「MV」にまつわる記事

【衝撃】ロックバンド[Alexandros]の新曲MVにやたらカメラマンが映り込む → キムタクだった

本日2018年11月7日、日本のロックバンド[Alexandros](アレキサンドロス)が新曲『アルペジオ』のミュージックビデオを公開した。ビデオの内容は、薄暗い地下駐車場でメンバーが演奏をするという極めてシンプルなものだ。

映像にはメンバーの他に、演奏を撮影するスタッフたちの姿も映っている。おそらくそういう演出なのだろう。ところが、その中に一人、やたらとアップになるカメラマンがいるのだ。ちょっと映りすぎじゃね? と思っていたら、その人物はなんと……!

続きを全部読む

滝沢秀明プロデュース『SixTONES』の初MVが公開 / ネットの声「タッキー!!??」「涙が溢れて言葉にできません」

2018年いっぱいで芸能活動を引退することを発表している滝沢秀明さん。中学生の時、フジテレビ「木曜の怪談」の『怪奇倶楽部』を楽しみにしていた私(中澤)にとって、タッキー&翼の解散は一時代の終焉を感じさせるものだった。

そんなタッキーロスに悩む人達に朗報である。2018年11月4日に公開されたジャニーズJr『SixTONES(ストーンズ)』の初MVをなんと滝沢秀明さんがプロデュースしているぞ

続きを全部読む

ネット上で一世を風靡した「世界でいちばんダサいPV」がこちらです

楽曲をより多くの人に広めるべく作られるPV(MV)。ドラマ仕立ての展開やライブ感溢れる作品があったりとその内容は様々だが、今回ご紹介するのはそのどちらでもない、数年前に「世界でいちばんダサいPV」としてネット上で注目を浴びた風変わりな動画だ。

1978年にリリースされたその曲のタイトルは『I Wanna Love You Tender』である。さて、いったいどれほどダサいのか? 見たことのない方はもちろん、心当たりのある方もぜひあらためて強烈なダサさをご確認あれ。

続きを全部読む

米ロックバンド「OK Go」の発想力ヤバいって! 1000個以上のスマホを使ったCMが斬新すぎて心を奪われる

ミュージックビデオ界のスターともいえるロックバンド「OK Go」。これまでにも彼らは無重力空間で撮影を行ったり、567台ものプリンターを使用したりと、ブッ飛んだ映像作品で注目を浴びてきた。

先日、その「OK Go」のリーダーであるダミアンが1本の動画を世に送り出した。ダミアンが監督を務め、スマホのCMとなっている本作。なんとも不思議な魅力を持った作品だったのでご紹介したい。

続きを全部読む

提供:エイベックス株式会社

【涙不可避】楽器を持たないパンクバンド『BiSH』の新作MVが泣けると話題  / ネットの声「本当に感動」「ラストカット鳥肌もん」

人は生きているとさまざまな出来事に巡り合う。出会いや別れ、嬉しいことや悲しいこと……それぞれが味わい深いが、やっぱり最後には「幸せだった」と言える一生を過ごしたいものだ。

いま、そんな “人の一生” をテーマにしたミュージックビデオが「泣ける」とネットで話題になっている。楽器を持たないパンクバンド「BiSH(ビッシュ)」が歌う『Life is beautiful』がそうである。

続きを全部読む

【鳥肌もの】楽器は全てニンテンドーラボ! アリアナ・グランデの驚異的パフォーマンスにネット民から称賛の嵐 「声がヤバイ」「なにこれ最高すぎ」など

2018年4月20日に発売されたニンテンドースイッチ専用の周辺機器『ニンテンドーラボ』。ダンボールや紐で自作したコントローラーを使うことで新しいあそびが体験できる、話題のおもちゃだ。

今回はそんな『ニンテンドーラボ』を使った演奏をバックに、人気歌手のアリアナ・グランデが歌うパフォーマンス映像をご覧に入れたい。圧巻の歌唱力はもちろん、おもちゃの楽器とは思えない完成されたサウンドを聴くことができるぞ。

続きを全部読む

【やじうマサイ】ケニアのスターがマサイの町でMVの撮影してたんで慌ててスマホで撮影してみた! マサイ通信:161回

スパ! みんな! もしもだよ? ふらっと遊びに行った街で、歌手とか音楽グループがMV(PV)の撮影してたら……どうする? 想像してくれ。AKB48とか嵐とか北島三郎とかEXILEとか。もちろん見に行くよな? ハイハイハイ、オレもー!!

しかもオレなんて見るだけじゃなくて、スマホで撮影しちゃうから。ていうかオレ、ある意味ではマスコミだろ? しかもインターナショナルなジャーナリストじゃん。だから撮ったよ! みんなのために!! で、誰が来てたのかっつーと……

続きを全部読む

バンド活動29年で初のミュージックビデオ集発売の「人間椅子」がLINE LIVE生配信に挑戦! 自らMVを解説するぞッ!!

