いのうえゆきひろ (Yukihiro Inoue)

京都府出身。2014年に放送作家を目指して上京。メシに困っていたとき、あるライターさんに「君に変態な一面を感じた」と誘われ、ライター業を始める。マンガが好き。いじられキャラ。テコンドー経験者。渋谷が苦手で、健康のために「年間の訪問回数は2回まで」と決めている。最近の悩みは知覚過敏。

「いのうえゆきひろ」担当の記事

私が坊主にして良かったこと / 一度坊主にすると元の髪型に戻れなくなる快適さ

髪型にはいくつもの種類があるが、その中でも「坊主」はかなり ”ないがしろ” にされているように感じる。野球部の子どもが嫌々床屋で刈られるとか、薄毛に困った人の最終手段とか、一部のオシャレな人しか似合わない髪型とか、それほど良いイメージがない。

筆者は2カ月前にバリカンを買い、自らの手でバッサリ坊主にした。理由は簡単だ。直毛過ぎてシャワーを浴びても寝グセが直らないから、髪の毛そのものに嫌気がさして刈ったのだ。

続きを全部読む

ヒゲ脱毛2年半の経験者が脱毛を考える人に贈るアドバイス / 十数万円かかったけど節約につながる

なぜ人間の体表には毛が生えているのだろう、いらないのに。なぜ頭髪は年齢と共に消えていくのだろう、必要なのに。このアンバランスな事実は多くの人間をフンガイさせる。天邪鬼な毛根は、人類の不器用さを端的に表しているようだ。

さて、ムダな前置きが長くなった。実は筆者、ヒゲ脱毛をしている。その期間は2016年末からなので、2年半を超えた。ヒゲ脱毛を経験した結論を言うと、ある程度快適になった一方、「一定期間内の完全な脱毛は難しいのでは?」とも感じている。

続きを全部読む

お掃除泡スプレーがG対策として有効だとネット上で話題でも活用しないほうがいい理由

全国的に梅雨を迎え、日本全土が蒸し暑くなってきた。そろそろ本格的な夏が到来する。……ということは家の中でGが暴れまわる時期がやってきたということだ。おぞましい。

以前からネット上では、カビキラーやマジックリンなど、お掃除泡スプレーがG対策に有効だと話題だ。ご存知の方も多いだろう。もちろん筆者もこの方法で何回もGを倒してきた。泡スプレーが効果的過ぎて、最近では殺虫スプレーをほとんど活用しなくなったくらいだ。

ところがこの件に関して、お掃除泡スプレー各企業からの公式見解をあまり見かけない。なぜだろうか? 気になった筆者は企業の広報担当者に話を聞いてみた。

続きを全部読む

京都のデパ地下で見つけた老舗漬物屋の絶品発酵食品 / 京都駅と四条河原町でしか買えない限定モノ

筆者の地元は京都府だ。先日帰省をして、京都市最大の繁華街、四条河原町をふらついていた。なんとなく交差点にそびえ立つ高島屋が目に留まり、足の向くまま地下1階に降り立った。美味しそうな食べ物が所狭しと並ぶデパ地下の景色に魅せられ、「何か買って帰りたいな~」と購買欲を募らせていると、この商品と出会った。

続きを全部読む

暴食的なコスパで行列が絶えない四ツ谷のラーメン屋『龍馬』に並び疲れたときは…徒歩30秒のレトロでジャンキーな定食屋『BAMBI』に行け!

飲食店は人気になればなるほど行列を作る。何人もの人々が連なるように並び、数十分、ときには数時間をじっと待つ。「待つことに意味があるんだ」と豪語する人は、並ぶ行為そのものが好きなようだ。彼らの熱意に頭が下がる。

しかし時間的な制約で待てなかったり、行列が苦手だったりする人もいる。行列に並べない人は美味しい料理にありつけないのだろうか? そこで筆者はこんなことを考えた。じゃあ別の美味しいお店に行けばいいやん?

続きを全部読む

【真似するな】バケツで雨を集めて鍋で煮詰めたら、ちょっとだけ体調が悪くなりました / やっぱり東京の大気は汚れているようだ

鍋でジュースを煮詰めて、鍋底にたまった砂糖の量に驚愕する写真や動画がネットで話題になった。真っ茶色に変色した想像を超える物体に、誰もが手に持ったペットボトルを強く握りしめたはずだ。

日本はこれから本格的に梅雨を迎える。降りしきる雨に四季の彩りを感じるところだが、もしその雨に何か別のものが溶け込んでいたら、どうしよう? 空から落ちてくる水滴を鍋で煮詰めたら、どうなるのだろう?

続きを全部読む

これぞ折りたたみ傘界のフェラーリ / 2万円の電動折りたたみ傘はガチで自動だった

6月7日、関東地方が梅雨入りした。つい先日、真夏日を記録した地域もあったというのに、今度は関東が水浸しだ。日本の大地よ、さすがに節操なさすぎるんじゃないか?

