「新商品」にまつわる記事

【そっち?】ペヤングの新商品「オニオンマヨツナ やきそば」がメッチャわかりにくい

冒頭からズバッとお聞きするが、あなたはカップ焼きそばの商品名が「オニオンマヨツナやきそば」だったらどんな味を想像するだろうか? 私、P.K.サンジュンは「おにぎりのツナマヨみたいな味」を想像していた。

これまで多くの変化球ペヤングを世に送り出してきた「まるか食品」のことである。「ほう、なかなか目の付け所が良い」……と思いきや。『ペヤング オニオンマヨツナやきそば』は「そっちかい!」とツッコまざるを得ない商品だったのでご報告したい。

続きを全部読む

新商品「超大盛激辛やきそば マシマシキャベツ」から伝わるペヤングの迷い / どちらに進むべきなのか? ペヤングは岐路に立たされている

つい先日、私、P.K.サンジュンは “ペヤンガー” としてテレビに出演した。番組は「お願い! ランキング」の「忌憚ナク蔵」で、ざっくり説明するとペヤングの商品について、忌憚なく感想を申し上げる内容だ。

自分で言うのはイヤらしいが、その中で私は神がかった回答を連発! 放送をご覧になった方から「すごかったです!!」との声を多くちょうだいした。その私が2021年12月6日から発売開始となった新商品『超大盛激辛やきそば マシマシキャベツ』を食べて感じたことはただ1つ…… “迷い” である。

続きを全部読む

【苦悩】ペヤングの新商品「ボンゴレ風やきそば」がかなりウマい! …が、売れるかどうかはわからない

2021年11月15日 、我らがペヤングの新商品『ペヤング ボンゴレ風やきそば(税別205円)』が発売開始となった。結論から申し上げてしまうと、今回の新商品はかなりウマい! 余裕でオススメできる!! ……のだが。

『ペヤング ボンゴレ風やきそば』が売れるかどうかはまた別の話。もっと言うと、話題になる可能性はあまり高くない……気がする。果たしてペヤングが進むべき道とはいったい──。

続きを全部読む

【リンガーハット】1年で1番ウマい「牡蠣ちゃんぽん」の季節到来! 至極のスープをより一層美味しくするコツ

みなさんは「ラーメン」と「ちゃんぽん」の違いをご存じだろうか? 一般的に麺・スープ・具材を別々に準備するのがラーメン、逆に麵・スープ・具材を同時に煮込むのが「ちゃんぽん」とされている。

そういう意味で、具材の旨味が強ければ強いほど ちゃんぽんは美味しくなるワケだが、2021年10月12日からリンガーハットに登場した『牡蠣ちゃんぽん』は最強の旨味系ちゃんぽんだ。ズバリ、1年で1番ウマいちゃんぽんである!

続きを全部読む

【新商品】松屋の『ボロネーゼ&マスカルポーネ風Wソースのハンバーグ』は、イタリア料理店で出てきても遜色ないくらいの美味しさ!

常に根強い人気がある松屋のハンバーグシリーズ。定番「ブラウンソースハンバーグ」は安定の美味しさであり、過去に期間限定で登場した数々の品はどれもパンチ効いててご飯が進む味わいであった。

そして昨日2021年10月5日、「松屋風イタリアン」という新ジャンルとして『ボロネーゼ&マスカルポーネ風Wソースのハンバーグ(ライスセット 税込630円)』が発売開始された。

初日に食べてみたところ、今いる場所が牛丼チェーン店だとは信じられないくらい美味しくてビックリ。この商品、これまでの松屋のハンバーグシリーズとはひと味もふた味も違うぞ……!?

続きを全部読む

【クセ強】大阪王将の新商品名が長すぎて覚えられない / 声に出したら百人一首みたいになって笑った

まただ。大阪王将がまたやった。またまたまたまたクセ強目なネーミングの新商品を発売しやがった。以前に本サイトで取り上げた『弾む焼豚いつかの初恋オムライス』や『大阪の元気いただきます! 道頓堀焼きそば』もネーミング的に問題作だったが、今回は別ベクトルで衝撃作

一体どんな名前かというと……

続きを全部読む

【マクドナルド】今年の月見は超コッテリ! チーズバンズの「濃厚とろ~り月見バーガー」がマジで濃厚すぎた

2021年9月8日、マクドナルドから毎年恒例の「月見バーガー」が発売開始となった。タマゴとパティの黄金タッグは鉄板中の鉄板! なぜ定番商品にならないのか不思議なほど、完成度の高い期間限定バーガーである。

