「激ウマ」にまつわる記事

提供:ZENB JAPAN

何度も言うけどミツカン『ZENBペースト』で作った「とうもろこしのガスパチョ」は異次元のウマさ! 混ぜるだけでほぼ店の味になるぞ!!

あなたはミツカンが去年発売した新ブランド『ZENB(ゼンブ)』をご存知だろうか? 普段あまり食べないような野菜の皮や芯の部分を、可能な限り丸ごと使用したという斬新かつ革命的な新商品だ。いや、皮とか芯は入れちゃダメだろ! 何考えてんだコラ!!

激しく混乱したため、思い切って開発担当者に話を聞きに行ったところ、人と地球と社会の健康という異様に濃い話に発展してしまったことは前回お伝えした通りである。そう、ものスゴイ食品なんですよ『ZENB』って。ところが、まだまだ知らない人も多いらしい。実に、実にもったいないことだ。

『ZENB』で作った「とうもろこしのガスパチョ」は、泣く子もそのまま昇天する異次元のウマさだというのに……。

続きを全部読む

伊勢海老よりウマイと言われる幻のエビ「ウチワエビ」を食べてみた / あるいは初めて生き物を絞めた話

エビの王様・伊勢海老。プリップリの食べごたえある身は激ウマで、サイズだけでなく味も最強と言える。だが、一説によるとそんな伊勢海老よりウマイと言われるエビがいるらしい

その名も「ウチワエビ」。希少価値の高いこのエビは、東京のスーパーではまず見ない幻のエビだ。1度で良いからお目にかかってみたいものである。

と思いきや、御徒町の鮮魚店『吉池』で売られていた。マジかよ。100g600円という価格はさすがだが、へー、伊勢海老より小さく片手で少し余る程度のサイズなのか。とりあえず買ってみたのだけれども……こ、これは……

続きを全部読む

【編集長チェック】部下が書いた記事の内容は本当か!? 99円の「サバ味噌煮缶詰」でペペロンチーノ編

ロケットニュース24というネットメディアに、たびたび登場する単語が「激ウマ」である。編集長である当の私(羽鳥)も たまに使う単語であるが、最も「激ウマ率」が高い記者と言えば中澤星児において他にない。

なにせ、ここ最近の彼の記事を新しい方から確認しても……「〜激ウマだった」「〜激ウマだった」「〜激ウマに!」「激ウマだった!」「〜激ウマに!!」……と、20本中5本の激ウマで、打率で言うなら.250(2割5分)。かなりの激ウマ打者といっても過言ではなかろう。

しかし、彼の「激ウマ」は本当に「激」なのであろうか……? もしや激ウマ連発しすぎて麻痺してしまい、「ウマ」のレベルも「激」になってしまっているのでは……? これは抜き打ちチェックするしかあるまい。

続きを全部読む

提供:株式会社ロッテ

【知ってた】クーリッシュ『フローズンコーラ味』が激ウマすぎる! 逆に「コーラはクーリッシュになるため生まれた説」が唱えられるレベル!!

世の中には「カレーと福神漬け」「劉備と孔明」「加トちゃんケンちゃん」……のように、抜群に相性がイイものが存在する。個々の戦闘力も高いけど、タッグを組むとマジ無敵! まるでお互いが出会うために生まれてきたかのような「水魚の交わり」というヤツだ。

2020年4月、歴史に名を刻む「相性抜群アイス」が密かに誕生していたことをご存じだろうか? それこそがロッテの『クーリッシュ フローズンコーラ味』である。全世界に向けて記者はこう言いたい。「コーラはクーリッシュになるために生まれてきたのだ」と──。

続きを全部読む

【最強レシピ】豚の角煮をスペアリブで作ったら激ウマ! 普通のばら肉に戻れなくなるレベル

豚のばら肉を煮込んだ角煮。柔らかい肉と甘みが舌をトロけさせる癖になる味だ。角煮大好きー!

そんな角煮が猛烈に食べたくなったので、スーパーに豚肉を買いに行ったところ、ただのばら肉ブロックは売ってなかった。代わりにスペアリブのブロックが安かったので、それで角煮を作ってみたところ……めっちゃウマイやんけ!!

続きを全部読む

【台湾グルメ】台北の「阿城鵝肉」で食べたガチョウがどれだけ最高だったか全力でプレゼンする

ハッキリ言って台湾をナメていました。事前にリサーチしたところによると「台湾料理は基本的に甘いんだよね~」とか「意外と薄いというかパンチに欠けるんだよね~」なんて聞いていましたが、とんでもない。断言します、台湾料理は爆ウマですLOVE 台湾

つい先日のこと。私、P.K.サンジュンは人生初の台湾旅行に出かけてきたのですが、食べる料理の全てが感動するほど激ウマ。中でも心の底から感動したのが「ガチョウ」でした。高速で走るダチョウじゃありません、肝臓がフォアグラになったりする「ガチョウ」の方です。

続きを全部読む

【日本唯一】吉野家の「牛骨ラーメン」が激ウマ

牛丼と言えば、吉野家。吉野家と言えば、牛丼。松屋もすき家も好きだけど、やはり「牛丼」だけにフォーカスしたら吉野家に軍配が上がる……そう思っている牛丼大好きっ子たちは多いのではなかろうか? とにかく吉野家と言ったら「牛丼の店」なのである。だがしかし……。

実はその吉野家が「ラーメン」を販売しているという事実をご存じだろうか? カレーはわかる。うなぎもわかる。なんなら生姜焼きも大いにわかる。だが「吉野家のラーメン」とはいったい……? 

