「ファイナルファンタジー」にまつわる記事

【一発芸】楽器ひとつで「めっちゃRPGに出てきそうなキャラ」に変身した男性がどう見てもアレだとネット民の心をつかむ

マッハの速さで情報が飛び交うネットでは、思わぬところから人気に火がつく。どんなにくだらないとしても、一度注目を浴びたら止まらないし止められない。そして現在、そんな状況になって海外ネット民の心をつかんで離さない男性がいる。

なんでも彼は、チューバひとつで「めっちゃRPGに出てきそうなキャラ」に変身してみせたらしい。海外でニュースになるほどの一発芸とは、どんなものだろう。噂の Instagram を覗いてみると……おぉ、まさしくこれは!

続きを全部読む

【注意喚起】本日2月15日、街頭の「ポケットティッシュ配り」を絶対に無視しない方がいい理由

繁華街を歩いていると、必ずと言っていいほどポケットティッシュを配っている人に遭遇する。アルバイトらしきスタッフが広告を挟んだティッシュを「お願いしまーす」と渡す光景を、これまで幾度となく見てきた。そして、彼らが通行人に無視される光景も、同じくらい見てきた。

私(あひるねこ)は割とティッシュは欲しいタイプなのだが、多くの人は、ティッシュ配りにまるで関心がないように見える。しかし、本日2018年2月15日だけは、無視せず受け取った方がいいと思うのだ。いつものようにスルーしてしまい、後で後悔しても知らないぞ!

続きを全部読む

どんなキャラでも確実に似せる「美女コスプレイヤー」がマジでスゴい / ファイナルファンタジーさえも本物同然!

今ではすっかり1つの文化となったコスプレ。一昔前とは違い、大きなイベントが開かれることもしばしばで、何なら街中で日常的にコスプレをしている人を見かけることだってある。もしかしたらハロウィンが日本で馴染んだのも、コスプレが影響しているのかもしれない。

と、それはさておき、コスプレイヤーは海外にも多い。そして今、とある美女が注目されているので紹介しておこう。ハイハイ、かわいいは正義ね……と思いきや! ただかわいいだけではなく、とんでもないクオリティで変身するのだから彼女はスゴいぞ。

続きを全部読む

宇宙から見たサウジアラビアの都市「メッカ」の夜景にセーブポイントが! 調べてみた結果 → ガチでセーブポイントだった

今日も今日とて人ゴミの新宿。立ち並ぶ雑居ビルの上、雲のベールが憂鬱だ。そんな雲を突き抜けて空のはるか彼方……宇宙はどこまでも広がっている

現在、とある宇宙飛行士がサウジアラビアの都市「メッカ」を撮影したショットが話題となっている。Twitterに投稿された画像を見てみると、暗めの街の中から煌々と立ち上る図太い光の柱。何この場所? セーブポイント

続きを全部読む

FF8のイケメン主人公に憧れる男性が520万円で整形して大変身

日本ではあまり馴染みがないものの、海外で「整形手術」は決して珍しくない。美しくなるためなら整形するのは、国によって当たり前。中には、納得のいく顔になるまで大金をつぎ込む人だっていたりする。

あっと驚くような変身を遂げたらニュースで取り上げられることもしばしばだが、マレーシアの男性が話題になっている。なんと彼は、人気ゲーム『ファイナルファンタジー(FF)8』のイケメン主人公であるスコール・レオンハートになるよう整形したというのだ。

続きを全部読む

【FF30周年】日清バカやり過ぎ! ファイナルファンタジーとコラボした「カップヌードル15食セット」の購入者特典がトンデモない件

日本だけでなく、世界でも絶大な支持を誇る『ファイナルファンタジー』。最初のタイトルが世に送り出されてから30年。シリーズの中でも人気の高い『FF7』が発売されたのは、1997年1月31日であった。そう、今からちょうど20年前のことである。

これを記念して、日清食品はFF仕様のカップヌードル15食セットを発売することを発表した。名付けて「ファイナルファンタジーボスコレクション」である。この商品を購入すると特典として、抽選でとてつもないフォークが当たるという。フォークの全長はなんと約60センチ! 食い辛いに決まってるだろ、日清バカやり過ぎッ!!

続きを全部読む

【東京コミコン2016】ゲームや漫画を浮世絵風にアレンジした「浮世絵ヒーローズ」が見てるだけで楽しい!

アメリカ発の世界最大級サブカルチャーイベント「コミックコンベンション(コミコン)」。マンガ、アニメ、ゲーム、映画のフィギュアなどが展示されるこのイベントは、言うならば海外版のコミケだ。そんなコミコンが、ついに日本で初開催を迎えた。その名も「東京コミコン2016」である。

開催初日の本日2016年12月2日、幕張メッセの会場を回ってみたところ、さっそくコミコンっぽい海外センスなアプローチのブースを見つけたのでご紹介しよう。マンガやゲームを浮世絵風イラストにしている「浮世絵ヒーローズ」だ。

続きを全部読む

【FF15発売記念】ファイナルファンタジーの思い出70連発!

