「アメコミ」にまつわる記事

【速報】映画「ブラック・ウィドウ」2020年5月1日に日米同時公開決定! いよいよ “フェイズ4” が始動へ!!

いまや日本にも完全に定着した感がある、マーベル映画の世界。今年2018年は「キャプテン・マーベル」「アベンジャーズ / エンドゲーム」「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」……と立て続けに3本のタイトルが公開された。

だがしかし、ご存じの通り「アベンジャーズ / エンドゲーム」にてMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界はとりあえずの一区切りがついたため、現在は小休止状態である。そんな中、久々のタイトルとなる『ブラック・ウィドウ』の日本公開が2020年5月1日と発表されたのでお伝えしよう。

続きを全部読む

『アベンジャーズ / エンドゲーム』のオリジナル・カクテルを映画BARで頼んだら、すっげえのが出てきた / 東京・渋谷「八月の鯨」

空前の大ヒット映画となった『アベンジャーズ / エンドゲーム』。ご存じのとおり本作は公開されるや否や、あっという間に世界興行収入ランキング2位に躍り出た。その後も破竹の勢いで1位の『アバター』に迫っていたが、あと一歩及ばず6月28日に上映を終えてしまった。

ああ、歴史が変わる瞬間を見たかった……。いや、『アバター』も大好きだが、やはり新たなる王者が生まれる瞬間に立ち会いたかったのだ……残念。しかし! 文字通り、歴史にも記憶にも残る大傑作が生まれたことには間違いない。そんな『エンドゲーム』に特別な “祝杯” をあげることにしたゾ!

続きを全部読む

【コラム】映画『X-MEN』がアベンジャーズになれなかった理由 / あるいはアメコミ映画に影響を与えすぎた伝説の作品について

2019年6月21日、映画『X-MEN ダーク・フェニックス』が公開される。ご存じの方も多いと思うが、アベンジャーズなどの権利を持つ “ディズニー” がX-MENなどの権利を持つ “21世紀FOX” を買収、そのことから本作は「最後のX-MEN」などと呼ばれている。

ところがどっこい、こんな言い方はアレかと思うが、とてつもなく大きな話題になった「アベンジャーズ / エンドゲーム」と比べて『X-MEN ダーク・フェニックス』はさほど話題になっていない。果たして両者の差は何なのだろうか?

続きを全部読む

【追記あり】映画「ジョーカー」の日米同時公開が決定 / アベンジャーズとはまた違うアメコミの神髄を体感せよ

アベンジャーズ / エンドゲーム」が世界的な大ヒットを記録中だ。壮大なストーリーとダイナミックなアクション、そしてキャラが立ったヒーローたちには “アメコミの醍醐味” が凝縮されている。マーベル発のMCU作品がアメコミの代表格であることは間違いない。

だがしかし、2008年に「アイアンマン」が公開されるまで、アメコミ映画といえばDCコミックの独壇場であった。中でも2008年公開の「ダークナイト」はいまだ傑作の呼び声も高い。そのダークナイトの遺伝子を受け継ぐ作品が、2019年10月4日の日米同時公開が決定した映画『ジョーカー』だ。

続きを全部読む

これまでに公開された「MCU作品(ディズニー系マーベル映画)」を勝手にランキングしたい / 異論は大いに認める

いまやヒーロー映画の代名詞になった感もあるMCU作品の数々。だがマーベルも1990年代はコミックが全く売れない出版社で(実際に倒産したこともある)、ここまで世界的な知名度を獲得したのは全て「MCU映画が成功したから」と言っても過言ではない。

これまで2008年の「アイアンマン」を皮切りに、最新作「アベンジャーズ / インフィニティ・ウォー」まで計19作品が公開されているが、今回は勝手に『MCU作品ランキング』を発表したいと思う。ハッキリ言って主観しかないので、異論は大いに認める。

続きを全部読む

【夫の嫉妬】DCコミックス映画の人気俳優とツーショットを撮りたかった妻を許せない → 仕方なく3人で撮った写真が話題に

世界中で大ヒットとなった、マーベルコミックスのヒーローが集結した映画『アベンジャーズ / インフィニティ・ウォー』。日本にもアメコミファンは多いが、マーベルとライバル関係にあるDCコミックスも、『バットマン』や『ジャスティス・リーグ』をはじめとする映画が大人気で負けていない。

そんなDCコミックスの最新映画『アクアマン』の主演俳優と、女性ファンがミート&グリーティングで対面した時のエピソードが話題だ。なんと彼女の夫が妻と俳優のツーショットを拒否。仕方なく3人で一緒に写真に収まったところ、思わぬ仕上がりになったらしい。

続きを全部読む

「アベンジャーズ / インフィニティ・ウォー」の次はコレ!『アントマン&ワスプ』の予告編をチェックしておけ!!