その月見バーガーが「今年はさらにパワーアップしている」というから聞き捨てならない。というわけで、数あるラインナップの中からマックがゴリ推ししている『濃厚とろ~り月見バーガー』を食べてみたのでご報告しよう。

続きを全部読む

【悲報】ペヤング、また迷走してしまう → 新商品「韓国味なんちゃって蕎麦風」が理解不能すぎて泣いた

どうやら俺たちのペヤングがまた迷走し始めたらしい。というのも、2021年8月23日から発売開始となった新商品『ペヤング 韓国味なんちゃって蕎麦風』が、お察しの通り理解不能な商品だったからだ。

本商品の1つ前に発売された「シーフード味」で、ようやく正気を取り戻したかと思われていたペヤング。いくらなんでも「韓国味なんちゃって蕎麦風」は迷走感が強すぎるだろ……。とはいえ私は黒帯ペヤンガー。食べてみるしかあるまい。

続きを全部読む

【朗報】ペヤング、ついに正気を取り戻す! 新商品『シーフードやきそば』が正統派のウマさ!!

ついに……ついに! 俺たちのペヤングが正気を取り戻したらしい。というのも、2021年8月2日から発売開始となった『ペヤング シーフードやきそば』が、久々に正統派の新商品だったからだ。

ここ数年、鬼ほど辛い「獄激辛シリーズ」に代表されるよう、とんでもない変化球ばかりをぶっ放してきたペヤング。黒帯ペヤンガーを自負する私、P.K.サンジュンはこう言いたい……「そうだ、ペヤング。こういうのでいいんだよ」と──。

続きを全部読む

第4の刺客! ペヤング「獄激辛にんにくやきそば」襲来!! 実は獄激辛史上、最も〇〇と判明

また来たか……。ペヤングを愛しペヤングに愛された黒帯ペヤンガーの私、P.K.サンジュンはそうとしか感じなかった。何の話かというと、2021年7月26日から発売開始となったペヤングの新商品『獄激辛にんにくやきそば』のことである。

本商品は地獄のように辛い「獄激辛シリーズ」の第4弾で、今回は比較的相性が良さそうな「にんにく」が加わった。果たしてその味は? 辛さは? にんにく様の主張は? 詳細は以下で報告したい。

続きを全部読む

丸亀製麺の新商品「シビ辛麻辣坦々うどん」の最大瞬間風速がヤバい! あれが絶対に必要だ!!

2021年7月27日、丸亀製麺の新商品『シビ辛麻辣坦々うどん』が発売開始となった。この段階でズバリ申し上げてしまおう。本商品は丸亀史に残る濃いィィィィイイイイうどんである。

基本的にハズレがなく、何を食べても安定感抜群の丸亀製麺であるが『シビ辛麻辣坦々うどん』に関しも「悔しいけどウマい」と言わざるを得ない。さあ、丸亀大好きっ子の諸君たち、そして濃い味大好きっ子の諸君たち、今すぐ丸亀製麵へGOだ!

続きを全部読む

【新商品】リンガーハットの「冷やしちゃんぽん麻婆茄子」が安定のウマさ! 週1のレギュラー冷やし麺に認定する!!

リンガーハットの長崎ちゃんぽんはウマい──。1度でもリンガーハットを利用したことがある人なら誰もが知る圧倒的真実である。だがしかし、私、P.K.サンジュンはこう言いたい。リンガーハットの冷やしちゃんぽんは更にウマい、と。

2021年7月26日から全国販売される『冷やしちゃんぽん麻婆茄子』を一足先に食べてきたところ、これが激ウマ! 冷やしちゃんぽんがウマいことは知っていたが、今回も「とりあえず週1のランチはこれで」とレギュラー入りを確定させるハイクオリティなウマさであった。

続きを全部読む

提供:丸亀製麺

【ヤバい】丸亀製麺の新商品『丸亀こどもうどん弁当』は大人でも激ウマなことが判明 / 本日7月21日発売

どうやら丸亀製麺の「丸亀うどん弁当」がメチャメチャ売れているらしい。発売開始からおよそ3カ月で700万食を突破したというから、まさに “爆売れ” と言っても過言ではあるまい。確かに「丸亀うどん弁当」はコスパ最高だもんなぁ……個人的にも大変お世話になっております。

そんな「丸亀うどん弁当」のニューフェイスが、2021年7月21日(水)から発売開始となった『丸亀こどもうどん弁当』だ。こども……子供? ふむ、読者も記者もおっさんだらけのロケニューには関係ないか……と思いきや、あの男が声をかけてきたのである。

続きを全部読む

大阪王将の期間限定新メニュー、小学生でさえ声に出すのが恥ずかしいヤツ / ボリュームと気合いはパないが…

大阪王将の新メニューがネーミング的にアレな件については、これまで何度かお伝えしてきた。『弾む焼豚いつかの初恋オムライス』しかり、『元気盛り ハッスル麻婆カツライス』しかりで、昨日2021年7月1日から販売開始された期間限定メニューもまた しかりであった。

その名は……

続きを全部読む

【忖度なし】ペヤング「青のりパンチやきそば」を食べた正直な感想 → そっちかよォォオオ!

