「Amazon」にまつわる記事

【手作り感マンマン】Amazonでデッカい商品を注文したらレアな梱包で届いた

あまりにも便利すぎる通販サイトといえば「Amazon(アマゾン)」であろう。なにせ何かを「ポチ」っと注文したら、東京だったら早けりゃ当日に届いちゃう! 大好き大好き Amazon 大好き! んんんっ、んんっ、んもゥ〜ッ!! DAISUKI(ダイスキ)!

さて、そんなアマゾンで少し大きな商品を注文してみた。「ちょっとオシャレなフタ付き段ボール箱」的なモノなのだが、この時の梱包が微妙にレアだったので、数枚の記念写真と共にご報告しておきたい。

続きを全部読む

【iPhone6行列】アップルストア行列にならってアマゾンで堀北真希さんの写真集を注文してみた!

現在私(佐藤記者)は、ドコモショップ丸の内店の前でiPhone6 Plusの発売日を待っている。2014年9月15日の夜から並び始め、19日の販売開始のその時を待っているのだ。

アップルストア銀座店前に並ぶ行列先頭の田村さんは、アマゾンで商品を注文したとのことなので、早速私も注文することにした。頼んだのはもちろん……

続きを全部読む

【何コレ】Amazonにナゾだらけの商品が存在することが判明 / カスタマーレビューが非常に興味深い

ありとあらゆる商品が取り扱われている世界最大規模のネット通販サイト「Amazon」。書籍やCDはAmazonで購入するという人も多いのではないだろうか。

そのAmazonに、「ナゾ」としか言いようのない商品が存在していた。実際に商品のページを見ると、何じゃこりゃ!? マジでナゾだらけ、ペーパーバックの洋書のようなのだが、タイトルから著者名までナゾに包まれている。ここまでナゾ一色の商品も珍しい……。

続きを全部読む

【有益情報】アマゾンが「MP3アプリ新規インストールでAmazonポイント200円分プレンゼント」をやってるぞ!!

てーへんだ! てーへんだ! あの通販の王者『アマゾン(Amazon.co.jp)』が、読んで字の如し「MP3アプリ新規インストールでAmazonポイント200円分プレンゼント」なるキャンペーンをやってるぞ!! Amazon利用者なら要チェックだ。

インストールすべきアプリは当然ながら無料! アプリの名前は『Cloud Player』で、その内容は……平たく言えば、いたって普通の音楽再生アプリである。スマホ端末に入っている音楽や、アマゾンで購入したMP3データを再生できるプレーヤーだ。

続きを全部読む

お~い! Amazonで巨大ロボットの取り扱いが始まったぞ~!! お値段たったの1億4000万円

幼い頃に、いつか巨大ロボットを操縦してみたい。今でもその夢が捨てきれないでいる、そんな少年のような心を忘れない人に朗報だ! 以前の記事で紹介した、全高4メートル・総重量4トンのロボット「クラタス」がネット通販サイト・アマゾンに登場だ!

ポチッと1クリック、簡単に購入できる体制が整ったようだ。そうすると、アマゾンの段ボールに包まれて巨大ロボが自宅に届くのかな? とにかくアマゾンで取り扱い開始じゃい!

続きを全部読む

Amazonレビューで絶賛されまくっている安いPCスピーカーを買ったら想像以上にイイ音で笑った

やたらとAmazonレビューで絶賛されている商品があったりすると、ついつい「ウソくせー」と疑いの目で見てしまう。単に流されているだけなんじゃねーの? と思ってしまうのだ。

だがしかし。そんじょそこらの絶賛ではなく、まさしく「絶賛されまくっている」商品があったりすると、「マ、マジっぽいな……(ゴクリ)」となったりする。たまには流されてみるのも一興だろう。

続きを全部読む

アップル未発表の「iPhone5C」のハードケースがすでにアマゾンで出品されてるよ~!

アップル社の次期スマホの名称について、海外でさまざまな話題が持ち上がっている。最近も、中国の下請け工場で撮影されたとする画像が話題になった。

・「iPhone5C」のケース販売開始!
スマホのパッケージと見られる画像には、「iPhone5C」と書かれていた。今秋発売が噂されている次世代iPhoneの名称は、「iPhone5S」だと言われている。この画像が本物なら、次期スマホは「5C」ということになるのだが、真偽は不明。そんななか、通販サイトアマゾンには早々と「5C」のケースが出品しているのだ。いくらなんでも気が早ええ!

