「サラダ」にまつわる記事

「シェフの気まぐれサラダ」はどのくらい気まぐれなのか? 関係者に尋ねた結果、衝撃の事実判明!

定義のよくわからない料理のひとつに「シェフの気まぐれサラダ」がある。中身がわからない、味もわからない。しかしレストランではよく目にするメニューのひとつだ。

さて、この気まぐれサラダについて、気になることがある。シェフはどのくらいの気まぐれ加減でサラダを作っているのか? その答えを見つけるために、飲食店関係者に話を聞いたところ、驚くべき事実がわかった。シェフの気まぐれサラダには、意外すぎる秘密があった……。

続きを全部読む

【オレ流コンボ】コンビニのサラダを「コスパ最強」にする裏ワザがこれだ! ほぼ同じ価格なのに満足度が半端じゃねェェェエエエ!!

忙しくて自炊する時間なんてない! そんな時の強い味方・コンビニ。私(中澤)も、よく職場の前にあるローソンで食事を済ませているが、栄養が偏りがちになってしまうのが玉に瑕だ

サラダパックを購入しても、妙に量が少ない割に高い。そこで、編み出したのが今回の「オレ流コンボ」だ。普通にサラダパックを購入するのと値段はほぼ変わらないのに野菜どっさり! 満足度SUGEEEEEEEE!!

続きを全部読む

【意識高いグルメ】セレブ御用達「サンシャインジュース」の『ジュースサラダ』が有能すぎる! ただし見た目についてはノーコメント

やあ、日本全国9500万のダイエッター諸君! 今日もカロリーを気にしているかな? 美味しいものは食べたいけど、で・き・れ・ば! 太りたくはないよな? な・る・べ・く! 体にいいものを食べたいよな?

そんな諸君に紹介したいのが、2018年2月に誕生した『ジュースサラダ』である。このジュースサラダ、成人が1日に必要な野菜350g以上を摂取できるだけではなく、手軽で味も悪くない非常に有能な料理だ。ただし、見た目についてはノーコメントとさせていただきたい。

続きを全部読む

【サラダ記念日】セブン、ファミマ、ローソンの「高級サラダ」を食べ比べてみた! もっともウマいサラダはこれだ!!

「この味がいいね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日。そう、本日7月6日は、俵万智さんの同名歌集でおなじみ『サラダ記念日』だ。ならば、とりあえずサラダを祝っておかなくては! という単純極まりない動機で編集部を飛び出した私(あひるねこ)。

ふらっと入ったコンビニで思ったのだが、最近はどのコンビニのサラダも種類が豊富である。そのぶん値段も様々……。そこで、コンビニ大手3社の「高級サラダ」の中で、1番おいしいサラダを決めてみることにしたぞ! 値段はどれも約500円だ。それでは『サラダ記念日』スタートぉぉぉおお!!

続きを全部読む

【徹底比較】コンビニ “袋サラダアレンジ” 対決! 500円以下でコスパ最強のコンビニはどこだ!!

近年急速に市民権を得てきている「サラダ」。ひと昔前なら、サラダ専門店など成り立つはずもなかったのだが、チョップドサラダ・ラップサラダ・ボウルサラダなどさまざまな種類の専門店が登場している。コンビニやスーパーでも商品が充実しており、袋売りのカット野菜も販売するようになった。

安さとボリュームが魅力の袋サラダ、アレンジ次第でさらに美味しく食べることができるだろう。さて、ローソン・セブンイレブン・ファミリーマートの3社のなかで、どこがもっともコスパが高いのか? 500円以下で袋サラダのアレンジに挑んでみた!

続きを全部読む

日本で最初のオリジナルサラダ専門店「サラダデリ マルゴ」で『トッピング全部のせ』をお願いしたらこうなった!

最近は糖質制限ダイエットブームの影響もあってか、サラダ専門店が続々とオープンしている。野菜を細かく刻むチョップドサラダ専門のお店も次々と出店しているのだが、それらの先駆けとなったお店をご存じだろうか?

そのお店は、今から5年前の2012年に東京・西新宿5丁目に誕生した「サラダデリ マルゴ」である。このお店でスタンダードトッピング全部のせをオーダーしたら、丼メシに匹敵するボリュームサラダになった!

続きを全部読む

【限界トッピング】サラダ専門店『クリスプ・サラダワークス』で “全部のせ” をお願いしたら、こうなった!

最近は肉系の飲食店ばかりが、テレビや雑誌で取り上げられる。そりゃ当編集部でも、肉ばっかり紹介しているイメージがあるかもしれないけど、もっとみんな、野菜を食おう! 最近は野菜を美味しく食べさせてくれるお店も増えてきているから、手軽に摂ることができるだろう。

クリスプ・サラダワークスもそんなお店のひとつだ。近年アメリカ・ニューヨークで流行っているという「チョップドサラダ」を提供する、サラダ専門のレストラン。ここで、“トッピング全部のせ” をお願いしたら、こうなった!

