に激似と話題 / ネットの声「見れば見るほど山田哲人」

まさかまさかのそのまさか! ロシアW杯初戦、日本は前評判を覆してコロンビアに2ー1で勝利。グループステージ突破に向けて、貴重な勝ち点3を手にした。

そのきっかけになったのは紛れもなく前半6分で一発退場になったカルロス・サンチェス選手で間違いないだろうが、ここにきて思わぬ人物の名前が挙がっている。なぜか東京ヤクルトスワローズの山田哲人選手である。

続きを全部読む

【動画あり】落合博満が語る『プロ野球の序盤戦を振り返って』に意外なエピソードが →「監督時代に獲ろうとしていた選手は…」

交流戦に突入し、全体の約1 / 3を消化したプロ野球ペナントレース。序盤戦を振り返りいかがだろう? 応援しているチームはどの位置につけているだろうか? 満足しているファンも絶望しているファンもいると思うが、今回は名将「落合博満」が見たペナントレース序盤戦をお伝えしたい。

球団ごとに制作された12の動画はハッキリ言って見どころ満載。中には落合が中日監督、GM時代に「トレードで獲得しようとしていた選手」を明かした動画も含まれているぞ。

続きを全部読む

【動画あり】落合博満が語る『プロ野球交流戦の見どころ』が納得しかない →「パ・リーグの方が強い理由は…」

いよいよ本日2018年5月29日から、プロ野球交流戦がスタートした。2005年に始まった交流戦も14回目を迎え、普段とは違うチーム同士の対戦を楽しみにしているファンも多いことだろう。

そんな交流戦の見どころを、プロ野球ファンならば誰もが一目を置く名将「落合博満」氏が語っている。果たして落合が語る「パ・リーグの方が強い理由」とは? 続きは以下でご紹介したい。

続きを全部読む

【動画あり】たぶん現役プロ野球選手最速! 千葉ロッテ「荻野貴司」がやっぱり速い!!

古くは福本豊氏に始まり、高橋慶彦、緒方孝市、イチロー、赤星憲広……などなど、プロ野球に引き継がれる “韋駄天” の系譜。試合の流れを大きく変える盗塁や走塁はプロ野球の醍醐味であるが、現役プロ野球選手の中で「最も速い男」は誰なのだろうか?

12連続で盗塁王に輝いた福本豊氏のような突き抜けた存在がいないため評価が分かれるところではあるが、個人的には千葉ロッテマリーンズの「荻野貴司(おぎの たかし)」を推したい。入団以来、怪我に泣かされ続けてきた荻野だが、今シーズンはかつての輝きを取り戻しつつあるのだ。

続きを全部読む

【プロ野球】こんな幕切れってあるのか…オリックスのサヨナラ劇が珍しすぎると話題 / ネットの声「ピタゴラスイッチみたい」

たとえプロだとしても野球に絶対はない。ミスは起きるし、とんでもないようなミラクルだってある。例えば2018年5月10日に行われたオリックス・バファローズ vs 北海道日本ハムファイターズの結末もそうだ。

まさかのサヨナラ劇は1−1の同点のまま両者譲らず迎えた延長12回裏、2アウト満塁でオリックスが攻撃中のことだった。あとアウト1つ……そんな場面で起きた珍プレーは必見だ!

続きを全部読む

【動画あり】ついに出た! 清宮が第1号ホームラン!!

ついに出た! 2018年5月9日、北海道日本ハムファイターズの清宮幸太郎選手がプロ第1号ホームランを放った。オリックス・バファローズ戦に5番・一塁で先発出場すると、0−0で迎えた2回表にその時はやってきた。

続きを全部読む

東北楽天ゴールデンイーグルスあるある40選

ま、まだシーズンは始まったばかりだから! もしかしたら震えている楽天ファンはいるかもしれないが、シーズンは長いし、もう少しで交流戦も始まる。20試合程度の戦いで判断するのは、早計というやつだろう。

さて、今回はそんな東北楽天ゴールデンイーグルスをピックアップ! 球団や選手にファン……楽天にまつわる「あるある」を40連発でお届けしたい。それではどうぞ!

