「アート」にまつわる記事

ついつい最後まで見てしまう「ロシアの回転サンドアートとテクノを組み合わせた動画」の中毒性がヤバイ

この世には、「ハッ」と気付いたら最後まで見てしまう動画というものが存在する。途中で飽きることもなく、ボ〜ッと視聴していたら5分くらい経っていた……なんて動画だ。さらに、「もう一回」とループしたりも。ようするに、心地よい動画である。

そのひとつが今回ご紹介する、回転サンドアートとテクノを組み合わせた動画「Sand Patterns & Techno Music」であろう。刻一刻と予想外の変化を遂げていく回転サンドアートと、それにマッチしまくったBGM。これは中毒必至だ!

続きを全部読む

バナナにアボカド……日常にあふれる物でこんなアートが出来ました! 雑誌『New Yorker』の表紙を手がけるアーティスト作品にアイディアいっぱい

アイディアの種は、日常生活から見つけるもんや!」これは、かつての人気テレビ番組『マネー虎』で、コッテコテの成り上がり社長たちが発した言葉ではない。あるアート作品から私(筆者)が、勝手に感じたことだ。

アートが、そんなこと言うの? フフフ、どうやら言うようだ。以前も、『卵やお菓子で作られた、おとぎ話のようなアート』をご紹介したことがあるが、今回のアートだって、食べ物や生活用品で出来上がったアイディアあふれる作品ばかりなのだ。

続きを全部読む

こんなの雨が待ち遠しくなるじゃないか!! 濡れて初めて絵が浮かぶアート「レインワークス」が最高にワクワクする!

晴れの日は「いい天気」、雨の日は「悪い天気」。そう、雨は憂鬱な気分になりがち。……なーんていうのは、もう過去の話になっちゃうかも!

雨が降って初めて絵が浮かび出す素敵なアートが話題になっているのだ。しかも、誕生の秘密は、あっと驚く発想力が。さっそく動画「Rainworks – Rain-Activated Art」で確認してみよう。

続きを全部読む

【ヤダちょっと欲しい】斬新すぎるデコレーションだるま「パフェだるま」のインパクトがハンパない件 / だるまの頭にパンケーキやハンバーガー

日本を代表する縁起物として知られる、だるま。元々は仏教の一派である禅宗開祖の達磨(だるま)の坐禅姿を模した置物である。「見た目の愛らしさ」と「独特の迫力」のアンバランスさは、見る者の目を引きつけて離さない不思議なエネルギーを秘めている。

そんなだるまの概念を覆す、「21世紀型だるま」ともいうべき新種だるまを、東京は秋葉原で発見してしまった……。それが『パフェだるま』だ! そのインパクトは絶大で、一瞬「不謹慎!」と思いつつも、なぜか吸い込まれるような、圧倒的パワーがあるのだ。

続きを全部読む

【ユーモア&アイディア】身の回りにある物だけでこんなにカワイイものができました! 卵やお菓子などを使った擬人化アートがほんわかダーク

アートという言葉とバッタリ直面すると、「小難しそう……」と反射的に思ってしまいそうだ。しかし今回ご紹介する作品群を見ると、「そうじゃないんだ」ということがとてもよく分かる。

ピーナッツに卵、物差し、トイレットペーパーの芯などが、人間のように振る舞い、一つの人間ドラマを描いているこの作品たち。擬人化された物たちの姿は、どこかおマヌケでありながら、ナカナカ大変そうだ。

続きを全部読む

肛門チョコレートで有名な肛門アーティストの新たな挑戦 !! 人の肛門を型どったブロンズ製のオーダーメイド肛門アートを約22万円で制作開始!

いくら芸術が好きな人でも、なかなか理解し難いアートは存在するものだ。以前、キャンバスの真ん中に線が1本描かれた超シンプルな作品が、44億円で落札されたとのニュースをお伝えしたことがあったが、理解し難いからこそ芸術は奥が深いのかもしれない。

そんな、理解不可能な芸術を生み出す一人のアーティストがいる。肛門をかたどったチョコレートを制作することで知られるアーティストが、新たな試みに挑んだのである! ブロンズ製の特注肛門アートを、約22万円で制作・販売を請け負うというのだ。

エキセントリック・アートの製造過程は、動画「Alternative Model Has Her Anus Cast In Bronze」でチェックできるぞ!

続きを全部読む

食べるのがもったいない! ホットケーキの生地でビートルズのメンバーを描くパパの絶妙テクニックに脱帽!!

