「ポケモンGO」にまつわる記事

【残酷】ポケモンGOは離島のプレイヤーに厳しすぎる! ポケストップが1個もない島もあるんだぞッ!!

以前の記事で、「田舎でポケモンGOを100倍楽しむ方法」についてお伝えした。この記事を書いた原田は、九州の田舎に住んでおり、レアモンスターと遭遇することはほぼ皆無。そこで弱小モンスターの強化に目覚めたようなのだが、そんなのまだイイ! まだマシだ!! だって、ゲーム本来の魅力を損なわずに遊ぶことができるんだから!

私(佐藤)の友人は、島根県の隠岐の島に住んでいる。離島だ。彼の住む海士町には、なんとポケストップが1個もないというのだ! どうやってモンスターを捕まえろっちゅうねん!! いくらなんでも残酷すぎるだろ! 普通にやってたら、弱小モンスターを捕まえることさえできないじゃないか!! 責任者出て来いッ!

続きを全部読む

【革命】田舎でポケモンGOを100倍楽しむ方法

日本中を席巻している『ポケモンGO』の人気が下火……巷ではそんな声がチラホラ聞こえるが、トレーナーの皆さんはどう思うだろう。田舎住まいの筆者(私)は、まったくそう思わない。なぜなら、いまだにポケモンと遭遇するだけでテンションはぶち上がり! 出現しまくってウザいと噂のドードーにさえ会ったことがないからだ!!

田舎にはあまりポケモンが生息していないため、「一日一善」ならぬ「一日一ポケ」を目指している私だが、レアとの遭遇はムリに近い。正直何度も心が折れた。しかし、どうにか打開策を……と考えていたところ、100倍楽しめる方法を見つけたのでご報告したい。

続きを全部読む

周りが引くほど『ポケモンGO』にハマっているヤツにありがちなこと50連発! 「モンスターに話しかける」「毎朝レベルを聞いてくる」など

「ポケモンGO」が日本でもリリースされてから、もうすぐ2週間になる。早くも飽きているという人もいるかもしれない。一時は大きな公園にプレイヤーが殺到し、社会問題のような状況になっていたのだが、盛り上がりはいくぶん沈静化したように見える。

それでも、リリース当初の熱意を絶やさずに、夢中になっている人も少なくない。あまりの熱意に、周りが引いているパターンもチラホラ。そこで今回は、周りが引くほどハマっている人にありがちなことをお伝えしよう。

続きを全部読む

【ポケモンGO】急激にやる気がなくなる瞬間ベスト6 「モンスターがいない」「ムダに歩き回ってることに気づいた」など

日本中でフィーバーしていた「ポケモンGO」。早くもブームは下火の兆しを見せている。2016年7月22日のリリース当初、そこら中でみんなスマホに注目していたはず。都内の大きな公園では、人があふれ返っていたはずなのに、1週間を経た29日に、モンスターの配置換えが行われたらしく、レアモンスターの出現場所があやふやになってしまった。

さらに、ゲームを続けて行くうちに、さまざまな理由でやる気が失せてしまったという人もいるだろう。私(佐藤)のゲームへの関心も薄れつつある。そこで、急激にやる気がなくなる瞬間について、お伝えしたいと思う。

続きを全部読む

【ドン引き】変態すぎるポケモンGOのトレーナーが新宿御苑で発見される → タダの変態ではなかった

ポケモンGOがリリースされて約2週間が経過した。リリース直後は、街中がポケモンハンターだらけで異様な雰囲気だったが、最近は少し落ち着いてきた。やはり、早くにブレイクしすぎたのだろうか。

だ……だが、そんななか、ポケモンGOにハマりまくり、体調を崩してしまった人がいる。それは、当編集部でもおなじみのサンジュンおじさんだ。「ポケモンGOで逆ナンパは可能なのか?」という企画で原宿に行った際、あまりの移動距離と灼熱の太陽でやられてしまったそう。筋トレで毎週身体を鍛え、時にダイエット企画となれば、毎日10kmを走りこなす猛者であっても、ポケモンGOに勝つことはできなかったようだ。

続きを全部読む

【肉づくし】高コスパ最強ステーキ弁当ここにあり! この夏は北海道「ミートハウス」の肉に喰らい付け!!

今、日本列島は夏真っ只中、そしてポケモンフィーバー真っ只中である。公園に行くと猛暑の中、ポケモンGOをやりながらエナジードリンクを飲んでいる人を見かけるが、本気でエナジーを補給するなら、やはり「」がイチバンだ。

そこで今回は、夏に人気の観光地「北海道」にあるポケストップならぬ “肉ストップ” とも言える、肉づくしの弁当屋『ミートハウス』をご紹介したい。高コスパなステーキを食べるならココっきゃないぞ!!

続きを全部読む

ポケモンGOの風刺画が話題 / 可愛いピカチュウが恐ろしい姿に!

