「缶コーヒー」にまつわる記事

提供:サントリー食品インターナショナル

【大改造】缶コーヒー1500本以上を使って会社に「休憩スペース」を作ってみた結果…

古(いにしえ)の昔から、野郎どもの休憩のお供はこの2つと決まっている。「タバコ」と「缶コーヒー」だ。だがしかし、ご存じのように喫煙者にはこの上なく厳しい今のご時世、男たちが “上質な休憩タイム” を過ごせるかどうかは、缶コーヒーにかかっていると言っても過言ではあるまい。

そんな缶コーヒーの大定番にしてベストセラー、サントリーの「BOSS」から『カフェ・ド・ボス ほろあまエスプレッソ』と『カフェ・ド・ボス ふんわりカプチーノ』の2種類が発売となった。素晴らしいのは「世界でいちばん小さなカフェ?」をコンセプトにした、現代人に安らぎを与える缶コーヒーだということだ。

続きを全部読む

提供:UCC上島珈琲

こんなの絶対笑うやん…海外の通販番組を意識した『UCC』のCMがおもしろすぎるとネットで話題

笑う門には福来たる──。2018年も残すところあとわずかだが、せっかくならたくさん笑って縁起の良く新年を迎えたいものだ。そこで今回は、「おもしろすぎる」とネットで話題の動画をご紹介したい。

配信先は『UCC BLACK無糖』なのだが、これがマジでヤバいのなんの。おもしろすぎて、公開されている動画2本の累計視聴回数は400万回を突破(2018年12月12日現在)しているのだ。

続きを全部読む

【検証】逆に「いま飲んで美味しい缶コーヒー」を探してみたらこうなった

昨日、10月1日は「コーヒーの日」だったそうだ。もう10月1日は終わってしまっているが、10月1日は「法の日」であり「日本酒の日」であり、そして「コーヒーの日」でもあったそうである。うむ……完全に乗り遅れた。

それはどうでもいいとして、みなさんは最近「缶コーヒー」を飲んでいるだろうか? ぶっちゃけ、私(P.K.サンジュン)はコンビニの淹れたてコーヒーは毎日飲んでいるものの、缶コーヒーは1年以上飲んでいない。うーむ、果たして「いま飲んでも美味しい缶コーヒー」なんて存在するのだろうか?

続きを全部読む

コーヒーに焙じ茶を掛け合せた、アサヒの新商品「TEA COFFEE」を飲んだ時、“コーヒー飲料” の終わりを感じた……

昔から缶コーヒーが好きで、自販機やコンビニで日に1本は必ず買っている。そんな缶コーヒー好きの私(佐藤)は、最近「ワンダ」の新商品を発見してしまった。その商品はコーヒー飲料でありながら、“コーヒー飲料” の価値観を根底から覆す代物なのである。

コーヒーに焙じ茶を混ぜた「TEA COFFEE」。これを飲んだ瞬間に私は、コーヒー飲料の終わりが訪れたことを感じたのである……。

続きを全部読む

324円の高級缶コーヒー「プレボス」と302円のスタバのショートサイズコーヒーを飲み比べてみた結果!

缶コーヒーといえば、昔は100円だった。消費税が導入されて以来、110円・120円と次第に値上がりし、今では、ボトルタイプの缶コーヒーは140円くらいが相場である。

そんななか、その流れを完全に無視した商品が、セブン & アイ限定で販売していることがわかった! その商品「プレミアムボス ブラックリミテッド」は税込324円!! スタバのコーヒー(ショートサイズ)の税込302円より高いじゃないかッ!!

続きを全部読む

【泣ける】長い間ありがとう、定年退職する駅員さんに仕掛けたサプライズ動画が感動不可避

卒業や転勤など、何かと別れが多い3月。企業によっては定年退職も多い時期である。そんな中、東京メトロの従業員が、定年退職を迎える駅員に対しサプライズを仕掛け、その様子が2017年3月27日、ネット上で公開された。

「2017年、春。働き続けた人たちが、退職を迎える。」──そんな言葉から始まる動画の主役は、この3月をもって定年退職を迎える東京メトロ・秋葉原駅の駅長『石山さん』である。さて、どんなサプライズが待っているのだろうか?