2018年4月27日に公開された「アベンジャーズ / インフィニティ・ウォー」が世界に衝撃を与えている。ネタバレになるのでこれ以上は言わないが、その結末に「マジかよ……!」と 絶句した人 は多いハズだ。

そして映画を見終わった98%の人はこう思ったことだろう……「これからどうなっちゃうの?」と。というわけで今回は「アベンジャーズ / インフィニティ・ウォー」後に公開予定のMCU作品をご紹介していこう。まず8月31日公開予定の『アントマン&ワスプ』からだ。

続きを全部読む

イオン「映画&DCコミックTシャツ」が激アツすぎィ! GWはユニクロ行ってる場合じゃねえ / キューブリック作品にスタトレ! 名作Tが2枚以上で1枚750円の異常事態

先日の記事でお伝えした「ユニクロ×マーベル」のコラボTシャツ。高いデザイン性を低価格、しかもゴールデンウィーク期間はさらにお買い得になるなんて、さすがユニクロやで!

……そう思っていた。だがしかし!! イオンでさらに熱いTシャツフェスが繰り広げられているのをご存知だろうか? 単なるトップバリュの安売りじゃない。映画ファン&DCコミックファンの心を鷲掴み! 店には「マジかよ!?」とつぶやきたくなるほど熱いTシャツが並んでいるのである。

続きを全部読む

【超速報】映画『デッドプール2』最新予告編「最強鬼やばVer」が公開される / 登場するヒーローたちもほぼ判明

2018年4月20日、映画『デッドプール2』の最新予告動画「最強鬼やばVer」が公開された。今作は2016年に公開された「デッドプール」の続編で、前作に引き続きライアン・レイノルズが主人公のデッドプール役を演じる。

さて、最新予告動画「最強鬼やばVer」はデッドプールの世界観が随所に炸裂したご機嫌な仕上がりになっているぞ。注目は登場するスーパーヒーローがほぼ判明したことで、ファンはぜひお見逃しなく。

続きを全部読む

【全米超絶ヒット】映画「ブラックパンサー」を観る前に絶対に押さえておくべき4つのポイント

2018年3月1日、マーベル映画の最新作にしてMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)18作目となる映画『ブラックパンサー』が公開される。一足先に公開されたアメリカでは映画史上歴代5位のオープニング週末興行収入を記録するなど社会現象を巻き起こしている話題作だ。

そこで今回は先行上映会に潜入した記者が、ブラックパンサーを劇場で鑑賞する前に押さえておくべき4つのポイントをご紹介したい。あらかじめコレを読んでおけば、ブラックパンサーをより深く楽しめること間違いなしだ。

続きを全部読む

【コミコン2017】コスプレイヤー写真集25連発!

2017年12月1日~3日まで、千葉県の幕張メッセで開催中の東京コミコン2017。アメリカ最大級のカルチャーイベント「コミックコンベンション」が昨年初めて上陸を果たし、今年も2年連続開催の運びとなった。

会場にはコミケやワンフェスと同じく多くのコスプレイヤーが見受けられたが、両イベントと比べると雰囲気はだいぶ違う。コミコンならではのコスプレイヤーの特徴と合わせ、コスプレイヤー写真集25連発をお届けしたい。

続きを全部読む

【悲報】映画「マイティ・ソー バトルロイヤル」のソーさん、悲しいほどに弱すぎる / ちょっとだけネタバレあり

2017年11月3日、映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』が公開される。マイティ・ソーのシリーズとしては第3弾、アベンジャーズなどと世界観を共有するMCU作品(マーベル・シネマティック・ユニバース)としては第17弾となる注目の話題作だ。

記者は映画公開に先駆けて行われた試写会で同作を観て来たのだが、端的に言えばマイティ・ソーの中では今作が一番面白かったし、映画館向きの作品だと感じた。……んが、悲しいことに主人公のソーが弱すぎたことをここにご報告したい。ちょっとだけネタバレも含むので、ファンは閲覧注意だ。

続きを全部読む

【盆休み】暇ならNetflixオリジナルドラマ「マーベル4作品」がオススメ! 3日間は余裕で潰せることを保証する

8月11日に「山の日」が制定され、例年より長くなりそうな2017年の盆休み。海外旅行や帰省など、それぞれにご予定があるかと思うが、中には「や……やること無さすぎィィイイイ!」と絶望的な気持ちに陥っている人もいらっしゃることだろう。

そこでお届けしているのが、短期集中シリーズ「ロケット記者がオススメする暇つぶしに最適な映画」である。私、P.K.サンジュンがオススメするのは映画ではなくドラマなのだが、3日間は確実に潰せ、しかもそれなりに充実した時間を過ごせることを保証するぞ。