続きを全部読む

【魔女の宅急便】Amazon.co.jpで売ってるグッズが衝撃的だと話題に / ジジはエイリアンだった!?

実写化で注目を集めているジブリ映画「魔女の宅急便」。その主要キャラである、黒ネコのジジにエイリアン疑惑が浮上しています。どうしてかって? それはね……。

続きを全部読む

1万人以上が高評価! 村上春樹の新作に寄せられた低評価レビューが秀逸すぎると話題に「本編より面白い!」

『ノルウェイの森』や『海辺のカフカ』など、これまで数多くの名作を生み出してきた小説家・村上春樹。大きな期待が寄せられていた村上春樹さんの新作『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』が、2013年4月に発行されたのだが、その作品の感想をつづったあるレビューが現在注目を集めている。

話題沸騰中のレビューは、通販サイト「Amazon」に寄せられていたレビューのひとつであり、なんと1万人以上の人がそのレビューを「参考になった」と評価しているのだ! それだけ多くの人から高評価を得るレビューとは、一体どんなものなのだろうか?

続きを全部読む

開封する前にシュッとひと吹きするだけ! 手紙の中を覗き見ることができる不思議なスプレー『X-Ray Spray』

友人、または親類からの手紙なら何の躊躇もなく封を開けるけれど、これが身に覚えのない手紙だったら、なんとなくためらってしまいますよね。もしくはそこがオフィスだった場合、「誰宛ての手紙かわからない」などという事態も起こり得るはず。

そんなときに便利なのが、とっても不思議なスプレー『X-Ray Spray』。こちらの商品は、大手ショッピングサイト『Amazon』などで購入することができます。

続きを全部読む

ヤマダ電機の「他社のインターネット価格にも対応で安い!」は本当なのか遠慮なく「価格.com」の最安値を販売員に申し付けてみた

日本の大手家電量販店が売り上げ不振に苦しんでいるというニュースをよく目にする。売れない理由は簡単だ。価格の安さでネット通販に負けているからである。「ネット価格を熟知しているユーザーにとって、家電量販店は単なるショールームでしかない」という声もあるほどだ。

そんななか、大手家電量販店・ヤマダ電機のチラシや看板に、こんなことが書いてあった。「ヤマダは他社のインターネット価格にも対応で安い! 他店より高い商品がございましたら、ご遠慮なく販売員にお申し付けください。」と。

はたしてこの宣言は本当なのか? ということで、あらかじめ調べておいた「価格.com」の最安値を、遠慮なく販売員に申し付けてみた!

・行ってみたのは都内某所のヤマダ電機

ちなみにチラシや看板には、小さい文字で「確認の上、出来る限り対応させていただきます。一部ご対応できない場合がございます。その際はご容赦ください。」とも書いてある。ヤマダ電機の「出来る限り」は、はたしてどれほどのモノなのか。

・ターゲットは一眼レフカメラのK-30

目当ての商品は、3カ月以上も悩み続けて購入を決意した一眼レフデジカメ『PENTAX K-30 18-135WRキット』。2月19日の時点での、「価格.com」の最安値は送料込みで73,703円。ちなみにAmazonでは送料無料で90,718円。Amazonマーケットプレイスでは78,800(送料別)。楽天市場では82,799円(送料込)であった。

上記を比較すると、圧倒的なのが「価格.com」の最安値73,703円(送料込)である。とりあえずポチっと注文。あとは代金を銀行振込するだけ……というタイミングで、都内某所のヤマダ電機に行ってみた。注文翌日の2月20日のことである。

・店頭販売価格とネット最安値の差は約2万6000円

ヤマダ電機のカメラコーナーに向かい、目当てのデジカメK-30を発見。価格を見ると……99,800円。ここに11%ほどのポイントがつくらしいが、現ナマ勝負してみると、ネット最安値の価格とは26,097円もの開きがある。たとえポイントが11%(約11,000P)ついたとしても……実質1万5000円相当は差があることに!