バリスタがデザインするラテ・アートの妙技に感動したことがある人は多いと思うが、ホットケーキアートを見たことがある人はいるだろうか? フライパンの温度差を利用して、「巧みにホットケーキの生地でイラストを描くパパの動画」がスゴいと話題になっているのだ。

続きを全部読む

提供:ユニフルーティジャパン

【動画あり】約100人の小学生が作った世界初の『バナナートアニメーション』にほっこりした件 / 話題の「バナナート」に挑戦してみた!!!

近ごろ注目を集めている「バナナート」をご存じだろうか? 「バナナート」というのはバナナとアートを合わせた造語で、つまりバナナを使ったアート作品のことである。

傷をつけると焦げ茶色に変色するバナナの皮。その変色効果を利用して、バナナの皮に押しピンで点描していくと……あら、見事なアート作品の完成! というワケである。

そんな「バナナート」を使った世界初の『バナナートアニメーション』が、8月25日より公開されている。約100人の小学生が作り上げたバナナートアニメ、めちゃ心温まる動画なのだ。「作る人(フィリピン)」と「食べる人(日本)」の気持ちが通じ合うストーリーにほっこりしちゃうぞ!

続きを全部読む

【実録】海外からの迷惑メールが芸術的すぎてマジで感動した

メールサービス各社が実装している迷惑メールフィルタリング技術は日々進化し続けており、古い手法の迷惑メールは自動的に「迷惑メールフォルダ」へとブチ込まれる。それを回避しようと、迷惑メールの “フィルタ突破技術” も日々進化し続けている。

日本ならば、文章に「.」や「_」を入れてくる通称 “迷惑メール語” が特に有名であるが、実は日本だけではなく海外における迷惑メールでも使われまくっている。ということで今回ご紹介したいのは、海外からの芸術的な迷惑メールだ!

続きを全部読む

【超絶閲覧注意動画】鶏皮をつなぎ合わせたスーツを着てロンドンの街中を歩く男性が色々な意味で恐ろしい / ネットの声「悪夢」

やっていることがムチャクチャだとしか思えなくても、「これはアートだ!」と言われると、もう何も言えない……。そういう人は多いのではないだろうか。「アート」という言葉には、理解や共感を拒否する何かがある。その上、 “高尚なことをしているんだ” というニュアンスを漂わせている時も。

今回紹介する男性に関しても、多くの人はその姿を見ても何も言えないだろう。なぜなら、理解するのが難しい……、だけではない。直視することさえも難しいからだ。彼が何をしたのかというと、鶏皮をつなぎ合わせたスーツで街を歩いたのである。YouTube には彼の“アート”がアップされているが、言うまでもなく超絶閲覧注意である!

続きを全部読む

【私たちの声を聞いてくれ!】物乞いをするときに時に使うメッセージボード「ベガーズサイン」を使ったアート作品に込められたホームレスたちの叫び

道行く人々に何かを訴えたいとき、どのような方法を取るのが一般的だろうか? スピーチという手段がまず思い浮かぶが、その主張を文字にして掲げれば、人々により強い印象を与えることができるはずだ。

そのように、文字を通じて世の中に何かを訴えかける人々は多いが、今回、ホームレスたちが掲げていたメッセージが集められ、アート作品として発表されたのだ。一体どんな声が作品には込められているのだろうか?

続きを全部読む

これCGじゃないの!? リアルに海底で撮影された“海底にたたずむ女神”の写真が息を呑むほど美しい

コンピューターグラフィックスが進化した現在、現実ではまず撮影不可能な構図も技術を駆使して形にできると思われている。逆に言うと、何でも「CGでしょ?」と片付けられがちだ。

だが、ある青年アーティストが撮影した写真を見ると、CGを使わない “真を写した” 写真のポテンシャルを強く感じられるはずだ!! 

その写真には、女神のような女性が海底にたたずんでいる姿が映し出されている。これがリアルな世界だなんて信じられないほど美しい! 撮影の裏側が動画「Epic underwater photoshoot – The secret to success」として公開されて話題になっているのだ。

続きを全部読む

【動画あり】25歳の天才が木では不可能とされる「自在置物」に初挑戦! 信じられない精度の伊勢海老が完成!!

「自在置物」という言葉をご存じだろうか? これは日本の金属工芸のひとつで、動物や昆虫などを写実的に作られた模型のことを指す。この工芸品のすごいところは、本物そっくり作るだけでなく、関節や体節を稼働させることになる。

一般的には鉄や銅を使って作られるもので、木工では不可能といわれている。それを実現した若き天才がいる。日本人の木彫家大竹亮輔氏は、最近手がけた伊勢海老の木製自在置物を動画サイトに公開した。これが本当に素晴らしい! 精巧に作り込まれているうえに、関節がしっかりと動くのである。これがすべて木でできているとは到底信じられない!!