続きを全部読む

【動画あり】ついに清宮が覚醒! プロ初ホームランから2打席連続アーチ / ネットの声「清宮あああああ」「一軍に上がるの楽しみ」

ついに出た! 2018年4月20日、北海道日本ハムファイターズの清宮幸太郎選手がプロ初となるホームランを放った。イースタン・リーグの千葉ロッテマリーンズ戦に3番一塁で先発出場すると、迎えた3回裏、1−3とビハインドの展開でその時はやってきた。

続きを全部読む

【戦車かよ】プロ野球界最重量の135キロ! 楽天の巨漢「アマダー」選手の華麗なる盗塁がこちらです

あなたは現役プロ野球選手の中で、もっとも体重が重いのは誰かご存じだろうか? 答えは東北楽天ゴールデンイーグルスの「ジャフェット・アマダー」選手だ。その体重は公称で135キロだから、西武の “おかわりくん” こと中村剛也選手より30キロ以上も重いことになる。

昨シーズンは23本のホームランを放つなど圧倒的なパワーが持ち味のアマダー選手だが、2018年4月7日の試合で来日初となるまさかの盗塁を決めた。これはある意味で歴史的快挙です……姉さん。

続きを全部読む

【動画あり】落合博満が語る『プロ野球12球団の見どころ』が流石すぎる →「若手とベテランの違いは……」

開幕直後から熱戦が繰り広げられているプロ野球ペナントレース。メジャーリーグでは大谷翔平選手が2試合連続のホームランをかっ飛ばし全米の話題をさらっているが、ゲームそのものの面白さはプロ野球だって負けていない。

さて、つい先日の記事で「落合博満が語る12球団の注目選手」という動画をご紹介した。実はあの動画は第2弾で、第1弾が存在するのだ。その名も『落合博満が語るプロ野球12球団の見どころ』──。全プロ野球ファンよ、ズバリ必見だ。

続きを全部読む

【2018年】プロ野球新人選手「珍しい名字ベスト30」が発表される → 注目の「清宮」は第13位

いよいよ待ちに待ったシーズンが到来した。そう、プロ野球ペナントレースの開幕である。セ・リーグは広島東洋カープ、パ・リーグは福岡ソフトバンクホークスが本命視されているが、果たして最後に笑うのはどのチームなのか? 秋まで目が離せない。

それはさておき2018年4月、名字由来netを運営する「株式会社リクスタ」が「2018年プロ野球新人選手珍しいレア名字ベスト30」を発表した。果たして今シーズンから活躍する新人選手の中で珍しい名字はどんなものがあるのだろう?

続きを全部読む

【動画あり】落合博満が語る「12球団注目選手」がメチャメチャ興味深い / プロ野球ファンなら絶対に見ろ!

いよいよ始まった2018年ペナントレース。おそらくプロ野球ファンは贔屓チームの勝敗に一喜一憂している頃だろう。果たして秋にチャンピオンフラッグを掴むのはどのチームなのか? 選手たちの活躍に期待だ。

さて、今回はプロ野球ファンならば絶対に見ておくべき動画をご紹介したい。ズバリ『落合博満が語る12球団注目選手』である。きっとこの動画を見たら「さすが落合……!」と目からウロコが落ちるハズだ。

続きを全部読む

【開幕直前】千葉ロッテファンが2018年ペナントレースで望む4つのこと

2018年3月30日、いよいよプロ野球ペナントレースが開幕する。例年ならばワクワクが止まらないタイミングだが、千葉ロッテファンの私、P.K.サンジュンの気持ちは晴れない。なぜならば、どう考えても厳しい戦いが待っているからだ──。

ほとんどの解説者が言うように、おそらく今シーズンのロッテは下位に沈むだろう。それではダメなのだが、それでもいい。もし今回挙げる4つのことを達成してくれるのならば。

続きを全部読む

【悲報】川崎ムネリンの引退報道にネットは悲しみの声で溢れる / ただし正式発表はまだ…

2018年3月26日、プロ野球のシーズン開幕を前にネットが揺れている。スポーツ各紙の報道によると、ソフトバンクの川崎宗則選手が現役引退。チームは再契約を望んだが、体調不良が続いて調整が進まなかったとのことだ。