30年も先の未来を予見できる人など、誰ひとりとしていない。それが自分の未来となると、まったく思い描くことができないはずだ。日本を代表するロックバンド「人間椅子」もその例外ではない。

今年バンド活動29年を迎えた彼らは、2018年4月4日にミュージックビデオ集『おどろ曼荼羅』をリリースした。約30年も活動を続けてきて、これが初めてのMV集というから驚きだ。それを記念して、4月14日22時よりLINE LIVEで生配信を行うこととなった。

続きを全部読む

提供:株式会社ニューギン

【鳥肌】角田信朗の『我無想』が神曲すぎ! カラオケで盛り上がりそうな漢らしさでMVも完成度高し!!

空手家であり、タレントとしても活躍する角田信朗(かくだ のぶあき)さんの才能は多岐にわたる。最近ではボディービルダーなどでも才能を発揮しているように、マルチな顔を持つのは誰もが知るところ。実を言うと、超がつくほど美声の持ち主でもある。

今回ご紹介するのは、そんな角田さんがゾンビとの戦闘を繰り広げながら、漢らしい歌声を披露する大迫力のMV(ミュージックビデオ)だ。高い完成度の楽曲、そして映画のようなストーリー展開は一見の価値あり。ぜひ全画面表示&イヤホンでご視聴あれ!

続きを全部読む

【謎の中毒性】なんだこの動きは…ロシアのリコーダー奏者によるMVが完全に狂気

常識を遥かに超えてくる国「ロシア」。サイドカーに乗ってラッパを吹くクマがいたり、宙に浮いているかのようなダンスをする舞踊団があったりと、独特のパフォーマンスは他国でありえない。これまで当サイトでは、「おそロシア」も含めて何度もお伝えしてきた。

そして今回も「さすがロシア!」と思わざるを得ない男性アーティストをご紹介したい。彼の名は『ウラジーミル・コシュマール(Vladimir Cauchemar)』さん。謎の中毒性を秘めたMVは必見だ。

続きを全部読む

なんちゅう発想力! ロックバンド『OK Go』の新作MVが圧巻の映像美 / 567台のプリンターを使用した超大作

度肝を抜くような仕掛けを使ったミュージックビデオで知られる米ロックバンド「OK Go(オーケー・ゴー)」。毎回のように注目を浴びている彼らだが、またしても圧巻の新作動画を公開した。

今作の見どころは……567台ものプリンターを使ったペーパーマッピング! しかも、振付を担当したのは、PerfumeやBABYMETALらの振付で知られる日本人の演出振付家「MIKIKO」だというから見逃せない。

続きを全部読む

クドカンも絶賛! 大阪の重鎮ファンクバンド「ザ・たこさん」の最新MVが意味不明!! でもスゲェエエエッ!

アーティストにとってミュージックビデオ(MV)は、有力な宣伝材料のひとつである。楽曲はもちろんのこと、バンドの人となりだけでなく、スタンスやコンセプトなど、ありとあらゆる情報を見る人に伝えることができる。一般的には「カッコ良く」とか「きれいに」とか、ポジティブな印象を与えるものではないだろうか。

ところが、大阪の重鎮ファンクバンド「ザ・たこさん」が先日公開したMVは、かなり奇抜である。奇抜というか……なんじゃこりゃッ!? なんか意味わかんねえけどスゲェエエエエエ! 完全にB級映画じゃないか!?

続きを全部読む

【新MV】宇多田ヒカルのダンスと体型がスゴいと話題 / ネットの声「天才やな」「筋肉ムキムキ」「まだ伸びしろがあったのか…」など

1998年12月に『Automatic』でデビューしてから瞬く間に大ヒット。現在も圧倒的な人気を誇る、国民的シンガーソングライターが宇多田ヒカルさんだ。

そんな宇多田ヒカルさんが、2017年7月28日に新曲『Forevermore』を発売。同曲のMVでは宇多田さん本人による迫力のダンスが見られるのだが、踊りのみならず体型の仕上がりがスゴいと話題になっている。

続きを全部読む

【動画】またやりやがった! 奇才・岡崎体育の新曲が英語の曲かと思ったら…… 全部日本語だったーーッ!!

2016年4月にミュージックビデオにありがちなことを詰め込んだ1曲『MUSIC VIDEO』で電撃的にメジャーデビューを遂げたアーティスト岡崎体育。彼の2枚目のアルバムは、2017年6月に発売される予定だ。

それに先立って発表された『感情のピクセル』は、YouTube公開からわずか1週間で200万回再生を記録。これに続く第2弾『Natural Lips』が公開された。この曲はまず映像を見ずに音楽だけを楽しんで欲しい。というのも、字幕がなければ全編英語の曲に聞こえるからだ。だけどコレ、全部日本語!

