「スティーブ・ジョブズ」にまつわる記事

【マトリックス検証】リモコンシャッターで5台のiPhoneを同期撮影したら、トンデモなく無駄な写真が撮れてしまった……

一度やり始めたことは、トコトンやる。それが私(佐藤)が今の仕事を通して学んだことだ。それこそ当編集部の指針、「くだらないことを真剣に」だと私は思っている。そんな私のポリシーなんかどうでも良いとして、まだやるぞ、マトリックス検証を。

これまでは複数台の端末で動画を撮影し、それを切り取って画像を並べていたのだが、どうしても写真で撮りたい! ということで、100均でリモコンシャッターを購入して撮影に挑んだ。そうしたところ、思わぬ失敗をしてしまった末に、無駄な写真を大量に撮るハメになってしまった……

続きを全部読む

【独占取材】ヒトラー、金正恩、ローマ法王が恐竜と共に攻めてくる映画『アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲』監督に「逆に気を使った点」を聞いてみた!

完全にどうかしているとしか思えない。おそらく、多くの人がそう思うだろう映画が2019年7月12日に日本で公開される。その名も『アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲』DA。

ヒトラー、金正恩、ローマ法王、スティーブ・ジョブズなどなどが恐竜と共に人類を総攻撃するこのパニックムービー。何を言っているか分からないと思うが安心してくれ。私も分からない。分からないなら聞いてみよう。というわけで監督に直撃取材してみた

続きを全部読む

床屋で「スティーブ・ジョブズみたいにしてください」と頼んだら決定的に何かが足りないただのオッサンになったでござる

私(筆者)は以前から、ある人物に似ているといわれることがある。その人物とは、iPhoneの生みの親にしてアップル社の共同設立者、スティーブ・ジョブズ氏である。「佐藤さん、髪短くしてタートルネック着たら、かなり似ると思いますけどね、マジで」との声も、1人からある。

それならちょっと髪を短くしてみようという気になって床屋へ行った。そして、「この人みたいにしてください」とジョブズ氏の画像を見せると、理容師さんは「わかりました」と一言。マジかよ! ジョブズ氏になれるのか!? と散髪に期待したのだが、結果は……。

続きを全部読む

これがミャンマーのアップルストアだ! リンゴマークが変だけど女性スタッフはミャンマーの民族衣装!!

熱心なMacユーザーやアップルファンにとって、海外のアップルストアは心のオアシス。もしも自分が持っているアップル製品が壊れても、アップルストアがあればなんとかなる! また、自国のアップルストアとの違いを発見するのも楽しみのひとつである。

そんななか……。ミャンマー(ビルマ)はヤンゴンにある大型ショッピングセンター「ジャンクション・スクエア」の中に、リンゴマーク輝く「アップルストア」を発見! さっそく行ってみた!!

続きを全部読む

スティーブ・ジョブズの超そっくりフィギュアが登場! 12月末発売予定で予約受付中だぞ~ッ!!

iPhoneをはじめとするさまざまな製品を世に送り出した、スティーブ・ジョブズ氏が亡くなってから1年が経ちます。IT業界に革命を起こした彼の影響は、いまだに世界中に色濃く残っています。

その彼のアクションフィギュアが、2012年12月末に発売されるようです。現在予約受付中なのですが、これ本当に販売されるのでしょうか? たしか以前、香港のメーカーが販売しようとして、アップルによって販売中止になったはずなのですが……。大丈夫か!?

続きを全部読む

7インチ版iPadの発売時期と価格が判明!? 10月に1万5000円から2万円で販売か

今夏アップルの新製品が、続々登場する可能性があるとお伝えしたのだが、以前から噂されていた「iPad mini」(7インチ版iPad)について、さらなる情報が得られたjのでお伝えしたい。

複数のIT系メディアは「信頼できる情報」として、7インチ版iPadの価格や販売時期について報じている。それによると、時期は2012年10月(次世代iPhoneと同じ時期)に、200ドルから250ドル(約1万5000~2万円)で販売されるというのだ。

続きを全部読む

あなたのクリスマスを「漢字2文字」であらわすサービスが面白い / スティーブ・ジョブズ → 「中止」

以前、名前を入力するだけで2012年月別診断ができるウェブサービスが面白いとお伝えした。これは、「診断メーカー」というサービスを使ってユーザーが独自の診断を投稿したものである。

その診断メーカーに新しい診断が登場し、話題になっている。新たな診断とは、あなたのクリスマスを漢字2文字で表現するというものである。ためしに任意の名前を入力してみたところ、2011年10月に亡くなったスティーブ・ジョブズ氏を入力すると、「中止」と表示されることが判明した。

