「ポケモンGO」にまつわる記事

自慢のタマタマを見てもらったら「驚異的で芸術的」と言われた件 / ポケモンGOの新機能がヤバい!

タマタマを狙うのは、“効率のいいテクニック” と言えるのではないだろうか。というのも、タマタマは進化させるのが比較的簡単で、ひとたび進化すれば心強い味方になるからだ。だから、私(筆者)のように「タマタマが出たら見逃さない」と決めている人は多いだろう。

そんなタマタマの良さが分かっている同士に朗報! いま、自分のタマタマのポテンシャルを見てもらうことがネットで話題になっているぞ。試しに、私の自慢のタマタマも見てもらったところ……どうやら相手を驚かせてしまったようなので、自慢がてらレポートしよう。

続きを全部読む

【ポケモン】マックもこれくらいやって! このポケモンバーガーが可愛すぎィィィィッ / ビッグマックみたいな味らしい

1996年に誕生した『ポケットモンスター』。元々、世界的に人気のゲームだったが、『ポケモンGO』の空前のヒットにより再び大大大ブームを巻き起こしている。大人も子供もみんなポケモン!

そのブームに波乗りピカチュウしたハンバーガーが話題だ。あるバーガーショップがポケモンバーガーを作ったところ、ブヒャァァァァ、可愛いすぎィィィィッ!!!! そのクオリティは、マジで目ン玉ひんむくレベルなのだ。

続きを全部読む

【動画あり】台湾の “ポケモン聖地” がヤバすぎ! カオスすぎ!! カビゴンダッシュする群衆に世界もビビる / 海外メディア「まるでこの世の終わり」

2016年最大のトピックスと言える『ポケモンGO』! 日本では落ち着きつつあると言われているが、遅れて配信された台湾では、国営通信社がガチの攻略記事を公開したり規格外のブームが巻き起こっている。みんなポケモン好きすぎィ!

そんななか、とんでもない状況が激撮されたと話題になっている。レアモンスターが出現するやいなやカオスが発生! 人の波がクルマを押し流さんばかりのヤバさなのだ。その様子は動画で確認できるが、先に大ブームが起きていた海外もビックリレベルである。

続きを全部読む

意外と知られていない『ポケモンGO』の楽しみ方 / ポケストップの説明欄はよく見るとヤバい

社会現象となっている『ポケモンGO』の配信から1カ月。トレーナーの皆さんはいかがお過ごしだろうか。公園などで多くの人がプレイしているが、中には飽きた人もいるかもしれない。

しかし、ちょっと待った。あなたは『ポケモンGO』の楽しみ方をすべて知っている上で飽きたのだろうか。「ポケストップの説明欄をタップ」するだけで、思わぬ出会いがある……そのことも知っているのだろうか。

続きを全部読む

【朗報】不忍池弁天堂が「ポケモンGOトレーナーのマナーが改善されてきた」と発表 / 今後も快適にプレイするため4つの提案

都内屈指のポケモンGOスポットとして一躍有名になった、上野恩賜公園。特に不忍池エリアにレアモンスター「ミニリュウ」が出現するようになってからは、昼夜問わず “ミニリュウダッシュ” が繰り広げられるなど、たびたびマナー問題も取り上げられてきた。

日本でポケモンGOがリリースされてからちょうど1カ月を迎えた2016年8月22日、その不忍池に足を運んだところ、「ポケモンGOトレーナーのマナーが改善されてきた」との張り紙があったので、今後も快適にプレイするための4つの提案と合わせてご紹介したい。

続きを全部読む

【ポケモンGO攻略】日本有数のレアキャラ大量出現スポット「お台場」がアツすぎる! 捕獲が5倍はかどる『無敵のアイテム』も発見!!

ポケモンGOが配信されてから1カ月が過ぎた。熱心なプレイヤーになればなるほど “巣” と呼ばれる「レアキャラ大量出現スポット」に足を運ぶ機会が増えたに違いない。かくいう記者もその1人で、今まで行ったことも、行こうともしなかった土地に出向く機会が増えている。

これまで当編集部ではいくつもの「レアキャラ大量出現スポット」をご紹介してきたが、中でも激アツだったのが、「舞浜」と「江の島」であった。今回はその2カ所にもヒケを取らないと噂の『お台場エリア』に足を運んでみたのでご覧いただきたい。

続きを全部読む

【禁断の裏技】ポケモンGOで「イーブイ」を “18禁” バージョンにする方法 / レクチャー動画あり

ポケモンGOの中で、「イーブイ」は高人気の部類に入るモンスターだろう。何といっても見た目が可愛い! おまけに、進化すればシャワーズなんかの強いモンスターになったりもする。見た目よし、ポテンシャルよしのうれしい存在だ。