続きを全部読む

燻製するだけで激ウマに! お家で簡単に作れる「燻製豆腐」が超オススメ!!

安い、ヘルシー、美味しい、どこでも買える。そんな良いところづくしの食材である豆腐。ただ、毎日のように食べていると、シンプルすぎるため味に飽きてくるのが欠点だろう……。

そんな時にオススメしたいのが「燻(くん)製豆腐」だ。豆腐の燻製はあまり聞かないかもだが、商品化されていれば高級なものまで存在している。しかも作り方も簡単で、今日にでも家で作ることができてしまう。燻製好きは、超必見レシピだぞ~!

続きを全部読む

【ガチ】マクドナルドを世界一おいしく食べる方法 / しかも痩せる!

手軽に食べられて安いファーストフード。現状、そんなファーストフードチェーンの王者と言えばマクドナルドだろう。お手軽かつどこにでもあるというのは大きな安心感だ。

しかし、味はと言うと、「まあ普通」と答える人が多いのではないだろうか。特段ウマくもないが、マズイというほどではない。ウマさを求めるなら他の店に入るという人も多いだろう。そんなマクドナルドを世界一おいしく食べる方法をご紹介したい

続きを全部読む

【知ってた?】安い醤油でも、「燻製」すれば高級感ある激ウマ醤油に生まれ変わる!

近頃「燻(くん)製ブーム」がじわじわ来ていると思う。東急ハンズや100円ショップなどでも、燻製のグッズが置いてあったり、SNS上でも自宅で燻製を作っている投稿をよく見かける。

私自身もキャンプがきっかけで燻製にはまり、家でも時々作ったりする。肉類やチーズ、卵などを燻製にすることが多いのだが、最近面白い情報を耳にした。それは「醤油を燻製にすると美味い」というもの。どういうことか気になったので、作ってみることにした!

続きを全部読む

【麻薬か】韓国産「ハニーバターナッツ」の中毒性がヤバすぎる

神に誓って言うが、これまで私、P.K.サンジュンは違法薬物や大麻などに手を染めたことがない。何度かはよからぬお誘いがあったものの、純粋にビビリなので結局は試してこなかった。だがしかし、最近になって「麻薬ってこんな感じなのかな?」という食べ物に出会ってしまったことを報告したい。

そう、それこそが今回ご紹介する『ハニーバターナッツ』である。その中毒性は過去に口にしてきたグルメの中でもトップクラスで、思い出すだけでヨダレが出そうになるほどだ。ああ、そうか……きっと麻薬ってこんな感じなんだろうなぁ……。ヤバい、またヨダレが出てきた。

続きを全部読む

【新エース】スシローの「トンポーローにぎり」が空前絶後のウマさ! ただし…

みんなが大好きな「スシロー」に新エースが誕生した。No.1人気のまぐろを筆頭に、どれも安定のクオリティを誇るスシロー。その中であなたが「行ったら絶対に注文する!」というエースは何だろう? 私、P.K.サンジュンは「フライドポテト」と「生ハム」だ。

どちらも間違いのないウマさで、なんなら1つではなく2つずつ注文する場合もあるが、そこに食い込んできそうなのが『トンポーロー』である。ハッキリ言ってトンポーローには、スシローの新エースになれる素質がある! ……あるのだが、残念なことに重大な欠陥が発覚してしまったことも併せてご報告したい。

続きを全部読む

【賛否両論】ペヤング『スカルプDやきそば』を食べてみた結果 → 「ウマい派」と「マズい派」で意見が割れまくった

2018年のペヤングは様子がおかしかった──。ペヤング大好き、プロペヤンガーの私、P.K.サンジュンはそう思う。1月に発売された「夜のペヤング」を皮切りに、「チャーハン風」や「激辛やきそばEND」まで、昨年までとは全くテイストの違う商品が続々とリリースされた。そして……。

様子がおかしかった2018年を締めくくるべき、12月より発売となったのが『ペヤング スカルプDやきそば』である。スカルプ……Dだと? もう本当に意味がわからなくなってきたが、とりあえず食べてみたところ “超えてはいけない一線” を越えていたのだ……。

続きを全部読む

【優勝】スシローの「さんまのペペロン風まぜそば」が激ウマ! イタリア人がスシローアプリをダウンロードするレベル!!