本日2016年11月29日、ついに全世界待望のゲーム『ファイナルファンタジー15』が発売される。『ファイナルファンタジー』といえば、『ドラゴンクエスト』と並んで日本が誇る超人気RPGだ。そこで今回は、発売を記念して『ファイナルファンタジー』、通称FFの思い出を語ってみようではないか。

1987年にファミリーコンピュータ用ソフトとして発売された『ファイナルファンタジー』。長い歴史を持つ作品のため、当然ファンの年代も幅広い。私(あひるねこ)はアラサーなので、特にアラサー世代にとっての思い出をあるある形式でお送りしようと思うぞ。FF、それはまさに我々の青春そのものであった!

続きを全部読む

【拡散中】スタバに「ファイナルファンタジーすぎる店員さん」がいる / 完全にあっちの世界の住人で震えた

これまでシリーズ14作が発表され、2016年11月には待望の15作目が発売するRPGの傑作、ファイナルファンタジー。これまで数回 映画化されるなど、ドラゴンクエストシリーズと並ぶRPGの金字塔と言っていいだろう。

そんなファイナルファンタジーは、日本のみならず海外にもファンが多いことで知られているが、なんとアメリカのスターバックスに「ファイナルファンタジーのキャラに激似な店員さん」がいるというではないか。果たしてどれくらい似ているのだろうか……?

続きを全部読む

【白熱しすぎ(笑)】FF14のオンラインゲーム大会に潜入取材! 吉田直樹プロデューサーにゲームで勝てるコツを聞いてみた

ゲーム大好きっ子たちが見逃せないテレビ番組といえば、TOKYO MXにて毎週金曜日18時30分から放送中の「eスポーツMaX」である。人気ゲームのマスター(達人)の座を争うバトル、毎週ワクワクさせられますなぁ。

先だって、この番組の公開収録が行われた。収録内容はというと、ファイナルファンタジーXIV(以下、FFXIV)の『ウルヴズジェイルトーナメント』! 4対4のチーム制で戦って、どちらかが全滅したら試合終了の「ウルヴズジェイル」のトーナメント! うおおおお、これはぜひとも生で見てみたい!

と、いうワケで、公開収録の現場に潜入してみたぞ!

続きを全部読む

『ファイナルファンタジー7 リメイク』の最新トレーラーが超絶クオリティすぎて海外ファンが失神寸前まで大興奮!

2015年12月5日、アメリカのサンフランシスコで行われた「PlayStat­ion EXPERIENCE」にて、全世界が待望する『FINAL FANTASY VII REMAKE』の最新トレーラーが公開された。

日本だけではなく、全世界が待ちに待った作品だけに多くのユーザーが大興奮したのだが、あまりの美麗映像に我を忘れて狂喜乱舞する人が続出。一部の熱狂的なファンは、失神寸前までぶち上がってしまったようである。

続きを全部読む

【神クオリティ】フォトショで『ファイナルファンタジー4』の地図をリアル再現した動画がマジでハンパない

いつからだろうか。人は画像加工ソフトである「Photoshop」を使い、この世のありとあらゆる残念なものを修正することを覚えた。少しくらい写りが悪くてもササッと修正。まったくの別人にすることだって、できるようになってしまった。

もちろん、素晴らしいソフトなのだが、フォトショと聞くだけで「やっぱりね」的な感じで、何が真実かわからない時代となったのも事実。しかし、ここにきて使い方ひとつでその考えは変わる動画が公開されていたのでご紹介したい。なんとフォトショでFF(ファイナルファンタジー)4の地図をリアル再現してしまったのだ!

続きを全部読む

人気女性ゲームキャラの体を “リアル” にしてみたらこうなった!『鉄拳5』のクリスティに『FF7』のティファなどがポッチャリ体型に!?

ゲームをプレイすることの魅力の一つに、強く美しい女性キャラクターたちの存在がある。『ストリートファイター』シリーズの春麗やキャミィ、『マリオ』のピーチ姫、『ドラゴンクエスト5』のビアンカとフローラなど……ゲーマーなら誰しもお気に入りの女性キャラがい・る・は・ず・だ!

だがしかし、一度は思ったことがないだろうか? あんな華奢な体で、ごついモンスターと互角に戦うことができるのか?……と。ということで、この度女性ゲームキャラが実在していたら、こんな体のはず!」との比較画像が話題を呼んでいるのだ。『トゥームレイダー』のララや『鉄拳5』のクリスティ、『ファイナルファンタジー7』のティファなど人気女性キャラが “リアル” になっちまったぞ!