続きを全部読む

【禁断動画】メロディは良いのに歌詞と映像がアレな「ティンカーベル初野」がヤバい! コイツは何者だ!?

世の中には、数えきれないほど音楽活動をしている人たちがいる。その多くが、世間に知られることなく活動を続けている状況だ。

そんななか、私(佐藤)は最近強烈なインパクトを与えるアーティスト(?)の映像を目撃してしまった。その人物とは、「ティンカーベル初野」だ。彼がYouTubeに公開しているミュージックビデオを見てみると……。メロディは良いのに、歌詞と映像にツッコミを入れずにはいられない。なんだ、コレは!?

続きを全部読む

【閲覧注意】GACKTの新曲『罪の継承』のMVがグロすぎて賛否両論!「新曲ええやん 」「お薦めできない」

整った顔立ちと鍛え上げられた肉体、そして美声が人気の歌手が GACKTさんだ。最近では、音楽の分野のみならず『芸能人格付けチェック』で連勝し、知識豊富な一流芸能人としても活躍中なのはご存知の通りである。

そんなGACKTさんが先日、2017年3月22日に発売される新曲『罪の継承 〜ORIGINAL SIN〜』のMVを公式YouTubeチャンネルなどで公開。その内容が “グロすぎる” と話題になっている。さっそく確認してみると……動画タイトルの時点で「※閲覧注意※」だ!!

続きを全部読む

【やってみろ】空想委員会のMVが完全に「恋愛ゲーム化」しててビビった! ハッピーエンド率はたったの12パーセント!!

恋愛シュミレーションゲームといえば、美少女と恋する『ときめきメモリアル』や『ラブプラス』を思い浮かべる人も多いだろう。選択肢によって変化するストーリー展開はドキドキするが、今あるロックバンドのミュージックビデオ(MV)を見ると恋愛シュミレーションさながらの体験ができると話題になっている。

それが空想委員会のMV『色恋狂詩曲』だ。MVで恋愛シュミレーション? と疑問に思うが、なんと画面上の選択肢をタッチし、登場キャラクターをデートに誘ったり、告白したり……とまさに恋愛ゲームそのものなのだ。美女を落とすため、何百回も再生すること間違いナシだぞ!

続きを全部読む

【二度見動画】米ロックバンド「OK Go」の最新ミュージックビデオがすげえ!! 4.2秒にすべてが詰め込まれている

ユニークなミュージックビデオを制作することで有名なアメリカのロックバンド「OK Go」が、また手の込んだ映像を公開したぞ! 彼らはこれまでに、無重力状態で映像を制作したり、トリックアート満載の映像を公開したりと、これまでのミュージックビデオの概念をくつがえすような挑戦を続けてきた。

最近になって、新たな映像を公開したのだが、コレは絶対に2回見てしまう! 映像の冒頭の数秒間にすべてが詰まっているのだが、そのわずかな時間に何が起きたのか、見極めることができない。その後にすべてをスローモーションで明かしていくのだが、スローを見てみると……。え!? たった数秒でそんなことしてたの!!

続きを全部読む

【ラスボス】小林幸子と柔道家の篠原信一がMVで共演 / ネット声「最高です!」「篠原さん何やってんのん?」

「ラスボス」の愛称でお馴染みの大物演歌歌手・小林幸子さん。2015年に出演したNHK紅白歌合戦ではボーカロイド曲『千本桜』を歌唱するなど、近年はジャンルにとらわれない活躍をしている。

そんな幸子さんが、また新たなボカロ曲『ロミオとシンデレラ』をカバー。ミュージックビデオ(以下MV)では人気キャラクターの初音ミク役を演じているのだが、一緒にチラチラ登場する大きい男性……元柔道家の篠原信一さんじゃん! 一体なぜ!? 予想外の “大物共演” にネット上では喜びの声が上がっているぞ!

続きを全部読む

【辺境音楽マニア】韓国要素が混ざった “トンデモ日本” を多用する、独ヒップホップ「Genetikk」のPVが何だかおかしい

以前の記事で、ドイツのヒップホップシーンで「Bushido」や「Chakuza」など、日本語に由来する言葉を用いる事が流行っていると紹介した。日本の神秘的なイメージや格闘技、ゲームなどが格好いいと思われているのである。

さてそんなドイツヒップホップシーンの中でも、完全にコンセプトを日本に振り切ってしまったヒップホップグループがいる。その名は「Genetikk」。作品で日本を取り上げる彼らなのだが、どうもその抱いているイメージが間違っている気がするのだが……。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2