「カレー探求」にまつわる記事

【カレー探求】わずか600円でエビカツカレー(ドリンク付き)を提供する驚きの店『カレーキラリ』 東京・品川

美味しいカレーを求めて、さまざまな街を訪ねる「カレー探求」。以前の記事で紹介した、東京・渋谷の「フラヌール」は私(佐藤)が渋谷の街を散策していて偶然発見したお店だ。外観はどう見てもタバコ屋さんであり、飲食店であるとはわかり難かった。

今回は品川で発見したお店を紹介したいと思う。駅前の建物にカレー屋さんの看板を発見し、お店の入り口まで行ってみると長い列! おお、ここは美味しいお店に違いない!! ということで実際に食べてみることにした。

続きを全部読む

【カレー探求】外観はどう見てもタバコ屋なのに絶品の「ステーキカレー」を食べられるお店『フラヌール』

店構えは大事だ。そのお店の顔であり、提供されるメニューを象徴していると言っても良いだろう。しかし店構えだけが良いのも困る。外面だけ良い人物と同じでも困るのである。私(佐藤)は最近、東京・渋谷で意外な美味しい発見をした。

・どう見てもタバコ屋!?

そのお店、「フラヌール」は外観がどう見てもタバコ屋なのである。いや、正確には看板もちゃんと出ているのだが、併設したタバコ屋の方が目立っていて、初めてみる人はそこが飲食店であることに気付かないだろう。ここのステーキカレーが猛烈に美味しい! レアのステーキは絶品である。

続きを全部読む

【カレー探求】頭の先から抜けるような辛さが心地いい! 食べログで高評価を得る『curry 草枕』 東京・新宿御苑

私(佐藤)はカレーライスが好きだ。週に1度は確実にカレーを食べている。頻度が高いときには、1週間に3度カレーを食べていることも珍しくないのだが、実は辛いモノが得意ではない。カレーは絶対辛口! というほど辛いモノ好きではなく、むしろ甘いモノの方を好んでいる。

そんな私でも安心して食べられる辛口カレーを出すお店を紹介したい。そのお店『curry 草枕』は、食べログで高評価を得ている。実際に食べてみたところ、「美味しい辛さ」というものを初めて理解することができた。これが高評価を得る実力か!

続きを全部読む

【カレー探求】「最高級」と呼ぶにふさわしい奥深い味を提供し続ける『インディアン』 東京・蒲田

今回は「カレー探求」と称して、カレーライスを紹介すべきか悩んだ。というのも、紹介するお店の定番は支那そばとカレーのセット。その両方が激ウマであるため、カレーにフォーカスするのが妥当なのかどうか迷ってしまったのである。しかしカレー探求としてご紹介しよう。

そのお店『インディアン』は、蓮沼に本店があり、蒲田と池上にも店舗が存在する。メニューにある最高級カレーライスは「武田流古式カレー」と称されて、地元で長らく愛されているのである。支那そばとカレー、この2つを実際に食べてみたところ、味だけでなく提供タイミングまでしっかりと考えられていたのだ。

続きを全部読む

【カレー探求】たった1500円でご飯・ルウ・トッピングを無限におかわりし放題! 日乃屋新宿御苑店の「無限カレー」が最高すぎる!!

私(佐藤)はカレーライスが好きだ。気がつけば、かなりの頻度でカレーを食ってしまっている、カレー大好きオジサンである。街でカレー屋の看板を見かけるとつい目が行ってしまうのだが、最近驚くべきカレー屋の看板を発見してしまった!

そのお店、「日乃屋 新宿御苑店」の店先の立て看板には、信じられないことが書かれていた! 「今月限りのおふざけ企画です!」として無限カレーなるメニューがッ! 実はこれご飯・ルウ・トッピングを無限におかわりできるのだ!! しかもたったの1500円ッ! ウソだろッ!?

続きを全部読む

【カレー探求】食わなくてもわかるほどのウマさ! オイスターバー「楸 (ひさぎ)」の圧巻Wステーキカレー / 東京・銀座

私(佐藤)はカレーライスが好きだ。自分が思っている以上に、カレーを愛している。本当に気付かないうちにカレーを食っていることがよくある。これは決して大げさな表現ではない。本当だ。週に1度程度食べていると自分では思っていたのだが、正確にカウントしてみると週3日は食っている。それくらい好きだ。これからもカレーを探し求めていきたいと思う。

・見ただけで確信!

さて、そんな私が最近発見した素敵なカレーについてお伝えしたい。東京・銀座の「楸 (ひさぎ)」のオイスターバーである。カキがメインのお店なのだが、ここのカレーがカレー好き心を猛烈にくすぐるのだ。ここのWステーキのせカレーを見た瞬間にわかったぞ! これは絶対にウマいとッ!!

続きを全部読む

【札幌グルメ】カレーを食べていてご飯だけが残っても大丈夫だ! カリーハウスコロンボは無料でたっぷりルーのおかわりをくれるぞ!!

皆さんはカレーを食べるときに、どのようなペース配分を行っているだろうか。ライスとルーのバランスを見極めないと、ライスだけが余ってしまう。大手カレーチェーンのCoCo壱番屋では、一回限り一定量のルーを無料でおかわりできることはよく知られている。しかし多めの量を希望する場合には、別途料金がかかってしまうのだ。

・無料でたっぷり!

チマチマとルーの量を気にせずに、カレーを食いてえなあ! という方は、北海道・札幌の「カリーハウスコロンボ」がオススメである。ここはルーを無料でおかわりできる! しかもその量がケチケチしていないのだ。少し残ったご飯にも、たっぷりルーを追加してくれるので、カレー好きにはたまらないッ!