・遠慮なく「価格.com」の最安値を販売員さんに申し付けてみた

そうこうしているうちに販売員さんが話しかけてきたので、単刀直入に「他社のインターネット価格に対応というチラシを見たのですが……」と切り出してみると「ハイ!」と力強い笑顔。そして、スマホで撮影した「価格.com」の最安値画面を見せると、すぐさま彼は「◯◯◯さんは73,703円……」とメモを取り、「調べてまいります!」と裏へ消えた。

・販売員「もうそこまでの段階ですか! なるほど! しばしお待ちを!」

約3分後、駆け足で帰ってきた販売員さんは「いまお調べしたところ、少し価格の変動があったようで、現在の価格は81,900円……」と、小型パソコンのモニタを見せながら説明してくれた。急激な価格変動は「価格.com」ではよくある話だ。事実、それはウソではなかった。

――だが! 私は2月19日の段階でポチっと注文している。73,703円を振り込めば、もう商品が届くというところまで来ているのだ。その旨を、注文メールを見せながら説明すると、販売員さんは「もうそこまでの段階ですか! なるほど! しばしお待ちを!」と力強く言い、また裏手へと消えていった。

・値引きは「ポイント」だった!

約2分後。頼り甲斐のある熱血販売員さんが戻ってきた。そして、こんな感じで切り出した。

「お客様、73,703円という数字は、当店では不可能です。正直、原価割れするほどの価格です。当店の限界値は現金販売価格で90,000円です。これに16,200ポイントをつけ、差し引き73,800円相当というカタチでいかがでしょうか……ッ!!」

……ほう、なるほど。そう来たか。ポイントとは予想外であるが、想像以上の16,200ポイント! なるほどなるほど、そう来たでござるか!

・ヤマダ電機の “本気(マジ)” を見た

正直、想像以上に「ヤマダ電機、やるな」と思った。73,703円だろうと、73,800円だろうと、その差は100円以内。たいしたことはない。「SDカードやレンズプロテクターなどの付属品を16,200ポイントで買ってしまおう」という考え方なら、まるで問題ナッシングだ。だが、私には買い足すものが特にない。

私が驚いたのは、たとえヤマダ電機でしか使えないポイントであろうとも、「73,800円相当」まで近づけたというヤマダ電機の “本気(マジ)さ” である。

「ここまで対応してもらえるとは思いませんでした! すごいですね!」と言ってみると、販売員さんも「精一杯がんばらせてもらいました! あとはお客様のご判断にお任せします!」と胸を張る。

・『PENTAX K-30 18-135WRキット』の独自調査価格ランキング

ちなみにクレジットカード払いだと、価格は90,000円で現金払いと同じだが、ポイントは14,400。差し引き75,600で、現金払いよりも若干ウマミは少なくなる。すべてを整理しつつ、2013年2月19日〜20日の時点で安かった順にランキングしてみると……

1【価格.comの最安値】73,703円(送料込)
2【ヤマダ電機(申し付け後)】実質73,800円(販売価格90,000円−ポイント16,200)
3【ヤマダ電機(申し付け後カード払い)】実質75,600円(販売価格90,000円−ポイント14,400)
4【Amazonマーケットプレイス】78,800(送料別)
5【楽天市場】82,799円(送料込)
6【ヤマダ電機店頭】実質88,822円(99,800円−ポイント10,978)
7【Amazon】90,718円(送料込)

となる。

こうして見ると、ヤマダ電機も精一杯がんばっているなという印象。まさに「出来る限り対応」してもらった感がある。チラシや看板に書かれていた販売文句の「ヤマダは他社のインターネット価格にも対応で安い!」は、あながちウソではなかったのだ。モノにも場所にもよるとは思うが。

私はその後、一生懸命値引きをしてくれた販売員さんに「どうもありがとうございました! 検討してみます!」と挨拶をして店を出た。そして、しばらく考えてから「価格.com」で注文しておいたお店に73,703円を振り込んだ。彼には申し訳ないとは思ったが、現金9万円が飛ぶのはツラいということと、16,200ポイントで欲しいモノが特になかったからである。商品到着が楽しみだ。

Report:GO羽鳥

iOS『amazonアプリ』で検索項目を連打すると「ムカつく顔のキャラ」が飛び出してくるぞッ!

iPhoneやiPod TouchなどのiOS端末を利用している方に、今すぐたしかめて頂きたいことがあります!インターネット通販サービス「amazon」のアプリで、「カテゴリー」や「価格」、「ブランド」などの検索項目を連打すると、奇妙な現象が発生! ネットユーザーの間で話題になっています。

その怪現象とは、とてもムカつく顔のキャラクターが画面下から飛び出してくるのです! ウソだと思うならやってみろッ!! やり方は以下の通り。

続きを全部読む

Amazonの「絶対に見てはいけない」という商品がヤバイ! 「おかあさんおかあさんおかあさんおかあさんおかあさんおかあさんおかあさんおかあさんおかあさん」

何だコレは!? ありとあらゆるものが購入できて便利なサイト「Amazon」に、奇妙な商品が出品されていたと話題になっています。

その商品とは、電子ブックリーダー「Kindle」で購読できる電子書籍。書籍名は以下の通り。たしかにただならぬ雰囲気をかもしていたようです。

続きを全部読む

楽天銀行ハッピープログラムで電子書籍リーダー「kobo」プレゼント! そのままヤフオクで転売か!?

