「フラッシュ」にまつわる記事

週刊フラッシュのパクリ疑惑報道に『カメラを止めるな!』制作側が反論「強い憤りを感じる」

今年、もっとも話題になった映画といえば、『カメラを止めるな!』である。低予算かつ無名俳優を使い、当初は限られた劇場でしか放映されていなかったのに、口コミで面白さが広まり、全国の劇場で放映されるに至った。

この作品について、週刊誌「フラッシュ」が2018年9月4日号で独占スクープを報じている。その内容について、制作側がホームページ上で反論しているのだ。

続きを全部読む

上野動物園が「写真撮影の時フラッシュをたかないで」と注意喚起 / 園内に『フラッシュ禁止』の看板が多数あるにもかかわらず散見される状況

シャンシャン可愛いー! 生まれて初めての春を迎えるジャイアントパンダの子ども「シャンシャン(香香)」。約30年ぶりパンダの赤ちゃんということもあってか上野には春一番なみにシャンシャン旋風が巻き起こっている。

現在、そんな上野動物園がTwitterで「写真撮影の時フラッシュをたかないで」と注意喚起を行っているためお伝えしたい。

続きを全部読む

【ネタバレなし】DCヒーロー集結『ジャスティスリーグ』を見た率直な感想! 予想をまったく裏切らない展開が爽快

アメコミヒーローといえば、アイアンマンに代表される『アベンジャーズ』(マーベル)を思い浮かべる人も多いと思う。最近も『マイティ・ソー バトルロイヤル』が上映されたばかりだ。しかしアメコミヒーローはアベンジャーズだけではない。

DCコミックのバットマンがいる! スーパーマンがいる!! あ、スーパーマンは『バットマン VS スーパーマン』で死んだんだった……。それはさておき、そんなDCコミックのヒーローが集結した『ジャスティスリーグ』を、2017年11月23日の劇場ロードショー公開に先だって観てきたぞ~!

続きを全部読む

松居一代さんがお盆中に『週刊フラッシュ』から驚きのオファーを受けていた!「あたしに○○○○いかがですかって……」

お盆休み気分に浸り切って、1ミリも働く気がおきない松居ウォッチャーの佐藤です。休み中に松居一代さんが、驚くべき内容をブログに公開していたことが判明した! 週刊フラッシュが松居さんに衝撃のオファーをかけていたのだ。

その内容とは……なんとグラビアであるッ! マジかよ、フラッシュッ!!

続きを全部読む

暗闇でフラッシュ焚いて人物を撮ると予想外の恐怖写真になる / マサイ通信:第87回

スパ! 今やもう、全世界の人たちがカメラマンだよな。例えばよ、知らない人に一眼レフを渡して「ちょっと撮ってもらっていいですか?」って頼んでも、一眼レフをバリバリ操作できる人は限られている。でもスマホだったら……だいたいOKだろ。

だからこそ、スマホの撮影技術は知っておきたい。もっと上手く撮れるようになりたい。ということで、オレも自分でいろいろ研究してんだけどさ、ど〜もフラッシュを使いこなせなくてさ。だいたい「うわ」って写真になっちゃうんだ。まあ見てよ。

続きを全部読む

【検証】超金持ちになるために17年前の雑誌の『エミールホルダー』通販に購入希望ハガキを送ったらこうなった!

以前の記事で、30年前の雑誌の通販広告に商品の購入希望ハガキを送ったことについてお伝えした。その商品「ヒランヤ・ペンダント」の販売会社は、現在も業務を継続して行っており、無事に商品を購入することが出来てしまった。まさか商品が本当に届くとは……。

そこで、17年前の雑誌に掲載されていた通販会社にも、購入希望ハガキを送ってみることにした。きっと30~40代の男性は、1度はこの広告を見たことがあるはず。富豪と呼ぶにふさわしいアノ男の広告だ。この商品「エミールホルダー」を買えば、私(佐藤)もギャンブルの帝王になれる! そう信じてハガキを投函してみたぞ!

続きを全部読む

【魔法みたい】「撮られたくない写真」から姿が消えちゃうスカーフ! セレブ間で爆発的ヒットになっているらしい

季節を問わずに活躍するスカーフ。オシャレのアクセントにするもよし、寒さ対策・日焼け対策にもよし、緊急事態には止血にだってなる、万能の布だ!

しかも今回ご紹介するスカーフは、“望まない撮影” から身を守ってくれる機能まで兼ね備えているというではないか! もちろんセレブの間でも、爆発的人気。一体どんなスカーフなんだろうか?

続きを全部読む

提供:ワーナーエンターテイメントジャパン

いま一番アツいアメコミブランド「DCコミックス」のヒーロー『フラッシュ』と『アロー』がカッコよすぎる件

アクションからラブロマンスまで、さまざまな映画作品が生まれ続けるアメリカ・ハリウッド。そんなハリウッドで最近もっともアツいのが、じつは“アメコミ”らしい。

日本でもアニメ作品が実写化されることはよくあるが、アメコミ作品の実写化はスケールがぜんぜん違う! ぜんぜん違うよ!! どれぐらい違うかというと、草野球とメジャーリーグぐらい違うのだ!

最近もバットマンが生まれる前の物語「GOTHAM/ゴッサム」などはすでに日本でも話題になっていることはアメコミファンのあいだではジョーシキである!!

続きを全部読む

【プロすぎる】阿修羅のように外部フラッシュを駆使するカメラ小僧が激写される

写真撮影時に気をつけたいのが「光源」だ。特に人物写真ならば光は大切。プロのカメラマンたちは、カメラや周辺に「外部フラッシュ」を使っていたりもする。屋外撮影でもそれは同じだ。

そんななか、コスプレ会場で「コスプレイヤーを撮影しているカメラ小僧のプロすぎる装備」の写真が中華圏で静かな話題になっている。一体どのような装備なのかというと……

続きを全部読む