「ケニア」にまつわる記事

【決定的瞬間】昼寝してたら竜巻が襲ってきたのでスマホで激写してみた / マサイ通信:106回

スパ! さ〜て、日本は秋……を通り越して冬みたいに寒いらしいな。急激な気温の温度差に気をつけろよ。くれぐれも体調を崩さないようにな。特に風邪には要注意。

もちろんケニアの僻地で暮らしているオレたちマサイ族も、風邪……じゃなくて風には常に注意している。たまに発生する強い風、それもグルグルと回りながら近づいてくる強い風……そう、竜巻には気をつけている。たとえば、つい先日のことだ。

続きを全部読む

【マサイの学校】よく学んでよく遊ぶ、マサイのチビッコ写真集 / マサイ通信:第105回

スパ! 学校に通ってるみんな、まじめに勉強してるかな? グレていたりはしないかな? 不良になるのは結構だが、勉強だけはちゃんとやれよ。集中して勉強できるのは今しかないし、勉強できる環境があるってことにも感謝しなきゃいけねえよ。

つーことで、今回紹介したいのは、学校に通うマサイの子たちの写真集だ。勉強できるチャンスをおろそかにする子なんて、ここにはいない。みんな、よく遊んで、よく食って、まじめに勉強しているぞ。なぜなら勉強したほうが絶対に得するからな。

続きを全部読む

【マサイ通信】第104回:マサイの「#イマソラ」写真集 / 今日も夕日が綺麗ですね

スパ! みんな、いま何を見ている? まぁこの記事だろうけども、空も見てるか? ちょいちょい空も見上げているか? ためしに今、空を見上げてみるといい。いま日本は夜だから、きれいな月が空に浮かんでいることだろう。月が綺麗ですね。

そんな綺麗な空が見れた時には、思わず写真を撮りたくなる。そして、それをSNSにアップしたくもなる。「今、空が綺麗だよ!」って気持ちを込めて「#イマソラ」なんてタグを付けたりしてな。つーことで、今回はマサイのイマソラ写真をお届けしよう。

続きを全部読む

【祝】マサイの村の枯れた井戸、ついに原稿料で復活す / マサイ通信:第100回

スパ! 今回のマサイ通信は、記念すべき連載100回目。正直、まさかここまで続くとは思っていなかっただろ? でも続いた。なぜならオレたちには極めてシンプルな目的があるからだ。オレの住んでるマサイの村の、枯れた井戸を直すって目的がな。

スマホで写真を撮りまくって、ネットで日本のゴー(羽鳥)に送って会話して、それをゴーが記事にして、稼いだ原稿料の一部を貯金して……って100回続けた。途方もない挑戦だったけど……ついに、ついに、マサイの村の枯れた井戸が復活したんだ!!

続きを全部読む

【マサイ通信】第99回:村の井戸を復活させるために原稿料を稼ぎ続けたマサイ族、現在の貯金額は…

スパ! もう覚えたよな。マサイの言葉(マー語)で「こんにちは」だ。では、マー語ではないけども、ケニアの公用語であるスワヒリ語での諺(ことわざ)、「チュルル、シ、ンド! ンド! ンド!」の意味は覚えているかな? 何度か教えたぞ。

あえて日本語で表現するなら「雨垂れ石を穿つ」、つまるところ「継続は力なり」だ。てな感じで、マサイ通信も連載99回目。まさにチュルルシンドンドンドの99回目だ。そして、もうひとつ覚えているかな? オレがライターになった目的を。

つーことで今回は、オレが今まで貯めてきた原稿料……すなわち、「マサイの村の井戸を修復するための貯金額」を発表したいと思ってる。

続きを全部読む

下戸のマサイ族が教える『二日酔いの対処法』が呑兵衛すぎてヤバイ / マサイ通信:第95回

スパ! みんな、お酒は好きか? マサイ族も、お酒は飲むぞ。たまにな。オレは下戸(げこ)だから飲めないんだけど、酒豪のマサイ族ってのもいるんだぜ。それはさておきさておいて、つい先日、ゴー(羽鳥)から、こんなことを聞かれたんだ。

マサイ式の『二日酔いの対処法』を教えてくれ

とな。いろんな二日酔いの対処法が載ってる記事に触発されたんだろうけども、OKだ。教えてやろう。もしもマサイ族が二日酔いになっちまったら……答えはこうだ。

続きを全部読む

【マサイ族とチャイナマネー】マサイの村を訪れる外国人観光客の国別ランキング / マサイ通信:第94回

スパ! 突然だけど、「インバウンド」と「アウトバウンド」って言葉、知ってるか? 実はオレも詳しくないんだけど、観光業とは切っても切れぬ重要ワードだ。

さらに、「チャイナマネー」って言葉もまた、今の観光業にとっては超ベリーインポータントなワードだな。てな感じで、これまた突然なんだけど、オレらが住むマサイの村に遊びに来る外国人観光客のベスト5を発表しちゃおっかなー、なんつってな。