続きを全部読む

【関西限定】缶入り『ボス とろけるカフェオレダブルの生クリーム』で関西の冬を乗り切れ!!

寒い冬の帰り道、うつむきがちの視線の先には自動販売機。ちょっと缶コーヒーでも買って温まろう。缶コーヒーを一口飲むと、寒さで強張っていた表情が緩む……。自動販売機が多い日本ならではの光景だと思う。

そんな自動販売機。最近では限定商品が並ぶようになった。その中でも関西のサントリーの自動販売機にある限定商品『ボス とろけるカフェオレダブルの生クリーム』がめちゃめちゃ美味しいので飲んでいただきたい!

続きを全部読む

提供:キリンビバレッジ株式会社

【検証】10月4日に「缶コーヒーの常識が変わる」らしい(笑)→ 他社の缶コーヒー3種類と飲み比べてみたらこうなった

常識はなかなか変わらない。かの名曲 “おどるポンポコリン” に登場する「エジソンはエライ人」は、約30年経った今でも「そんなの常識」である。……と、常識を覆すには膨大なカロリーが必要で、並大抵の努力で成し得るものではない。だがしかし……。

なんと大手飲料メーカー・キリンビバレッジが、「10月4日缶コーヒーの常識が変わる」という大胆不敵なキャッチコピーで同社の新しい缶コーヒーを売り出そうとしているのだ。ありがちといえばありがちな手段だが、マジで白黒ハッキリ付けるため、他社の缶コーヒーと飲み比べてみることにした。

続きを全部読む

【検証】27年前に賞味期限切れした「缶コーヒー」を飲んでみた

今からさかのぼること27年前……つまり1989年。元号が昭和から平成に改められ、任天堂のゲームボーイが発売し、プリンセス・プリンセスの『ダイアモンド』がCD初のミリオンセラーを記録したこの年、その缶コーヒーは賞味期限切れを迎えようとしていた

幾多の月日を経て、大げさに言えば時空を超えて、その缶コーヒーがなぜか記者の手元にある……WHY? 缶コーヒーとして生まれ、缶コーヒーとして人に喜ばれるハズだった彼は今、記者のそばで寂しそうにたたずんでいるのだ……コレは成仏させてやるしかあるまい。

続きを全部読む

提供:ダイドードリンコ

【検証】カフェの本場イタリア人に「日本の缶コーヒー」を飲んでもらい感想を聞いてみた → 意外すぎる衝撃の結果に!

イタリアの食文化と言えば、パスタやピザを真っ先に思い浮かべる人は多いだろうが、忘れてはいけないのが「カフェ」である。日本人にとって緑茶が、またはイギリス人にとって紅茶がそうであるように、イタリア人とコーヒーは切っても切れない関係だ。

イタリアには『バール』と呼ばれる個人経営の小さなカフェが約16万店舗もあると言われており、イタリア人一人一人が行きつけのバールを持っているそうだ。そんなイタリア人は、まさに国民のほとんどが「コーヒー通」と言っていいだろう。

ちなみに日本でも大人気の “あの大手コーヒーチェーン” もイタリアには店舗を構えられないほど、彼らはコーヒーにこだわりを持っている。それでは、そんなコーヒー通のイタリア人があまり海外では見かけない、日本独特の商品である『缶コーヒー』を飲んだらどう感じるのだろうか?

もしイタリアで通用したならば、缶コーヒーは世界で認められる美味しい日本の食文化と胸を張って言えるはず! そこで実際にイタリアまで行き、現地のイタリア人に日本の缶コーヒーを飲んでもらってきた! 気になるレポートは、以下のとおりだ!

