「就活」にまつわる記事

【は!?】パーマの女性は仕事ができない? 人事担当者が回答した「新入社員の髪型に関する意識と実態調査」を見て “第一印象” について考えさせられた

これから紹介する調査結果を見て、「はぁ!?」と思ってしまう人は少なくないはず。一方で、「そりゃそうだろう」となる人だっているに違いない。意見が二極化しそうな予感がする。

前置きはこれくらいにして本題に行こう。今回取り上げるのは、企業の人事担当者200人が回答した「新入社員の髪型に関する意識と実態調査」。美容室チェーンAgu.グループが実施したもので、いわゆる「新入社員のこういう髪型は気になる」的なヤツである。

複数の質問がある中から、私が特に気になった項目を紹介したい。それは……

続きを全部読む

【悲哀】就活をテーマにした川柳・短歌の入選作品がハンカチなしでは読めない!「不合格 心もSuicaも…」

厳しい社会で生きていくための最初の登竜門として、就活が挙げられるのではないだろうか。今年就活を終えた人も、人事側として就活生の合否を決めた人も、それなりのドラマがあったに違いない。

そんな就活に関する川柳・短歌のコンテストが、ProFuture株式会社運営の人事ポータルサイトHRpro上で開催された。その結果が発表されたので、秀逸な作品をピックアップして紹介しよう。感極まってしまう作品もあるから、ハンカチの用意を忘れずに!!

続きを全部読む

就活で落ちた出版社の編集長に「自分が落ちた理由」を聞いてみた

ひょんなことから、さる出版社の新卒採用試験を受けることになったフリーライターである私。実務経験で学歴エリートたちをアッと言わせられるとも思ったが、結果は不採用。後日、その出版社の編集長と会うことになったので「自分が落ちた理由」を聞いてみた。

続きを全部読む

フリーライターが出版社の採用試験を受けてみた結果 / 実務経験で学歴エリートに勝てるのか?

就職活動真っただ中。強い日差しの中、スーツ姿で街を駆け回る学生は本当に大変だ。そんな中、今春からフリーライターとなった私は、お世話になっている出版社の編集長から「新卒採用試験を受けてみないか?」と声をかけられた。

たしかに将来なんか不安しかないしな……。こんな私でもいいなら受けてみよう! フリーライターが出版社の面接を受けるとどうなる?

続きを全部読む

【実話】日本の新卒信仰は異常 / 転職サイトの人「女性で27才? 年齢的にどこの会社も採用したがらないから無理」

就職において、日本のような「新卒一括採用」は世界に例を見ない。そんな話をよく聞く。日本の新卒信仰は異常。新卒の前には、数年の経験なんて無いに等しいらしい。

そんな新卒&若さ信仰を肌で感じたことがある。27才の頃、転職支援サイトに登録、カウンセラーに相談しに行ったところ、年齢を理由に門前払いされてしまったのだ。えええ、まだ若いつもりだったのに! 新卒と5つ違うだけで価値ナシなの!?

続きを全部読む

【コラム】「ホッピービバレッジ」ほど変わった会社を私は見たことがない

あなたは「ホッピー」という飲み物を知っているだろうか? 瓶に入った麦酒様清涼飲料水であるホッピーは、関東の居酒屋ではお馴染みの定番ドリンクだ。それ自体はノンアルコールなので、焼酎を割って飲むのが基本である。意外と関西の人には知られていないらしいのだが、詳しくは以前の記事をご参照いただきたい。

さて、そのホッピーを作っているのが、東京に本社を構える企業「ホッピービバレッジ」だ。実は私(あひるねこ)は、大学時代に就活でホッピービバレッジの採用試験を受けたのだが、正直言ってホッピービバレッジほど変わった会社は見たことがない。今回は、私が見たホッピービバレッジという会社についてお伝えしようと思う。