続きを全部読む

子ども専用のタトゥーショップが登場し物議 → 実はアートプロジェクトだった → 本気にした親から問い合わせ相次ぐ

イギリス・ケント州に驚きのお店が開店準備をしていると、海外ネットユーザーの間で議論が巻き起こっている。そのお店とは、子ども専用のタトゥーショップだ。

大人がタトゥーを入れることに関しても賛否の声はある。それが子どもとなると、別の問題が考えられる。子どもが自発的に「タトゥーを入れたい」と言いだすことは稀で、親の教育方針が問われることになるからだ。だが実はこれ、本当に営業を始めるためのお店ではなかったのである。では一体何なのか?

続きを全部読む

実写版『進撃の巨人』!? 中国で建物によじ登る巨大な「全裸のお坊さん像」が完成 / ネットの声「どう見ても進撃の巨人」「奇行種だ」

芸術とは、ときにえげつないほどのエキセントリックさを発揮する。2014年1月19日、ただでさえ不思議な建築物が存在する中国で、何とも理解しがたいアートが完成したという。

建物に張り付くように設置された巨大オブジェは、なんと3mは余裕でありそうな全裸のお坊さん像 その大きさ、その一糸まとわぬあられもない姿、そしてムッチリとしたリアルな造型に、中国ネットユーザーも愕然としているという。

続きを全部読む

中国人も驚愕! 北朝鮮でイメージされた「現代中国の姿」がシュールで時空を超えていると話題に

国境を接する北朝鮮と中国。北朝鮮にとって中国は、友好国家のひとつであり、最大の同盟国である。

そんな北朝鮮がイメージする中国とは、一体どのようなものなのだろうか? 北朝鮮の画家が描いた中国の絵がインターネット上に公開されたのだが、これが想像のナナメ上! 中国人も絶句するほどのものだったというのである!!

続きを全部読む

【衝撃動画】プーチン大統領が学校の視察で意味深な絵を描く 「ネコの後ろ姿だ。覚えておくように」

ロシアにおける真の大ボスといえばウラジーミル・プーチン大統領だ。元KGBのスパイという経歴もさることながら、柔道家としても有名で、大の犬好きとしても知られているが、実は芸術家としての一面もスゴイという。

つい先日の2013年9月2日、ロシアのクルガンにある学校を視察したプーチン大統領は、生徒の前で絵画を披露。そのようすは動画「Putin Draws Cat’s Backside on School Visit」で確認できるのだが、なかなか衝撃的だと話題になっている。

続きを全部読む

【閲覧注意】絶対に夜一人で見てはいけない不気味すぎる電波ジャック映像「ワイオミング事件」

この世には「信じるか信じないかはあなた次第」という言葉がある。真偽のほどが定かではない、いわゆる “都市伝説” を語る上では欠かすことのできない、実に便利な言葉である。

今回ご紹介する映像も、海外で発生した都市伝説のひとつである。あまりに不気味すぎるため、決して夜に1人で見てはいけない。動画のタイトルは「The Wyoming Incident」。アメリカで起きた電波ジャック事件の映像だ。

続きを全部読む

人類はここまでできるのか!? 色鉛筆だけで描いた水と石の絵がぐうの音も出ないほどリアルだと話題に

皆さんは小さい頃、どんな画材で絵を描いていただろう? クレヨンや色鉛筆を使っていた人が多いのではないだろうか? その子どもも使う色鉛筆で描かれたイラストが話題になっている。

作品名は「Rocks and Water」。タイトル通り石と水が描かれているが、これがぐうの音も出ないほどリアルで美しいのである。

続きを全部読む

ハンパない完成度! 埼玉・熊谷うちわ祭に飾られてたい・ろ・は・すのペットボトルアート「神龍」がスゴい!!

日本屈指の暑い街といえば、埼玉県の熊谷市が有名だ。パタパタとあおぐ “うちわ” は必須のアイテム。そして、そんな熊谷の祭りといえば、関東一の祇園こと『熊谷うちわ祭』である。

今年2013年の「熊谷うちわ祭」は7月19日から23日まで開催されたのだが、会場内に展示されていた手作りのペットボトル・アート作品がヤバかった! ハンパない完成度だったのでご報告しておきたい!!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5