そんなイーブイに関するショッキングな事実をお伝えしたい。実は……イーブイは朗らかな変態である。いや、正確には「その本性を見せるときもある」と言った方がいいかもしれない。とにかく、動画とともにイーブイの裏の顔を暴いていこう。

続きを全部読む

【ポケモンGO攻略】都心から意外と近い「夢の島公園」がレアキャラ大量発生の超優良スポット! ただし致命的な弱点アリ

ポケモンGOのトレーナー諸君! 図鑑は着々と埋まっているかな? 中には「まだやってるの?」と白い目で見られることもあるかもしれないが、そんなときは「ほっとけ馬鹿!」と黙殺して、自分の趣味に励みましょう。

それはさておき、今回ご紹介したい都内の優良スポットは、東京都江東区の『夢の島公園』である。わずか1時間の検証だったが、都内の有名スポットにもヒケを取らない充実度は破壊力十分。ただし、致命的な弱点があったのでコレを読んでよくよく予習するように!

続きを全部読む

懐かしのゲーム『ポケモンGO』をやめた人にその理由を聞いてみた 「面倒くさい」「そこまでしてやることか?」など

皆さんは覚えているだろうか? 2016年夏に世界的に流行したゲーム「ポケモンGO」のことを。ゲームがリリースされた当初は、誰もがゲームを起動したスマホを片手に街を歩き、歩きスマホが問題視されていた。また夜間に出歩く未成年が急増し、各地で補導される事態となっていた。

いまやあのブームさえ懐かしく感じるのだが、人はなぜポケモンGOに熱狂し、そしてポケモンGOをやめていったのだろうか? いまだにアツくプレイし、「まだやってるの?」と言われると怒る人もいるようなのだが、急速なポケモンGO離れの理由について迫ってみたいと思う。

続きを全部読む

【中国】あの “パチモンGO” がひっそりタイトル変更していた / パチモンを卒業か

いま世界でもっとも有名なゲーム『ポケモンGO』! 爆発的なブームは落ち着いたかのように見えるが、その一連の流れを指をくわえて見るしかなかった国がある。ご近所で言えば、韓国、そして中国である。

そんな心を慰めるかのように、俗に “パチモンGO” と呼ばれる類似アプリがいくつか確認されている。そんなパチモンGOと呼ばれるなかで最初期にリリースされたモノが、こっそりタイトル変更。“パチモン” の称号を返上しようとしているようだ。

続きを全部読む

【動画】 ポケモンGOのプレイヤーに「巨大モンスターボールを投げつけるイタズラ」がマジで容赦なし! 大人も子供も次々と餌食に……!!

ポケモンGO人気もやや終息しつつある……かと思いきや、まだまだ公園や特定の場所には熱心なトレーナーたちが多く集っているようだ。

そして海外では、そんな熱いポケモントレーナーを狙ったある “イタズラ” が仕掛けられている模様! どんなイタズラかというと、ポケモンGOに夢中になっている人々に巨大なモンスターボールを当てまくる、というものだ。背後に前方、右に左。四方から狙ってくるイタズラ集団にご注意を……!

続きを全部読む

【動画あり】え? Googleマップとエアロバイクで「イギリス縦断」にチャレンジする強者が現れる

ポケモンGOが大ブームになったり、SONYのPlayStationVRに予約が殺到するなど、何かと仮想現実に注目が集まる昨今。今度は仮想現実を利用してイギリス縦断にチャレンジしようという強者が現れた。

そのチャレンジャーはグーグルマップと安価なVRヘッドセットディスプレイ、そしてエアロバイクを連携させることで、仮想現実の世界の中で「イギリス横断を実現するシステム」を作り上げたというのだ。

続きを全部読む

【ポケモンGOコラム】「まだやってるの?」(笑)と謎の上から目線で語ってくるヤツは何様のつもりなのか?

2016年を振り返ったとき、「ベッキー不倫騒動」や「イチロー選手の歴代最多安打」、さらには「リオデジャネイロオリンピック」と同レベルのトピックとなっているのが『ポケモンGO』だろう。配信以来、社会現象レベルで話題を振りまいているから流行語大賞もかなり濃厚なハズだ。

日本での配信がスタートしてからそろそろ4週間が経とうとしているポケモンGOだが、もしあなたがまだまだ同ゲームにハマっているとしたら、こんなことを周囲の人から言われたことはないだろうか? 「まだやってるの?」(笑)と……。ヤツらは一体何様のつもりなのか?

続きを全部読む

ポケモンGOを毎日14時間プレイした男 → 視力が0.9から0.2に爆下がり / 眼球内で出血! 医師が注意喚起

いま世界一プレイされているゲームと言っていい『ポケモンGO』! ハマっている人は昼夜問わず何時間もスマホ片手に出歩いているのではないだろうか? 