続きを全部読む

【クリエイター就活あるある】あるマンガ家がプロになる時の話にクリエイターから共感の声多数「分かります」「お母さまの愛も感じます」

子供を想う親の愛……それは偉大だが、時にこじれてしまうこともある。特に、リスキーなクリエイターを目指すとなると、1度は就職についてもめるものではないだろうか。ミュージシャンになりたかった私(中澤)も、上京する際、両親は否定しかしなかった。

まあ、今から考えると、何のツテもなかったんだから当たり前と言えば当たり前である。現在話題になっているのは、あるマンガ家がプロになる時のエピソードを描いたマンガ。このマンガにクリエイターから共感の声が寄せられている。

続きを全部読む

【就活の闇】面接官はSNSで「名前」を検索されている / ネットに強いと思っているオジサンはマジで要注意!!

SNSの利用は、十分に注意しなければならない。というのも、就活している人にとっては、思わぬ投稿が合否に影響を及ぼす場合があるからだ。面接官は過去の投稿を見ているかもしれない。

最近、そんな話を20代の女性としていたところ、予想外の答えが返ってきた。「それ、面接官も一緒ですよね?」、私(佐藤)は一瞬面食らってしまったが、たしかにそうだ。試す側もまた、試されることになる。ネットに長けているつもりの30~40代は要注意。SNSを甘く見ると、痛い目に遭うぞ~。

続きを全部読む

【斬新な就活】「ドーナツ」を使った “大胆な方法” で書類選考を通過した男性が話題 / ネットの声「天才的!」「賄賂だな」

日本のように決められた様式の履歴書が無いアメリカなどでは、いかにオリジナリティーあふれる履歴書で採用者の目を引けるかが重要だ。ありふれた履歴書であれば、面接まで進むことはおろか、目を通されることもなくゴミ箱行きになることもしばしば……。

そんな中、ある男性の履歴書が話題を呼んでいる。彼はみんなが大好きな “あの食べ物” を使って履歴書をバシバシ企業に渡しているそうだ。

続きを全部読む

世界的な企業トップが語る「面接でかならず聞く質問」8選

働かざるもの食うべからず。今日も多くの人々が労働に従事していることだろう。しかし働き始めるまでに、大きな関門を突破しなければならない。そう、面接だ。

反射的に「いやだな〜」と思ってしまうが、しょうがない。たいていの仕事に面接は不可欠なのだ。そこで今回は、CEO や社長など、世界的企業のトップが語る「面接でかならず聞く質問」8選をご紹介したい。

続きを全部読む

ホームレスが他人に履歴書を渡したらこうなった → Twitterで話題となり仕事のオファーが殺到!

SNSは情報発信源として役立つこともあるが、トラブルになることも多いため、使い方に注意が必要だ。それとなくつぶやいたひと言や、おふざけで投稿した写真が炎上したり、非難の集中砲火を浴びかねないこともあるからだ。

だが今回の件は、SNSがプラスに作用した良い例だと言えるだろう。あるホームレスの青年が、他人に履歴書を渡したところTwitterで話題となり、青年に仕事のオファーが殺到したというのだ!!

続きを全部読む

提供:ワークスアプリケーションズ

【マジかよ】最近の新卒採用が迷走してる件 / 超マジメな企業が戦隊ヒーロー風の社歌まで作っててビビッた

寒い冬が終われば春がやって来る。新しい季節、新社会人として新生活をスタートさせる人も多いだろう。どんな毎日が始まるのか、期待に胸が躍りますなぁ~!

