「幼稚園」にまつわる記事

【伝説の付録】幼稚園9月号に「セブンティーンアイスの自販機」が再登場したので作ってみたら…すごかった / 設計した人、ただ者ではない!

雑誌『幼稚園』の勢いが止まらない。過去記事でもリアルすぎるセブン銀行ATM公衆電話、そしてなりきり牛丼屋ができる「吉野家 ぎゅうどんづくりゲーム」などを紹介してきたが、ここに伝説の付録が復活した。

そのあまりの完成度で売り切れ続出、長い『幼稚園』の歴史でも初めて重版となったという昨年7月号の付録「セブンティーンアイスじはんき」が再登場。去年買えなかったお友達も必見だ。

続きを全部読む

【第8回】子供と乗り切るテレワーク / 平日は「しまじろうのオンライン幼稚園」で生活のリズムを作る

どうもみなさん、こんにちは、こんばんは。ロケットニュース24のP.K.サンジュンです。緊急事態宣言の解除が延長され、我が家も5月いっぱいは保育園がお休みになりました。保育園なしのテレワークに突入してから1カ月が経過しましたが、もうしばらくはこの生活が続きそうな気配です。やるしか……ないねん。

それはさておき、これまで子供を楽しませる小ネタをいくつか紹介してきましたが、やはり私と妻が仕事をしている間は、娘が1人きりの時間が発生します。むしろその時間が1日の大半だったりするんですが、我が家では「しまじろうのオンライン幼稚園」のお世話になっているのでご紹介しましょう。

続きを全部読む

雑誌の付録に「公衆電話」だと!?『幼稚園5月号』の付録を固定電話すら知らない幼児に渡してみた結果

最近の幼児雑誌の付録がスゴイ。そのなかでも特にトガっているのが小学館の『幼稚園』だ。過去にセブン銀行のATM吉野家の牛丼が付録化され、発売のたびに話題になってきたが、そんな『幼稚園』最新号の付録がまたスゴイ。

今回は「公衆電話」だ。なぜ公衆電話!? 今の幼稚園児なら公衆電話どころか固定電話すら知らない可能性がある。我が家の子供たちも電話=スマホである。そんな幼児に公衆電話を見せたらどう反応するのだろう?

続きを全部読む

月刊『幼稚園』の付録「吉野家 ぎゅうどんづくりゲーム」がスゴすぎる!! 完全に “おままごと” の域を超えてるだろ、コレ!

最近の児童誌の付録はおかしい! 明らかにおかしいと言わざるを得ない。たとえば、2019年9月号の『幼稚園』の付録はセブン銀行のATMだぞ。ペーパークラフトとはいえ、対象年齢4~6歳の雑誌の付録がなぜATMなんだ!? ところが! 最新号(2020年1月号)の同誌の付録はさらにすごいことになっていた!!

最新号の付録はなんと、あの牛丼の吉野家とコラボした「ぎゅうどんづくりゲーム」だった! 付録で牛丼? どういうことなんだ!? 実際に購入して作ってみたら、さらに訳がわからなくなってしまったッ! これどういう遊び?

続きを全部読む

【衝撃】ATMが付録でついてくる『幼稚園9月号』を買ったら現代の園児の “ヤバさ” を思い知った

激化する付録戦争。以前の記事で、小中学生向け少女マンガ雑誌『ちゃお』にルンバみたいなお掃除ロボがついてくることをお伝えした。37歳の私が子供の頃からは考えられないほど、雑誌の付録は進化を遂げている

そして、この度ネットで付録が話題になっているのが4歳から6歳向けの雑誌『幼稚園』だ。9月号の付録はなんとATM! 念のために言っておくが、園児の間で流行っているアニメキャラの略称などではない。コンビニとかにあるあのATMだ

続きを全部読む

父親参観日に「男装して出席したシングルマザー」が話題に! ママの男装に大喜びする息子が微笑ましい

最近は離婚する人が増加していることもあり、シングルで子供を育てる親が増えている。一人で、父親と母親の役割を果たさなければならないシングルの親御さん達には、本当に頭が上がらない思いである。

そんななか、「男装して父親参観日に出席したシングルマザー」が、ネットで大きな話題となっているので紹介したい。ママの男装に大喜びする息子と、二人の親子愛に感動すること間違いナシだ!

続きを全部読む

【動画あり】中国発祥のバスケ体操が猛烈にかわいい

中国の “かわいい” が止まらない。先日、上海を拠点とする『SNH48』のミュージックビデオが尋常じゃないくらいかわいいことをお伝えしたが、それに負けないくらいのキュートな動画が飛び込んできた。

……というのも、かわいさを兼ね備えた「バスケ体操」が中国・浙江省寧波市で産声をあげたのである。はたしてどれほどの破壊力なのか。さっそく、動画「Awesome Chinese Kindergarten Kids!/中国幼儿园惊人的一幕!」をチェックしてみよう!

続きを全部読む

3000人の社会人に聞いた『最も怖い職業』トップ5! 3位「アイドルのコンサート会場の警備員」など

日本でも「きつい、汚い、危険」を意味する “3K” と呼ばれる仕事がある。だが3Kの仕事でも、給料が良ければ気にしないという人もいるので、仕事に望む条件は人それぞれである。

そんな仕事に関して、「どの職業が最も怖いか?」と約3000人の社会人にアンケート調査を行ったところ、意外な結果が出て話題を呼んでいるので紹介したと思う。

続きを全部読む