最近インターネット上で、注文した覚えのない楽天の電子書籍リーダー、「kobo」が家に届いたと告白する人が続出している。これはどうやら、楽天銀行のキャンペーンの一環で、端末が当たるプログラムによるものだったと思われる。楽天銀行は先ごろ、400万口座開設記念で同機をプレゼントする企画を行ったのだが、有難く利用している人は少ないかもしれない。というのも、ヤフーオークションに「kobo」新品の出品が相次いでいるのだ。

続きを全部読む

「Amazon.co.jp」に「東急ハンズ」が出店 → ほぼ隙なしの無敵のオンラインショップ完成!

大手通販サイトアマゾン(amazon.co.jp)に東急ハンズが出店しました。え? 何を言ってるかわからないって? だから、アマゾンにハンズが出店しました。え? 説明になってないって? だから~、通販サイト「ハンズネット」を運営する東急ハンズが、アマゾンのなかにストアを開設したんですって。

ただでさえ商品豊富なアマゾンで、ハンズネットの商品が買えてしまうのです。これでほぼ隙なしと言って良い、無敵のオンラインショップが完成ですよ。「アマゾン + ハンズ」というおそるべき足し算、しかもオープンから三週間は送料無料キャンペーンですってよ!

続きを全部読む

Amazonの梱包がいろんな意味でスゴイと世界中で話題に

一度使ったら便利すぎて病みつきになるのが通販サイトAmazonだ。プランによっては当日中に商品が到着したりもし、ますますAmazon中毒になる一方。おかげさまで部屋の中はAmazonの空ダンボールでいっぱいだ。

だがしかし、Amazonの梱包について「こ、これは……」と思ったことはないだろうか? たった1枚の小さなSDカードなのに、やたらと大げさなダンボールで届いたりしたことはないだろうか? たった1枚のCD、一枚のDVD、一冊の文庫本、小さな小さな電子部品……なのに、「ダンボールがデカすぎる!」と。

続きを全部読む

勝間和代さんがアマゾンレビューに降臨! 星ひとつのユーザーに対して「読まずにレビューを書いているのですか?」

たくさんの著書を出版しテレビにも出演している評論家の勝間和代さん。その彼女が大手ネット通販サイト「アマゾン」のカスタマーレビューにコメントを投稿し、話題となっている。彼女がコメントしたのは、自身の著書「まじめの罠 」(光文社新書)だ。この本は、2011年10月18日に発刊、彼女の半年ぶりの書き下ろしの新刊なのである。

ところが発売初日にアマゾンのカスタマーレビューに、星ひとつの評価がついたために、評価したユーザーに対して「読まないうちに星1つだと、著者としてはとってもこまるのですが(苦笑)」とコメントしたのだ。これを皮切りにレビュー上で他のユーザーと熱い議論を交わしたのである。

続きを全部読む

amazonで販売されている「カルバン・クライン」のパンツが明らかにおかしい

大手ネット通販サイト「amazon」で販売されている男性用下着の画像が、明らかにおかしいと話題を呼んでいる。話題となっているのは、男性用のボクサーショーツ3枚セット。白・青・赤の3色がセットになっているのだが、白以外の2色は画像加工ソフトで塗りつぶしたことが明らかな画像となっている。

続きを全部読む

Youtubeがビデオレンタルサービスを開始

アメリカ時間で4月26日未明、Youtubeでオンデマンドのビデオレンタルサービスがリリースされた。その名も「You tube Store」である。他のオンデマンドサービス同様に、ネット上でビデオを楽しむことができるようだ。

続きを全部読む

3月22日、アマゾンがAndroidアプリケーションの販売を開始

米アマゾンは3月22日より、スマートフォンOS「Android」のアプリケーションの販売を開始する。現在アプリの販売は、主にGoogleが「Android Market」(以下:Market)で行っているのだが、いくつかのアプリについて、2社の間で価格が異なっているため、今後価格競争が激化するのではないかとの見方がある。
続きを全部読む

  1. 1
  2. ...
  3. 5
  4. 6
  5. 7
  6. 8
  7. 9
  8. 10
  9. 11
  10. 12