「マレーシア」にまつわる記事

【検証】自動販売機で買える “普段はなかなか手を出さないドリンク” 10種類を飲み比べてみた / 「コーラショックプラス」「ひやしあめ」など

いよいよ梅雨明け宣言もされつつある日本列島。照りつける暑さから身を守るためには、水分補給が欠かせない。冷たいドリンクは、スーパーやコンビニでも買えるが、自動販売機を利用する人も多いはずだ。だがしかし……。

気付けばいつも同じものばかり飲んでいる、そんなことはないだろうか? かくいう私もその一人。だが、世の中には無数の商品がある! きっと気に入るものもあるはず! そこで自動販売機で買える、「普段はなかなか手を出さないドリンク」10種類を飲み比べてみたので、ご紹介したい。

続きを全部読む

下半身サイズアップマシーンを注文したら「虫眼鏡」が届いた → デマでした → 注意喚起した消費者センター謝罪会見へ

男性にとって、男性自身の大きさはプライドに関わる問題である。人によってはあらゆる手を尽くして、サイズアップを考えているかもしれない。最近マレーシアで、サイズアップを図ろうとした人物が通販詐欺に遭ったとお伝えした。

その報道によると、虫眼鏡が届いたと伝えているのだが、これがとうやらデマだったらしい。デマといえば、ゴリラスーツを着た動物園の従業員が麻酔銃で撃たれるというデマについてもお伝えしたばかりだ。近頃海外ではデマニュースが横行しているようである。

続きを全部読む

マレーシア美少女が韓国人に間違われて困惑! 「韓国人といわないで!」と歌で思いを世界に発信 → 再生回数360万超の大ヒットに

いま、とある美少女が、ちょっとした悩みを抱えているという。彼女はマレーシア出身のジョイス・チューちゃん(17)。隙のないキュートな顔立ちの美少女なのだが、彼女は韓国人に間違われて困っているらしい。果ては「韓国で整形しているんでしょ」とまで言われることさえあるそうだ。

そんなジョイスちゃんが、歌で「韓国人と言わないで!」という思いを発信して話題となっている。動画のタイトルは「MALAYSIA CHABOR by Joyce Chu 四葉草@Red People」。どんな内容なのかというと――

続きを全部読む

【通販詐欺】 “ひとつ上の男” を目指した男性が “下半身サイズアップマシーン” を注文したらこうなった / ネットの声「見事な詐欺!」「笑い過ぎて涙出た」

最近国内外で急増している犯罪が、通販サイトやオークションサイトを利用したネット通販詐欺だ。「注文したのに商品が届かない」「全く違う商品が届いた上に、返金にも応じてくれない」などの被害が報告されている。

現在そんな被害にあった1人の男性が、海外で注目を集めているので紹介したい。その男性が注文したのは、いわゆる男性のシンボル・サイズアップマシーン。「それは何だ?」と思われ人もいるかもしれないが、一言で言えば有名スポ根漫画の大リーグボール養成ギブス・男性シンボル版みたいなものである。

極めて特殊な商品であるが、注目を集めている理由はそれだけではない。注文に対する詐欺師の対応が、「秀逸だ」と話題になっているのだ。

続きを全部読む

きっとみんなもやったはず! 子どもの頃にやった イタズラ & 遊び & 失敗 50選

みなさんは、ふと「あー、あの頃は良かったなぁ」と子ども時代を思い出すことはないだろうか? 何も煩わしいことがなく、アホなことばっかりしていた子ども時代を懐かしく思うこともあるだろう。

いま、インターネット上で動画誰もがやったことがある子ども時代のイタズラ&遊び50選が話題になっている。大人が実際に子どもの遊びやイタズラを再現しているのだが、びっくりするほどアホなことばっかり! でも見れば「あああ、あるある!!」と、共感できること間違いなしだ。あなたはいくつの遊びをやったことがあるだろうか?

続きを全部読む

ドラッグ事情通「海外で大麻やるのはかまわねえが国境越えだけはするな。俺は成田空港で麻薬犬とバトったこともある」

日本はもちろん、様々な国で問題になっているのが「ドラッグ」の存在だ。その国で作られていることもあるし、闇のルートで海外から輸入されることもある。花粉を運ぶミツバチのごとく、「運び屋」が運んでくるのだ。

だが、軽い気持ちで運ぼうとは思ってはいけない。「運び」のヤバさは経験者にしか分からない。ということで今回は、自身も “運んだことがある” と豪語するドラッグ事情通の「ボブ麻亜礼(仮名)」氏に話を聞いてみた。

