「モンブラン」にまつわる記事

【第43回】グルメライター格付けチェック『モンブラン』編 !「千疋屋の超高級モンブラン」vs「コンビニのモンブラン」

季節は秋……味覚の秋の真っ只中である。梨もサンマも松茸も、そして「栗」もこの時期に旬を迎える食材だ。焼き栗・渋皮煮・栗ごはん……などなど、栗には美味しい食べ方がいくつもあるが、中でもとびきり美味なのが「モンブラン」である。

第43回目を迎えた『グルメライター格付けチェック』は、そのモンブランでライター達の味覚をテストした。果たして超高級モンブランとコンビニのモンブランの違いを見極めたライターは誰だったのか? 詳細は以下でご覧いただきたい。

続きを全部読む

【無謀】フードファイター「ロシアン佐藤」に一方的に大食いバトルを挑んだら、惨敗どころの話じゃなかった!

私(佐藤)は島根県の出身である。全国的にはマイナーな県のイメージがあるかもしれないのだが、意外にも島根出身の有名人は多い。近年はテニスの錦織圭選手がもっとも知られている出身者だ。そのほか、お笑いコンビ「ニッチェ」の江上けい子さん。同じく「かまいたち」の山内健司さん、ピン芸人のルシファー吉岡さんなどなど。最近注目を集めている人も少なくない。

実はフードファイターとして良く知られている、ロシアン佐藤さんも出身者のひとり。私は同郷であることを全然知らなかったのだが、最近縁あって、ハンバーグやステーキの食べ放題で人気の『モンブラン』で一緒に食事をする機会を得た。「これはフードファイターに挑戦するチャンス!」と思い、一方的にバトルを挑んだのだが……惨敗どころの話じゃなかった。底なしかよ!

続きを全部読む

【クリ好き大歓喜】ローソンで販売開始の『山江栗のモンブラン』がバリうま! 全国で買えないのがもったいない!!

ふとした時に甘いスイーツは食べたくなるものだが、そんな時に便利なのがコンビニだ。一昔前なら「コンビニ=マズい」なんてイメージもあったが、今となってはどこ吹く風。そこらのお菓子店よりも断然ウマいスイーツを提供しているから侮れない。

しかも、コンビニ業界は季節にも超敏感。次から次に新作が登場し、飽きることがないのもいいところだが、2016年12月6日から九州全域のローソンでも『山江栗のモンブラン』が販売開始した。昨年に引き続き2年連続。その時点でおわかりだろうが、これがマジでうまいらしい。

続きを全部読む

モンブランとライオンが出会った『モンブライオン』が奇跡の可愛さ! 食べずにこのまま連れて帰りたいレベル / 東京・高円寺「Baby King Kitchen」

料理とは味はもちろんだが、見た目も大事だ。せっかく美味しいのに、見た目が悪いとその魅力は半減してしまう。個人的に、ケーキは特に見た目の美しさが味と同じくらい重要だと思うのだが、どうだろう。

そんなことを考えていたら、奇跡のような、とんでもなく可愛いケーキを発見してしまったぞ。モンブランとライオンが合体した、その名も『モンブライオン』! 繰り返す。『モンブライオン』だ!! 何なのこれぇ~。こんなの食べられな~い。と男でも悶絶してしまう『モンブライオン』の詳細は以下の通り。

続きを全部読む

【宮城グルメ】真っ白なモンブラン! 食べると蔵王の大自然へ一瞬でワープしてしまうレベルの美味しさ / 森の芽ぶき たまご舎「白雪チーズのモンブラン」

突然だが、モンブランと聞いて連想するものはなんだろう? 「栗」「黄色や茶色」「山のような形」などが主だと思うが、では、「真っ白なモンブラン」と聞いたら……?

「なんで白?」「栗は入っているの?」と疑問に思うかもしれない。確かに、栗を使えば茶色くなるはずだし、栗を使っていないのだとしたら、それはモンブランじゃない! と。しかし、実際に「真っ白」なモンブランが宮城県のとあるお店で食べられるので ご紹介したい。

続きを全部読む

【恒例】本日発売のガリガリ君「イタリア栗のクリーミーモンブラン」を溶かして飲んでみた! やはりガリガリ君は飲みモノであると確信!!

2014年10月8日、国民的アイスクリームの「ガリガリ君」を手掛ける赤城乳業は、大手コンビニチェーンのセブンイレブンとコラボレーションして秋にふさわしいテイストの商品の販売を開始した。その名も「スイーツなガリガリ君 イタリア栗のクリーミーモンブラン」である。

この商品はガリガリ君史上、もっとも高い価格170円である。きっとウマいに違いない! ということで早速溶かして飲んでみたところ、極上のマロンフレーバーに感動せざるを得なかった!! これで私(記者)は確信した! ガリガリ君は飲みモノですッ!

続きを全部読む

【衝撃】都内ナンバー1と評判のケーキ屋の「モンブラン」を食べてみた! マジでウマくてドン引きするレベル

「日本最強のケーキだ!」、「あれを食わなきゃケーキは語れまい」とスイーツマニアの中で神聖化されているケーキ屋が、都内に存在するらしい。なんでも神レベルの味で、ものすっごい中毒性をもつ絶品ケーキがあるというのだ。

・噂の激ウマスイーツは吉祥寺にある

店の名前は「アテスウェイ」、東京・吉祥寺と西荻窪の間に位置し、双方の駅からだいたい徒歩10~15分ほどである。東京女子大学のすぐそばにあるので、ウブな女子大生たちでひしめき合っているのかとワクワクして向かったが、店内は小金持ち風の紳士・淑女でいっぱであった。ここら一帯は高級住宅地。どうりで客層も高級感に溢れているわけである。

続きを全部読む