「ジーンズ」にまつわる記事

【ライフハック】髭剃りの古い刃はジーンズで研ぐと復活するらしい → 実際に確かめてみた

あれっ、こんなにお金を使ったっけ……。史上最長10日間のゴールデンウィーク(GW)となった2019年の今年、連休明けからそう嘆いている人は少なくないだろう。そしてそういった時に限って、思わぬ出費を強いられてしまうものだ。

私事になって恐縮だが、GWはがっつり散財。日常生活に戻ってからというもの、何かと出費がかさんでいる。そのうちの1つが髭剃り。身だしなみを整えるのに必須アイテムがボロボロで、刃のスペアは残り1個のみと崖っぷちに立たされているのだ。意外とお高いんだよなぁコレ……と思いきや、同時に妙案が!

続きを全部読む

真冬の北海道で濡れたジーンズを干すとスゴいことになる

記録的な寒さに見舞われた冬の北海道。すでに冷え込みのピークが過ぎたとはいえ、2019年2月12日時点でもまだ最高気温は氷点下だ。

そこで今回は北海道の寒さを利用して、海外のSNSユーザーの間でブームとなっている「フローズンパンツ」を作ってみることにした。文字通り、濡れたパンツ(ズボン)凍らせて立たせるだけなのだが、果たして成功するのだろうか。

続きを全部読む

【意味不明】ヘアワックスがべったり付いた手をジーンズで拭いて終わりにするヤツは何のつもりなのか?

男子たるもの、髪型はいつもカッコよくしておきたいもの。そんな時に重宝するのがヘアワックスだ。少量を手に取り ばっちりセット。あとは石鹸で手を洗ってフィニッシュ! ……のはずが、先日とんでもない光景を目の当たりにしてしまった。

ワックスで髪をセットする とある男性。終わったので手を洗うかと思いきや、なぜかまったく洗おうとしない。すると次の瞬間、なんと自らのジーンズに、ワックスが付いた手を、ゴシゴシとこすり付けたではないか! いや……ちょっと待てやコラァァァァアアア!!

続きを全部読む

【検証】ZOZOSUITで採寸購入した「ZOZOのジーンズ」と「ユニクロのジーンズ」をはき比べてみた

着用してスマホで撮影するだけで全身採寸ができるZOZOSUIT(ゾゾスーツ)。その最大の魅力は、やはり自分の体型に合わせた服が買える点だろう。

では、ZOZOSUITで採寸したデータを元に購入した服はどんな着心地なのか? 今回は実際にZOZOのパターンオーダージーンズを注文してみたので感想をお伝えしたい。

続きを全部読む

高級デパートで買ったジーンズに「使用済みパンティ」が入っていたとある客が苦情 → デパートは謝罪

新しい服を着ると気分があがるもの。新品の衣類特有の匂い。肌に馴染みきっていない、心地よい固さが残る生地。さあ、この服を着てどこに行こう?

……だが、そんなワクワク気分も、今回ご紹介する女性のような体験をすれば急速にしぼんでしまうのは確実。なんと彼女が買った新品のジーンズのポケットから「使用済みパンティ」が出てきたというのだ!

続きを全部読む

【さすが聖地】国産ジーンズ発祥の地「岡山県・児島」がジーンズすぎる / 駅も商店街もスイーツも全部ジーンズ!

日本各地には、様々なジャンルの「聖地」が存在する。たとえば、福井県鯖江市は「メガネの聖地」で、兵庫県豊岡市は「カバンの聖地」だ。そして、今回ご紹介する岡山県倉敷市の児島は『ジーンズの聖地』としてグングン知名度を上げているらしい。

世界からも評価されている瀬戸内海に面した港町・児島とは……駅も商店街もジーンズだらけで雰囲気抜群、まさに聖地といった感じだったぞ。さっそくご覧いただこう!

続きを全部読む

リアル春麗かよ! 素晴らしい「太もも」を持つ美女が話題 / ネットでは “意外な点” も議論される展開に

世界中で絶大な人気を誇る対戦型格闘ゲームの『ストリートファイター』。そして同シリーズに登場する春麗(チュンリー)といえば、女性格闘家でその立派な太ももでも知られるキャラクターだ。

そんな春麗が現実に甦ったかのような、素晴らしい「太もも」を持つ美女がネットで話題に! ただ、ちょっと意外な点が注目され、ネット民の間で議論される展開にもなっている。

続きを全部読む

マスターすれば10秒! 「ジーンズを超コンパクトにたたむ方法」が収納力抜群でマジで使えそう / 旅行前に覚えておきたい

スタイリッシュで、動きやすくて、汚れにも強いジーンズ! クローゼットの中に1本や2本は持っているんじゃない? でも、ジーンズってかさ張るんだよな……。旅行に持っていこうものなら、それだけでカバンはパンパン。困るわぁ。

今回は、そんな悩みが解決されそうなライフハックを紹介したい。このたたみ方を使えば、なんとジーンズが500mlペットボトル大の片手サイズになってしまうというのだ。マスターすれば10秒でできる! これは覚えるしかない!!