続きを全部読む

【ファミコン世代大歓喜】ダイドーデミタスコーヒーに付いてくるナムコの名作ゲームのプレートチェーンが激アツ!! さっそく全種類買ってきた

清涼飲料メーカーのダイドーが、缶コーヒー「ダイドーブレンド デミタスコーヒー」と「ダイドーブレンド デミタス微糖」の新発売に合わせてプレートチェーンが付いてくるキャンペーンを2015年9月1日から展開している。

オマケつきだとついつい手が伸びてしまうものだが、今回のキャンペーンはナムコ(現株式会社バンダイナムコエンターテインメント)の名作ゲームのプレートチェーンが付いてくる、ファミコン世代にはたまらないキャンペーンなのだ! これは手を伸ばさざるを得ない! というわけで全種類ゲットしてきたぞ!

続きを全部読む

【コスパ良すぎ】イオングループ限定で販売している「ラガーズハイ」が侮れない味! 118円はさすがに安すぎだろ!?

夏の気配が近づいている。天気の良い日中は、すでに汗ばむほどの陽気さえ感じる。こう暑くなってくると、ビールがムショーに飲みたくなる。ビールメーカー各社はこぞって新商品の販売を開始しており、いよいよお酒がおいしくなってくる季節だ。

・缶コーヒーより安い!

そんななかで、大手ビールメーカー「サッポロ」はイオングループ限定で新商品の販売を開始した。それが「サッポロ・ラガーズハイ」である。この商品はアルコール度数7パーセント。しかも! 価格が安い、350ミリリットル1本で118円である!! マジかよ、自販機で缶コーヒー買うより安いじゃねえか!!

続きを全部読む

提供:ジョージア

汗を流して働く男たちの「しみわたる」瞬間にまじで胸が熱くなる / 『GEORGIAしみわたりタイム』がめちゃめちゃかっこいい件

日々、一生懸命働いていると、どこかでホッとひと息つきたくなるものである。缶コーヒーを片手に束の間の休憩、そのときあなたはどんな顔をしているだろうか?

缶コーヒーブランド『GEORGIA』が展開している『GEORGIAしみわたりタイム』に投稿されている、働く男たちの “休憩シーン” がめちゃめちゃかっこいい。「仕事って大変だよね……」と共感し、「みんな頑張ってるんだなぁ~……」と胸が熱くなってしまうのだッ!

続きを全部読む

【エナジー速報】エナジーコーヒー『ワンダ パワーブレンドコーヒー』を飲んでみた / 文句なしで完璧な商品! エナジー成分もハンパない!!

エンナァジイイイィィィッッ!! みんな元気か? エナってるか? 俺の名前はエナジーマン。エナジードリンク(栄養ドリンク)をこよなく愛する、1日1エナ、もしくは2エナ、3エナ4エナ当たり前のエナジードリンク評論家だ。

いつも私は、新たに登場するエナジードリンクに「喝!」を入れる。エナジー界をナメんじゃねえ的な、愛があっての喝である。だがしかし……今回に限っては、悔しいけれど「あっぱれ」だ! 商品名は『ワンダ パワーブレンドコーヒー』であるッ!!

続きを全部読む

キリンが提案する缶コーヒーの「新しい飲み方」が斬新すぎる! 指示通りにやるとコーヒーが飲めない

缶コーヒーをよく飲むという人は多いかもしれない。味も種類も豊富で、常に新商品が登場するので飽きずに飲むことができる。また手軽に自販機で購入できるのも、魅力のひとつかもしれない。

・キリンが提案する缶コーヒーの「新しい飲み方」

そんな缶コーヒーの「新しい飲み方」を、キリンの「FIRE」が提案しているのだが、どうもその内容がおかしい。とあるネットユーザーが公開している画像を見ると、飲み方を提案しているはずが、「開缶」や「飲む」指示が記されていない。一体いつ飲むんだよ!? 続きを全部読む

さりげなく『半沢直樹』ファンであることをアピールする方法30選

いま、最も人気のあるドラマといえば、いうまでもなく『半沢直樹』だ。どっぷりと半沢直樹にハマってしまった半沢直樹ファンは、毎週日曜の放送日を待ち遠しく思っている。そして、知人と「半沢直樹トーク」をしたいと思っている……はずだ。

だが、なかなか恥ずかしくて「半沢直樹ファン」であることをカミングアウトできない人もいるだろう。そこで今回は、さりげなく『半沢直樹』のファンであることをアピールする30の方法をご紹介したい。

その01:男性の正面に立ち、いきなり股間を「ギュッ」と握る
続きを全部読む

【缶コーヒー速報】「香りが見えるエメマンブラック」を開けたら本当に香りが見えてマジびびった!