続きを全部読む

【無意味】はなまるうどんが「麺をブロッコリーに変更」するサービス開始 / はなまるに行く理由がなくなった……

糖質制限に余念がない、メタボ気味な中高年に朗報だ! うどんチェーンの「はなまるうどん」が大胆なサービスを一部の店舗で提供していることが判明。そのサービスとは、うどんをブロッコリーに変えるというものだ!

うどん屋なのに、うどんから離れようとしているのか!? とにかくどんなものなのか、確かめに行ってみたぞ!!

続きを全部読む

どう見てもケーキにしか見えない! 超絶オシャレなベジデコサラダを食ってみた / 1カット700円の高級品

突然だが、サラダは好きか? 私(佐藤)は普段、肉を食うことが多い。というか、サラダに興味がない。関心を持つことができないのだ。そんな私のようにサラダに興味のない人は注目だ!

2016年5月18日から24日まで、東京・伊勢丹新宿店の地下1階「フードコレクション」に、ちょっと面白いサラダのお店が出店している。販売しているのは「ベジデコサラダ(R)」である。コレ、どこからどう見てもケーキにしか見えない! しかしマジでサラダだ!!

続きを全部読む

【みんな知ってるあたりまえ知識】サブウェイのサンドイッチは “パン抜き” にすることができる

みんな知ってるあたりまえ知識。でも100人いたら1人くらいは知らない人がいるかもしれません。今回は「サブウェイのサンドイッチは “パン抜き” にすることができる」という知識です。そうです、サンドイッチチェーン『サブウェイ』では全てのサンドイッチで “パン抜き” が可能なのです。

続きを全部読む

料理研究家・園山真希絵の「キャベツサラダ」がこれまた超斬新すぎて話題に! ネットの声「ぶれないなあ」

その斬新な料理スタイルで、これまで幾度となくネット上で話題になってきた料理研究家・園山真希絵(そのやま まきえ)さん。「安産料理」「にんじん鮭料理」と、実に多くの斬新メニューを発表してきた園山さんだが、このたび過去の作品に勝るとも劣らない衝撃的なメニューを自身のブログで紹介し、注目を集めている。

その驚き満載の園山メニューとは、ズバリ「キャベツサラダ」! 「えっ? キャベツサラダをどうしたら、そんな斬新メニューへと生まれ変わるの?」と多くの人が思ったことだろう。しかしその園山さんが作り上げたキャベツサラダを見たら、「こっ、これは……」と衝撃を受けずにはいられない。

続きを全部読む

とある居酒屋で提供されている「クソ老人サラダ」とは一体どんなサラダ?

夏はスタミナッ! 暑さを吹き飛ばすために、味の濃いものやお肉料理を衝動的に食べたくなってしまう。だがそれだけでは、体のためにも良くないので、一緒にサラダを食べた方が良いだろう。とある居酒屋には、時折一風変わったネーミングのサラダが登場するという。その名も「クソ老人サラダ」だッ!! なんじゃそりゃ? なんでも「クソジジィサラダ」に名称変更されることもあるというのだが、いったいどんなサラダなの? 気になって仕方がないぞ~ッ!

続きを全部読む

『ステーキけん』の井戸実社長が「カウボーイ家族へ行け」と言うので実際に行ってみたぞッ!!

歯に衣を着せぬ発言で知られる人気レストラン『ふらんす亭』や『ステーキハンバーグ & サラダバー けん』の代表を務める井戸実社長。その井戸社長が最近、「カウボーイ家族へ行け」と発言し、話題となっている。外食のプロがいうのあれば、『カウボーイ家族』は相当ウマイに違いない! ということで、実際に『カウボーイ家族』に行って食べてきたぞッ!

続きを全部読む

男であれば、誰しも女性の発する意外な言葉に、驚かされた経験をお持ちではないだろうか。思わぬ場所、予想外のタイミングで、まったく想像もしなかったようなことを突然言い出すのである。それらは常に、男を「面倒くさい」と思わせてくれるものなのだ。交際している彼女の発言であれば、なおさらである。

そこで女性の口から飛び出す面倒な一言と、その対処方法についてお伝えしよう。これから紹介するノウハウは、必ずや男性諸氏を窮地から救ってくれるはずだ。

・女性に言われると面倒な言葉
1. 別に(明らかに不機嫌なのに何でもない素振り)
この一言には注意が必要だ。彼女がこれを発したときは、当然ながら機嫌が悪い。彼女にとってとても重大な問題があるにも関わらず、男が察することができないことに、頭に来ている状態である。「あなたは私に起きている問題について、何も察することができないのね」と。

続きを全部読む