どうやらペヤング擁する「まるか食品」が、ようやく正気を取り戻した……っぽい。というのも、2021年6月28日から発売開始となった新商品『ペヤング 青のりパンチやきそば』が久々に秀作の気配を漂わせているからだ。

王道の「ペヤング ソースやきそば」を除いては、理解不能なことが少なくないペヤングシリーズ。商品名から察するに『ペヤング 青のりパンチやきそば』は正統派に位置づけられると言っていいだろう。果たしてその実力や如何に? 実際に食べてみたのでご報告しよう。

続きを全部読む

【悲報】岡むら屋が「おっさんを置いてけぼりにしようとしている説」が浮上 → 広報にカチ込んだ結果…

人間は年齢の変化と共に “食の嗜好” が変わるもの。若い頃は脂ギトギトの肉もペロリだった人が、気付けば赤身中心のチョイスになっていることはよくある話だ。個人的な体感では40代手前から、やや脂がキツくなってくる……と思う。

そういう意味で、唯一無二の「肉めし」を展開する岡むら屋の『でらナポ肉めし』は、マジで意味が分からない。若者よりは中年に愛されている店なのに、なぜか牛めしにナポリタンをトッピングするという暴挙に出たのである。岡むら屋、貴様……!

続きを全部読む

【ブチギレ】ペヤングの新商品「ねぎ塩マヨ」と「ねぎラー油」が獄激辛以上に鬼畜すぎた / 味はいいが…

まずは冒頭から味についてお知らせしよう。2021年5月24日から発売開始となったペヤングの新商品「ねぎ塩マヨ」と「ねぎラー油」はなかなかウマい。絶品とまでは言わないが、どちらも予想を下回らない安定感のある味わいだ。だがしかし……。

黒帯ペヤンガーを自負する私、P.K.サンジュンは、この2つの商品を「獄激辛以上に鬼畜なペヤング」と認定したい。その理由はというと……。

続きを全部読む

ローソンの新商品『ぷるっとプリン入りミルクティー』のプリンをスプーンですくってみたら…結構入ってる!!

プリンもミルクティーに入りたくなる時があるらしい。いったいどんな時だよ! と思いつつも商品ポップのインパクトにひかれて購入してしまったのがプリン入りミルクティー、その名も『ぷるっとプリン入りミルクティー』だ。

世間一般的に見ると、ミルクティーに入れるものといったら満場一致でタピオカだろうが……プリンよ、おまえはそんなタピオカに勝てるんか?

続きを全部読む

リンガーハットの新作『ほたてとあさりのちゃんぽん』が最高傑作の予感! 丸亀のあさりうどん難民「今年はこれで生きていく」

かつての暗黒時代を経て、見事にV字回復を達成したことで知られるリンガーハット。端的に言えばリンガーハットのメニューにハズレはなく、どれを食べても一定のレベルに達している。長崎ちゃんぽんも皿うどんも季節のメニューも、絶対的にウマい。

一方で「何が1番美味しい?」と聞かれたらやや困ってしまうのだが、個人的にこれまでは秋から冬にかけての限定メニュー「牡蠣ちゃんぽん」を挙げてきた。だがしかし、これからは違う──。『ほたてとあさりのちゃんぽん』こそがリンガーハットの最強メニューだと断言しよう。

続きを全部読む

【ケンタッキー】堅揚げ仕上げ「パリパリ旨塩チキン」発売! しっかり硬いのか “硬い党” が確かめてみた結果…

日本全国3000万人の「硬い党」の諸君……待たせたな? 2021年4月7日、ケンタッキーが『パリパリ旨塩チキン 堅揚げ仕上げ』の発売を開始したゾォォオオオオオオ! 硬いの待ってた!! ハードな食感を待ちわびていた!

そう、何を隠そう私、P.K.サンジュンは、パンもポテトチップスも硬い方が大好き!! さあ『パリパリ旨塩チキン 堅揚げ仕上げ』よ、願わくば「歯が折れるんじゃないか不安になるレベル」の硬さであってくれーーーー!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7