ポケモンGOが日本で配信されて早くも10日。一体どれくらいの人がプレイしているのかは未知数だが、世界を席巻(せっけん)していると言っても過言ではない。

そして、そんなポケモンGOへの熱狂ぶりを風刺した一枚の画像が話題になっている。そこに描かれているのはピカチュウ。お馴染みの可愛らしい表情なのだが……よく見ると思わずゾッとする、超凶悪なピカチュウなのだ!

続きを全部読む

【ポケモンGO】モンスターの位置を振動で教えてくれるスニーカーが爆誕!? 好きなイラストが映るLED画面もクール!

「ポケモンGOをプレイする上で最も大切なのは、良い靴を履くこと」。そう話したのは、アメリカのポケモンGOの達人だが、さて、あなたはちゃんと良い靴を履いて『ポケモンGO』に勤しんでいるだろうか?

まだという人には、今回発表されたスニーカーがオススメだ。なんとポケモンの位置を教えてくれるスニーカーが誕生しかけているというではないか。しかもスニーカー本体に LED が取り付けられており、そこにモンスターたちのイラストが映るのだとか!! 熱いぜ。

続きを全部読む

【マジかよ!!】ポケモンGOの流行で「子供にポケモンの名前を付ける親」が増加中? ロゼリア、イーブイなど

人気爆発中の『ポケモンGO』。きっとポケモン効果がありすぎて、右を見ても左を見ても頭の中はモンスターでいっぱいという人もいるかと思う。

このポケモン効果は、赤ちゃんの名前にも波及している模様。なんと『ポケモンGO』が流行ってから、ポケモン関連の名前を子どもに付ける親が増えているというのだ。一体どのような名前が選ばれているのだろう?

続きを全部読む

【ガチ検証】「ポケモンGOナンパ」が余裕すぎたから『ポケモンGO逆ナンパ』されに行ってみた

ポケモンGOナンパ」という言葉を聞いたことがあるだろうか? ポケモンGOをプレイする女性に、「レベルいくつ?」「○○にたくさんいるよ!」「充電器貸そうか?」などと、男性が声をかける新手のナンパのことである。

確かに社会現象化しているポケモンGOだし、声をかける対象はかなり多そうだ。しかも最初から “共通の話題” があるとは隙が無い。史上最高のナンパ術だと思っていた「花見ナンパ」レベルの優秀な技法といえるだろう。

続きを全部読む

【コラム】ポケモンGOで「お前だけには絶対に負けたくない!」と宣戦布告してくる人は何と戦っているのか?

絶賛大流行中のポケモンGO。日本は欧米での大ヒットを受けた後のスタートだったので、配信初日から多くの人がほぼ同時にダウンロードした珍しいケースといえよう。読者の方も、家族・恋人・友人・職場の同僚たちと、同時期にゲームを開始したハズだ。

それはさておき、ポケモンGOの楽しみ方は人それぞれである。トレーナーのレベルを上げるも良し、モンスター探しに遠出するのも良し、最強の1匹を作るのもまた良しだ。だがしかし……あなたの周りにこんな人はいないだろうか? 「お前には負けない!」と宣戦布告してくる意味不明な人が。

続きを全部読む

【革命】ポケモンGOを手ぶらで大画面プレイできる!! プロジェクターを使った意外すぎる方法

ポケモンGOがリリースされて、2度目の週末を迎える。この土日こそ、遠方の公園に足を伸ばして、レアモンスターをゲットしてやる! そう計画している人もいるかもしれない。しかし、相変わらず歩きスマホの危険は付きまとう。そこで、超ハイテクでこの問題を解決する方法を編み出したぞ!

それは、自分の頭の上にスマホの画面を投影できる、モバイルプロジェクターを乗せて、白いTシャツを着たヤツに前を歩かせるのだ。するとどうだろう! 目の前に大画面が広がっているじゃないか!! これで下をむいて歩く危険が軽減できるかも!?

続きを全部読む

【やっぱり】「ヤフオク!」はポケモンGO関連出品でお祭り状態に / レアモンスター所持アカウントからレベル上げ代行サービスまで

懲りないね~、実に懲りない。毎度何か新しいモノが世に出る度に、ネットオークションサイト「ヤフオク!」を見ると、必ずと言っていいほど、関連商品やサービスが出品されている。『ポケモンGO』もかっこうのターゲットになっているのである。

見ると、高レベルのアカウントはもちろんのこと、レベル上げの代行をサービスとして出品しているじゃないか。さらに、2016年9月に発売開始が延期された、ポケモンGO専用のガジェット『ポケモンGO PLUS』まですでに出品している始末。懲りない、実に懲りない。

続きを全部読む

【よい子のみんなへ】ポケモンGOに夢中になりすぎて「体調不良」にならないように注意しよう / プレイに夢中でダウンした「ダメな大人の事例」

よい子のみんな! 夏休みを楽しんでいるかな? 「ポケモンGO」でレアモンスターを探しに、いろいろな場所に出かけているかもしれないね。でも、あまり夢中になりすぎないように注意してくれ。

ロケットニュース24編集部のサンジュンおじさんは、あまりにも夢中になりすぎて、具合が悪くなってしまったんだ。ある日の夕方、突然「なんか調子悪いっすわ」とかなんとか言って、ダウンしてしまった。サンジュンおじさんみたいにならないように、水分補給を忘れずにね!