ゲームを楽しむのはいいことなのだが、何事も過ぎたるは及ばざるがごとしであるようだ。毎日長時間プレイしていた男性の視力が激下がり! 眼球内で出血していたことがわかったのだ。医師によると、このような習慣は失明につながる病気になるリスクがあるという。

続きを全部読む

ポケモンGOの「ブームに乗り遅れた人あるある」30連発!「会話についていけない」「日に日に孤独感が増す」など

2016年7月22日に日本でも配信開始した『ポケモンGO』。爆発的なブームがようやく冷めつつあるものの、まだまだ学校や職場でポケモン談議に花が咲いていることだろう。まさに2016年を代表するトレンド。「乗るしかない、このビッグウェーブに」である。

しかし、運の悪いことに私(りょう)はポケモンGO配信日から体調不良となり撃沈。気づけば編集部で未プレイなのは私だけとなっていた……チクショーッ! ということで、今回はそんな「ポケモンGOブームに乗り遅れた人あるある30」をお届けしよう。

続きを全部読む

【ポケモンGO攻略】都内の隠れ優良スポット「浜町公園」が最高な5つの理由

2016年7月22日に配信されたポケモンGO。中には「もう飽きた」という人もいるかもしれないが、それでも都内の “巣” と呼ばれるスポットには、連日多くの人が詰めかけている。まだしばらくはポケモンGOブームが続きそうな気配だ。

それはさておき、今回ご紹介したいのは都内でもあまり知られていない隠れ優良スポット、中央区の『浜町公園』である。個人的な感想としては、都内屈指の人気スポット「上野恩賜公園」にもヒケを取らない有能すぎる “巣” なのだ。

続きを全部読む

【ポケモンGO】夜の歓楽街にはゼニガメ&タマタマが大量に出現するのか? 歌舞伎町・五反田・道玄坂・鶯谷でガチ検証した結果

ポケモンGOが日本でリリースされてから、すでに3週間が経過した。「もう3週間かよ!? 早すぎる!!」と感じるほどガッツリはまっている人、まだ始めたばかりの人、もう飽きた人……。現在の状況は様々だろうが、こう思っているプレイヤーはかなり多いのではないだろうか。

「夜の歓楽街にはゼニガメやタマタマ、ディグダが大量に出現するのではないか」と。恐らく、少なからぬ人が何となくそんな予感を感じつつも、確かめるのをためらっているはずだ。じゃあロケットニュース24がやってやろうじゃないか! ……というわけで、実際に検証したのでレポートしたい。

続きを全部読む

コミケ90の会場に「ポケモン」を探しに行ったら面白ポケモンがいっぱい見つかった件

「ポケモンGO」が登場して以来、世界的にポケモンブーム。その影響は、当然日本最大の同人誌展示販売イベント「コミックマーケット」にも及んでいる。きっとポケモン絡みのコスプレイヤーが参戦しているのでは? そう思って、2016年8月14日のコミケ90の会場・東京ビッグサイトに足を運んでみると……。

予想よりも少なかったが、たしかにポケモンコスプレ参加者はいた! 可愛らしいピカチュウ女子をはじめ、ポケストップやレアポケモンに扮したコスプレイヤーの姿を、多く見かけたのである。

続きを全部読む

【コラム】ポケモンGOで人間関係にヒビ!? 夫婦のきずなを崩壊に導く「ポケモン離婚」とは?

日本中を席巻した「ポケモンGO」は、いくぶん落ち着いた感がある。それでも、いまだ夢中になっている人は少なくなく、東京・上野公園では、夜間にレアモンスターのミニリュウを求めて、多くのプレイヤーが訪れているそうだ。

歩きスマホに十分気をつけて頂きたいのだが、それだけではない。過剰にプレイすることが、親しい人との人間関係にもヒビを入れかねない事態に発展するのである。これは私(佐藤)の知り合いの夫婦のケースだ。ポケモンGOが原因で「ポケモン離婚」しそうな事態に陥っている……。

続きを全部読む

【ポケモンGO攻略】「江の島」で日本最大級のレアキャラ大量発生中! たったの1時間で20種類のレアキャラゲット!!

「ポケモンGO」が配信されて約三週間。おそらく多くの人が、ダウンロードした頃の情熱を忘れているだろう。筆者も、ピカチュウを初めてゲットした時には数年ぶりに雄叫びを上げたが、最近は全くだ。近所で発見できるモンスターの顔ぶれに変化はなく、「近くにいるポケモン」はコイキングのみ。

正直、毎日魚にボールを投げ続けるゲームに対して、モチベーションが下がるのもしょうがない……と思っていたのだが! 今回、ポケモンの聖地と噂されている江ノ島に行ってみたら、初めて出会うモンスターが続々登場。テンションが思いっきり上がったので詳しく紹介したい!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11