続きを全部読む

【ネタバレなし】映画「スパイダーマン:ホームカミング」の良かった点と悪かった点

いよいよ2017年8月11日から、映画『スパイダーマン:ホームカミング』が公開される。全米初登場No.1の他、50の国と地域でも初登場No.1オープニングを達成した話題作を心待ちにしている人も多いことだろう。

記者は一足先に同作を試写会で観賞してきたが……控えめに言ってもかなり面白い! キテるぜキテるぜ、スパイダーマンホームカミング! というわけで今回は『スパイダーマン:ホームカミング』の良かった点と悪かった点をネタバレなしでお届けしたい。

続きを全部読む

【本日公開】ヒュー・ジャックマン、最後のウルヴァリン! 映画『ローガン』を観る前に絶対に押さえておきたいポイント

2017年6月1日……つまり本日! 映画『ローガン』が公開された。すでに公開されているアメリカでは、2017年度のオープニング興行成績の新記録を達成し、世界80カ国でNo.1ヒットを飛ばしている話題作だ。

その見所はズバリ、17年間もの間 ローガン役を務めたヒュー・ジャックマンによる “ラストウルヴァリン” だということ。一足先に記者向けの試写会で実際に映画を観て来たので、予習・復習を含めて本作をレビューしていくぞ。

続きを全部読む

【話題作】「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」を5倍楽しむ! 登場人物のおさらい&まとめ

2017年5月12日、映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』が公開される。アイアンマンやアベンジャーズなどと世界観を共有するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)としては第15作、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーとしては2作目となる注目作品だ。

一足先に試写会で同作を観賞してきたが、簡潔に申しあげて『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』はかなり面白い。……が、今回はこれを読めばさらに5倍くらい面白くなる「登場人物のおさらいとまとめ」を中心にお届けしよう。劇場に足を運ぶ前に要チェックだ!

続きを全部読む

【動画あり】マーベル最新作「マイティ・ソー バトルロイヤル」の予告編が解禁! 今度はハルクと激突だ!!

2017年5月10日、ディズニー製作のマーベル映画、通称「MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の最新作『マイティ・ソー バトルロイヤル』の予告編動画が初公開された。

アベンジャーズの一員「マイティ・ソー」が主人公の映画で、MCUとしては17作目、マイティ・ソーとしては3作目となる本作。なんと今回は……仲間であるハズのハルクと激突だ

続きを全部読む

【突撃取材】話題の「マーベル展」が本日より開催! 入場料1800円の価値はあるのか確かめてきた

2017年4月7日から約2カ月半に渡り、六本木ヒルズ展望台 東京シティビューにて注目の『マーベル展』が開催される。マーベルとはもちろん、スパイダーマンやX-MEN、アイアンマンなどの世界的人気コミックを有する出版社「マーベル・コミック」のことだ。

日本初公開となる貴重な資料や衣裳、小道具など約200 点が展示されるということだが、その内容はどんなものなのだろうか? そして1800円の入場料に見合う価値はあるのだろうか? 開催前日に行われたプレイベントに参加してきたので、今回は見どころと合わせてご紹介したい。

続きを全部読む

【映画】『スパイダーマン:ホームカミング』の新予告動画が解禁! スパイダーマン史上最高傑作になる気配しかしねぇぇええ!!

史上最高傑作の予感がビンビンする……そう、2017年8月11日に公開される映画『スパイダーマン:ホームカミング』の話だ。これまで数多くの劇場版スパイダーマンが公開されてきたが、3月29日に公開された予告動画は……マジでヤヴァイ。

約2分半の動画を見終える頃には、多くの人が「早く観てぇぇぇええええ!」と悶絶することだろう。ハッキリ言って、2017年夏の映画の大本命! 大ヒットの気配が漂いまくっている予告編動画を……括目せよ!!

続きを全部読む

大御所CG漫画家のアシスタント応募のために描いたデッサンが下手すぎたのでフォトショ修正してから応募したらこうなった

たとえデッサンが狂っていても、なんとかなるのがマンガである。むしろデッサンが狂っている絵のほうが、迫力が出る場合だってある。そもそもヘタウマなマンガだったら、ほとんどデッサン力(りょく)なんて必要ない。だがしかし……!

絵を描く仕事な以上、きちんとデッサンは学んでおいたほうが良い。たとえ絵を描く仕事でなくても、何かを造る仕事だったら、絶対にデッサンは学んでおいたほうが良い。“形や空間を把握すること” ができるようになるからだ。デッサン力(りょく)が乏しいままプロになると、いつかきっと悔しい思いをする。そう、私のように。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3