続きを全部読む

【動画あり】家業の屋台を手伝う少年が作るチャーハンが実に美味そう

海外、特に東南アジアを旅行していると、子どもたちが親御さんの仕事を手伝っている姿をよく見かける。殆どの場合が必要に迫られて手伝っているのだと思われるが、尊敬すべき姿である。

そんななか……中華系屋台の息子であるらしき少年が見事な鍋さばきでチャーハンを作っている動画が話題になっている。動画のタイトルは「Just a kid making a living as a cook.」などだ。

続きを全部読む

【衝撃映像】セブンイレブンの監視カメラに映った「突然消える白い服の女性」

監視カメラには、ときどき “あってはならないもの” が映る。幽霊だったり怪物だったり……もちろん、本来の目的である「泥棒」が映ることも多々あるだろう。だがしかし……。

逆に、そこにいた人が突然「すっ」と消えてしまったとしたら、なんとも奇怪で不気味である。今回ご紹介したいのは、セブンイレブンの監視カメラがとらえた不思議な映像。その名も「Hantu Muncul di 7Eleven Terengganu,Malaysia」である。

続きを全部読む

【衝撃映像】白い服を着た謎の女性が「ビュッ!」っとイカのようにすっ飛んでいく映像

日本でも海外でも、女性の幽霊といえば白い衣装を着ていることが多い。また、黒髪の長髪である場合が多い。本来ならば死んでいるはずの人間……すなわち「死に装束」を着ているからであると考えられているが、そうでない場合もあるので一概には断言できない。

いずれにしても、白い衣装を来て黒髪長髪で、どう見ても生気がないように思える人物がそこにいたら、幽霊である可能性はゼロではないだろう。たとえば今回紹介する動画「kuntilanak terbang」のように。

続きを全部読む

【閲覧注意】 これはゴキ○リの形をしたケーキです / 何度でも言いますがケーキです

「ぎゃぁぁぁ!!」 箱を開けると今にもカサカサ走り出しそうなアレが! ツルンと黒光りしたアレが! できることなら会いたくなかったアレが!! しかもめちゃ特大やん! いやー、無理無理!

思わず身構えてしまうこの物体。見ていると気持ち悪くさえなってしまうが……実はこれ、ある女性パティシエが作った美味しい美味しいチョコレートケーキなのである。

続きを全部読む

雄大な自然、美味しい食べ物、そして心温かい人々! 東南アジアに無性に行きたくなる動画集

今からご紹介する動画を見た後、みなさんはある衝動に駆られることになるだろう。その衝動とは、ズバリ「東南アジアに行きたい!」である。

マレーシア、タイ、ラオス、カンボジアの東南アジア4カ国の様子を映したこの動画集は、ステファンさん、クレメンスさん、ヴィンセントさんの3人の旅を撮影したもので、彼らは2カ月かけてこの4カ国を旅したようだ。

続きを全部読む

【衝撃幽霊映像】謎の白装束女性が天高くグングン上昇 / マレーシアで撮影された女性吸血鬼ポンティアナック

信じがたい映像がYouTubeにアップされている。先に内容を説明すると、夜の道路をひとり歩く白装束の女性が、そのまま天高く、上へ、上へと上昇していくのである。

場所はマレーシアのリゾート地ブキットティンギ。撮影者は携帯電話のカメラでこの女性を撮影したという。動画のタイトルは「Real Ghost Pontianak?」だ。

続きを全部読む

学校のトイレからドアが消えた!! 学校「生徒への罰です」

マレーシアのとある中学校。理事が突如腹痛を覚え、男子トイレにかけこんだ。と、トイレに入ってみると個室に1枚もドアがついていないではないか。これでは丸見えである。だが、迫り来るビッグウェーブに耐え切れず、理事はついに顔を隠しながら用を足したそうだ。

人生でもっとも気まずいトイレ体験をした理事。「一体どういうことなんだ?」と学校側に問いただしたところ、なんと「生徒への罰のため」というのだ。

続きを全部読む

【闇の大人たち】第28回:マレーシアの裏日本租界?

マレーシアの首都・クアラルンプールきっての繁華街、ブキッ・ビンタン。西洋の高級ブランド店が林立するこのエリアに、日本のマンガやオタグッズ店を散りばめた、孤高のショッピングモールがあると伝え聞いた。

その名は「スンガイワン・プラザ」──涼みに行ってガラス越しに商品を眺めるだけだった高級モールと比べ、価格の安い庶民的な店が集まるスンガイワン・プラザは地元民から熱い支持を集めている。

モノレール駅に隣接するだだっ広い建物は、様々なテナントに細切れ賃貸され、ジャンル分けすらされていない。狭い通路はダンジョンさながらに入り組み、まさにカオス。それでもめげず広大なフロアをさまよううち、ようやく「それらしい」店の発見に成功した!