寿司はもちろんのこと、フライドポテト、コーヒー、スイーツ……と、サイドメニューがバカみたいにウマいスシロー。個人的にスシローのフライドポテトはマジで本場アメリカでも通用すると確信しているが、今回はイタリアでも通用しそうな激ウマメニューをご紹介しよう。それが『さんまのペペロン風まぜそば』だ。

『さんまのペペロン風まぜそば』は、2018年8月下旬から登場している期間限定メニューなのだが、これが信じられないくらい激ウマ! 食べた瞬間、なぜか「優勝」の2文字が頭によぎるほど強烈なウマさだったのだ。

続きを全部読む

中華三昧おそろしいコ! カップの「汁なし担々麺」が圧倒的にウマい!! たった一つの弱点は…

日本で……いや、世界的に見ても「明星 中華三昧」ほど美味しいインスタントラーメンはそう多くないだろう。冷やし中華も激ウマなら酸辣湯麺も激ウマ、ぶっちゃけ「店で食べるよりウマいよね?」と思うことも少なくない。

そんな中華三昧に期待のニューフェイスが登場した。それが2018年4月から発売開始となった『中華三昧PREMIUM 汁なし担々麺』だ。袋麺ではなくカップタイプの汁なし担々麺なのだがこれが激ウマ! 中華三昧……本当に恐ろしいコ!!

続きを全部読む

【衝撃】メキシコのチュロスが神ウマすぎた! ディズニーのチュロスがちょっと太い枝くらいにしか思えなくなるレベル!!

やあ、みんな! 突然だけどディズニーランドはお好きかな? お兄さん(P.K.サンジュン/ 40歳)は千葉県で育ったから幼い頃からよく東京ディズニーランドに行ったもんさ。高校のときは放課後に自転車でディズニーランドまでかっ飛ばしてたぜ!

それはどうでもいいとして、アトラクションもパレードも最高のディズニーランドだけど、グルメも最高すぎるよな! お兄さんのお気に入りはチュロス!! 「いろんな味が楽しめるディズニーのチュロス最高ォォォオオオ!」とつい先日までは思っていたんだけど、本場の味を知っちゃってショックを受けているんだ……。

続きを全部読む

【韓国グルメ】ソウル最強ラーメン店「シンケッチ」が異次元のウマさ / 飲んだ後に食べると5万倍ウマい

通常、韓国で「ラーメン」というとインスタントラーメンのことを指す。生麺を使用したラーメン店もあるにはあるが、基本は袋麺のことであり、日本でいう一般的なラーメン店はかなり少ない。もちろん店で食べるラーメンも、基本はインスタントラーメンだ。

そんな韓国のインスタントラーメンの中で、もっともポピュラーなのが「辛ラーメン」である。日本でもスーパーやコンビニで販売しているから、ご存じの方も多いことだろう。今回は記者が知る限り「最強に美味しいソウルの辛ラーメン店」をご紹介したい。

続きを全部読む

【お願い】茨城県民さん! 大洗町の絶品タイ料理店『バンセンストア』に行きまくって下さい!! 店主さんが「潰れるかもしれないよ」って言ってるんです!

どんな美味しい飲食店でも、久々に訪れると潰れてしまっていることがある。お気に入りのお店であればあるほど「もっと行っておけば良かった……」と後悔するものだ。今回はそんな後悔を絶対にしたくないので、茨城県の絶品タイ料理店『バンセンストア』について2度目のご紹介をさせていただきたい。

茨城県という時点で、個人的には年に1度しか足を運べないのだが、とにかく味がマジ最高! お世辞抜きで「日本で1番美味しいタイ料理店」だと確信している。それなのに先日久々に同店を訪れた際、店のおじさんが「潰すかもしれないよ……」と話していたのだ。な、ななな、なんだってェェェエエエエ!

続きを全部読む

36.322333140.56277

【激レア】吉野家の隠れメニュー「煮玉子」が異常なウマさ! 店舗限定・数量限定でひっそりと販売中!!

1899年の創業以来、牛丼界の絶対的エースとして君臨する吉野家。売り上げや店舗数は他のチェーン店に追い抜かれたとしても「やっぱり牛丼は吉野家が一番ウマい」という人も多いのではないだろうか? 

かくいう筆者もその1人で、カレーなどのメニューはともかく牛丼だけは吉野家こそが至高だと確信している。「吉野家 = 牛丼」「牛丼 = 吉野家」なのだ。だがしかし……つい先日のこと、その牛丼をも遥かに凌ぐ激ウマ隠れメニューを発見してしまった。それが吉野家の店舗限定・数量限定の「煮玉子」である。

続きを全部読む

【朗報】丸亀製麺の最高傑作『あさりうどん』が販売期間を延長! 広報「ご好評につき6月上旬までご提供します」

姉さん、事件です。……といっても良い事件です。なんと丸亀製麺の期間限定メニュー、あの『あさりうどん』が好評につき販売期間を延長するというのです……ヒャッハーーー! 

そう、本来なら4月下旬で終了予定だった『あさりうどん』と『あさりバターうどん』が、6月上旬まで販売継続決定! 「やべえ、食べ逃した」という人もまだ大丈夫!! 俺たちの春は、俺たちのあさりうどんはまだ終わっちゃいない!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2