……そんな風にボヤいたところで雨はやまない。いつも空が不機嫌なこの時期、役に立つのが折りたたみ傘だ。梅雨の時期の必須アイテムであり、そろそろ新しい1本が欲しい方もいるはず。

そこで目ぼしいものをネット検索すると、「自動開閉式折りたたみ傘」という商品が簡単に見つかる。お値段はだいたい2000円前後。「おー、すげー!」と思ってポチッと詳細を開くと、申し訳程度にこんな注釈がある。

続きを全部読む

週1日ハローワークで職業検索して感じること / 老後資産2000万円なんて貯まるわけがない

筆者は週1日、ハローワークで職業検索をしている。理由は1つ。母親が非正規雇用なので、代わりに目ぼしい就職先を探しているからだ。母親は京都府に住んでいて、現在は事務のアルバイトをしている。父親とは離婚したので、自身で生計を立てなければならない。

非正規のため職を転々とせざるを得ず、定期的にハローワークを訪れている。しかし思うような仕事は見つからず、やむを得ず今も時給900円で事務職をしている。よくネットやニュースで話題に上がるが、時給900円で稼げる月収は微々たるものだ。1日8時間勤務(休憩1時間)を22日間こなしたとして……

続きを全部読む

これは、とん汁だ。けれども、とん汁なのか? 浅草にある「おみそ汁専門店」で半信半疑になるほど日本のソウルフードを味わった

日本のソウルフード、みそ汁。子どもの頃から慣れ親しみ、私たちは魂にみそを刻みつけるほど何杯も食してきた。白米とは無二の親友で、米を口に運び、あとからみそ汁を注ぐと、口内で “日本” の風味を豊かに醸しだしてくれる。みそ汁は日本のソウルフードだ。間違いない。

そんなソウルフードを極めたお店が浅草にある。その名も、浅草のおみそ汁専門店「MISOJYU」(ミソジュウ)だ。筆者はこの店にとん汁を頂きに行った。なんとそこで日本の原体験を味わったので、ぜひ読者にもご紹介したい。

続きを全部読む

隣人トラブルで引っ越したら…新居で隣人トラブルにあって引っ越した話 / 不動産会社の巧妙な会話テクに騙された

世の中には「嫌なやつ」がたくさんいる。彼らに対する憎悪は日々深まるばかりだ。しかし、もし彼らの過去に「気の毒な体験」があって、そのせいで「嫌なやつ」になってしまったのだとしたら? 彼らは「嫌なやつ」に変わりないが、少しだけ見方が変わるかもしれない。

筆者は以前、『【隣人トラブル】70代の金髪老人に何度も怒鳴りこまれて引っ越した話 / 決着の瞬間に言われた言葉が哀しすぎた』というコラムを書いた。ここで登場した「紫の爺さん」はとんでもない人物で、ひどく疲弊し、ついに引越まで追い込まれた。

続きを全部読む

【神キャンペーン】土間土間が500円で唐揚げ食べ放題を展開! 令和の画数分(13皿)おかわりする挑戦をしたら…

お楽しみのあとには代償がつきものだ。GW史上最大の10連休を手にした私たちは、束の間の休息と楽しい思い出を手にし、代わりにお金を失った。GW明け最初の土日を前に、財布の中身はスッカラカン。

「この土日もお酒を飲みたいのに……。もう消毒アルコールを薄めて飲むしかないのか……?」。

こんなことを考えているのは、残念ながら筆者だけだろう。しかし多くの人がいつもより金欠であることは間違いない。令和時代が明けてまだ間もないのに、こんなことでは日本の先行きが危ぶまれる。どこかに救世主がいないものか……。

続きを全部読む

【隣人トラブル】70代の金髪老人に何度も怒鳴りこまれて引っ越した話 / 決着の瞬間に言われた言葉が哀しすぎた

隣人とは、素晴らしくて面倒な存在だ。味方になれば食べ物を分けてくれるし、なにかあれば相談に乗ってくれるし、暴漢に斧で襲われて絶体絶命の大ピンチのときは警察を呼んでくれる(たまに呼んでくれないときもある)。しかし、ひとたび仲が険悪になれば最悪だ。壁一枚隔てた向こうに理不尽な人が住んでいるなんて、ひとときも心が落ち着かない。

筆者は2014年の秋、京都府から東京都へ上京した。23歳の若者らしく夢を見て東京の地を踏み入れ、慣れない標準語に「ほげぇ」と悪戦苦闘しながら中野の賃貸マンションに入居した。家賃は4万8000円。鉄筋コンクリートだけど、とても壁の薄いマンションだ

続きを全部読む