正式発表でないため情報は錯綜している状態だが、明るいキャラクターで愛されていた選手だけにネットではすでに悲しみの声が拡散。ツイッターでムネリンのワードがトレンド入りするほどの騒ぎとなっている。

続きを全部読む

【コラム】千葉ロッテファンだけどオフシーズンだけ野球が楽しくて複雑です

私、P.K.サンジュンは25年来の「千葉ロッテマリーンズ」ファンである。プロ野球記録となる18連敗に涙し、31年ぶりとなるリーグ優勝には大粒の涙を流したゴリゴリの千葉ロッテファンだ。そんな私にとって2017年は存在しなかったことになっている──。

プロ野球ファンの方ならばご存じだろうが2017年の我が千葉ロッテは54勝87敗2分、首位のソフトバンクホークスに39ゲーム差を付けられるという歴史的大敗を喫した年だったのだ。そうだ、おそらく2017年はそもそもペナントレースが開催されていなかったに違いない……。

続きを全部読む

【感動】プロ野球人生の最後に投げたのは代名詞の超スローボール / 多田野数人さんの引退セレモニーが泣ける…

春は出会いと別れの季節というが、プロ野球界でも1人の選手が15年の現役生活を終えた。元北海道日本ハムファイターズで投手として活躍した多田野数人(ただの かずひと)さん。メジャーリーグから日本プロ野球界入りした異色の選手だった。

2018年3月1日、彼の引退セレモニーが札幌ドームで行われたのだが、感動的な一部始終がネットで拡散されつつある。涙なくして見られないその様子は、パ・リーグTVが動画にして公開している。

続きを全部読む

【暗黒】千葉ロッテマリーンズの次期監督は誰がいいのか真剣に考える

千葉ロッテファン歴20数年……こんなにつまらないシーズンは記憶にない。2017年8月21日現在、借金は驚異の38……チーム打率最下位! チーム防御率最下位!! 勝率に至っては4割を切って3割2分1厘! ハッキリ言って暗黒期の幕開けである……。

そんな中、チームを5年間率いて来た伊東勤監督が、今シーズンいっぱいでの辞意を表明した。何かと脆弱な千葉ロッテを5年間で3度もAクラスに導いた名将、伊東監督。本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました。ただファンとして気になるのは……後任監督についてである。

続きを全部読む

【プロ野球】強打者の「ホームラン確信歩き」を集めた動画が惚れ惚れするほどカッコイイ

野球の華というと、なんと言ってもたった一振りで勝負を決めることができるホームラン。打った瞬間にソレとわかるような打球であれば、球場の視線は美しい放物線に集まるものだ。

ただ、一部のファンはホームラン後の “確信歩き” の美しさにも密かに注目している。確信歩きとは、その名の通り、打者がカキーンと打ったその瞬間からホームランを確信し、ゆっくりと一塁へ向かって歩き出すことを指す。

続きを全部読む

【プロ野球】川崎ムネリンがインタビューで英語ペラペラ! なぜ国境を越えて愛されまくるのか一発でわかる動画がコレだ!!

ムネリンこと川﨑宗則選手がシーズン開幕直後に福岡ソフトバンクホークス入団し、早いもので約3カ月が経った。アメリカ帰りということで序盤こそ調整に時間を要したが、今ではチームに欠かせない存在となったのはご存知の通りだ。

そのムネリンといえば、国境を越えて愛される明るいキャラクター。ただ、日本球界に復帰したことで、もう英語でヒイヒイ大爆笑を生み出す姿は見られない……と思いきや、英語でインタビューに受け答えしている動画が YouTube に公開されていた。もちろん、ムネリン節は炸裂だ!

続きを全部読む

【デジャヴ】野球日本代表「侍ジャパン」の新ユニフォームがそこはかとなくヤクルト

2017年3月に開催されたWBC(ワールドベースボールクラシック)では、ベスト4となった野球日本代表・侍ジャパン。次回大会こそは悲願の王座奪還が期待されるが、2017年6月26日、公式サイト上で新ユニフォームが発表された。

縦じまストライプのユニフォームは「お、カッコいいじゃん」……と思いきや、あれ……? なにこのデジャヴ……? というか、これってヤクルトじゃね? 往年のヤクルトスワローズのユニフォームじゃね?

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 12