続きを全部読む

【闇の大人たち】第27回:究極のドリアン「D24」を味わう

アジアに暮らし、年平均30キロのドリアンを喰らう私にとって、5月は鼻息の荒くなる特別な月だ。そう、ドリアンシーズンの到来である!

「ドリアン」という名前はマレー語の「トゲトゲフルーツ」という単語が語源なのだそうな。すなわちドリアンの本場はマレーシア。春も終わり頃になると、マレーシアでは町のあちこちでドリアン屋台が異臭を放ち、大勢のファンが臭いゲップをしながら上物を奪い合う。

マレーシアのドリアン屋台で注目すべきは、カンポンドリアンと呼ばれるベーシックなドリアンよりも一段、二段高い場所に置かれた、ワンランクお値段の高い高級ドリアンの数々。これらは品種改良を重ねた特級ドリアンで、それぞれに怪しげなブランドネームが与えられていた!

続きを全部読む

断食期間中に太る人続出のワケ…マレーシアで断食を体験してみた

ヒンズー教や仏教、ユダヤ教などには断食の教えは存在するものの、宗教により断食の期間も条件もさまざまだ。例えばイスラム教の断食「ラマダーン」期間中の約1カ月間は、日中の飲食は許されない(ただし、小さな子どもや生理中の女性、妊婦、病人など一部の人々に対しては例外が認められている)。我々からすれば過酷に思えるが、イスラム教徒の友人はみな口を揃えて「慣れてしまえばたいしたことはない」と言う。本当にそうかぁ……? イスラム教国マレーシアで断食を体験してみることにした。

続きを全部読む

マレーシアの首都・クアラルンプールの下町を、空きっ腹で散策中、屋台に毛の生えた、小さな小さなハンバーガーショップを発見した。

マレーシアまで来て、ハンバーガーはちょっとなぁ……。

うんざり顔で通りすぎようとしたその時。壁のメニューに記された「ある単語」が目に入り、私は金縛りに遭った。

「BENJO(便所)」

見間違えではなさそうだ──。メニューには確かに便所と書いてある。値段は1.80マレーシアドル(約50円)。ハンバーガーの半額だ。トイレを借りるにしては妙に高いような……。その場で約五分間。考えに考えた末、私は小太りのマスターに叫んだ。

「べっ……、便所!」

続きを全部読む

国民の大部分をイスラム教徒のマレー系が占める、イスラム国家・マレーシア。
マレー系だけではなく、幾つもの民族が共存する多民族社会であり、信仰の自由も保障されている。

首都・クアラルンプール(KL)をはじめ、中華系・インド系の占める率が高い町では宗教の香りをあまり感じないが、州によってはガチガチのイスラム法に支配され、露出度の高い女性のセクシーな服装や化粧はおろか「ボクシング選手のはいているパンツが短すぎる。けしからん」などという話題が真面目に議論されることも珍しくない──という。

ホントかよ? と、にわかに信じられなかった私だが、先々週も紹介したKLで最も古く、さびれっぱなしの電脳中心「インビ・プラザ」をさまよっていたところ、遂にその片鱗らしきものを見ることができた!

続きを全部読む

先週紹介した、マレーシアの首都・クアラルンプールにたたずむ元祖アキバビル「インビ・プラザ。歴史はあれど、崩壊寸前のうらぶれようで残念無念。

そのインビ・プラザの裏手にそびえる最先端の電脳ビルが、今回ご紹介する「ローヤット・プラザ」だ!

KLモノレール「インビ」駅から徒歩5分。ピカピカに磨きこまれた床、明るい通路、垢抜けたお店……。中近東のスラムみたいなインビ・プラザとは比較にならない美しさ、巨大さ。フロアごとにPC、携帯電話、ゲームとわかりやすく区分けされ、若者たちが行き交っている。これだよこれ……と、人波をかきわけていたそのとき、目の前にアジアのスーパースター・ジャッキー・チェンが!

続きを全部読む

クアラルンプール(KL)中心部を貫くKLモノレール・インビ駅周辺は、「マレーシアの秋葉原」と呼ばれる最重要な一帯である。そのインビ駅前にそびえる、くすんだクリーム色の古びたビルこそ、この国の元祖・電脳ビル。その名も「インビプラザ」なのであった!

90年代半ば。「海賊版ゲームがすごい」という噂だけをたよりに、土地勘のないKLをさまよい歩き、散々苦労してこのビルを探し当てた若き日の懐かしい思い出。あれから17年後の今、再開発で周りの風景が一変するなか、インビプラザは当時と変わらない姿で生き残っていた……が、内部は病巣に犯され、想像以上に深刻な状態だった――

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3