新社会人のみなさんがめでたく新社会人になれたのも、就職活動を死に物狂いで頑張った賜物である。ちょっと面白いな!と、就活中に気になった学生もいるかと思うが、最近の企業の採用活動はどんどんユニークになっていて、採用試験にSNSを活用したり、ゲームを取り入れたりしているところもあるらしい。

そんな中、めちゃめちゃ斜め上な採用活動を行っている企業を発見した。それは、大手企業向けビジネスアプリケーションを扱う『ワークスアプリケーションズ』である。めちゃめちゃマジメ系な会社なのに……斜め上すぎて震える。

続きを全部読む

女子大生が履歴書の写真を加工して提出 → 修正写真が本人と違いすぎ! 不採用に / 面接官「容姿は大切。だがバレたら悪影響」

よく「人間は見た目じゃない! 中身だ!!」という。だが、本当にそうだろうか? 現実には「やっぱり美人やイケメンは得だよねぇ?」と、言いたくなることがよくある。就職活動だってそうだ。『顔採用』という言葉があるくらいである。

とある就活生も、同じように感じていたもよう。履歴書の写真を加工して送ったところ、書類選考通過! しかし、いざ面接となった際、本人と写真があまりにも違いすぎ!! 面接会場で即刻、不採用を言い渡されたのだという。

続きを全部読む

【就活生必見】海外企業の採用担当者が語る「印象に残る応募者」の特徴4つ

何十、何百もの倍率を勝ち抜いて、人気企業の内定をつかむのは容易ではない。日々多くの面接をしている採用担当者に対して、自分を印象づけるにはどうしたらいいか? 就職活動中のすべての人が関心のあるテーマだろう。

今回は、海外メディアMashableで紹介されていた「採用担当者の語る “印象に残る応募者の特徴”」を紹介したい。海外企業の事例ではあるが「印象に残る応募者」になるためのヒントが多くつまっている。就活中の方は必見だ!

続きを全部読む

日本の「就活」を見事に描いたアニメーションが話題に! ネットの声「息苦しいほどに絶望的」「いかにも日本らしい…」

多くの学生を苦しませる「就職活動」、いわゆる「就活」。あるシーズンになると学生たちが一斉にスーツに身を通し、企業説明会へと足を運ぶこの就活は、日本独自の一種の文化であり、世界的に見ても他ではなかなか見られないスタイルである。

その日本らしさがいっぱい詰まった就活を見事に描き切った映像作品が、現在ネット上で注目を集めている。「就活狂想曲」というタイトルのその映像作品は、吉田まほさんという方を中心に制作されたものであり、全編アニメーションとなっている。

続きを全部読む

とある企業の新卒採用サイトが強烈 「学生お断り」「明日にも倒産します」など過激な文言連発

学生の皆さんは、これからの進路を決めるに当たって、いろいろな情報を集めている時期だと思います。そんななか、強烈な新卒採用サイトが登場し話題を呼んでいます。

その企業は学生を対象にページを公開しているはずなのに、なぜか「学生お断り」と掲載しています。さらに「明日にも倒産します」「努力は一切評価しない」など過激な文言が連発。これは一体どういうことなのでしょうか?

続きを全部読む

求人サイトの社員のすごい表情が話題に / ネットユーザー「まさかのアヘ顔」「なんやねん」

求人サイトに掲載されたとある企業の内容が、ネットユーザーの間で話題になっています。そのページを見ると、先輩社員のコメントを閲覧できるのですが、その表情がなかなかの迫力。ネットユーザーからは、性的絶頂を迎えたときの表情「アヘ顔」とさえ言われるほど、奇抜な顔つきなのです。

続きを全部読む

これはわからん! 発明王エジソンの入社テストが鬼ムズい

最近いろいろ話題になったりもしている「就活」。自分がシューカツ中、身の回りにシューカツをしている人がいる、はたまた自分が面接官、なんて方もいたりするかもしれません。

私も高給をもらってブルジョワ生活をしたいので、いろいろな会社を受けてみたのですが、どこも雇ってくれません。おかしい。現代日本には私の才能を理解できる企業がない。そんなところに、発明王エジソンさんの会社が人材を募集していると聞きつけたワタクシ。

というわけで、タイムマシンで100年ほど前のアメリカに行ってきました。

続きを全部読む