続きを全部読む

努力はしたけどネタとして転がせなかったマサイ族の写真集 / マサイ通信:第93回

スパ! もうすぐでマサイ通信も連載100回目を迎えそうだから、ここらで「マサイ通信のできるまで」を解説しようと思う。なにせ日本とケニア、それもケニア僻地のアンボセリ、さらにはマサイ族とのコラボという、とんでもなくグローバルな連載だからな。国際的なメディア、ならびに編集者のみなさまは特に注目してほしい。

それでは以下が、マサイ通信が出来上がるまでの手順ならびに詳細だ。

続きを全部読む

【写真集】世界各国で街のバイクを撮ってみた

突然だが、今日8月19日は「バイクの日」らしい。なるほど確かに「8(バ)19(イク)」だ。ということで今回は、そんなバイクの日にピッタリな写真をズラズラッと紹介したいと思う。題して、筆者が世界各国で撮影してきた「街のバイク」である。

今回集めたバイク写真の撮影地は、タイにラオスにカンボジア、ベトナム、トルコ、チベット自治区、ネパール、インド、スリランカ、ケニアに韓国にミャンマーにバングラデシュ……と、10カ国以上のオートバイだ。それぞれ特徴があって面白いぞ。

続きを全部読む

マサイ族の「決めポーズ」写真集 / マサイ通信:第91回

スパ! みんなは「写真撮るよ〜」とカメラを向けられた時、どんなポーズをとるのかな? やっぱりピース? それともモデル立ち? ファイティングポーズをとる人もいるだろうし、いきなり上目遣いになったり、アヒル口になる女性もいるだろう。

いずれにしても、それぞれ「決めポーズ」があるってことだと思うんだけど、もちろんオレたちマサイ族にも、それぞれの「決めポーズ」があるんだよ。そう、たとえば今回紹介する15枚の写真みたいにな。

続きを全部読む

【写真集】教習車はいすゞのトラック。これがケニアの教習所だ!! マサイ通信:第90回

スパ! この記事を読んでいるどれだけの人が自動車運転免許を持っているのかオレは分からないけれど、おそらくみんな、過去に「自動車教習所」に通ったことがあるはずだ。先生に運転技術を教わって、路上教習とかも経験して合格して……だよな?

もちろんケニアに住んでいるオレも全く同じ。先生から運転のやり方を教わってだな。映画『免許がない』の舘ひろしばりに「ハンコ押してくれよ!!」みたいな感じだ。ちなみにオレが通った教習所の名前は、偶然にも『センセイ ドライビングスクール』だ。

続きを全部読む

【手に職】これがケニアの運転免許証だ!! マサイ族の戦士ルカ、タダで教習所に通い重機の免許まで取得する / マサイ通信:第89回

スパ! いきなりだけど、甘えてんじゃねえ! 甘えんな。甘えんなって……。これからの時代、手に職なんだって。だってさ、あしたクビになるかもしれないし、そもそも会社が潰れるかも知れない。今のまま行き続けられる保証なんて、どこにもないよ?

そんなピンチな時のために、なんらかのスキルや資格は持っておくべきだろ。生き続けるために、生き残るためにな。オレはマサイ族の戦士だけど、つい先日、免許を取ったよ。そう、クルマの運転免許証さ。それだけじゃない。オレ、重機も動かせる。

続きを全部読む

【DIY】マサイの家の直し方 / マサイ通信:第88回

スパ! みんなは好きかな、自分の家。オレたちマサイ族は一軒家に住んでいるけど、日本だったら一軒家の人もいるだろうし、マンション・アパートの人もいるだろう。いずれにしても、もしも家が壊れたらどうするかな? 業者さんに電話する?