缶コーヒーを飲んでいる人ならば、絶対に一度は手にしたことのある銘柄といえば通称「エメマン」ことジョージアの『エメラルドマウンテンブレンド』シリーズだろう。缶コーヒーを飲むならエメマンと決めている人も数多い。かくいう私(筆者)も「青いエメマン」の大ファンだ。

そんなエメマンのなかでも、ブラック無糖の「エメマンブラック」が4月22日に劇的進化を遂げたことをご存知だろうか!? なんでも “香り” が強化され、缶を開けた瞬間に「香りが見える」とかなんだとか言っている。マジかよ! ということで実験してみたところ……

続きを全部読む

イタリアブランドの缶コーヒー「イリー イッシモ」がウマすぎて感動! 飲んだらイタリア人になるレベル

ダンディな男を目指すなら、服装はモチロンだけど缶コーヒーのブランドにも絶対こだわりたいものです。 たとえば缶を開けたときにフワッと香るエスプレッソが楽しめる缶コーヒーがあったら最高なのに……と今まで思っていたのだが、ある日近所のコンビニでそんな願いを叶えてくれる、スッゲェ缶コーヒーを見つけてしまったぞ!

それはイタリア発のブランド「イリー イッシモ」のエスプレッソブラック。一口飲んでみると自分の顔がみるみるうちにパン○ェッタ・○ローラモのようチョイ悪イタリア人オヤジになっていく錯覚を覚えるほど、エスプレッソの香りがハンパじゃなくヴゥォオオオオオオオオオオオオオオオオーーーーーーーノッ!!

こ、これは、いまだかつて味わったことのないような、ファンタスティコおいしい缶コーヒーではないかッ! まさにコーヒーショップで一杯ずつ淹れたエスプレッソに勝るとも劣らないするレベル。いままでドヤ顔でエスプレッソを買っていた過去の自分を、ぶん殴ってやりたい気持ちになりました。ホントに。

続きを全部読む

コーヒーにちょっと紅茶をかけ合わせた「ジョージアクロス UK-STYLE」はいったいどんな食べ物と相性がいいのか? いろいろ食べ比べてみた

「ちょっと違うと、かなりイイ」というキャンペーンコピーで、2012年5月21日から販売されている缶コーヒー「GEOGIA X(クロス) UK-STYLE」(以下:UK-STYLE)。

これはコーヒーに紅茶がかけ合わさった、今までにない缶コーヒーで、昨年話題になったコーヒーと抹茶がクロスした「和-STYLE」の第二弾だ。

すでに味わったという人も大勢いるのではないだろうか。しかし、コーヒーに紅茶?どう飲んでいいのかわからないという人もいるはず。記者(私)も戸惑いを隠せないひとり。

そこでどんなものと相性がいいのか、いろいろなものを食べ比べて検証してみた。そうしたところ、これまでの缶コーヒーとは、やや異なる側面が見えてきたのである。

続きを全部読む

缶コーヒーのオマケって邪魔になる不用品が多いけど「コレなら欲しいかも」

あまり知られていませんが、缶コーヒーって海外だとあまり売られていないんですよ。缶コーヒーの需要量やクオリティーは、日本がトップクラスだと思います。自販機でササっと買えて、安くて美味しいし、日本中どこでも買えちゃう! とっても便利な存在ですよね。

そんな庶民の味方「缶コーヒー」ですが、実はコンビニ限定販売のものには、たまーにオマケが付いているのをご存じでしょうか? ちょっとしたオモチャやフィギュアが付いていることがあります。グリコのオマケみたいなものですね。

続きを全部読む