続きを全部読む

スティーブ・ジョブズが伝えたかったことは何なのか? ネットユーザー「ハゲは治らない」

2011年10月5日、突如としてこの世を去ったアップル社の前CEOスティーブ・ジョブズ氏。彼の死後すでに1カ月以上が経過したのだが、その間にも同社を取り巻く環境は刻々と変化している。

彼が亡くなる前日にiPhone4Sが発表され、10月14日発売。世界中で注目を集め、売り上げを堅調に伸ばしている。一方でバッテリー問題が解決せず、「iOS5.0.1」にアップデート。だが、いまだに問題解決に至らず、同5.0.2をリリースするのでは? と言われている。

また、彼の伝記も発売されている。これらの出来事が、彼の死からわずか1カ月程度で起こっているのである。彼が生きていたのなら、さまざまな出来事にどう対処したのだろうか。そして、彼は人生を通して、何を伝えようとしたのだろうか。改めて考えてみたい。

続きを全部読む

【中国】発売からたった2週間、伝記本『スティーブ・ジョブズ』のニセモノ40種類以上が発見される

2011年10月5日に亡くなったアップル社の創設者、スティーブ・ジョブズ氏。10月24日に発売されたジョブズ氏の自伝『スティーブ・ジョブズ』は全世界で爆発的な売れ行きを見せた。アメリカでは発売1週間で37万9000部売れ、その週の売り上げ第1位になったそうだ。だが、意外なことにその約2倍売れた国がある。中国だ。中国では発売1週目で67万8000部売れ、多くの書店で品薄状態となっている。

そこに商機を見出したのがニセモノ商人達だ。なんと中国ではすでに40種類以上のニセモノが売られているという。それもただのコピー商品ではない。中身までもジョブズ氏の自伝とは全く異なるものだそうだ。

続きを全部読む

【独占先行入手】スティーヴィー・ワンダーが語る、スティーブ・ジョブズの偉大さとは

画像:(C) ZUMA Press/ZUMA Press/Corbis

スティーブ・ジョブズファンのみなさん、そしてスティーブ・ジョブズについて全然知らないが関心はあるというそこのあなた、ぜひこの番組を観て頂きたい。

11月6日(日)午後10時からディスカバリーチャンネルが放送する「スティーブ・ジョブズの軌跡」という番組では、ジョブズの生い立ちや功績について詳しく知ることができ、なぜ彼が世界でこれだけ称えられ、愛されているのかがよく分かる内容となっている。

続きを全部読む

真のオシャレは毎日同じ服を着る / ジョブズも! ルパンの次元大介も!

ニートでない限り、毎朝必ずやることが「着替え」である。制服やスーツで外出する人は、ほとんど何も迷うことがないので気が楽だが、普段着で外に出かけるとき「何を着ていこう……」と悩む時が多々あると思われる。また、お気に入りのコーディネート一式が洗濯中で、いざという時に「着ていく服がない」という事態に陥るパターンもあるはずだ。

そんな悩めるオシャレマンたちに、負け知らずなコーディネート必勝法をお伝えしたい。答えを先に書いておくと、『毎日同じデザインの服を着る』だけである。つまり、自分の中で鉄板とされるデザインの服を、色違いでストック。普段着を制服化してしまえば良いのである。

続きを全部読む

【感動映像】天国に到着したスティーブ・ジョブズ氏の再現CGアニメが公開

世界中を悲しみに包んだ、アップル創設者・スティーブ・ジョブズ氏死去のニュース。世界のネット上には彼の死を悼む追悼メッセージが数多く書きこまれ、追悼の意を表す画像なども投稿されている。

そんな中、スティーブ・ジョブズ氏を追悼するCGアニメが公開され、話題になるとともに高い評価を受けている。

続きを全部読む

スティーブ・ジョブズ氏死去を伝える一文が世界中のGoogleトップページに表示される

56歳の若さで亡くなったアップルの創設者・前CEOのスティーブ・ジョブズ(スティーブン・ポール・ジョブズ)氏。

世界中のメディアによってこの情報は伝えられているが、大手検索サイトのGoogleのトップページでも、ジョブズ氏死去を伝える一文が書き添えられている。

続きを全部読む

ジョブズ内蔵のiPhoneケースが登場

アップルファンなら必携といっても過言ではない、すごいiPhoneケースが登場した。映画『スターウォーズ』で、カーボン冷凍されたハン・ソロをモチーフに、スティーブ・ジョブズ氏を埋め込んだケースである。これさえあれば、あなたのiPhoneはジョブズと共にある?

続きを全部読む

スティーブ・ジョブズ初の本格伝記『iSteve』が2012年発売

アップルの創設者、スティーブ・ジョブズ。現在病気療養中で職務を離れているものの、各界に与える彼の影響は、衰えることがない。その彼の本格的な自伝が2012年に発売されることになった。ジョブズは今までに多数の著書を本人名義で、発売しているのだが、本人が全面的に協力した自伝は、初めてとのことだ。

続きを全部読む