オレたちは違う。自分らで直す。自分らっつーか、カーチャン、奥様、つまり女性たちが直すんだ。オレたち男は見てるだけ。家のことはカーチャンにおまかせなのよ。

続きを全部読む

暗闇でフラッシュ焚いて人物を撮ると予想外の恐怖写真になる / マサイ通信:第87回

スパ! 今やもう、全世界の人たちがカメラマンだよな。例えばよ、知らない人に一眼レフを渡して「ちょっと撮ってもらっていいですか?」って頼んでも、一眼レフをバリバリ操作できる人は限られている。でもスマホだったら……だいたいOKだろ。

だからこそ、スマホの撮影技術は知っておきたい。もっと上手く撮れるようになりたい。ということで、オレも自分でいろいろ研究してんだけどさ、ど〜もフラッシュを使いこなせなくてさ。だいたい「うわ」って写真になっちゃうんだ。まあ見てよ。

続きを全部読む

【あやしすぎ】カジノ? 駄菓子屋? これがケニア僻地の「賭けゲーセン」だ! マサイ通信:第84回

スパ! 突然だけど、日本にはカジノがないんだってな。ケニアにはカジノあるぞ。首都ナイロビの高級ホテル「インターコンチネンタルナイロビ」にはカジノが併設されてるくらいでな。いまどきカジノがないなんて……日本、意外とダサイんだな(笑)

ちなみにオレの住んでるド田舎のアンボセリにはカジノがないけど、数十キロ先の田舎町「カラマ(karama)」には、カジノっぽいのがある。カジノっていうかゲーセンでな。ゲーセンっていうか駄菓子屋っぽいけど、勝てばお金がもらえるんだ。

続きを全部読む

【マサイ通信】第82回:今日もマサイの村は平和です。マサイ族がスマホで撮影したマサイ族の超日常写真集その18

スパ! 元気か? ルカだ。マサイ族の戦士、ルカだ。オレたちマサイ族の村は、とっても平和だ。写真を見てくれたら分かると思うけど、ホントに平和。起こる事件っつったら、たまに動物が攻めてくるくらいなもんでな。何も起きない。平和だぞ。

つーことで今回は、毎度おなじみの恒例シリーズ「マサイ族がスマホで撮影したマサイ族の超日常写真集シリーズ」をお届けしたいと思ってる。もうシリーズ18回目なんだな。

続きを全部読む

【世界ヤバイ】今まで食べてきた「海外の寿司」をまとめてみたらカオスが生まれた / 中国、ケニア、キューバなど

あー寿司食いたい! 寿司が食いたいでござる!! 365日、毎日寿司でもいいよ~。日本人が愛してやまない、文化の極みたる寿司。寿司は今や海を越え、世界中で食べられるようになった。そりゃそうだ、だってウマいもん。

ところで、本日6月18日は「国際寿司の日」らしいぞ。さすが偉大なお寿司さまはスケールが違いますな~。実は我々ロケットニュース24の記者たちも、海外で寿司を食べた経験が意外とあるのだ。そこで今回は、世界の寿司事情をまとめてドドンとお送りしちゃおう! と張り切った結果、想像以上のカオスが生まれることに。

続きを全部読む

【マサイ通信】第77回:のどかすぎる! マサイ族がスマホで撮影したマサイ族の超日常写真集その17

スパ! どーも日本人ってのは忙しすぎる。ゴー(羽鳥)を見てて思うんだ。もうね、忙殺されてる。あいつ、ケニアにいる時はのんびりしてるのに、どうして日本にいると忙しくしちまうんだ。まるで時間という名の波でサーフィンしているようだ。

ケニアはのんびりしているぞ。首都のナイロビは忙しいかもしれんけど、アンボセリは超のんびりだ。どうのんびりしているのかは、今回紹介する恒例企画「マサイ族がスマホで撮影したマサイ族の超日常写真集シリーズ」の新作で感じてほしいな。

続きを全部読む

【マサイ通信】第76回:ルカ散歩 / マサイの村から一番近い街「ロイトット(Loitokitok)」の写真集

スパ! ンあァ、こんにちは、だ。挨拶って大切だよな。人に会ったらスパ! 街を歩いてたらスパ! どこの国でも挨拶ってのは大切なんだ。逆に、挨拶さえできていれば、もうそれ以上の言葉はいらねえってな。もちろん散歩の時もスパっとけ。

ということで今回は、オレ(ルカ)、散歩しちゃおうっかなーって。それも単なる散歩じゃなく、散歩しながらパチパチ(激写)しちゃったりしてな。スパスパ言いながらパチパチよ。飾り気のない、ありのままの「街」の風景を楽しんでくれよな。

続きを全部読む

【注意喚起コラム】ケニアの高級ショッピングモールで写真を撮ってはいけない / 下手したら銃殺される

日本の常識が通じない場所、それが海外。だからこそ楽しいし、伸び伸びと生きることができる。だがしかし……その場所の常識を知っていないと、時として死ぬこともある。日本ではごくごく普通のことなのに、運が悪けりゃ即死だったりもする。

たとえばスマホでの写真撮影だ。それも単なる景色の撮影で、私(羽鳥)は銃殺されかけたことがある。場所は遠く離れたアフリカ大陸、ケニアの首都ナイロビだった。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5