続きを全部読む

ポケモンGOをやるDeNA・筒香選手が完全に少年 / ネットの声「かわいいいい」「ピカチュウ言うてるの笑うわ」

横浜DeNAベイスターズの4番を務める筒香選手といえば、今や日本代表する打者の一人だ。ここのところ、プロ野球史上初の3戦連続2本塁打を放つなど絶好調。もはや打席に立つだけで相手投手をビビらせている。……ところが!

グラウンドを一歩離れると、彼も24歳の若者だったようだ。なぜなら、社会現象となっている『ポケモンGO』をプレイする彼はピカチュウ探しで大興奮! その姿はどこからどう見ても少年だったのである!

続きを全部読む

【天才の発想】下を向かなくてもポケモンGOで遊べる「ポケキャップ」が超便利! カンタンに自作できるぞ~!!

以前の記事で、当編集部のメンバーが100均のハンガーを改造して、ポケモンGO専用ハンガー、略して「ポケハン」を制作していた。たしかにポケハンでも手ぶらでスマホを持ち歩くことができる。しかし、ハンガーの用途は服をかけることだ。

そこで、ハンガーを改造することなく、手ぶらでポケモンGOをプレイすることはできないのか? 私(佐藤)は考えた。その結果、帽子とクリップ式のスマホホルダーを組み合わせることによって、オシャレに見えるアイテムを発明したぞ! 名付けて、「ポケキャップ」だ!!

続きを全部読む

『ポケモンGO』をウリに部屋を貸し出す不動産業者が多数登場 「賃料100万円、近くに有名なポケストあり」「近隣ジム3つ、ポケスト5つあり」など

多くの人がハマっている『ポケモンGO』。ここまでブームになったのだから、ビジネスチャンスも豊富だ。今、アメリカでは『ポケモンGO』をウリに部屋を貸し出す不動産会社が出現しているという。

「よいポケストップが近くにあります」などとうたって、部屋の広告を出しているのである。通常お部屋探しでは、広さや部屋数、立地などが重視されるが、ポケモンを条件に部屋を選ぶお客さんって本当にいるのだろうか?

続きを全部読む

【無謀な挑戦】ポケモンGO日本最強レベルのトレーナーにジムバトルを挑んだら、ひどい目にあったでござる

「ポケモンGO」のリリースから間もなく1週間が経とうとしている。そろそろプレイにも慣れてきた、という人も多いだろう。このゲームはモンスターを集めるだけでなく、ジムという場所で他のプレイヤーが育成したモンスターと、対戦することも可能だ。

ジム未経験の方に、簡単なジム戦の説明をしつつ、日本最強レベルのトレーナーである、メテオ君との対戦をお伝えしよう。日本最強レベル? 私(佐藤)に言わせれば、そんなもん関係あるかい!! 気合いだ、気合いで勝つッ! と無謀に挑戦したら、面白いほどボコボコにされて笑った! 強すぎだろ。

続きを全部読む

【ポケモンGO裏ワザ】超簡単にキャラを「一人歩き」させる方法 / 距離稼ぎ放題、スポット行き放題!!

現在の自分の位置とフィールド上のキャラが連動するゲーム・ポケモンGO。日本で配信開始してから、街中でスマホを見ている人が目につくようになった。だが私(中澤)は、どうしてもこのゲームをやるために外出しようという気になれない。

そのため、そこまで熱狂していなかったのだが……ついに見つけてしまったのだ。自分は微動だにせずにフィールド上のキャラを歩かせる方法を! この方法を使えば家にいながら移動距離も稼ぎ放題、離れたスポットにも行き放題!! 画面連続タップなどという野蛮人の力技とは、一線を画する方法で超楽・超簡単。インドア派必見だ!!!!

続きを全部読む

【ポケモンGO】レア度高めな『ミニリュウ』をゲットしたくば京都に行け! 「円山公園」で取れまくりだぜ!!

もはや、社会現象という言葉だけで片付けることはできないほど、世界中で大フィーバーしているポケモンGO! その波に乗り、連日ゲームに情熱を傾けるそこのアナタ。そろそろ壁にぶち当たってはいないだろうか。「毎回、同じ種類のモンスターしか取れない……」と。

今回は、そんな方に耳よりの情報をお届けしたい。レア度が高いと言われる「ミニリュウ」を、超簡単に手に入れる方法だ。記者はこのやり方で、1時間に8匹のミニリュウを手に入れた。いたって簡単、京都は円山公園に行くだけだ。さあ、みなさんも京都に行こう! 

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11