続きを全部読む

コスパ最高ランチ! カツだけでお腹いっぱいになる1000円チキンカツカレー / 東京・恵比寿「焼鳥とりぼんぼん」

出来るだけ安く、しかもおいしいものを食べたい! 誰もが願うことだろう。せめて、安くなくても価格に見合うだけのボリューム、いやそれ以上のものを食べたいものだ。

そんな願いを叶えてくれる、素敵な焼鳥屋が東京・恵比寿にあった! そのお店「焼鳥とりぼんぼん」がランチに提供しているチキンカツカレーの「大」は、1000円でトンでもないボリュームなのである。チキンカツだけでも腹いっぱいになりそうな勢いなのに、カレールーは器にいっぱい。いや、ギリギリで器からこぼれる量なのである。

続きを全部読む

【グルメ】まるでスイーツ! 東京・神宮前の「MOKUBAZA」のチーズキーマカレーが美しすぎて思わず見とれてしまう

日々食べ物の取材をしていると、思わぬ発見をすることがある。世の中に存在する料理の多くが、改良され尽くし、これ以上進化する余地はないと思う。しかし、それでも日夜進化しているのである。東京・神宮前の「MOKUBAZA」のカレーライスもまた、進化した料理といって良いかもしれない。

カレーライスといえば、日本の国民食であり、どこにも進化する余地がなさそうに思うのだが、同店のキーマカレーはキーマカレーでありながら、ほかでは食べることのできない逸品である。まずそのルックスに衝撃を受ける。従来のカレーライスの概念を覆すような見た目。まるでパンケーキのようにさえ見えてしまうのだ。

続きを全部読む

閑静な住宅街にあるちょっと入りにくいお店「洋食・カトー」 / 家庭的なカレーかと思ったら見た目より辛くて面食らった

飲食店を続けるのに、立地は欠かせない要素である。むしろ立地がそのお店の運命を左右するといっても過言ではないだろう。だが、ごくまれに立地条件を無視するかのように長らく愛され続けるお店が存在する。おそらく、東京・千駄ヶ谷の洋食・カトーもそんなお店なのではないだろうか。

なぜなら、比較的閑静な住宅街にあるだけでなく、お店の外観は入りやすいとは言えない。いや、入りづらい。その昔、テレビ番組で話題になったときよりもキレイにはなったが、ふらりと立ち寄る感じではなく、お店の様子を知っていなければ遠慮してしまうかも。しかしここは多くの人の胃袋を満たし続けているのである。

続きを全部読む

高級店が立ち並ぶ東京・銀座に奇跡的な価格設定で営業するカレーショップ発見! ふくていのステーキカレーは600円だッ!!

おそらく、東京駅八重洲地下街にあるカレーショップアルプスは、日本でも屈指の安さでカツカレーを食べることができるお店である。私(記者)が2012年に訪れたとき、タイムサービスのカレーにカツをトッピングして、380円だった(記事執筆当時)。これを凌ぐコストパフォーマンスを誇るお店はなかなかないのではないだろうか?

ところが私は最近発見してしまった! これに匹敵するコスパを実現するお店を。しかも銀座という、日本でも屈指の高級店の立ち並ぶ街で。このお店「ふくてい」では、ステーキカレーを600円で提供している。ナニーッ!! ステーキカレーを600円だと!? ワンコインとは行かないが、それでも600円は安い! ということで早速食べてみた。

続きを全部読む

「クジラ料理」が売りの純和風のインド料理店『はつもみぢ』 / タンドリーチキンの美味さにきっとインド人もビビるッ!!

取材でいろいろなお店に行くのだが、ぶっちゃけ、また「食べたい!」と思うものに出会うことが少ない。「毎日食べたい」と思うものこそ、本当においしいものではないだろうか?

そう思いながら、日々取材を続けて行くなかで、ついにコレは! と思うものに遭遇した。そのお店、雰囲気は純和風の定食屋であり、売りはクジラ料理。しかし、ここは看板にもメニューにもデカデカとインド料理と書かれている。どっちが売りなんだ!? と思ったけど、どっちもめちゃくちゃおいしい~。通いたくなるお店だ。

続きを全部読む

【グルメ】隠れたカレーの名店と呼ぶにふさわしい「けらら」 / あげ玉トッピングのカレーは一度食べたら忘れられない

時々ムショーに食べたくなるものがある。それは近所のラーメンであったり、地元の定食であったり。私(記者)の場合はカレーライスである。実はカレーを食べる頻度はかなり高いのだが、そのなかでも、不意に食べたくなるのが、東京・新宿にある「けらら」のカレーだ。

ここのカレーには、心と身体を癒してくれる何かがある。派手さはない、むしろ地味である。しかし時々思い出したように、お店へと足が向くのである。お店の扉を開けるときに、「ただいま」という気持ちになるから不思議だ。

続きを全部読む

【500円ランチ】ワンコインと侮ってはいけない! カレー専門店「クラウンエース」のカツカレーは価格を凌駕するボリュームとウマさがある

消費増税でフトコロ事情のさみしいお父さん、いやお父さんだけでなく誰もお伝えしたい、ワンコイン(500円)ランチシリーズ。今回は、東京・上野の老舗カレー専門店「クラウンエース」をご紹介したい。

上野に行ったことのある人であれば、一度は目にしたことがあるかもしれない。「カレー専門店」の看板は遠くからでも目につく。このお店の魅力はなんと言っても値段ではないだろうか。ポークカレー400円、そしてカツカレーは500円である。ワンコインでカツカレーを食べさせる店など、なかなか見つからない。しかも増税後も値段据え置きとは、かなり良心的である。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3