近年、LGBT(レズ、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーの略)という言葉を耳にする機会が増えた。この中でも、一般的に認識が低いと思われるトランスジェンダーとは、出生時の性別と自分で認識している性別が異なる人のことをいう。

そんな、トランジェンダーを告白した息子に勇気づけられて、母親も性転換して父親になった親子が登場。「世界初のケースでは!?」と言われている親子が伝えるメッセージが、とても力強いので紹介したいと思う。

・息子がトランスジェンダーであることを告白!

英ニュースサイト『indy100』によると、米ミシガン州デトロイトに住む14歳のコーリー・メイソンさんが、11歳の時に自分がトランスジェンダーであることを両親に告白。幼い頃から「自分は女の子だ」と自覚していた “彼女” は、「少年の体に少女が閉じ込められている」ように感じていたのだとか。

最初は、「両親に受け入れてもらえないかも……」と不安に思っていたが、想像していた以上に多大なるサポートを得られたというコーリーさん。

・世界初のトランスジェンダー親子に!?

そして驚くべきことに、そんな息子に勇気づけられ、なんと4年後に母親のエリカさんもトランスジェンダーであることをカミングアウトし、性転換手術を受けて男性に。彼女は「エリック」と改名して母親から父親へと変身を遂げ、海外メディアのインタビューで、「初めて人生において、ついに “自分が完成した” と思えた」とコメント。

「少年から少女」になったコーリーさんと「女性から男性」へ性転換したエリックさん親子は、「世界初となるトランスジェンダー親子ではないか!?」と話題となっている。

・親子で力強いメッセージを発信!

Never apologize for being you. 👌

A post shared by Corey Maison (@coreymaison) on

米国の法律では、18歳にならないと性転換手術を受けることが出来ないため、今のところコーリーさんの体は少年のままだが、ブロンドの髪を伸ばしてメイクした彼女は「美少女」という言葉がピッタリだ。

彼女は、SNSで自分の体験談を語ることでLGBTの人々に向けて励ましのメッセージを発信し続け、エリックさんも「決して自分のことを恥じることなく、いつも自分に誇りを持ってほしい」と力強いメッセージを伝えている。

コーリーさんのInstagramのフォロワーは70万人に迫る勢いとなり、人々から絶大な支持を得ている様子。LGBTであることを悩み差別を受けている人にとって、大きな励みとなっているようだ。

参照元:Instagram @coreymaisonindy100(英語)
執筆:Nekolas

▼世界初のトランスジェンダー親子に!?

▼「美少女」という言葉がピッタリなコーリーさん