続きを全部読む

【まるで魔法】一瞬でジーンズにダメージを入れる「超高性能レーザーデニム加工機」がマジで凄い

今やどこでも安価で入手できるようになったユーズド加工ジーンズだが、もともと高価な代物だとご存知だろうか。ヴィンテージジーンズが大ブレイクした1990年頃、美しい色落ちのユーズドジーンズは当たり前のように高額で取引されていた。

ユーズド加工ジーンズが簡単に入手できるようになった理由のひとつに、加工技術の進化が挙げられる。では、最近のデニム加工機はどれほどの進化を遂げているのか? 今回はその答えが一瞬でわかる動画をお届けしたい。

続きを全部読む

注目ブランド「ヴェトモン(Vetements)」がお尻丸見えのジーンズを発表! その斬新なデザインが物議を醸しそうなほどのレベル!!

パリ・コレクションなどのファッションショーでは、普段着として着られないような革新的すぎるデザインが発表されることがある。そんななか、今最もアツいブランドとして注目を浴びている「ヴェトモン(Vetements)」が、お尻まる見えのジーンズを発表!

その斬新なデザインが、物議を醸しそうなほどのレベルなので紹介したいと思う。

続きを全部読む

穿いてません! 美女がボディペイントのジーンズで街中を歩いたらどうなるか検証した結果

2015年にブレイクした “とにかく明るい安村” さんのギャグといえば「安心してください、穿(は)いてますよ」である。穿いているのに、まるで裸のように見える動きやポージングは、なかなかマネできない芸当だ。

そして、いま穿いていないのに、まるでジーパンを穿いているように見える美女が話題になっている。どういうことかというと、ずばりボディペイント! なんとそのペイント姿で街中を歩き、何人に気づかれるのか実験した動画が公開されているのだ。

続きを全部読む

【素朴な疑問】ジーンズに付いている ‟極小ポケット”って何であるの?

何気なく日常生活を送っていると、ふと何かについて、素朴な疑問が沸くことがあると思う。だが、答えを知らないからといって人生に支障が出る訳でもなければ、そのまま知らずに終わってしまうこともあるだろう。

そんな素朴な疑問だが、皆さんのなかで、ジーンズに付いている極小ポケットが何なのか、不思議に思ったことがあるという人はいるだろうか!? 単なる装飾で縫い付けられているような極小ポケットには、実は、ちゃんとした用途があったのである!

続きを全部読む

【検証】ジーパンを「限界まですそ上げして下さい」とお願いしたらこうなった

「ヤバい! オキニのホットパンツが見当たらねぇぇぇえええ!!」なんて経験、誰もが一度や二度はあることだろう。急いで買いに行こうにもお店が遠かったり、夏場じゃないとホットパンツ自体が売っていなかったりと、ハードルはなかなか高い。

だが安心して欲しい。ひょんなことから、洋服店で「ジーパンを限界まですそ上げして下さい」とお願いしたところ、セクシーかつ大胆なキワキワのホットパンツが完成してしまったのだ……! ホットパンツを愛する “ホットパンツァー” たちは必見だぞ!!

続きを全部読む

【まんが】ネパールのカトマンズはオーダーメイド天国なのだ! の巻

長期旅行中のバックパッカーたちにとって、「天国」とも言われているのがネパールの首都カトマンズだ。一体なぜ天国なのかは、様々な理由がある。まず、ネパールは中国とインドに挟まれている。どちらも非常に疲れる国であり、そこから陸路でカトマンズに入ると……あまりの快適さに「天国だ!」となる。絶対に、だ。

また、メシがうまい。日本食も激うまい。そして楽しい。買い物が楽しい。そして……「オーダーメイドやり放題」なのも、カトマンズの魅力のひとつだ。今回ご紹介する漫画を読めば、きっとカトマンズに行きたくなるぞ!

続きを全部読む

デニムフェチ必見、1000本のジーンズだけで演奏するミュージックビデオが激しい!!

カジュアルな休日スタイルから、本格的なアウトドア使用に、老若男女問わず世界中の人々から愛用されるデニムのジーンズ。まさにボトムの王様とでも言うべきアイテムだが、そんなジーンズを愛するあまり、ジーンズで出せる音だけで音楽を作曲してしまったアーティストがいる。

このジーンズ曲は、you tubeに「MUSIC WITH 1000 PAIRS OF JEANS」というタイトルで公開されており、その演奏は非常にクリエイティブかつ情熱的。音楽性も優れていてまさに一見の価値ありだ。

続きを全部読む