続きを全部読む

【音量注意動画】ファイナルファンタジー7のリメイク発表に狂喜乱舞する海外ゲーマーたち 「オーマイガーッ!」の大連呼

アメリカで開催中の世界最大規模のゲームのイベント「E3」で、スクエア・エニックスは驚くべき発表を行った。それは、『ファイナルファンタジー7』(FF7)のリメイク版である。高い支持を誇る同タイトルがPlayStation4で発売されることが発表され、世界中のゲーマーが歓喜。同社の株は瞬時に高値をつけるに至った。

・海外ゲーマーの反応がスゴイ!

リメイク版の制作はファンが心待ちにしていたことだ。特に海外のファンの喜びようはハンパではなく、ネット上に公開された反応動画を見ると、狂気乱舞と呼ぶにふさわしいリアクションを見せている。マジで発売が待ち遠しい!

続きを全部読む

【動画あり】未知の楽器ウダーで奏でる『ファイナルファンタジー』のテーマがめっちゃ素敵!

この世にはありとあらゆる楽器が存在する。おそらくその多くがすでに完成され尽していて、もはや進化の余地がないと言えるかもしれない。そんななかで、私(佐藤)は今までに見たこともない楽器と出会った。

その楽器とは「UDAR(ウダー)」である。ウダーと聞いてどんな楽器なのか、わかる人はほとんどいないのではないだろうか。これは強いていえば、アコーディオンのように演奏するものである。しかし鍵盤がある訳ではない。これは宇田道信氏が作り出した電子楽器だ。その楽器でゲーム音楽を演奏している動画は、何とも幻想的なのである。

続きを全部読む

世界に広がるコスプレ婚!! 海外ゲームファンによる『ファイナルファンタジー』がテーマの結婚式が超楽しそう! 

幸せな2人の門出を祝う結婚式。ただでさえ、おめでたい場だが、参加した人全てがとってもハッピーになれる結婚式が話題になっている。

ある新郎新婦が『ファイナルファンタジー』がテーマの結婚式行った。さらにトーチャンもカーチャンもコスプレで登場と皆がノリノリ!! めちゃめちゃ楽しそうなのである。その様子は動画「Elegado Datan I.XXV.MMXIV Final Fantasy themed wedding」で確認できるぞ!

続きを全部読む

海外サイトが『ファイナルファンタジー』の駄作ワースト10を発表 / 1位はスマホ版のあのゲーム!

1987年に第1作を日本で発売して以来、世界を代表するRPG(ロール・プレイング・ゲーム)となった『ファイナルファンタジー』シリーズ。長く続くと、評価が分かれる作品が存在してしまうのは仕方がないことだ。そんな中でも、特に失敗作や駄作等と言われている作品のランキングが海外サイトで発表された。

「なぜ駄作として評価されているのか?」、「一番駄作として選ばれてしまった作品はどのタイトルだったのだろうか?」シリーズのファンは過去の作品を懐かしみながら振り返っていただきたい。以下が海外サイトが選んだ『ファイナルファンタジー』の駄作ランキングだ!

続きを全部読む

【FF13】ライトニングさんがスーパーファミコン風になったぞー!! 公式が発表の『ライトニング リターンズ』スーファミ風動画が最高にクールだと話題

2009年にプレイステーション3で発売された『ファイナルファンタジーXIII』(スクウェア・エニックス)。そこから『ファイナルファンタジーXIII-2』を経て、さらに完結編として『ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII』が発売された。

その一連の最終章『ライトニング リターンズ』がスーパーファミコン風の動画になって登場!! 本編よりクールかもしれないと話題になっているぞ! ライトニングさんがスーファミに降臨したらどうなるのか? 早速、動画「LIGHTNING RETURNS: FINAL FANTASY XIII – Retro-spective Trailer」で確認だ!!

続きを全部読む

【神サントラ】FINAL FANTASY X HD Remaster Original Soundtrack は「音楽産業の概念を変える革命的なブルーレイゲームサントラ」

『ファイナルファンタジーX』は2001年に発売されたプレイステーション2のゲームだ。続編である『ファイナルファンタジーX-2』とあわせると、世界で1400万本も出荷された人気作である。そのHDリマスター版がプレイステーション3 と PSVITA で12月26日に発売された。

続きを全部読む

【画像あり】SCEが本気で作った「究極のキャラ弁」がスゴすぎて笑った! 完全に「弁当」を超えている

ひぎぃゃああああああああぁぁぁぁ! 『ファイナルファンタジー』と『メタルギア』がシリーズ生誕25周年! それを記念してソニー・コンピュータ・エンタテイメント・ジャパン(SCE)は、作品をイメージした「キャラ弁」のプロジェクトを進行!

そのお披露目が行われたのですがソニー本気出しすぎ(笑)。もう完全に「弁当」の領域を逸脱しています。どう見ても食い物に見えない(笑)。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2